神奈川 川崎・浜川崎 工業地帯を結ぶ鶴見線と南武線浜川崎支線

川崎・浜川崎
かわさき・はまかわさき

日本国神奈川県川崎市川崎区

神奈川 川崎・浜川崎 工業地帯を結ぶ鶴見線と南武線浜川崎支線

 浜川崎(はまかわさき)駅は、川崎(かわさき)市の川崎区にある駅で、JR東日本の鶴見線と南武線浜川崎支線が乗り入れている。そのほか、東海道貨物線が通っている。また、東海道貨物線の北側に首都高速神奈川1号横羽線と産業道路が通っている。

 浜川崎駅の北側は住宅街が広がっているが、首都高速神奈川1号横羽線の南側は工業地帯となっている。

 浜川崎駅はもともと貨物駅として国鉄東海道本線貨物支線、鶴見臨港鉄道、南武鉄道がそれぞれ開業。最初に旅客営業を始めたのは南武線浜川崎支線の前身である南武鉄道で、昭和5年(1930年)のことだった。次に、昭和18年(1943年)に鶴見臨港鉄道が国有化されて国鉄鶴見線となり、翌昭和19年(1944年)に南武鉄道も国有化されて国鉄南武線となった。

 このような経緯から、浜川崎駅の鶴見線のホームと、南武線浜川崎支線のホームは離れている。南武線と鶴見線の間に高架で東海道貨物線が通っていて、浜川崎駅の西側には貨物駅が広がっている。また、鶴見線の浜川崎駅の南には、JFEスチール東日本製鉄所京浜地区の工場がある。

 鶴見線は横浜市鶴見区の鶴見(つるみ)駅から鶴見区と川崎市の沿岸部の工業地帯を結んでおり、横浜市側の海芝浦(うみしばうら)や大川(おおかわ)への支線があるほか、本線は浜川崎の先の扇町(おうぎまち)駅まで運行している。また、南武線浜川崎支線は、浜川崎から京浜急行との乗換駅である八丁畷(はっちょうなわて)駅を通って尻手(しって)駅で南武線の本線と連絡している。尻手駅から川崎駅へは南武線で一駅であるが、浜川崎からは尻手駅で乗り換える必要がある。

川崎・浜川崎エリアの主な駅

浜川崎 / はまかわさき 駅
JR東日本 鶴見線、南武線(浜川崎支線)

hamakawasaki1
鶴見線・浜川崎駅

hamakawasaki2
南武線浜川崎支線・浜川崎駅

hamakawasaki3
浜川崎駅の貨物線


ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 神奈川
ジャンル : 地域情報

プロフィール

drughba

Author:drughba
日本国内・世界各国の行って面白かったところ、行ってみたいところ、興味深い都市、交通、地理、文化等。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード