FC2ブログ

東京・芝公園 増上寺と徳川家霊廟と芝東照宮

東京・芝公園
とうきょう・しばこうえん

日本国東京都港区

東京・芝公園 増上寺と徳川家霊廟と芝東照宮

 芝公園(しばこうえん)は、東京(とうきょう)都の港(みなと)区にある地区で、東京都営地下鉄・三田線の芝公園駅がある。また、芝公園の南西側に東京都営地下鉄・大江戸線の赤羽橋(あかばねばし)駅、東側に東京都営地下鉄・大江戸線および浅草線の大門(だいもん)駅がある。

 芝公園は、浄土宗(じょうどしゅう)の寺院である「増上寺」(ぞうじょうじ)を中心に境内を公園として明治6年(1873年)に開園した。戦後は、増上寺とは分離されて都立の公園となっている。

 ここは古くは伊勢神宮の「飯倉御厨」(いいくらのみくりや)と呼ばれる荘園だった。その後、この地に「芝大神宮」(しば だいじんぐう)が創建され、関東における伊勢信仰の拠点となっていた。1598年(慶長3年)、江戸(えど)に拠点を開こうとしていた徳川家康(とくがわ いえやす)により、麹町(こうじまち)にあった増上寺を、芝に移した。徳川氏は寛永寺(かんえいじ)を江戸の鬼門の上野(うえの)に置き、増上寺を江戸の裏鬼門」にあたる芝に置いた。そして、増上寺はその後、徳川家の菩提寺となり、2代秀忠、6代家宣、7代家継の霊廟と、9代家重、12代家慶、14代家茂の宝塔があった。明治時代以降も、増上寺は徳川家霊廟は特別な存在であったが、昭和20年(1945年)の米軍による大空襲で多くが焼失してしまった。

 徳川家霊廟は、昭和33年(1958年)に改葬され、増上寺の徳川家墓所および移築した宝塔が再整備され、江戸時代の徳川家の歴史を伝えている。2代秀忠の「台徳院」および秀忠夫人の「崇源院」の霊廟跡地が「ザ・プリンスパークタワー東京」、6代家宣の「文昭院」および7代家継の「有章院」の霊廟跡地が「東京プリンスホテル」となっている。

 増上寺の日比谷通りに面する赤い門は「三解脱門」(さんげだつもん)で、戦災をまぬがれた重要文化財である。駅名にもなっている「大門」(だいもん)は、増上寺の参道にあたる大門駅寄りの道路上にある。

 芝公園からは東京タワーが近く、芝生が広がる公園からは東京タワーが美しい。芝公園の南側には「芝東照宮」があり、徳川家康を祭神としている。神社の規模は小さいが、日光東照宮、久能山東照宮、上野東照宮と並ぶ四大東照宮の一つとされる。1617年(元和3年)に創建され、長い歴史を持つが、東京大空襲で焼失し、現在の社殿は昭和44年(1969年)に再建されたものである。

芝公園エリアの主な駅

芝公園 / しばこうえん 駅
東京都営地下鉄 三田線

赤羽橋 / あかばねばし 駅
東京都営地下鉄 大江戸線

大門 / だいもん 駅
東京都営地下鉄 大江戸線浅草線

shibakouen1.jpg
増上寺

shibakouen2.jpg
増上寺の三解脱門

shibakouen3.jpg
芝公園から見た東京タワー

shibakouen4.jpg
芝東照宮

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 東京23区
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

drughba

Author:drughba
日本国内・世界各国の行って面白かったところ、行ってみたいところ、興味深い都市、交通、地理、文化等。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード