神奈川 横浜・あざみ野 東急田園都市線と横浜地下鉄ブルーラインの接続駅

横浜・あざみ野
よこはま・あざみの

日本国神奈川県横浜市青葉区

神奈川 横浜・あざみ野 東急田園都市線と横浜地下鉄ブルーラインの接続駅

 あざみ野(あざみの)駅は、横浜(よこはま)市の青葉(あおば)区にある東急電鉄・田園都市線と横浜市営地下鉄ブルーラインの駅。

 東急田園都市線は昭和41年(1966年)に神奈川県川崎(かわさき)市の溝の口(みぞのくち)駅から横浜市の長津田(ながつだ)まで開業した。あざみ野駅のある区間に電車が通るようになったが、あざみ野駅はこの時点ではまだ開設されていなかった。あざみ野駅の一つ東京寄りの、たまプラーザ駅が多摩田園都市の拠点として開発が進められていた。

 あざみ野駅が開設されたのは昭和52年(1977年)のことで、当時は普通電車のみが停車する急行通過駅だった。あざみ野駅の存在感が高まるようになったのは、平成5年(1993年)に横浜地下鉄3号線(現・ブルーライン)が、新横浜駅から あざみ野駅まで開業してからであり、これによって田園都市線沿線から横浜市中心部へのアクセスが非常に便利になったほか、港北ニュータウンの住民が、あざみ野駅から東急田園都市線に乗り換えて東京都心へ通勤するのに非常に便利になった。

 以後、あざみ野駅の利用者が急増したが、東急田園都市線の主要駅はあくまでも、隣の たまプラーザ駅であり、あざみ野駅は急行通過駅のままであった。たまプラーザ駅は、もともと多摩田園都市の中核となる駅に成長するはずであったが、港北ニュータウンと横浜中心部を結ぶ横浜市営地下鉄ブルーライン(3号線)が東急田園都市線の駅まで延伸する際に、ぎりぎり横浜市の たまプラーザ駅ではなく、あざみ野駅に乗り入れた。これは将来の小田急新百合ヶ丘駅方面への延伸も考慮されてのことだったが、新百合ヶ丘方面への延伸なら、たまプラーザ駅からでも可能であり、東京方面へのアクセス利便性よりも、横浜市内交通としてのバランスや、あざみ野駅の西側の、すすき野方面への延伸計画が重視されての決定だったようだ。

 たまプラーザ駅を中心駅にしたい東急田園都市線としては、たまプラーザを急行停車駅とし、あざみ野駅は長らく急行通過駅としていたが、地下鉄と連絡する あざみ野駅のほうが乗客数が圧倒的に多くなったため、平成14年(2002年)より、あざみ野駅も急行停車駅となった。東急田園都市線は、たまプラーザ駅の東隣の川崎市宮前区の鷺沼(さぎぬま)駅が2面4線のため、各駅停車と急行の緩急接続が行われている。このため、東急田園都市線は鷺沼、たまプラーザ、あざみ野と、急行が3駅連続停車している。

 急行3連続停車の鷺沼、たまプラーザ、あざみ野を比べてみると、鷺沼駅は普通と急行の乗換駅。たまプラーザ駅は商業施設があつまるショッピングタウン。あざみ野駅は東急田園都市線と横浜地下鉄が接続する交通の拠点という機能の違いがはっきりしている。

 あざみ野駅の周辺は、早渕川(はやぶちがわ)が流れ、住宅街が広がっているほか、大規模なショッピング施設はないが、隣の たまプラーザ駅には大規模なショッピング施設「たまプラーザテラス」があり、そのほかあざみ野から地下鉄ブルーラインに乗って2、3駅で港北ニュータウンのセンター北駅やセンター南駅のショッピング街がある。

横浜・あざみ野エリアの主な駅

あざみ野 / あざみの 駅
東急電鉄 田園都市線
横浜市営地下鉄 ブルーライン

azamino1.jpg
東急田園都市線・あざみ野駅

azamino2.jpg
あざみ野駅に到着する東急田園都市線電車

azamino3.jpg
横浜市営地下鉄ブルーライン・あざみ野駅

azamino4.jpg
あざみ野駅前


ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 神奈川
ジャンル : 地域情報

プロフィール

drughba

Author:drughba
日本国内・世界各国の行って面白かったところ、行ってみたいところ、興味深い都市、交通、地理、文化等。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード