兵庫 神戸・兵庫 かつての山陽電鉄のターミナル、キャナルタウンと川崎重工兵庫工場

神戸・兵庫
こうべ・ひょうご

日本国兵庫県神戸市兵庫区

兵庫 神戸・兵庫 かつての山陽電鉄のターミナル、キャナルタウンと川崎重工兵庫工場

 兵庫(ひょうご)駅は、神戸(こうべ)市の兵庫区にあるJR西日本・山陽本線(神戸線)と和田岬線の駅。

 県名にもなっている「兵庫」(ひょうご)とは、武器の倉庫である「兵庫」(つわものぐら)が由来であり、神戸港の前身が古くは「兵庫津」(ひょうごのつ)と呼ばれていたことに由来する。地下鉄海岸線の中央市場前(ちゅうおういちばまえ)駅がある中之島(なかのしま)には江戸時代に兵庫城があった。

 兵庫は神戸の西隣に位置したが、明治時代の廃藩置県で兵庫県が発足すると、明治12年(1879年)に兵庫村、神戸村、坂本村が合併して神戸区となり、明治22年(1889年)に神戸市となった。その後、神戸市の下に区が設置され、湊西区を昭和8年(1933年)に兵庫区と改称し、昭和20年(1945年)に湊区および湊東区と林田区の一部を編入し、ほぼ現在の兵庫区の形となった。その後、神戸市の北部が兵庫区に編入されたが、昭和48年(1973年)に北区に分割している。

 兵庫駅は明治21年(1888年)に開設された非常に歴史のある駅で、明治43年(1910年)には山陽電鉄の前身である兵庫電気軌道が兵庫~須磨(すま)に開業し、神戸市電の前身である神戸電気鉄道も同年に開業した。かつては神戸市の西のターミナル駅といえる重要な駅であった。

 神戸は、東の三宮(さんのみや)から大阪方面を結ぶ阪急電鉄と阪神電鉄、西の兵庫から姫路(ひめじ)方面を結ぶ山陽電鉄に分かれ、その間を神戸市電が結んでいたが、山陽、阪神、阪急をつなぐ地下鉄の神戸高速鉄道が建設され、昭和43年(1968年)に東西線(現・阪神神戸高速線)西代(にしだい)~新開地(しんかいち)~高速神戸(こうそくこうべ)と高速神戸~元町(もとまち)、高速神戸~阪急三宮が開業した。それにともない、神戸市電と山陽電鉄の電鉄兵庫(でんてつ ひょうご)~長田(ながた)~西代が廃止された。

 山陽は電鉄兵庫駅~長田駅が併用軌道であったが、神戸高速鉄道開業に伴う同区間廃止によって路面区間が解消された。兵庫駅の北約300mのところに新たに神戸高速鉄道の大開(だいかい)駅が開設され、これが電鉄兵庫駅の代替駅となったが、兵庫駅の乗り換え駅としてのターミナル機能は低下した。

 JR兵庫駅は新快速は通過するが、普通と快速が停車する。かつて貨物の操車場があった駅の南側はキャナルタウン兵庫として再開発が進んでいる。また、兵庫~和田岬(わだみさき)を1駅区間のみを結ぶ和田岬線が朝夕の通勤時に運行されている。和田岬駅近くには三菱重工神戸造船所や三菱電機神戸製作所などの工場がある。和田岬線はかつては非電化で、昭和62年(1990年)まで旧型客車の列車で運行され、その後、キハ35形のディーゼルカーに置き換えられたが、平成13年(2001年)に電化され、103系電車が走るようになった。

 和田岬線からは川崎重工兵庫工場にも路線がつながっていて、さまざまな鉄道車両がここで製作され、完成した車両は和田岬線から山陽本線に入って鉄道で運ばれるほか、トレーラーで道路輸送されるもの、兵庫運河から船で海上輸送されるものなどがあり、海外への鉄道車両輸出も行われている。

神戸・兵庫エリアの主な駅

兵庫 / ひょうご 駅
JR西日本 山陽本線、和田岬線

hyougo1.jpg
JR兵庫駅

hyougo2.jpg
かつて山陽電鉄の電鉄兵庫駅があった兵庫駅北口

hyougo3.jpg
山陽本線より一段低いところにある兵庫駅の和田岬線ホーム

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 神戸
ジャンル : 地域情報

プロフィール

drughba

Author:drughba
日本国内・世界各国の行って面白かったところ、行ってみたいところ、興味深い都市、交通、地理、文化等。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード