東京・豪徳寺 招き猫の豪徳寺と世田谷八幡宮

東京・豪徳寺
とうきょう・ごうとくじ

日本国東京都世田谷区

東京・豪徳寺 招き猫の豪徳寺と世田谷八幡宮

 豪徳寺(ごうとくじ)は、東京(とうきょう)都の世田谷(せたがや)区にあるエリアで、招き猫発祥の地として知られる「豪徳寺」がある。

 豪徳寺の北、約500mのところに、小田急電鉄小田原線の豪徳寺駅がある。豪徳寺駅は複々線化により、外側にホームがある2面4線となり、内側が特急や急行、準急などの通過線となっており、外側に各停と区間準急が停車する。駅前には豪徳寺商店街が南北に伸びている。

 小田急・豪徳寺駅のすぐ近くには東急電鉄・世田谷線の山下(やました)駅があり、駅名は異なっているが乗り換えは便利だ。豪徳寺駅・山下駅から豪徳寺へは歩いて10分ほどだが、最寄り駅は東急世田谷線の一つ南側の宮の坂(みやのさか)駅のほうが近い。

 宮の坂駅は、世田谷八幡宮の最寄り駅であり、ホームのすぐそばに、かつて世田谷線で走っていた緑色の旧型電車が展示されている。世田谷八幡宮は八幡大神(応神天皇)らを祀る神社で、源義家(みやもとのよしいえ)が後三年の役の帰り道に豪雨に遭った際にここに滞在したとされ、後に世田谷城主の吉良頼康(きら よりやす)によって1546年(天文15年)に社殿を建て直し、発展した。明治以降は「宇佐神社」と呼ばれていたが、戦後再び「世田谷八幡宮」となって今に至っている。

 豪徳寺は宮の坂駅から東に歩いて5分ほど。豪徳寺はかつては吉良氏によって築かれた世田谷城の敷地であったが、世田谷城が1590年(天正18年)に廃城となり、江戸時代の1633年(寛永10年)に近江国の彦根藩主である井伊直孝(いい なおたか)が井伊氏の菩提寺として創建した。境内には幕末に日本を開国に導き桜田門外の変で暗殺された井伊直弼(いい なおすけ)の墓もある。

 豪徳寺は、井伊直孝が猫に招かれ、雷雨を避けて、和尚のお話を聞くことができたことから「招福猫児」(まねぎねこ)として右手を上げた猫の像がたくさん「招猫殿」に祀られており、「招き猫」発祥の地として知られている。

東京・豪徳寺エリアの主な駅

豪徳寺 / ごうとくじ 駅
小田急電鉄 小田原線
山下 / やました 駅
東急電鉄 世田谷線

宮の坂 / みやのさか 駅
東急電鉄 世田谷線

goutokuji1.jpg
小田急・豪徳寺駅

goutokuji2.jpg
小田急・豪徳寺駅

goutokuji3.jpg
小田急・豪徳寺駅

goutokuji4.jpg
豪徳寺駅から見た東急世田谷線・山下駅

goutokuji5.jpg
豪徳寺商店街

goutokuji6.jpg
東急世田谷線・宮の坂駅

goutokuji7.jpg
宮の坂駅に保存されている世田谷線の旧車両

goutokuji8.jpg
世田谷八幡宮

goutokuji9.jpg
世田谷八幡宮

goutokuji10.jpg
豪徳寺

goutokuji11.jpg
豪徳寺

goutokuji12.jpg
豪徳寺

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

drughba

Author:drughba
日本国内・世界各国の行って面白かったところ、行ってみたいところ、興味深い都市、交通、地理、文化等。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード