台湾 嘉義・太保 台湾新幹線嘉義駅と嘉義県政府

太保
タイポー/Thài-pó (台湾語/ホーロー語)
タイパオ/ㄊㄞˋ ㄅㄠˇ (台湾華語/北京語)
たいほ/太保

臺灣嘉義縣太保市
台湾嘉義県太保市

台湾 嘉義・太保 台湾新幹線嘉義駅と嘉義県政府

 太保(台:タイポー/華:タイパオ)市は嘉義(台:カーギー/華:チアイー)県の県政府所在地で、2007年に開業した台湾新幹線(台灣高鐵/タイワン コーティ)の嘉義駅があり、新しい都市開発が進められている。

 在来線である台鉄(台鐵)の嘉義駅は太保市の東隣の嘉義市にある。嘉義市は嘉義県とは別の自治体であり、台鉄嘉義駅が嘉義市の中心駅、高鉄嘉義駅が嘉義県の中心駅の役割を果たしている。

 高鉄嘉義駅から台鉄嘉義駅および嘉義市内へは、連絡バス(嘉義BRT)が走っていて、バスレーンが整備されている高鐵大道を通って高鉄嘉義駅~台鉄嘉義駅(約15キロ)を連絡している。このバスは嘉義県太保市の嘉義県立体育館、嘉義県政府や、嘉義市の嘉義公園も結んでいて、今後需要が増加すればLRT(ライトレール)化する計画もある。台鉄嘉義駅からは、阿里山(アリサン)方面に向かうバスや森林鉄道に乗ることもできる。

 太保市内は、高鉄嘉義駅の南側に東西に嘉朴(カーポ)公路が通り、太保市のメインストリートとなっていて、朴子(ポーツウ)、東石(タンチオ)方面を結んでいる。周辺には太保市公所(市役所)、嘉義県政府(県庁)、嘉義県立陸上競技場などがある。また、中国の歴史的文物を集めた故宮博物院(クウコン ポォーウーユエン)の南部院区(故宮南院/クウコン ナンユエン)が建設中で、2015年にオープンした。朴子市側には長庚病院(長庚醫院/トゥンケェ ペェイィ)の嘉義院区がある。

 このほか、太保市の北西の六脚(六腳/ラッカー)郷には蒜頭製糖工場(蒜頭糖廠/ソワンタウ トゥンチウ)がある。ここはもともと日本統治時代に明治製糖株式会社の工場として造られ、戦後は台湾製糖(台糖/タイトゥン)の経営となった。現在は、ナローゲージの製糖鉄道(五分仔車/ゴフナチャー)や砂糖を使ったアイスクリームなどの加工食品など、製糖産業文化が体感できるテーマパークとなっている。

嘉義・太保エリアの主な駅

嘉義 / カーギー(チアイー) 駅
台湾高鉄 台湾高鉄(台湾新幹線)

ドルジバツアー ホームページ
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 台湾
ジャンル : 海外情報

プロフィール

drughba

Author:drughba
日本国内・世界各国の行って面白かったところ、行ってみたいところ、興味深い都市、交通、地理、文化等。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード