FC2ブログ

熊本・玉名 玉名温泉と小天温泉、海苔養殖と天水みかん

玉名
たまな

日本国熊本県玉名市

熊本・玉名 玉名温泉と小天温泉、海苔養殖と天水みかん

 玉名(たまな)市は、熊本(くまもと)県北部にある人口約6万人の市。南東が熊本市西(にし)区、東が玉名郡玉東(ぎょくとう)町、玉名郡和水(なごみ)町、北が玉名郡南関(なんかん)町、西が荒尾(あらお)市、玉名郡長洲(ながす)町と接しており、南西に有明海(ありあけかい)が広がっている。

 玉名市は、古くは「日本書紀」で「玉杵名」(たまきな)と呼ばれ、平安時代には「多萬伊名」(たまいな)と呼ばれていた記録があり、後に「玉名」(たまな)となった。肥後国(ひごのくに)の玉名郡に属し、明治時代になると明治22年(1889年)に玉名郡高瀬(たかせ)町が発足。昭和17年(1942年)に高瀬町と弥富(やとみ)村が合併して玉名郡玉名町となり、昭和29年(1954年)に周辺の11村と合併し、玉名市が発足した。平成の大合併では、平成17年(2005年)に玉名郡の岱明(たいめい)町、横島(よこしま)町、天水(てんすい)町と合併し、新しい玉名市となった。

 玉名市には、JR九州の九州新幹線と鹿児島本線が通り、九州新幹線の新玉名(しんたまな)駅と、JR鹿児島本線の肥後伊倉(ひご いくら)、玉名(たまな)、大野下(おおのしも)の各駅がある。

 JR鹿児島本線の玉名駅は、明治24年(1891年)に九州鉄道の高瀬(たかせ)駅として開業した。九州鉄道は明治40年(1891年)に国有化され、昭和29年(1954年)に玉名市が発足したことから、昭和31年(1956年)に玉名駅に改名された。玉名市の中心駅ということで、以前は特急「有明」「つばめ」などが停車していたが、平成23年(2011年)に九州新幹線の新玉名駅が開業したため、特急列車が廃止され、玉名駅は大牟田(おおむた)~熊本(くまもと)を結ぶ普通電車が停車する。

 玉名市の中心市街地は、玉名駅の北東側に広がっている。駅の東から南へと菊池川(きくちがわ)が流れている。玉名駅から駅通りを東へ進むと菊池川の手前に高瀬裏川が流れ、「高瀬目鏡橋」がある。繁根木川を北へ進んでいくと、玉名市役所、玉名市立歴史博物館「こころピア」、玉名市民会館・大ホールなどがあり、そのさらに北側に玉名温泉の温泉街が広がっている。

 玉名温泉はラジウムが含まれ、「美人の湯」として知られ、温泉旅館・ホテルが建ち並んでいるほか、市営公衆浴場「玉の湯」がある。以前は、福岡県南部の大牟田が炭鉱で栄えていたことから、玉名温泉の利用者も多かったが、その後さびれたため、九州新幹線の新玉名駅開業をきっかけに再活性化が期待されている。

 九州新幹線の新玉名駅は、玉名温泉から約1キロ東にあり、平成23年(2011年)に博多~新八代が開業した際に開設された。玉名駅とは約4キロ離れており、玉名駅~山鹿市方面を結ぶバスが新玉名駅を経由している。新玉名駅には主に博多~熊本を結ぶ各駅タイプの「つばめ」が停車し、熊本駅で鹿児島中央方面の「さくら」に乗り換えることができる。駅前には平成30年(2018年)にNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」が放送されたことを記念し、同ドラマの主人公である熊本県玉名郡出身のマラソン選手、金栗四三(かなくり しそう)の銅像が立っている。

 新玉名駅の約1.5キロ北には、「玉名大神宮」がある。このあたりは「日本書紀」で景光天皇が熊襲(くまそ)を討伐するために軍を進めた「玉杵名」(たまきな)と伝わるところで、現在その周辺は「元玉名」と呼ばれている。近くには永安寺東古墳、大坊古墳などの古墳がある。

 JR鹿児島本線の玉名駅の約1.5キロ北西にある「蓮華院誕生寺」(れんげいん たんじょうじ)は、奈良の西大寺(さいだいじ)を本山とする。戦国時代に焼失した浄光寺蓮華院を昭和5年(1930年)に再興した。中門(延命門)、円門(蓮華門)、本堂、五重塔、多宝塔などがあり、本尊である天台宗の皇円(こうえん)誕生の地であることから「誕生寺」と命名された。

 JR鹿児島本線の大野下(おおのしも)駅は、旧・岱明町にある駅で、駅から約3キロ南西の行末川の河口に新川漁港がある。その南東には鍋松原海水浴場の砂浜が広がっている。菊池川の河口の滑石漁港の周辺は海苔(のり)の養殖が盛んで、明治時代に熊本県海苔養殖試験場が誘致され、有明海の海苔養殖発祥の地とされている。

 旧・横島町は江戸時代に横島と九州本土の間の海が干拓され陸続きになった。干拓により造成された豊かな農地が広がり、イチゴやトマトの栽培が盛んである。

 旧・天水町は、横島町の東にあり、小天(おあま)温泉がある。ここは自由民権運動家の前田案山子(まえだ かがし)元衆議院議員の故郷で、前田の娘が辛亥革命のために活動する孫文を支えた宮崎滔天(みやざき とうてん)に嫁いだり、中国人留学生や革命家の支援をしていたことから、中国民主活動家も小天温泉によく集まったという。小天温泉は夏目漱石(なつめ そうせき)の小説「草枕」(くさまくら)のモデルでもあり、小説の中では「那古井温泉」と呼ばれた。

 小天温泉には小天温泉「那古井館」、草枕温泉「てんすい」、玉名市草枕交流館(漱石・草枕の里)、「草枕の道」などのスポットがあり、夏目漱石「草枕」の世界観を体験することができる。旧・天水町の小高い丘はミカンの栽培が盛んで「天水みかん」ブランドとして知られている。

玉名エリアの主な駅

新玉名 / しんたまな 駅
JR九州 九州新幹線

玉名 / たまな 駅
JR九州 鹿児島本線

tamana1.jpg
九州新幹線・新玉名駅

tamana2.jpg
九州新幹線から見た玉名市の眺め

tamana3.jpg
JR鹿児島本線・玉名駅

tamana4.jpg
JR鹿児島本線・玉名駅

tamana5.jpg
JR鹿児島本線から見た玉名市の風景

tamana6.jpg
玉名市を流れる菊池川を渡るJR鹿児島本線

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 熊本のこと
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

drughba

Author:drughba
日本国内・世界各国の行って面白かったところ、行ってみたいところ、興味深い都市、交通、地理、文化等。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード