鹿児島・天文館 鹿児島最大の繁華街、鹿児島ラーメン、白くま、黒豚料理

鹿児島・天文館
かごしま・てんもんかん

日本国鹿児島県鹿児島市

鹿児島・天文館 鹿児島最大の繁華街、鹿児島ラーメン、白くま、黒豚料理

 天文館(てんもんかん)は、鹿児島(かごしま)市を代表する繁華街である。メインストリートである天文館電車通りと天文館通りアーケード商店街との交差点に、鹿児島市電1系統・2系統の天文館通(てんもんかんどおり)電停がある。

 天文館の地名は、薩摩(さつま)藩の島津重豪(しまづ しげひでしまづ)氏が1779年にヨーロッパの天文技術を取り入れて天文観測や暦の作成などを行うために「明時館」(天文館)を建てたのが場所にちなんでおり、現在この界隈はアーケード商店街が広がり、夜はネオンが華やかで、鹿児島・南九州最大の繁華街・歓楽街となっている。

 メインストリート天文館通りの「天文館G3」「天文館アーケード」のほか、「にぎわい通り」「天神ぴらもーる」「中町ベルグ」などのアーケード商店街がある。「中町コアモール」は、鹿児島を代表する百貨店である「山形屋」につながっており、こちらは、鹿児島市電の、いづろ通(いづろどおり)駅が近い。いづろ通の「いづろ」は、石灯篭(いづろ)の意味。このほか、いづろ通りの、いづろ交差点付近には旧・三越百貨店鹿児島店をリニューアルした商業施設「マルヤガーデンズ」がある。

 天文館周辺には、博多ラーメンや熊本ラーメンとはまた一味異なる「鹿児島ラーメン」の店舗が並んでいるほか、かき氷に練乳をかけてあんことフルーツを乗せる「白熊」(しろくま)と呼ばれるかき氷の老舗である「むじゃき」。黒豚の角煮、軟骨黒酢煮、ゆでタン塩、トントロ刺身(わさび醤油で刺身風に食べるトントロ)等、黒豚のフルコースが味わえる黒豚専門店「黒福多」(くろぶた)などの鹿児島の特色ある飲食店も多い。「黒福多」のお店の入り口には、「かごんまで食(たもる)するなら 黒豚・とんかつ・鍋・黒豚料理 なんでんそろっちょうど うんまか焼酎ずんばいあっど」と鹿児島弁で書かれている。鹿児島の郷土料理である黒豚料理には、さつまいもから作った芋焼酎がよく合う。

鹿児島・天文館エリアの主な駅

天文館通 / てんもんかんどおり 駅
鹿児島市電 1系統2系統

いづろ通 / いづろどおり 駅
鹿児島市電 1系統2系統

tenmonkan1
天文館G3商店街

tenmonkan2
天文館通り

tenmonkan3
ぴらもーる

tenmonkan4
中町ベルグ

tenmonkan5
いづろ通りと山形屋

tenmonkan6
黒豚料理「黒福多」の鹿児島弁看板

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 鹿児島
ジャンル : 地域情報

プロフィール

drughba

Author:drughba
日本国内・世界各国の行って面白かったところ、行ってみたいところ、興味深い都市、交通、地理、文化等。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード