東京・青梅 昭和レトロと紅葉の御岳渓谷ハイキング

青梅
おうめ

日本国東京都青梅市

東京・青梅 昭和レトロと紅葉の御岳渓谷ハイキング

 青梅(おうめ)市は東京(とうきょう)都西部にある人口約14万人の市。西が西多摩(にしたま)郡の奥多摩(おくたま)町、南が西多摩郡の日の出(ひので)町、あきる野(あきるの)市、東が羽村(はむら)市と西多摩郡の瑞穂(みずほ)町、埼玉県の入間(いるま)市、北が埼玉県の飯能(はんのう)市と接している。

 青梅市にはJR東日本の青梅線が走っていて、市内には河辺(かべ)、東青梅(ひがしおうめ)、青梅、宮ノ平(みやのひら)、日向和田(ひなたわだ)、石神前(いしがみまえ)、二俣尾(ふたまたお)、軍畑(いくさばた)、沢井(さわい)、御嶽(みたけ)の各駅がある。

 青梅線は、もともと青梅鉄道として明治27年(1894年)に立川(たちかわ)~青梅が開業し、その後、青梅電気鉄道となって御嶽方面へ延伸され、昭和19年(1944年)に国有化された。

 青梅線は、利用客の多さと沿線人口の関係で、青梅駅で運行系統が分かれている。青梅から東の青梅~立川は、東京都心方面への通勤路線であり、運転本数も多く、立川から中央線に乗り入れて東京駅まで直通する青梅特快も運行されている。一方、青梅~御嶽~奥多摩(おくたま)は山間部を走り、運転本数も少なくなるが、東京から気軽に来ることができるハイキング路線として人気があり、休日には東京方面からホリデー快速「おくたま」が直通運転している。

 青梅市役所の最寄り駅は東青梅駅で、青梅市の住宅街は東青梅駅の東、東青梅、河辺周辺に広がっている。

 一方、青梅の観光の拠点はやはり青梅駅である。青梅市では、青梅の町を昭和レトロを強調することで観光誘致を図っており、「昭和レトロ商品博物館」があるほか、町には昭和の映画をイメージした看板があちこちにある。漫画家の赤塚不二夫(あかつか ふじお)が青年時代に映画看板の作成をしていたことが縁で、市内に青梅赤塚不二夫会館があるなど、赤塚不二夫も町おこしに一役買っており、満洲生まれの赤塚の水餃子の味を再現する食堂もある。そのほか、青梅駅周辺には住吉神社や青梅鉄道公園などがある。

 青梅駅から多摩川(たまがわ)を上流方面に上ったところにある青梅線の御嶽(みたけ)駅は、御岳山(みたけさん)への登山の最寄り駅であり、御岳渓谷のハイキングの名所でもある。川沿いに遊歩道が整備され、ハイキングが楽しい。ゆず味噌などをつけて食べるさっぱりした刺身コンニャク「のしこん」が名物で、人気がある。

 御岳山の登山は、御嶽駅からバスに乗り、御岳登山鉄道の滝本(たきもと)駅へ向かい、そこから御岳登山鉄道のケーブルカーで御岳山(みたけさん)駅へ、さらにリフトで御岳平(みたけだいら)駅から大展望台(だいてんぼうだい)駅まで上ることができる。山上には「おいぬ様」と親しまれている武蔵御嶽神社がある。

青梅エリアの主な駅

青梅 / おうめ 駅
JR東日本 青梅線

御嶽 / みたけ 駅
JR東日本 青梅線

oume1.jpg
JR青梅線・青梅駅

oume2.jpg
JR青梅線・青梅駅

oume3.jpg
昭和レトロ博物館(右)と青梅赤塚不二夫会館(左)

oume4.jpg
青梅市内のバス停

oume5.jpg
青梅市街地の昭和レトロな映画看板

oume6.jpg
青梅・住吉神社

oume7.jpg
JR青梅線・御嶽駅

oume8.jpg
御岳渓谷

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 東京都下、多摩地域
ジャンル : 地域情報

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/11/02 09:04)

青梅市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

drughba

Author:drughba
日本国内・世界各国の行って面白かったところ、行ってみたいところ、興味深い都市、交通、地理、文化等。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード