東京・業平橋 建設進む日本一の高さの東京スカイツリー

東京・業平橋
とうきょう・なりひらばし

日本国東京都墨田区

東京・業平橋 建設進む日本一の高さの東京スカイツリー

 東武電鉄伊勢崎線のターミナルである浅草(あさくさ)駅から隅田川(すみだがわ)の鉄橋を渡り、東へ進むと業平橋(なりひらばし)駅。ここは高架の島式ホームの1面2線の駅だが、以前この南側に貨物駅があり、その後10両編成対応の行き止まりの地上ホームが設けられ(浅草駅は6~8両編成しか入れないため)、主にラッシュ時に業平橋発着の電車が運行されていた。

 平成15年(2003年)に東武伊勢崎線の10両編成電車が地下鉄半蔵門線と直通し、押上(おしあげ)駅に乗り入れるようになり、業平橋駅の地上ホームが廃止された。

 その後、地上ホームの跡地は世界一の自立式電波塔となる「東京スカイツリー」として再開発されることになった。

 「東京スカイツリー」は平成20年(2008年)7月に着工、平成23年(2011年)末の竣工を目指して工事が進められている。東京の電波塔としては、昭和33年(1958年)に建てられた高さ333mの「東京タワー」があるが、東京に超高層ビルが増加したことなどから、より高い電波塔が必要であるとして、600m級のタワーを新たに建設することになった。

 東京スカイツリーは完成すると634mの高さとなり、世界一の高さ(828m)を誇るアラブ首長国連邦ドバイ(دبي)のブルジュ・ハリファ(برج خليفة)に次ぐ世界第2位の高さとなる。東京スカイツリーには高さ350mと450mの地点に展望台が設けられる予定である。

 平成22年(2010年)3月29日、建設中の東京スカイツリーの高さが338mに達し、東京タワーを抜いて日本一の高さとなった。隅田川の周辺からはすでに日本一の高さの東京スカイツリーがよく見える。だんだん高くなっていく東京スカイツリーの建設風景はすでに新たな東京の観光名所となっている。

ドルジバツアー ホームページ
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 東京
ジャンル : 地域情報

プロフィール

drughba

Author:drughba
日本国内・世界各国の行って面白かったところ、行ってみたいところ、興味深い都市、交通、地理、文化等。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード