FC2ブログ

東京・狛江 小田急狛江駅と弁財天緑地と多摩川

狛江
こまえ

日本国東京都狛江市

東京・狛江 小田急狛江駅と弁財天緑地と多摩川

 狛江(こまえ)市は、東京(とうきょう)都の多摩(たま)地区にある人口約8万人の市で、東が世田谷(せたがや)区、北が調布(ちょうふ)市、南西が神奈川県川崎(かわさき)市の多摩(たま)区と接している。

 狛江市は、昭和27年(1952年)に町制施行して北多摩(きたたま)郡の狛江村が北多摩郡狛江町となり、昭和45年(1970年)に市に昇格して東京都狛江市となった。

 狛江の地名は、狛(こま)は高麗(こま)であり、百済(くだら)の高麗人がこの地に住み、「コマの里」と呼ばれたことが由来となっている。古くは多摩川の両岸はともに武蔵国(むさしのくに)であったが、明治以降は多摩川の東が東京都、西が神奈川県となった。

 狛江市には小田急電鉄・小田急線が通り、狛江(こまえ)駅と和泉多摩川(いずみたまがわ)駅があり、両駅とも昭和2年(1927年)に開業した。小田急は東京・新宿(しんじゅく)まで直行しているので非常に通勤の便が良く、駅周辺は住宅街が開発され、狛江市は非常に人口密度が高い。

 平成時代に入ると、登戸(のぼりと)~代々木上原(よよぎうえはら)の複々線化プロジェクトが進行し、複々線化と高架化工事が進められた。平成元年(1989年)より工事がスタートし、平成8年(1996年)に上りが新ホームに移り、平成9年(1997年)に複々線化と高架化が完成した。現在は新幹線形ホームで4線のうち外側にホームがあり、中間2線は急行線でホームがない。

 この複々線化により、急行が普通電車に追いついてしまうラッシュ時のノロノロ運転が解消され、大幅なスピードアップと混雑緩和が実現した。狛江駅は急行や快速急行、特急ロマンスカーなどは通過するが、外側の普通電車のダイヤの間を器用に走る準急が平成30年(2018年)より狛江駅に停車するようになった。

 高架化工事に合わせて駅前再開発事業が行われ、駅の高架下に小田急マルシェ狛江店、駅の北側に「Odakyu OX」狛江店と狛江市民ホール(エコルマホール)、狛江駅バスターミナルなどがある。狛江駅からは京王調布駅方面へのバスが頻繁に運行されている。

 狛江駅の北口の西側には、狛江弁財天池緑地の森が広がり、その北側に泉龍寺がある。多摩川が近くを流れ、地下水が豊富なのか、和泉(いずみ)という地名があり、和泉多摩川駅前には玉泉寺(ぎょくせんじ)がある。和泉多摩川駅の先はする多摩川であり、多摩川橋梁を渡ると川崎市多摩区側の登戸(のぼりと)駅だ。昭和28年(1953年)まで多摩川の渡し舟「登戸の渡し」が狛江と登戸を結んでいた。

狛江エリアの主な駅

狛江 / こまえ 駅
小田急電鉄 小田急線

komae1.jpg
小田急・狛江駅に停車する小田急普通電車

komae2.jpg
小田急・狛江駅を通過する小田急急行電車

komae3.jpg
小田急・狛江駅に停車する千代田線直通電車

komae4.jpg
小田急・狛江駅に停車する千代田線直通電車

komae5.jpg
小田急・狛江駅を通過する特急ロマンスカー

komae6.jpg
小田急・狛江駅を通過する特急ロマンスカー

komae7.jpg
小田急・狛江駅

komae8.jpg
小田急・狛江駅

komae9.jpg
狛江駅南口

komae10.jpg
狛江駅南口

komae11.jpg
狛江駅高架下の小田急マルシェ

komae12.jpg
小田急狛江駅北口

komae13.jpg
狛江駅前のエコルマホール

komae14.jpg
狛江駅北口のバスターミナル

komae15.jpg
狛江弁財天池緑地の森

komae16.jpg
狛江弁財天池緑地の森

komae17.jpg
狛江・泉龍寺

komae18.jpg
狛江弁財天池緑地の森

komae19.jpg
小田急線から見た多摩川

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 
スポンサーサイト



テーマ : 東京
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

drughba

Author:drughba
日本国内・世界各国の行って面白かったところ、行ってみたいところ、興味深い都市、交通、地理、文化等。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード