大阪・茨木 JR茨木駅と阪急茨木市駅の間にある茨木中央公園と茨木神社

茨木
いばらき

日本国大阪府茨木市

大阪・茨木 JR茨木駅と阪急茨木市駅の間にある茨木中央公園と茨木神社

 茨木(いばらき)市は、旧・摂津国(せっつのくに)にあたる大阪(おおさか)府北部にある人口約28万人の市。東が高槻(たかつき)市、南が摂津(せっつ)市、西が吹田(すいた)市と箕面(みのお)市、北が豊能(とよの)町および京都府亀岡(かめおか)市と接している。

 茨木は、古くから摂津における交通の要衝として栄え、京都(きょうと)から神戸(こうべ)へと抜ける西国街道(さいごくかいどう)の宿場町として発展した。西国街道は現在、国道171号線となり、名神高速道路・茨木IC(インターチェンジ)から西へ、箕面市や兵庫県西宮(にしのみや)市方面を結んでいる。室町時代には楠木正成(くすのき まさしげ)により茨木城が築かれ、城下町としても発展した。市の北西部は山がちで、茨木CC、茨木国際GC、あいがわゴルフコース、茨木高原CCなどゴルフ場も多い。近年は箕面市とにまたがって彩都(さいと)ニュータウンの開発も進んでいる。

 茨木市内には、大阪と京都を結ぶ鉄道交通として、JR西日本・東海道本線(京都線)と、阪急電鉄・京都本線が走っており、市内にJR京都線の茨木駅と、阪急京都線の南茨木(みなみいばらき)、茨木市(いばらきし)、総持寺(そうじじ)の各駅がある。市の中心部はJR茨木駅と阪急茨木市駅の間にあり、JR茨木駅は新快速は通過するが快速が停車し、阪急茨木市駅は快速特急は通過するが、特急、通勤特急、快速急行、快速、準急などが停車する主要駅となっている。また、南茨木駅は大阪モノレールとの乗り換え駅であることから、快速と準急が停車する。

 近畿自動車道沿いに走る大阪モノレール本線は、大阪空港から千里中央(せんりちゅうおう)、山田(やまだ)、万博記念公園(ばんぱくきねんこうえん)を通って茨木市を経由し、摂津、大日(だいにち)、門真市(かどまし)方面を結んでいて、大阪市北部に放射状に広がる町を環状的に結ぶ役割を果たしている。茨木市内には宇野辺(うのべ)、南茨木、沢良宜(さわらぎ)の各駅があり、南茨木駅で阪急京都線と乗り換えができる。大阪モノレール・彩都線は、本線の万博記念公園駅から国際文化公園都市(彩都ニュータウン)への足として彩都西(さいとにし)駅まで建設されたもので、茨木市内に阪大病院前(はんだいびょういんまえ)、豊川(とよかわ)、彩都西の各駅がある。

 JR茨木駅は、茨木市中心部の西側に位置し、東側の阪急茨木市駅とは約1.5キロ離れている。茨木駅は、明治9年(1876年)に開設された歴史ある駅。昭和45年(1970年)に日本万国博覧会(大阪万博)の開催時に最寄り駅の一つとされ、バスターミナルが整備され、快速も停車するようになった。茨木駅の西口のバスターミナルからは茨木市内の山側の住宅地や国道171号線で箕面方面、淀川の対岸の枚方市(ひらかたし)方面へのバスや、阪急茨木市駅を結ぶバスが発着している。バスターミナルの近くにはスーパー「イズミヤ」や大阪府立春日丘高校がある。

 JR茨木駅から東へ500mほど歩いたところに茨木市役所がある。その東側には南北に茨木中央公園が広がり、ここがJR茨木駅と阪急茨木市駅のほぼ中間点である。緑地が広がる茨木中央公園は、もともと茨木川が流れていたが、市街地より川が高いところを流れる「天井川」であったため、氾濫しやすく、昭和10年(1935年)の大水害を機に、茨木川を市街地の北側で安威川(あいがわ)に流れるように付け替え、市街地中心部から南の天井川となっていた部分は廃川となり、元茨木川緑地と道路が整備された。

 茨木中央公園の東側にある茨木神社は807年(大同2年)に天石門別神社が創建されたのが始まりで、茨木城が築かれたときに現在の場所に移転。その後、織田信長(おだ のぶなが)の時代にキリスト教を保護する一方で神社仏閣の焼却を進めた際、同神社は織田信長が「牛頭天皇(素盞嗚大神)の諸社は焼くべからず」としていたのを逆手にとって「牛頭天王社」と名乗って「牛頭天皇を祀ると詐称して焼却を免れた」(茨木神社のHPより)。そのような経緯があり、江戸時代の1622年(元和8年)に新たに素戔嗚尊(すさのおのみこと)を祀る本殿を建て、天石門別神社が奥宮とした。そして、明治5年(1872年)に「茨木神社」となった。

 茨木神社の東には茨木中央銀座商店街、茨木心斎橋商店街、茨木阪急本通商店街などのアーケード商店街があり、その先に阪急茨木市駅がある。茨木市駅は昭和3年(1928年)に新京阪鉄道の茨木町(いばらきちょう)駅として開業し、昭和23年(1948年)に市制施行により茨木市駅に改称された。平成4年(1992年)に駅の高架化が竣工した。もともと特急通過駅であったが、特急停車駅が増加し、平成13年(2001年)より特急停車駅になった。

 このほか、JR茨木駅の南側、近畿自動車道の北側には、かつて日本専売公社とサッポロビール大阪工場の工場が広がっていた。このうち、JRの西側の日本専売公社の跡地は、1990年代に「茨木そごう」の出店が予定されていたが、そごうの経営不振により、平成13年(2001年)に大型ショッピングセンターである「マイカル茨木」としてオープンした。そして、平成23年(2011年)に「イオン茨木ショッピングセンター」に改名された。JRの東側のサッポロビール大阪工場の跡地には、立命館大学・大阪いばらきキャンパスの建設が進められており、平成27年(2015年)にオープンする予定である。「イオン茨木ショッピングセンター」へは、大阪モノレールの宇野辺駅から近い。

茨木エリアの主な駅

茨木 / いばらき 駅
JR西日本 東海道本線(京都線)

茨木市 / いばらきし 駅
阪急電鉄 京都本線
 

ibaraki1.jpg
JR茨木駅

ibaraki2.jpg
茨木駅前のバスターミナル

ibaraki3.jpg
茨木駅から茨木市役所方面に伸びる商店街

ibaraki4.jpg
茨木市役所と茨木中央公園

ibaraki5.jpg
茨木神社

ibaraki6.jpg
茨木神社

ibaraki7.jpg
茨木阪急本通商店街

ibaraki8.jpg
阪急茨木市駅


ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 大阪
ジャンル : 地域情報

プロフィール

drughba

Author:drughba
日本国内・世界各国の行って面白かったところ、行ってみたいところ、興味深い都市、交通、地理、文化等。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード