中国・広東 珠江デルタ経済圏、多様な言語文化―広東省

广东
クォントン/Gwóng dūng (広東語/粤語)
クァントン/Guǎngdōng (中国語/北京語)
かんとん/広東

中华人民共和国广东省
中華人民共和国広東省

中国・広東 珠江デルタ経済圏、多様な言語文化、広東省

 中華人民共和国(中华人民共和国/ツォンホア レンミン コンホークオ/ツォンワー ヤンマン コンウォークォク)の南部にある広東(广东/クォントン/クァントン)省は、人口約9550万人で、華南を代表する重要な地域。

 省都である広州(广州/クォンツァウ)は人口約870万人を超える大都市であり、都市圏では1000万人を超える。広州から南に三角形に広がる珠江(チュィーコン/ツウチャン)デルタの周辺は製造・加工業の工場が集まる大経済圏を形成しており、南東側の深圳(サムツァン/センツェン)の南には旧イギリス領ホンコン/Hong Kong/香港)である香港特別行政区と接し、南西側の珠海(チュィーホイ/ツウハイ)の南には旧ポルトガル領マカオ(Macau/澳門/オウムン)の澳門特別行政区と接している。

 南には南シナ海(南海/ナムホイ/ナンハイ)が広がり、気候は亜熱帯で、夏は高温多湿で、冬でも比較的暖かい。省北部は山がちで、山間部は冬に雪が降ることもある。

 広東省は古くは「百越」と呼ばれる南方民族が住んでいたとされ、ベトナムは漢字で「越南/Viet Nam」であるように、ベトナムとも文化・民族的に近く、広東省は広東語で「越」(ユッ/Yuht)と発音が同じの「粤」(ユッ)とも呼ばれ、広東語(广东话/クォントンワー)は、「粤话」(ユッユィー)とも呼ばれる。

 広東省の最大の主要言語は広東語で、広州を中心に、広東省中央部および西部で話されている。主な都市に広州、深圳、珠海、東莞(东莞/トンクン)、中山(ツォンサーン)、江門(コンムン)、仏山(佛山/ファッサーン)、清遠(清远/ツェンユン)、肇慶(肇庆/スィウヘン)、陽江(阳江/イョンコン)、雲浮(云浮/ワンファウ)、茂名(マウメン)などがある。また、香港や澳門(マカオ)も広東語文化圏である。このほか、汕頭(汕头/ソワタウ)、潮州(ティオチウ)、掲陽(揭阳/キッヤン)、汕尾(ソワボエ)などの広東省南東部では潮州(ティオチウ)語が、梅州(モイツウ)、河源(ホーニエン)、恵州(惠州/フィーツウ)などの広東省北東部で客家(ハッカ)語が話されている。そのほか、省南西部の湛江(タムカン/ツァームコン)や雷州(ルイチウ)は、海南省の海南語に近い福建語系の雷州語が話されている。

 広東省の土着の少数民族は、ヤオ族が広東省北部の清遠市の連山、連南や、韶関(韶关/スィウクワン)市の乳源に住んでいる。また、連山にはチワン族も住んでいる。

 広東語は広東省、香港、澳門のほか、広西チワン族自治区の南部でも話されており、また、東南アジア、イギリスなどの華人社会でも広く用いられている。客家語は広東省北東部のほか、福建省南西部、江西省南部でも使われ、台湾、東南アジアでもよく話されている。潮州語は広東省南東部のほか東南アジアでは特にタイの華人に潮州系が多い。東南アジアの華人は広東省出身者が多く、広東省は東南アジア各国との結びつきも強い。

 広東省は、福建省、江西省、湖南省などとの境が山深く、北方からの影響力が比較的弱く、北方中国文化に同化されずに独自の文化をよく保存している。

 また、満州人王朝の支配下にあった清国を打倒するための広州起義(武装蜂起)や辛亥革命を指導した孫文(孫中山/スン ツォンサン)は広東省出身であり、1917年(民国6年)~1925年(民国14年)には、中華民国の北洋政府に対抗するため広東、広西、雲南、貴州、四川などが連合して孫文の指導の下で広州に中華民国軍政府が置かれた。さらに1925年~1927年(民国16年)に広州国民政府が置かれた(その後、北伐で国民政府が南京へと移転した)。このように広東は中華民国初期の政治の中心でもあった。

 もともと広東語文化の中心は広州だったが、現在は長い中国共産党独裁政権によって自由が制限されている広州より、比較的自由な空気の香港のほうが文化的創造力があるため、広東語文化発信の中心としては香港のほうが強い影響力がある。

 広東省は中国の公用語とされる中国語(北京語/普通話)以外の言語の公共空間での使用が中国のなかでは比較的寛容であり、広州などの都市の地下鉄・バスのアナウンスは中国語と広東語(一部は英語も)のアナウンスがある。これに影響されてか、汕頭の市内バスも中国語と潮州語のアナウンスがある。テレビも広東語による番組が多く放送されており、広東語によるニュースも放送されているほか、音楽などの文化面では香港のものが多く入ってきている。これらは、広東省らしい独特の文化的魅力となっている。

 近年、広東省は交通インフラの整備が急速に進み、高速道路が整備され、高速バスのネットワークが充実するようになったほか、今後は中国版新幹線(中国高鉄)の整備が進み、鉄道交通の大幅なスピードアップがはかられることになる。

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

プロフィール

drughba

Author:drughba
日本国内・世界各国の行って面白かったところ、行ってみたいところ、興味深い都市、交通、地理、文化等。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード