大阪・中之島 京阪中之島線となにわ筋線

大阪・中之島
おおさか・なかのしま

日本国大阪府大阪市北区

大阪・中之島 京阪中之島線となにわ筋線

 京阪電鉄の大阪側のターミナルはこれまで淀屋橋(よどやばし)駅が西端であったが、京阪本線の淀屋橋駅から2駅手前の天満橋(てんまばし)駅から京阪中之島線が平成20年(2008年)に開業し、京阪本線の北側に並行して中之島(なかのしま)を西へ進み、淀屋橋から約2キロ西の中之島駅まで乗り入れるようになった。

 京阪中之島線は、堂島川の南岸の中之島の北側を東西に走り、なにわ橋(なにわばし)、大江橋(おおえばし)、渡辺橋(わたなべばし)、中之島の各駅がある。中之島の堂島川沿いの河川敷は歩道が整備され、川沿いの潤いある都会的な風景が美しい。

 京阪中之島線へは京都方面から快速急行が直通し、なにわ橋駅は京阪本線と地下鉄堺筋線の北浜駅、大江橋駅は京阪本線と地下鉄御堂筋線の淀屋橋駅、渡辺橋駅は地下鉄四つ橋の肥後橋(ひごばし)駅にそれぞれ近いが、いずれも北浜、淀屋橋、肥後橋の各駅とは数百メートル離れていることから、中之島線の開業によって飛躍的に便利になったわけではなく、京阪本線からの分散も少なく、利用客数が伸び悩んでいるようだ。

 なぜわざわざ本線とつかず離れずで中之島線を建設する必要があったかというと、京阪の淀屋橋駅が地下鉄と同じ高さでぶつかるため延伸ができなかったという理由があった。このため、中之島線は淀屋橋より西へ行くことに意味がある。

 中之島駅はなにわ筋の玉江橋(たまえばし)のあたりにあり、周辺には大阪市立科学館、大阪国際会議場(グランキューブ大阪)、リーガロイヤルホテルなどがある。また、堂島川の北側には朝日放送本社、大丸ピーコック、JR東西線の新福島(しんふくしま)駅、阪神電鉄福島(ふくしま)駅などがある。ただし、現時点で京阪中之島線の利用者は多くない。

 中之島駅が本領発揮するのは、南北に走るなにわ筋に地下鉄なにわ筋線が開業したときだ。なにわ筋線はJR難波(なんば)駅と南海汐見橋(しおみばし)駅から北上し、中之島駅を経由して北梅田(きたうめだ)、新大阪(しんおおさか)へ至る路線で、開業後は大阪キタから関西国際空港へのアクセス路線となる。開業すればJRの関空特急「はるか」が大阪環状線経由からなにわ筋線経由となり、また南海の特急も関空から汐見橋線経由でなにわ筋線に乗り入れる予定である。(南海からなにわ筋線の乗り入れは、汐見橋からと難波からの2案がある)

 なにわ筋線が開業すれば、京阪中之島線は京阪沿線からの関空アクセス路線となり、利用客の増加が見込まれる。このほか、京阪中之島線はさらに西へ延伸し、JR大阪環状線と阪神なんば線の西九条(にしくじょう)駅や、ユニバーサルスタジオ、さらには夢咲(ゆめさき)トンネルを通って大阪府庁の移転構想があるワールドトレードセンター(WTC)へ至る延伸構想もある。西九条から阪神への直通も検討されているらしく、これが実現すれば神戸方面から京阪沿線への直通が可能となり、中之島線は大阪東西を結ぶ重要な幹線となる。長期的に見て中之島線は大きな可能性を秘めた鉄道路線だといえそうだ。

nakanoshima2
中之島の川沿いを走る高速道路

nakanoshima1
京阪中之島線の中之島駅

ドルジバツアー ホームページ
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
 
スポンサーサイト

テーマ : 大阪
ジャンル : 地域情報

プロフィール

drughba

Author:drughba
日本国内・世界各国の行って面白かったところ、行ってみたいところ、興味深い都市、交通、地理、文化等。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード