茨城・常陸太田 久慈川と阿武隈高地、常陸秋そばとけんちんそば

常陸太田
ひたちおおた

日本国茨城県常陸太田市

茨城・常陸太田 久慈川と阿武隈高地、常陸秋そばとけんちんそば

 常陸太田(ひたちおおた)市は、茨城(いばらき)県北部(県北地域)にある人口約6万人の市。東が高萩(たかはぎ)市と日立(ひたち)市、南が那珂(なか)市、西が常陸大宮(ひたちおおみや)市と久慈(くじ)郡の大子(だいご)町、北が福島県東白川(ひがししらかわ)郡の矢祭(やまつり)町、塙(はなわ)町と接している。

 常陸太田市は、平成の大合併で、久慈郡の金砂郷(かなさごう)町、水府(すいふ)村、里美(さとみ)村を編入合併し、現在の市域となった。久慈川の北側に常陸太田の市街地があり、その北の阿武隈高地に旧・水府村、旧・里美村などの地域が広がり、南北に長い。

 常陸太田市には、那珂市の上菅谷(かみすがや)から常陸太田を結ぶJR東日本・水郡線常陸太田支線が通り、市内に河合(かわい)、谷河原(やがわら)、常陸太田の各駅がある。

 常陸太田駅は、もともと明治32年(1899年)に太田鉄道の太田駅として開業し、明治34年(1901年)に水戸鉄道に譲渡され、昭和2年(1927年)に国有化され、駅名も他県の太田駅との混同を避けるために常陸太田駅に改称された。常陸太田支線は、朝夕は水戸方面への直通列車が走っているが、日中は常陸太田~上菅谷の折り返し運転となっている。

 常陸太田駅の駅舎は平成23年(2011年)に改築され、「水戸黄門」こと徳川光圀(とくがわ みつくに)水戸藩第2代藩主の隠居所であった「西山荘」(せいざんそう)をイメージしたデザインとなっている。「西山荘」は常陸太田駅の北西約2キロのところにある。

 太田の市街地は、常陸太田駅の北の小高い丘にあり、商店街がまっすぐ続いている。また、常陸太田駅から道路を挟んで、すぐ近くに平成17年(2005年)まで日立電鉄の常北太田(じょうほく おおた)駅があった。日立電鉄は常北太田駅から日立市の久慈浜(くじはま)、JR常磐線・大甕(おおみか)駅を経由して鮎川(あゆかわ)まで結んでいた。日立市の工業地帯を走り、常陸太田市は日立の工場への通勤も便利であった。廃止後はバスが運行されているが、自家用車で通勤する社員が多いためか、日立市内は通勤時間帯の渋滞が激しい。

 常陸太田市の北西部の赤土町は、「常陸秋そば」(ひたちあきそば)の発祥の地。ここでは昭和53年(1978年)に茨城県農業試験場が赤土町の優れた蕎麦(そば)の種をもとに高品質な蕎麦ブランド「常陸秋そば」を育成し、県北地域の特産品となった。また、けんちん汁にざる蕎麦をつけて食べる「つけけんちん」や「けんちんそば」が常陸太田の郷土名物料理として町おこしに一役買っている。

常陸太田エリアの主な駅

常陸太田 / ひたちおおた 駅
JR東日本 水郡線(常陸太田支線)

hitachioota1.jpg
JR水郡線常陸太田支線・常陸太田駅

hitachioota2.jpg
常陸太田の街並み

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 茨城県
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

drughba

Author:drughba
日本国内・世界各国の行って面白かったところ、行ってみたいところ、興味深い都市、交通、地理、文化等。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード