東京・桜新町 サザエさんの町、急行待避する地下の桜新町駅

東京・桜新町
とうきょう・さくらしんまち

日本国東京都世田谷区

東京・桜新町 サザエさんの町、急行待避する地下の桜新町駅

 桜新町(さくらしんまち)は、東京(とうきょう)都の世田谷(せたがや)区にある地区で、東急電鉄・田園都市線の桜新町駅がある。

 東急田園都市線の渋谷(しぶや)~二子玉川(ふたこたまがわ)は、もともと路面電車の玉川電気鉄道(後の東急玉川線)だった区間で、桜新町駅自体の歴史は古く、明治40年(1907年)に玉川電気鉄道の電停として開設された。東急玉川線は、輸送力強化のため地下化することになり、昭和44年(1969年)に廃止され、桜新町電停もそのとき一旦廃止された。

 そして昭和52年(1977年)に地下路線の東急新玉川線として渋谷~二子玉川園(現・二子玉川)が開業し、二子玉川駅から先は田園都市線に乗り入れ、溝の口(みぞのくち)、長津田(ながつた)、中央林間(ちゅうおうりんかん)方面へ直通運転するようになった。現在の桜新町駅はこのときに地下に開設された。新玉川線は田園都市線と一体運用されるようになり、平成12年(2000年)に東急田園都市線として路線名が統合された。

 桜新町駅は1面1線のホームの壁の向こうに通過線が1線ある構造が2層になっている地下駅で、地下鉄のような駅であるにもかかわらず、急行電車を待避できる非常に特殊な設計となっている。通過電車による風圧を防ぐためか、通過線とは壁で仕切られており、ホームからは通過する電車が見えないが、ホームの先のトンネルを見ると、本線と合流するポイントや通過する電車も見える。

 東急田園都市線は、渋谷駅から駒沢大学(こまざわだいがく)までは首都高速3号渋谷線と一体で建設され、首都高が高架、東急がその地下を走っているが、その先から東急田園都市線は少し北に向きを変え、桜新町駅は首都高より約300m北にあり、駅前は高層ビルも少なく、周辺は住宅街が広がっている。

 桜新町は、長谷川町子(はせがわ まちこ)原作の漫画「サザエさん」の町として知られ、駅前の歩道にはサザエさん一家(サザエ、マスオ、タラちゃん、波平、フネ、カツオ、ワカメ)の像が並んでいる。長谷川町子は長年、この近くに住み、この町を舞台に昭和の幸せな家庭を描き続けてきた。作者が亡くなった後も、日曜夕方の定番としてテレビアニメ「サザエさん」の放送がフジテレビ系で続けられている。

 桜新町駅から南へ伸びる商店街は「サザエさん通り」と呼ばれ、「サザエさん」の登場キャラクターが沿道でみられる。その先にある「長谷川町子美術館」は、長谷川町子が漫画で得た収入で姉とともに収集した美術品や工芸品を展示する美術館で、昭和60年(1985年)に開館した(当時は長谷川美術館)。同美術館の町子コーナーでは、長谷川町子による「サザエさん」や「いじわるばあさん」などの漫画の原画なども展示している。

東京・桜新町エリアの主な駅

桜新町 / さくらしんまち 駅
東急電鉄 田園都市線

sakurashinmachi1.jpg
東急田園都市線・桜新町駅

sakurashinmachi2.jpg
桜新町駅で急行の通過待ち

sakurashinmachi3.jpg
桜新町駅前の「サザエさん」家族像

sakurashinmachi4.jpg
桜新町駅前の「サザエさん」家族像

sakurashinmachi5.jpg
桜新町駅前の「サザエさん」家族像

sakurashinmachi6.jpg
サザエさん通り

sakurashinmachi7.jpg
長谷川町子美術館

sakurashinmachi8.jpg
長谷川町子美術館

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 東京23区
ジャンル : 地域情報

プロフィール

drughba

Author:drughba
日本国内・世界各国の行って面白かったところ、行ってみたいところ、興味深い都市、交通、地理、文化等。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード