滋賀・彦根 天守が美しい彦根城

彦根
ひこね

日本国滋賀県彦根市

滋賀・彦根 天守が美しい彦根城

 彦根(ひこね)市は滋賀(しが)県の東部にある人口約11万人の市。古くから近江国(おうみのくに)の交通の要衝として発展し、江戸時代には彦根藩が置かれ、彦根城の城下町が栄えた。

 彦根市の中心の駅は、彦根駅で、JR西日本の琵琶湖線(東海道本線)と近江鉄道本線が乗り入れている。JRの彦根駅は新快速が停車する主要駅で、大津(おおつ)、京都(きょうと)、大阪(おおさか)、神戸(こうべ)方面や、米原(まいばら)、長浜(ながはま)、敦賀(つるが)方面を結んでいる。東海道本線は米原から岐阜(ぎふ)、名古屋(なごや)方面に向かっているが、米原から東がJR東海となるため、琵琶湖線の電車は米原から北陸本線に直通して長浜、敦賀方面に向かう。

 彦根は滋賀県東部の主要駅の一つであるが、東海道新幹線が建設される際には彦根ではなく、米原駅に駅が設置されたことから、滋賀県東部の中心駅の役割は米原駅のほうに移っている。

 近江鉄道は米原から彦根を経由して八日市(ようかいち)、貴生川(きぶかわ)方面を結んでいる。近江鉄道は彦根~米原がJRと競合するが、近江鉄道は彦根~米原の間に鳥居本(とりいもと)、フジテック前の各駅がある。また、彦根市内の高宮(たかみや)駅からは多賀大社前(たがたいしゃまえ)駅を結ぶ多賀線が分岐している。近江鉄道はJR琵琶湖線と比べると利用客は少ないが、地方私鉄らしいのどかな魅力がある。

 彦根の市街地は主に駅の西側に広がっており、西口には馬に乗った彦根藩初代藩主の井伊直政(いい なおまさ)の銅像があるほか、ご当地ゆるキャラの「ひこにゃん」が旅行者を歓迎している。「ひこにゃん」は平成19年(2007年)に彦根城築城400周年記念の「国宝・彦根城築城400年祭」のイメージキャラクターで、その可愛さからイベント終了後も彦根観光の顔として人気があり、ゆるキャラブームの先駆けとなったことから、彦根では全国のさまざまな「ゆるキャラ」が集まる「ゆるキャラまつり」も秋に開催されている。

 駅前にはショッピングセンター「アル・プラザ彦根」(アル・プラザ一号店)があり、そこからメインストリートを5分ほど歩いていくと彦根市役所があり、その先に滋賀県護国神社があり、彦根城のお堀が見えてくる。

 彦根城は江戸時代の1622年(元和8年)に築城され、井伊氏の拠点となっていた。明治7年(1874年)に廃城となったが、天守や櫓の建物がそのまま保存され、昭和30年代の大修理を経て、美しい姿を保っており、日本有数の美しい城として知られている。廊下橋から天秤櫓の門をくぐる。大阪城や名古屋城は、天守が歴史博物館のようになっているが、彦根城の天守はそのままの姿となっており、はしごのような階段を上ると天守閣に上れる。ここからの琵琶湖の眺めは素晴らしい。また、表御殿を復元した建物が彦根城博物館となっており、ここに立ち寄れば彦根城の歴史がわかる。

 彦根城の南西側の京橋の先には「夢京橋キャッスルロード」と呼ばれる城下町の古い家並みの景観が続く通りがあり、ここにお土産屋などが並んでいて、近くには大正ロマンが感じられる「四番町スクエア」や、周辺に残る古い町並みなど、散策が楽しい。

 彦根藩の二代目藩主である井伊直孝が江戸・世田谷の豪徳寺で猫に招かれ、それから豪徳寺が「井伊家の菩提所」として栄えたことから、それが福を招く「招き猫」の由来になたといわれている。

彦根エリアの主な駅

彦根 / ひこね 駅
JR西日本 東海道本線(琵琶湖線)
近江鉄道 本線


hikone1
彦根駅に停車するJR西日本221系

hikone2
近江鉄道・彦根駅の車庫

hikone3
彦根駅前、「ひこにゃん」と「ようこそひこねへ」

hikone4
彦根の街並み

hikone5
彦根城のお堀

hikone6
彦根城の天守

hikone7
天守の中

hikone8
天守からの眺め

hikone9
「夢京橋キャッスルロード」

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
ジャンル : 地域情報

プロフィール

drughba

Author:drughba
日本国内・世界各国の行って面白かったところ、行ってみたいところ、興味深い都市、交通、地理、文化等。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード