FC2ブログ

長野・御代田 しなの鉄道と小田井宿と高原野菜とカーリング

御代田
みよた

日本国長野県北佐久郡御代田町

長野・御代田 しなの鉄道と小田井宿と高原野菜とカーリング

 御代田(みよた)町は長野(ながの)県東部の北佐久(きたさく)郡にある人口約1.5万人の町。東が北佐久郡軽井沢(かるいざわ)町、南が佐久(さく)市、西が小諸(こもろ)市、北が群馬県嬬恋(つまごい)村と接している。

 御代田は、江戸時代は中山道(なかせんどう)の宿場町「小田井宿」(おたいしゅく)として栄え、市街地が形成された。一つ江戸寄りの軽井沢町の追分宿は長野善光寺や高田方面への北国街道が分岐しており、御代田町を通っている。

 御代田町は、昭和31年(1956年)に北佐久郡の御代田村、小沼(おぬま)村、伍賀(ごか)村が合併して、北佐久郡御代田町が発足した。

 町内には、しなの鉄道・しなの鉄道線の御代田駅がある。御代田駅は明治21年(1888年)に国鉄信越本線の駅として開設された。このあたりは勾配が続くため、かつてはスイッチバックの駅であったが、国鉄時代の複線電化の際にスイッチバックが廃止され、旧駅の跡地の御代田町交通記念館には蒸気機関車が展示されていて、その先のホームがあったところは駐車場となっている。信越本線は平成9年(1997年)に北陸新幹線が長野まで開業した際に並行在来線としてJRから切り離され、第3セクターの「しなの鉄道」しなの鉄道線となった。しなの鉄道線の御代田駅には普通電車のほか快速や快速「ろくもん」「軽井沢リゾート」も停車する。

 御代田町は北に浅間山(あさまやま)が美しく見える。軽井沢や嬬恋に隣接する高原の気候を生かして高原野菜の栽培が盛んであり、主にレタス、キャベツ、ハクサイなどが栽培されている。また、精密機械の工場もあり、シチズンマシナリー本社工場がある。西軽井沢高原として別荘も多い。

 御代田駅の北側には「浅間縄文ミュージアム」があり、焼町土器などの貴重な出土品を展示している。

 御代田駅から約2キロ東にある「カーリングホールみよた」は、平成8年(1996年)に完成した本州初のカーリング専用施設であり、長野冬季オリンピックの開催でカーリングが注目され、日本におけるカーリングの拠点の一つとなっている。

御代田エリアの主な駅

御代田 / みよた 駅
しなの鉄道 しなの鉄道線

miyota1.jpg
しなの鉄道・御代田駅

miyota2.jpg
御代田町の風景

miyota3.jpg
御代田町の風景

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 
スポンサーサイト



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

drughba

Author:drughba
日本国内・世界各国の行って面白かったところ、行ってみたいところ、興味深い都市、交通、地理、文化等。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード