愛媛 松山・道後 日本古三湯の道後温泉と坊っちゃん列車

松山・道後
まつやま・どうご

日本国愛媛県松山市

愛媛 松山・道後 日本古三湯の道後温泉と坊っちゃん列車

 道後温泉(どうごおんせん)は、愛媛(えひめ)県の松山(まつやま)市にある温泉街で、日本三古湯(さんことう)の一つであり、松山を代表する観光地の一つである。

 道後温泉は、古代の万葉集の時代にすでに存在が知られ、愛媛県を表す伊予国(いよのくに)は「湯国」(ゆのくに)から転訛したとも言われている。それほど、伊予にとって道後温泉は特別な存在であり、古くは湯郡(ゆのこおり)と呼ばれ、明治時代には道後温泉周辺は温泉郡(おんせんぐん)という行政地名が用いられた。

 道後温泉の周辺は、明治以降に愛媛県温泉郡の道後(どうご)村および道後湯之町(どうごゆのまち)となり、道後村は大正12年(1923年)に村域が松山市と道後湯之町に編入され、道後湯之町も昭和19年(1944年)に松山市に編入された。

 松山市中心部から道後温泉へは、明治28年(1895年)に道後鉄道の道後駅が開設され、百年以上の歴史を持つ。道後鉄道は明治33年(1900年)に伊予鉄道(伊予鉄)に合併され、その後、松山電気軌道(松電)も道後に乗り入れ、伊予鉄と松電が競合し、大正10年(1921年)に松電が伊予鉄に合併された。道後駅は昭和36年(1961年)に道後温泉駅に改称され、現在に至る。

 道後温泉駅からは、伊予鉄のターミナルの松山市駅を結ぶ3号線、JR松山駅を結ぶ5号線、本数は少ないが本町線へ直通する6号線などが運行されているほか、夏目漱石(なつめ そうせき)が小説「坊っちゃん」の中で「マッチ箱のような汽車」と表現した当時の列車を再現した「坊っちゃん列車」が観光列車として道後温泉~松山市および道後温泉~JR松山駅~古町(こまち)駅を運行している。

 道後温泉駅から道後温泉へは、道後温泉商店街のアーケード商店街が続いており、途中で右に曲がり、そのつき当りに、美しい日本建築の道後温泉本館がある。この「神の湯」本館棟は明治27年(1894年)に建てられたもので、「霊の湯」棟は明治32年(1899年)、道後温泉の象徴的な玄関棟は大正13年(1924年)に建てられた。道後温泉本館を中心として道後温泉のさまざまな温泉宿泊施設が集まっている。

 このほか道後温泉の周辺には、湯築城(ゆづきじょう)の城址の道後公園、湯神社、伊佐爾波(いさにわ)神社、伊予・温泉郡出身の俳人・正岡子規(まさおか しき)を記念する「子規記念博物館」などの施設があり、散策が楽しい。

松山・道後エリアの主な駅

道後温泉 / どうごおんせん 駅
伊予鉄道 城南線(3系統、5系統、6系統)

道後公園 / どうごこうえん 駅
伊予鉄道 城南線(3系統、5系統、6系統)

dougo1.jpg
道後温泉駅に着いた「坊っちゃん列車」

dougo2.jpg
伊予鉄・道後温泉駅

dougo3.jpg
伊予鉄・道後温泉駅

dougo4.jpg
伊予鉄・道後温泉駅の駅舎

dougo5.jpg
道後温泉駅前

dougo6.jpg
道後温泉駅前のからくり時計

dougo7.jpg
道後温泉商店街

dougo8.jpg
道後温泉本館

dougo9.jpg
道後温泉本館

dougo10.jpg
道後・伊佐爾波神社

dougo11.jpg
道後・湯神社

dougo12.jpg
道後・湯神社

dougo13.jpg
湯築城址の道後公園

dougo14.jpg
子規記念博物館

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 温泉♪
ジャンル : 旅行

プロフィール

drughba

Author:drughba
日本国内・世界各国の行って面白かったところ、行ってみたいところ、興味深い都市、交通、地理、文化等。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード