香川・多度津 予讃線と土讃線が分岐する多度津駅と少林寺拳法の総本山

多度津
たどつ

日本国香川県仲多度郡多度津町

香川・多度津 予讃線と土讃線が分岐する多度津駅と少林寺拳法の総本山

 多度津(たどつ)町は、香川(かがわ)県の仲多度(なかたど)郡にある人口約2.3万人の市。東が丸亀(まるがめ)市、南が善通寺(ぜんつうじ)市、西が三豊(みとよ)市と接しており、北には瀬戸内海が広がっている。

 町内にはJR四国・予讃線の海岸寺(かいがんじ)駅と予讃線・土讃線の多度津駅がある。土讃線は多度津駅から分岐して善通寺、琴平(ことひら)方面に南下する。

 開業自体は土讃線のほうが歴史が古く、明治22年(1889年)に讃岐鉄道として丸亀~琴平が開業した際に多度津駅が開設された。開業当初の多度津駅は港のある海側に駅があり、山陽鉄道が走る広島県の尾道(おのみち)方面への航路があった。明治37年(1904年)に讃岐鉄道が山陽鉄道に買収され、その後、明治38年(1906年)に山陽鉄道が国有化されたことにより、讃岐鉄道の区間も国鉄となった。大正2年(1913年)に予讃線が観音寺(かんおんじ)まで伸びると、スイッチバックを解消するため多度津駅が現在の場所に移転した。

 多度津駅は予讃線と土讃線が分岐する駅ということで、車両基地が併設されているほか、港寄りの旧・多度津駅のあたりにJR四国多度津工場があり、鉄道の町である。多度津駅には予讃線特急「しおかぜ」「いしづち」、土讃線特急「南風」「しまんと」なども停車する。また、快速「サンポート」も高松から多度津駅を経由して予讃線の観音寺、松山方面、土讃線の琴平方面へ運行されている。

 多度津は少林寺拳法の発祥の地であり、少林寺拳法の総本部がある。満洲で中国武術を学んだ宗道臣(そう どうしん)が戦後に満洲から帰国後、昭和22年(1947年)に香川県多度津町で日本精神ある武道を通じた青少年の人格形成と護身に役立つ少林寺拳法を創始した。

 町には桃陵公園(とうりょうこうえん)が広がり、桜の名所となっている。また、四国八十八箇所霊場のお寺は、多度津駅の東に道隆寺(どうりゅうじ)、海岸寺駅の北側に四国別格二十霊場の一つである海岸寺(かいがんじ)がある。

 多度津港からは、瀬戸内海に浮かぶ塩飽(しわく)諸島の高見島(たかみしま)や佐柳島(さなぎしま)へのフェリーが運航されている。

多度津エリアの主な駅

多度津 / たどつ 駅
JR四国 予讃線・土讃線

tadotsu1.jpg
JR予讃線・土讃線の多度津駅

tadotsu2.jpg
JR多度津駅

tadotsu3.jpg
JR多度津駅

tadotsu4.jpg
多度津駅の車両基地

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 四国
ジャンル : 旅行

プロフィール

drughba

Author:drughba
日本国内・世界各国の行って面白かったところ、行ってみたいところ、興味深い都市、交通、地理、文化等。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード