FC2ブログ

愛媛・今治 今治タオルと伯方の塩、しまなみ海道サイクリング

今治
いまばり

日本国愛媛県今治市

愛媛・今治 今治タオルと伯方の塩、しまなみ海道サイクリング

 今治(いまばり)市は、愛媛(えひめ)県北東部にある人口約16万人の市。西が松山(まつやま)市、南が東温(とうおん)市、東が西条(さいじょう)市と接しており、北は瀬戸内海が広がり、「しまなみ海道」が広島県尾道(おのみち)市とつながっている。また、離島だった岡村島が「安芸灘とびしま海道」で広島県呉(くれ)市とつながっている。

 今治は、かつて伊予国(いよのくに)の国府が置かれ、瀬戸内海の交通の要衝として発展した。江戸時代には、今治藩が置かれ、今治城の城下町として栄えた。四国を代表する工業都市の一つであり、瀬戸内海の交通の要衝であることから造船業が盛んであるほか、「今治タオル」ブランドで知られる高品質なタオルの生産が盛んである。

 今治市は、大正9年(1920年)に今治町と日吉村が合併して今治市が発足した。その後、周辺の町村を編入して市域が拡大し、平成の大合併では、平成17年(2005年)に越智(おち)郡の11町村である波方(なみかた)町、大西(おおにし)町、菊間(きくま)町、玉川(たまがわ)町、朝倉(あさくら)村、吉海(よしうみ)町、宮窪(みやくぼ)町、伯方(はかた)町、上浦(かみうら)町、大三島(おおみしま)町、関前(せきぜん)村と合併して新しい今治市が発足し、現在の市域となった。

 このうち、吉海、宮窪、伯方、上浦、大三島、関前は離島にあたり、「大島」に吉海町と宮窪町が、「伯方島」に伯方町が、「大三島」に上浦町と大三島町があり、「しまなみ海道」でこれらの島どうしがつながり、四国とも陸続きになった。さらに、大三島からは「しまなみ海道」が広島県尾道市の生口島(いくちじま)ともつながり、本州とも陸続きになった。また、離島だった旧・関前村の岡村島が呉市と橋がつながった。一方、伯方島の東の離島の越智郡上島(かみじま)町は、因島(いんのしま)など広島県尾道市側とのつながりが深い地理的背景から今治市との合併構想から離脱した経緯がある。

 今治市には、JR四国・予讃線が通り、伊予桜井(いよ さくらい)、伊予富田(いよ とみた)、今治(いまばり)、波止浜(はしはま)、大西(おおにし)、伊予亀岡(いよ かめおか)、菊間(きくま)の各駅がある。

 今治駅は特急「しおかぜ」「いしづち」が停車する今治市の中心駅で、2面3線のホームがある高架駅である。今治駅の東約1キロに今治城がある。今治城は藤堂高虎(とうどう たかとら)によって築城され、江戸時代初期の1604年(慶長9年)に竣工し、後に松平定房(まつだいら さだふさ)が今治藩主となり、代々松平氏の居城となった。明治2年(1869年)に廃城され、石垣や内堀は江戸時代のままの姿であるが、今治城の建築物はほとんど残っていなかった。昭和55年(1980年)に天守が建てられ、後に御金櫓や鉄御門(くろかねごもん)などが復元された。天守からは瀬戸内海や「しまなみ海道」の来島大橋などが一望できる。

 今治港は、かつては瀬戸内海の離島へのフェリーが多数運航されていたが、「しまなみ海道」の開通で多くの離島が道路で結ばれ航路は縮小傾向にあるが、芸予観光フェリーが今治から大島、伯方島、因島などを今も結んでいる。また、「しまなみ海道」が通らない今治市の離島の旧・関前村方面の大下島(おおげしま)や岡村島を結ぶ今治市営フェリーも運航されている。また、瀬戸内海を通る長距離のフェリーは「しまなみ海道」や明石海峡大橋の開通で道路交通が便利になったことから寄港するフェリーの廃止が相次いで、ほとんどなくなった。

 「しまなみ海道」は、本州四国連絡道路の3ルートの一番西を通るルートで、今治市から橋で瀬戸内海の島々を結び、広島県尾道市を結ぶ約60キロの道路。西瀬戸自動車道という四国と本州を結ぶ高速道路であるとともに、サイクリングロードも整備され、島と島を結ぶ地元の交通機能も果たしている。橋から眺める瀬戸内海の島々の風景が美しく、自転車も通行できることから、近年は世界中から自転車愛好家が集まるサイクリングの聖地となっている。

 「しまなみ海道」のうち、一番早く開通したのは、昭和54年(1979年)の伯方島と大三島を結ぶ大三島橋で、昭和58年(1983年)に因島と向島を結ぶ因島大橋、昭和63年(1988年)に大島と伯方島を結ぶ伯方・大島大橋、平成3年(1991年)に生口島と因島を結ぶ生口橋、そして平成11年(1999年)に向島と本州を結ぶ新尾道大橋、大三島と生口島を結ぶ多々羅大橋、四国と大島を結ぶ来島海峡大橋が開通し、四国と本州がつながった。その後も大島道路など島内の高速道路の整備が行われ、平成18年(2006年)に一本の高速道路としてつながった。

 今治駅前のバスターミナルからは、「しまなみ海道」を経由して山陽新幹線の福山(ふくやま)駅を結ぶ高速バスが運行されていて、広島県への交通も便利になった。「しまなみ海道」がサイクリングの聖地として人気が高いことから、今治駅前には台湾の自転車メーカー「GIANT(ジャイアント)」のレンタサイクルショップがあるほか、西瀬戸自動車道・今治北IC(インターチェンジ)近くの観光施設「サンライズ糸山」がサイクリングターミナルとして、レンタサイクル、レストラン、宿泊施設などがあり、ここから来島海峡大橋が一望できる。

 大島には道の駅「よしうみいきいき館」があり、ここにも吉海レンタサイクルターミナルがあり、サンライズ糸山から大島の「よしうみいきいき館」まで来島海峡大橋を気軽にサイクリングできる。来島海峡大橋は、全長4105mにわたる3連吊橋で、馬島の上を通る。特に四国本島(糸山半島)~馬島を結ぶ来島海峡第三大橋は1570mあり、ダイナミックな景観が広がる。ほかにも伯方島には道の駅「伯方S・Cパーク」、大三島には道の駅「今治市多々羅しまなみ公園」などの道の駅が充実し、サイクリングの拠点となっている。伯方島は「伯方の塩」の発祥の地であり、かつての塩田はクルマエビの養殖場に変わったが、製塩技術は伝承され、製塩工場がある。大三島は三島大明神ともいわれる大山祇神を祀る大山祇(おおやまづみ)神社がある「神の島」と呼ばれ、多々羅大橋を渡ると広島県尾道市の生口島に行くことができる。

 このほか、今治市西部の旧・大西町は、高縄(たかなわ)半島の北西部にあり、斎灘(いつきなだ)に面している。「新来島どっく」大西工場があり、造船業が盛んである。その南西にある旧・菊間町は、「菊間瓦」で知られる瓦の製造が盛んであるほか、太陽石油の石油精製所や菊間国家石油備蓄基地がある石油の町でもある。予讃線の菊間駅の南では海沿いを走り、斎灘の素晴らしい景色が広がる。

今治エリアの主な駅

今治 / いまばり 駅
JR四国 予讃線

大西 / おおにし 駅
JR四国 予讃線

菊間 / きくま 駅
JR四国 予讃線

imabari1.jpg
JR四国予讃線・今治駅

imabari2.jpg
今治駅前にあるレンタサイクルショップ

imabari3.jpg
今治市中心部の街並み

imabari4.jpg
サンライズ糸山から見た来島海峡大橋

imabari5.jpg
サンライズ糸山から見た来島海峡大橋

imabari6.jpg
しまなみ海道・来島海峡大橋

imabari7.jpg
来島海峡大橋から見た今治市街

imabari8.jpg
来島海峡大橋から見た瀬戸内海の島々

imabari9.jpg
しまなみ海道上にある馬島バス停

imabari10.jpg
サイクリング道もある来島海峡大橋

imabari11.jpg
大島(旧・吉海町)から見た来島海峡大橋

imabari12.jpg
大島(旧・吉海町)から見た来島海峡大橋

imabari13.jpg
大島の眺め

imabari14.jpg
菊間の瓦

imabari15.jpg
JR予讃線・菊間駅

imabari16.jpg
菊間町の眺め

imabari17.jpg
JR予讃線から見た斎灘の眺め

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 愛媛県
ジャンル : 地域情報

プロフィール

drughba

Author:drughba
日本国内・世界各国の行って面白かったところ、行ってみたいところ、興味深い都市、交通、地理、文化等。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード