香川・宇多津 瀬戸大橋とデルタ線、四国の玄関口に立つゴールドタワー

宇多津
うたづ

日本国香川県綾歌郡宇多津町

香川・宇多津 瀬戸大橋とデルタ線、四国の玄関口に立つゴールドタワー

 宇多津(うたづ)町は香川県綾歌(あやうた)郡にある人口約2万人の町。西に丸亀(まるがめ)市、東に坂出(さかいで)市と接している。

 宇多津町には、JR四国の予讃線が東西に走り、町内に宇多津駅がある。宇多津駅の北東から本四備讃線(瀬戸大橋線)が分岐していて、瀬戸大橋線は岡山から坂出(さかいで)、高松(たかまつ)方面と、松山(まつやま)・高知(こうち)方面のいずれにも直通できるよう、二股に分かれて予讃線と合流し、デルタ線を形成している。

 松山方面からの予讃線特急は、高松行きの「いしづち」、岡山行きの「しおかぜ」、高知方面からの土讃線特急は高松行きの「しまんと」、岡山行きの「南風」があり、それぞれ一部の列車が停車する。普通電車も予讃線の多度津(たどつ)方面から坂出、高松方面と瀬戸大橋線の岡山方面への電車が走っている。

 宇多津は、もともとは鵜足(うた)という地名で、鵜足津から宇多津へと変化した。宇多津町は小さな町であるが、瀬戸大橋からの四国の玄関口ということでその重要性は高く、平成の大合併では周辺の市に編入されることはなかった。瀬戸大橋開業に合わせて、当時はバブル時代ということもあり、大規模な開発が進んだ。

 その象徴的な存在でもあるゴールドタワーは、昭和63年(1988年)にオープンした高さ158mのガラス張りのタワーで、四国一の高さを誇っている。ここからは瀬戸大橋の「北備讃瀬戸大橋」(1611m)と「南備讃瀬戸大橋」(1723m)、四国側の番の洲高架橋(2939m)や予讃線と瀬戸大橋線のデルタ線がよく見える。

 瀬戸大橋には四国新幹線の建設スペースが確保されている。宇多津駅も北口側に四国新幹線の駅ホームのスペースが確保されているらしい。しかしながら、需要的、予算的に四国新幹線がフル規格で建設される可能性は低く、フリーゲージトレインによる新幹線乗り入れが中期的目標となっているほか、線形改良によるスーパー特急方式(狭軌での高速化)を採り入れていくことが検討されているようだ。

宇多津エリアの主な駅

宇多津 / うたづ 駅
JR四国 予讃線、本四備讃線(瀬戸大橋線)
 
utazu1
宇多津駅に到着する特急「南風」

utazu2
懐かしのキハ181形の特急「しおかぜ」

utazu3
宇多津駅

utazu4
瀬戸大橋線と予讃線が合流するデルタ線

sakaide32
瀬戸大橋線と予讃線が合流するデルタ線

setoohashi
北備讃瀬戸大橋と南備讃瀬戸大橋

utazu61.jpg
ゴールドタワー

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 香川・愛媛・高知・徳島
ジャンル : 地域情報

プロフィール

drughba

Author:drughba
日本国内・世界各国の行って面白かったところ、行ってみたいところ、興味深い都市、交通、地理、文化等。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード