和歌山・紀の川 粉河寺と青洲の里、たま駅長、紀ノ川流域のまち

紀の川
きのかわ

日本国和歌山県紀の川市

和歌山・紀の川 粉河寺と青洲の里、たま駅長、紀ノ川流域のまち

 紀の川(きのかわ)市は、和歌山(わかやま)県北部にある人口約6万人の市。西が岩出(いわで)市と和歌山市、南が海南(かいなん)市と海草(かいそう)郡の紀美野(きみの)町、東が伊都(いと)郡かつらぎ町、北が大阪(おおさか)府の岸和田(きしわだ)市、貝塚(かいづか)市、泉佐野(いずみさの)市、泉南(せんなん)市と接している。

 紀の川市は、平成17年(2005年)に那賀(なが)郡の那賀町、打田(うちた)町、粉河(こかわ)町、貴志川(きしがわ)町、桃山(ももやま)町が合併して発足した。東から西へ紀ノ川(きのかわ)が流れ、その北にJR西日本・和歌山線が通り、下井阪(しもいさか)、打田、紀伊長田(きい ながた)、粉河、名手(なて)の各駅がある。また、市の南から貴志川が流れ、紀ノ川に注いでおり、旧・貴志川町に和歌山電鐵貴志川線が通り、貴志(きし)、甘露寺前(かんろじまえ)、西山口(にしやまぐち)、大池遊園(おいけゆうえん)の各駅がある。両線ともJR和歌山駅を結んでいる。

 紀の川市役所は、旧・打田町役場が本庁舎となっており、JR和歌山線の打田駅が最寄り駅である。打田駅は快速も停車する主要駅で、打田町が紀の川市になっても駅名が打田の地名を残している。

 粉河駅も紀の川市における主要駅の一つで、旧・粉河町の代表駅だった。快速が停車するほか、和歌山からの一部の電車がここで折り返す。粉河駅から約1キロ北に粉河寺や粉河産土神社がある。粉河寺は千手千眼観音菩薩を本尊とする天台宗の粉河観音宗の総本山で、粉河駅から粉河寺まで門前町として市街地が広がっている。粉河駅からは、犬鳴山(いぬなきさん)を越えて大阪府泉佐野市に入り、熊取(くまとり)町のJR阪和線・熊取駅まで結ぶ路線バスが運行されている。

 名手駅は、旧・那賀町だった駅で、駅の近くに旧名手宿本陣の歴史建造物が保存されている。駅の北東にある「青洲の里」は、江戸時代に世界で初めて全身麻酔の手術を成功させた外科医の華岡青洲(はなおか せいしゅう)を顕彰する公園で、住居兼病院だった建物が再整備された上で「春林軒」として公開され、華岡青洲の歴史や功績を展示する「フラワーヒルミュージアム」がある。

 紀ノ川の南の貴志川町にある和歌山鐵道貴志川線の終点の貴志駅は、平成18年(2006年)に南海電鉄から和歌山鐵道に移管されてから、積極的な経営が模索され、駅の売店の飼い猫の「たま」を駅長に就任させるなどの話題作りにより、日本各地から和歌山鐵道に乗って「たま」を見に観光客が訪れるようになった。平成22年(2010年)には「たま」をモチーフにした新駅舎も完成した。「たま」駅長は平成27年(2015年)に死去し、三毛猫の「たま2世(ニタマ)」が駅長を継いでいる。

紀の川エリアの主な駅

打田 / うちだ 駅
JR西日本 和歌山線

粉河 / こかわ 駅
JR西日本 和歌山線

名手 / なて 駅
JR西日本 和歌山線

貴志 / きし 駅
和歌山鐵道 貴志川線

kinokawa1.jpg
JR和歌山線・打田駅

kinokawa2.jpg
JR和歌山線・粉河駅

kinokawa3.jpg
JR和歌山線・粉河駅

kinokawa4.jpg
JR和歌山線・粉河駅

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

drughba

Author:drughba
日本国内・世界各国の行って面白かったところ、行ってみたいところ、興味深い都市、交通、地理、文化等。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード