大阪 堺・光明池 光明池と泉北ニュータウンと泉北高速鉄道

堺・光明池
さかい・こうみょういけ

日本国大阪府堺市南区

大阪 堺・光明池 光明池と泉北ニュータウンと泉北高速鉄道

 光明池(こうみょういけ)は、大阪(おおさか)府の堺(さかい)市、南(みなみ)区にある地区で、泉北高速鉄道の光明池(こうみょういけ)駅がある。光明池駅周辺は、昭和40年代より大阪府によって開発が進められた泉北ニュータウンが広がっている。

 泉北高速鉄道線は、大阪府都市開発泉北高速鉄道として、昭和46年(1971年)に南海電鉄・高野線の中百舌鳥(なかもず)から泉ヶ丘(いずみがおか)まで開業。昭和48年(1973年)に泉ヶ丘~栂・美木多(とが・みきた)が延伸、昭和52年(1977年)に光明池まで延伸された。泉北高速線はさらに平成7年(1995年)に光明池~和泉中央(いずみちゅうおう)が延伸開業した。大阪府の第3セクターである大阪府都市開発が泉北高速線を運行し、南海電鉄とは別会社であったが、平成26年(2014年)に南海電鉄が大阪府から株式を取得し、泉北高速鉄道は南海グループとなった。

 泉北高速線からは、主に準急が南海高野線の難波(なんば)駅まで直通運転している。また、通勤時間帯に区間急行も運行されているが、区間急行は中百舌鳥駅を通過する。南海高野線も区間急行、急行、特急などは中百舌鳥駅を通過する。平成27年(2015年)からは南海高野線と泉北高速鉄道を直通する特急「泉北ライナー」が運行されるようになり、泉北ニュータウンの住民のゆとりある着席通勤ができるようになった。

 光明池駅は1面2線のホームがあり、その先の和泉(いずみ)市側に泉北高速鉄道の光明池車庫が広がっている。銀色ステンレスの南海高野線の車両に対し、泉北高速は青色のラインが入っているのが特徴的で、新型車両は白色のボディーに青色と水色のラインが爽やかで美しい。

 駅名の由来である光明池は、駅から約1キロ南にあり、堺市南区と和泉市の境となっている。光明池は昭和11年(1936年)に、灌漑用水のため池として建設され、主に和泉市側に公園が整備されている。和泉市の浄福寺で光明皇后が誕生したという伝説から光明池と命名された。

 光明池周辺はかつては泉北郡美木多(みきた)村で、のどかな農村であったが、昭和31年(1956年)に泉北郡福泉(ふくいずみ)町に編入され、さらに昭和36年(1961年)に堺市に編入された。その後、泉北ニュータウンの開発で、急速に住宅地が造成された。

 光明池駅の北側はスーパー「サンプラザ」光明池店があり、新檜尾台(しんひのおだい)公園が広がる。その北に新檜尾台、赤坂台などの住宅地が広がっている。また、光明池駅の南側は、「光明池サンピア」や「光明池アクト」、「コムボックス光明池」などの商業施設があり、鴨谷公園の南に鴨谷台、城山台などの住宅地が広がっている。光明池運転免許試験場は和泉市側にある。

 光明池駅前のバスターミナルからは泉北ニュータウン内の住宅地を結ぶバスや、鳳(おおとり)、河内長野(かわちながの)、泉大津(いずみおおつ)方面を結ぶバスが運行されている。

堺・光明池エリアの主な駅

光明池 / こうみょういけ 駅
泉北高速鉄道 泉北高速線

koumyouike1.jpg
南海電車が乗り入れる泉北高速鉄道・光明池駅

koumyouike2.jpg
泉北高速鉄道・光明池駅

koumyouike3.jpg
光明池南口、光明池アクト

koumyouike4.jpg
和泉市側にある泉北高速鉄道光明池車庫

koumyouike5.jpg
和泉市側にある泉北高速鉄道光明池車庫

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 大阪
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

drughba

Author:drughba
日本国内・世界各国の行って面白かったところ、行ってみたいところ、興味深い都市、交通、地理、文化等。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード