大阪 堺・光明池 光明池と泉北ニュータウンと泉北高速鉄道

堺・光明池
さかい・こうみょういけ

日本国大阪府堺市南区

大阪 堺・光明池 光明池と泉北ニュータウンと泉北高速鉄道

 光明池(こうみょういけ)は、大阪(おおさか)府の堺(さかい)市、南(みなみ)区にある地区で、泉北高速鉄道の光明池(こうみょういけ)駅がある。光明池駅周辺は、昭和40年代より大阪府によって開発が進められた泉北ニュータウンが広がっている。

 泉北高速鉄道線は、大阪府都市開発泉北高速鉄道として、昭和46年(1971年)に南海電鉄・高野線の中百舌鳥(なかもず)から泉ヶ丘(いずみがおか)まで開業。昭和48年(1973年)に泉ヶ丘~栂・美木多(とが・みきた)が延伸、昭和52年(1977年)に光明池まで延伸された。泉北高速線はさらに平成7年(1995年)に光明池~和泉中央(いずみちゅうおう)が延伸開業した。大阪府の第3セクターである大阪府都市開発が泉北高速線を運行し、南海電鉄とは別会社であったが、平成26年(2014年)に南海電鉄が大阪府から株式を取得し、泉北高速鉄道は南海グループとなった。

 泉北高速線からは、主に準急が南海高野線の難波(なんば)駅まで直通運転している。また、通勤時間帯に区間急行も運行されているが、区間急行は中百舌鳥駅を通過する。南海高野線も区間急行、急行、特急などは中百舌鳥駅を通過する。平成27年(2015年)からは南海高野線と泉北高速鉄道を直通する特急「泉北ライナー」が運行されるようになり、泉北ニュータウンの住民のゆとりある着席通勤ができるようになった。

 光明池駅は1面2線のホームがあり、その先の和泉(いずみ)市側に泉北高速鉄道の光明池車庫が広がっている。銀色ステンレスの南海高野線の車両に対し、泉北高速は青色のラインが入っているのが特徴的で、新型車両は白色のボディーに青色と水色のラインが爽やかで美しい。

 駅名の由来である光明池は、駅から約1キロ南にあり、堺市南区と和泉市の境となっている。光明池は昭和11年(1936年)に、灌漑用水のため池として建設され、主に和泉市側に公園が整備されている。和泉市の浄福寺で光明皇后が誕生したという伝説から光明池と命名された。

 光明池周辺はかつては泉北郡美木多(みきた)村で、のどかな農村であったが、昭和31年(1956年)に泉北郡福泉(ふくいずみ)町に編入され、さらに昭和36年(1961年)に堺市に編入された。その後、泉北ニュータウンの開発で、急速に住宅地が造成された。

 光明池駅の北側はスーパー「サンプラザ」光明池店があり、新檜尾台(しんひのおだい)公園が広がる。その北に新檜尾台、赤坂台などの住宅地が広がっている。また、光明池駅の南側は、「光明池サンピア」や「光明池アクト」、「コムボックス光明池」などの商業施設があり、鴨谷公園の南に鴨谷台、城山台などの住宅地が広がっている。光明池運転免許試験場は和泉市側にある。

 光明池駅前のバスターミナルからは泉北ニュータウン内の住宅地を結ぶバスや、鳳(おおとり)、河内長野(かわちながの)、泉大津(いずみおおつ)方面を結ぶバスが運行されている。

堺・光明池エリアの主な駅

光明池 / こうみょういけ 駅
泉北高速鉄道 泉北高速線

koumyouike1.jpg
南海電車が乗り入れる泉北高速鉄道・光明池駅

koumyouike2.jpg
泉北高速鉄道・光明池駅

koumyouike3.jpg
光明池南口、光明池アクト

koumyouike4.jpg
和泉市側にある泉北高速鉄道光明池車庫

koumyouike5.jpg
和泉市側にある泉北高速鉄道光明池車庫

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 大阪
ジャンル : 地域情報

大阪・池田 五月山と池田城と呉春と阪急

池田
いけだ

日本国大阪府池田市

大阪・池田 五月山と池田城と呉春と阪急

 池田(いけだ)市は、大阪(おおさか)府北部にある人口約10万人の市。北と東が箕面(みのお)市、南が豊中(とよなか)市と兵庫(ひょうご)県の伊丹(いたみ)市、西が兵庫県の川西(かわにし)市と接している。

 市内には阪急電鉄・宝塚本線と箕面線が通り、宝塚線の池田駅および宝塚線と箕面線が分かれる石橋(いしばし)駅がある。両駅とも準急、急行、通勤特急、特急「日生エクスプレス」が停車する主要駅である。

 石橋駅は「Y」字状に宝塚線と箕面線が分かれており、ホームはカーブしている。また、箕面線専用の折り返しホームが1線あり、箕面線は日中は箕面~石橋の折り返し運転であるが、ラッシュ時は箕面~石橋~梅田(うめだ)を直通する準急や普通電車も運行される。石橋駅前には石橋商店街が駅に直結しており、電車利用時の買い物が便利であり、商店街も活気がある。

 池田駅は、1面2線の高架駅で、昭和59年(1984年)に高架化された。駅の北側には国道176号線が通り、駅との間にバスターミナルがある。池田駅から北へは池田栄町商店街が伸びている。また、駅の東側約100mのところに池田市役所がある。

 池田市役所から北へ歩いていくと、緩やかな坂道とその丘の上に阪急東宝グループの創設者・小林一三(こばやし いちぞう)の旧邸を記念館として公開している「小林一三記念館」がある。芸術と生活を一体に楽しむ旧邸「雅俗山荘」、茶室の「即庵」や庭園、阪急電車や宝塚歌劇など小林一三の独創的な経営に関する写真や資料を展示する「白梅館」などがある。その近くには阪急文化財団が管理する小林一三が収集した美術コレクション等を展示する「逸翁(いつおう)美術館」や、宝塚歌劇の資料や演劇、民族芸能、歌舞伎などに関する図書を収集した阪急文化財団の図書館「池田文庫」などがあり、池田が阪急電鉄と共に発展してきた町であることが感じられる。

 その北には五月山(さつきやま)公園があり、大広寺や池田市立五月山動物園、五月山ドライブウェイなどがあり、夜景も美しい。五月山公園の南側に広がる池田城跡公園は、摂津池田氏により14世紀に築造された池田城を記念する公園で、池田城自体は戦国時代の16世紀末にはすでに廃城になったが、歴史資料をもとに近年、大手門や櫓台が復元され、市民の憩いの場となり、展望台としての役割も果たす観光スポットとなっている。

 池田城から麓に下りて、少し西に歩くと、摂津池田の地酒「呉春」(ごしゅん)の酒蔵がある。「呉春」のブランド名は、池田に滞在した江戸時代の絵師の呉春に由来している。

 池田は「池田の猪買い」「池田の牛ほめ」など上方落語によく登場する「落語のまち」としても知られ、その落語の文化を紹介し、落語のDVDやCDなどを視聴できる「落語みゅーじあむ」(池田市立上方落語資料展示館)が平成19年(2007年)に開館した。そのすぐ近くには大衆演劇場「池田呉服座」もあり、芝居や落語などの芸能文化が感じられる通りとなっている。その先、西へ歩くと呉服橋で、猪名川(いながわ)を渡ると川西市である。

 猪名川沿いには阪神高速11号池田線の高架道路があり、川西市側を走る能勢電鉄の絹延橋(きぬのべばし)駅近くの池田木部出入口で国道173号線(能勢街道)や国道423号線と接続している。国道423号線を進んでいくと山深くなり、箕面市側に入った止々呂美(とどろみ)地区に新名神高速道路の箕面IC(インターチェンジ)が建設されている。
 
 このほか、池田市は「チキンラーメン」などインスタントラーメンを発明した日清食品の創設者で台湾出身の安藤百福(呉百福/ゴー ピッホッ)が池田市民であり、安藤百福邸の裏庭の研究小屋でチキンラーメンが開発されたことを記念し、平成11年(1999年)に池田駅の南約200mのところに「インスタントラーメン発明記念館」がオープンした。

 同館から西へ約500mのところに軽自動車で知られる「ダイハツ工業」の池田本社工場があり、池田市における重要な工業を担っている。阪神高速池田線は、ダイハツ工場の南の中国自動車道と交差するところに神田出入口があり、中国自動車道も市内に中国池田ICがある。中国池田ICの西側にもダイハツ工業本社工場が広がっている。阪神高速池田線をさらに南下していくと、豊中市との境に大阪空港(伊丹空港)のターミナルビルがある。

池田エリアの主な駅

池田 / いけだ 駅
阪急電鉄 宝塚本線

石橋 / いしばし 駅
阪急電鉄 宝塚本線、箕面線

ikeda1.jpg
阪急宝塚線・池田駅

ikeda2.jpg
阪急宝塚線・池田駅

ikeda3.jpg
阪急宝塚線・池田駅

ikeda4.jpg
池田サカエマチ商店街

ikeda5.jpg
池田サカエマチ商店街

ikeda6.jpg
小林一三記念館

ikeda7.jpg
小林一三記念館

ikeda8.jpg
逸翁美術館

ikeda9.jpg
五月山公園

ikeda10.jpg
復元された池田城大手門

ikeda11.jpg
復元された池田城

ikeda12.jpg
池田城からの眺め

ikeda13.jpg
呉春酒造

ikeda14.jpg
落語みゅーじあむ

ikeda15.jpg
池田呉服座

ikeda16.jpg
呉服橋からの猪名川の眺め

ikeda17.jpg
阪急石橋駅の箕面線(左)と宝塚線(右)が分かれるホーム

ikeda18.jpg
阪急石橋駅の箕面線ホーム

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 大阪
ジャンル : 地域情報

大阪 堺・鳳 大鳥大社と羽衣線

堺・鳳
さかい・おおとり

日本国大阪府堺市西区

大阪 堺・鳳 大鳥大社と羽衣線

 鳳(おおとり)は、大阪(おおさか)府の堺(さかい)市、西(にし)区にある地区で、JR西日本・阪和線および羽衣線の鳳駅がある。

 鳳は、和泉国(いずみのくに)一宮である大鳥大社(おおとりたいしゃ)の町として発展した。大鳥大社の「おおとり」は「大鳥」であるが、地名の「おおとり」は「鳳」と漢字表記される。

 堺市には鳳(おおとり)のほか、百舌鳥(もず)や白鷺(しらさぎ)など、鳥に由来する地名が多い。「もず」はひらがな2文字で「百舌鳥」と漢字3文字、「おおとり」はひらがな4文字で「鳳」と漢字1文字なのが面白い。

 大鳥大社は正式名称は「大鳥神社」で「大鳥大明神」などとも呼ばれている。日本武尊(やまとたけるのみこと)が逝去した後、魂が白鳥になって河内国(かわちのくに)の古市(現・羽曳野市)に舞い降りたほか、堺のこの地にも舞い降りて樹木が生い茂ったという伝説があり、それが「大鳥大社」の由来となっている。なので祭神は「日本武尊」と「大鳥連祖神」(おおとりのむらじのおやがみ)であり、大鳥造(おおとりづくり)と呼ばれる社殿の建築様式に特徴があり、「おとりさま」と呼ばれ、11月の酉の日に「熊手の酉の市」が開かれ、また10月には「鳳だんじり祭り」が行われる。

 鳳駅は、阪和線の主要駅であり、快速、紀州路快速、関空快速なども停車するほか、支線である羽衣線が分岐している。鳳駅の南には車両基地があり、鳳駅で折り返す普通電車もある。羽衣線は鳳から高石市の東羽衣(ひがしはごろも)までわずか1駅を結ぶミニ路線であるが、東羽衣駅は南海電鉄南海本線・高師浜線の羽衣駅と乗り換えができ、南海沿線とJR阪和線沿線をつなぐ堺市の東西の交通としての役割を果たしている。高石市は、堺市と合併しても不思議ではないが、沿岸部の埋め立て地に大規模な石油化学工場があり、税収が安定しているためか、面積は小さいが平成の大合併の流れの中でも高石市として独立を保っている。

 鳳駅周辺には、このほか鳳本通商店街、堺市西区役所、商業施設の「おおとりウイングス」「アリオ鳳」などがある。

堺・鳳エリアの主な駅

/ おおとり 駅
JR西日本 阪和線、羽衣線

ootori1.jpg
JR鳳駅

ootori2.jpg
JR阪和線の鳳車両基地

ootori3.jpg
JR阪和線の鳳車両基地

ootori4.jpg
鳳本通商店街

ootori5.jpg
大鳥大社

ootori6.jpg
大鳥大社

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 大阪
ジャンル : 地域情報

大阪 吹田・北千里 千里ニュータウンの北の玄関駅

吹田・北千里
すいた・きたせんり

日本国大阪府吹田市

大阪 吹田・北千里 千里ニュータウンの北の玄関駅

 北千里(きたせんり)は、大阪(おおさか)府の吹田(すいた)市北部に広がる千里ニュータウンを走る阪急電鉄・千里線の終着駅。

 阪急千里線は、昭和30年代後半からの千里ニュータウンの開発により、昭和38年(1963年)に千里山(せんりやま)~新千里山(現・南千里)が開業。さらに昭和42年(1967年)に南千里~北千里が開業し、千里ニュータウンから大阪・梅田(うめだ)を結ぶ路線となった。さらに昭和44年(1969年)に天神橋(てんじんばし)駅を地下化した天神橋筋六丁目(てんじんばしすじろくちょうめ)駅から大阪市営地下鉄・堺筋線と相互直通運転が始まり、北浜(きたはま)、堺筋本町(さかいすじほんまち)、日本橋(にっぽんばし)などの大阪市中心部へ乗り換えなしで行けるようになった。

 阪急千里線は、昭和45年(1970年)に千里丘陵で開催された日本万国博覧会(大阪万博)のアクセス路線となり、南千里~北千里の間に臨時駅の「万国博西口」駅が設けられた。万国博西口駅は万博終了後に撤去されたが、新たに同駅より南の中央環状線(中国自動車道)の南に山田(やまだ)駅が設けられた。

 北千里駅は千里線の終点であり、2面2線の相対式ホームがある。その先には2線ぶんの留置線が伸びている。千里北公園、国立循環器病センターの最寄り駅であり、北千里高校、千里金蘭大学、金蘭千里高校・中学、大阪大学などの学校にも近く、歩いて行けることから学生の利用も多い。

 北千里駅前には「ディオス北千里」、「イオン」北千里店、「阪急オアシス」などの商業施設やバスターミナルがあり、バスは北大阪急行・大阪モノレールの千里中央(せんりちゅうおう)駅へ頻繁に運行されているほか、国立循環器病センター、大阪モノレール豊川(とよかわ)駅、大阪大学外国語学部(箕面キャンパス)、北摂霊園など千里ニュータウンのさらに北の箕面(みのお)市や彩都(さいと)ニュータウン方面へのバスが運行されている。

 北千里駅の北へは、2線ぶんの留置線が伸びており、その先も北千里高校や国立循環器病センターのほうまで約1キロ路盤が伸びている。これが将来、北千里から北へ延伸する準備ではないかと期待させるのだが、せめて一駅、国立循環器病センターまで伸ばせないものだろうか。もしくは、この路盤を使って地下に潜るなどして、その先の171号線を走り、北大阪急行が延伸工事を行っている「新箕面」(しんみのお)駅までつなげば不便だった箕面市の鉄道交通が便利になりそうだ。

吹田・北千里エリアの主な駅

北千里 / きたせんり 駅
阪急電鉄 千里線

kitasenri1.jpg
阪急千里線・北千里駅

kitasenri2.jpg
北千里駅の先に続く留置線

kitasenri3.jpg
北千里駅前の商業施設「ディオス北千里」

kitasenri4.jpg
北千里駅前のバスターミナル

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 大阪
ジャンル : 地域情報

大阪 堺・三国ヶ丘 和泉・河内・摂津の三国国境の丘と大山古墳

堺・三国ヶ丘
さかい・みくにがおか

日本国大阪府堺市堺区

大阪 堺・三国ヶ丘 和泉・河内・摂津の三国国境の丘と大山古墳

 三国ヶ丘(みくにがおか)は、大阪(おおさか)府の堺(さかい)市堺区にある地区で、JR西日本・阪和線と南海電鉄・高野線の三国ヶ丘駅がある。

 三国ヶ丘は、かつての和泉国(いずみのくに)、河内国(かわちのくに)、摂津国(せっつのくに)の三国の国境にある丘のことで、三国ヶ丘駅の北、堺東駅の東側にある方違神社(ほうちがいじんじゃ)がその国境であった。

 このように、現在の堺市の市域は、和泉・河内・摂津の各地域が入り混じっており、三国ヶ丘を中心に、和泉が堺区の南部、北区の南部、西区、中区、南区、河内が東区、美原区、北区の東部、摂津が堺区の北部、北区の北部と分かれていた。「堺」(さかい)という地名自体も国境の境「さかい」が由来となっており、三国ヶ丘は堺の中心であるともいえる。但し、長い歴史の中で大和川(やまとがわ)の流域が変わり、和泉と摂津の境目は明治時代初期に大和川以南が和泉、以北が摂津ということになり、堺区北部と北区北部も和泉に編入され、三国ヶ丘と国境のズレが生じている。また、三国ヶ丘駅は和泉側にある。

 三国ヶ丘駅は、JR阪和線と南海高野線が交差する乗り換え駅であり、阪和線は快速、関空快速、紀州路快速などが停車し、高野線も準急が停車する(区急、急行などは通過)。南海高野線は大阪の難波(なんば)駅、JR阪和線は天王寺(てんのうじ)駅、大阪駅方面に便利であり、乗り換え客が多いが、南海としては高野線沿線の乗客をできればそのまま難波まで乗ってもらいたいため、急行などは通過するようにしている。

 駅の北側には中央環状線が通っており、南海本線・堺駅や大阪地下鉄御堂筋線・新金岡駅方面へのバスが走っている。堺市は東西の交通が不便であるが、検討されていた堺~堺東のライトレール(LRT)構想も中断されており、それならば、門真市から東大阪市方面に近畿自動車道(中央環状線)沿いに延伸計画がある大阪モノレールをさらに長原(ながはら)、松原(まつばら)方面に延伸し、そのまま中央環状線沿いに新金岡、三国ヶ丘を経由して堺駅まで建設すれば便利になりそうだ。

 三国ヶ丘駅の西側には、大山古墳(仁徳天皇陵)が広がっている。「大山古墳」(だいせんこふん)は、「仁徳天皇陵」(にんとくてんのうりょう)とも言われるが、実際に仁徳天皇の御陵なのか説が分かれている。ここは、日本最大の前方後円墳であり、百舌鳥古墳群を代表する古墳である。エジプトのピラミッドよりも広大な世界最大規模の面積を持つ。あまりに広大で、平地から見ても森にしか見えないが、堺東駅前の堺市役所の展望台からは、そのスケールの大きさがわかる。大山古墳の正面拝所へはJR阪和線・百舌鳥(もず)駅からが近い。

堺・百舌鳥エリアの主な駅

三国ヶ丘 / みくにがおか 駅
JR西日本 阪和線
南海電鉄 高野線

mikunigaoka1.jpg
JR阪和線・三国ヶ丘駅

mikunigaoka2.jpg
南海高野線・三国ヶ丘駅

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 大阪
ジャンル : 地域情報

大阪・四天王寺 夕陽丘 古都大阪が感じられる聖徳太子の四天王寺

大阪・四天王寺 夕陽丘
おおさか・してんのうじ ゆうひがおか

日本国大阪府大阪市天王寺区

大阪・四天王寺 夕陽丘 古都大阪が感じられる聖徳太子の四天王寺

 夕陽丘(ゆうひがおか)は、大阪(おおさか)市の天王寺(てんのうじ)区にある地区で、大阪市営地下鉄・谷町線の四天王寺前夕陽ヶ丘(してんのうじまえ ゆうひがおか)駅がある。

 この長い駅名は、もともと昭和43年(1968年)に地下鉄谷町線が開業した際に、夕陽ヶ丘駅ができる予定であったが、「四天王寺」(してんのうじ)が近くにあることから開業直前に四天王寺前(してんのうじまえ)駅とされた。これが地元の反発を呼んだようで、「夕陽ヶ丘」(ゆうひがおか)も副駅名として併記され、音声アナウンスでも放送されるなど配慮されていたが、平成9年(1997年)に「四天王寺前夕陽ヶ丘」駅が正式駅名となった。

 夕陽丘は、難波(なんば)から東へ、松屋町筋から上町台地を上った谷町筋にある。ここから西へ沈む夕陽の眺めが美しかったことから夕陽丘(ゆうひがおか)と呼ばれるようになったのだろう。

 駅の西側には太平寺(たいへいじ)や勝鬘院(しょうまんいん)、大江神社(おおえじんじゃ)などの寺社仏閣が多く集まり、駅の北西側は生玉寺町(いくたまてらまち)の寺院が並び、生國魂神社(いくくにたまじんじゃ)へと続いている。米軍の空襲による戦災で市街地のほとんどが焼失してしまった大阪の市街地の中で、このあたりの寺町は、大阪が京都と並ぶ古都であることを感じさせる。

 「四天王寺」は、四天王寺前夕陽ヶ丘駅から5分ほど南に歩いたところにある。ここは、聖徳太子(しょうとくたいし)が建立した七大寺の一つとされ、593年(推古天皇元年)に創建され、救世観音菩薩(くせかんのんぼさつ)を本尊としている。日本における仏教寺院の中でも最古の寺の一つであり、崇仏派の蘇我(そが)氏と排仏派の物部(もののべ)氏が争う中、蘇我氏側についていた聖徳太子(厩戸王子)が蘇我氏勝利後に四天王寺を建立した。

 四天王寺は、長い歴史の中で戦乱や落雷の火災などで何度も焼失しており、江戸時代の1812年(文化9年)に再建された伽藍は昭和9年(1934年)の室戸台風で五重塔などが倒壊し、昭和20年(1945年)の米軍による大阪大空襲で東大門や伽藍、五重塔は焼失し、現在のものは昭和38年(1963年)に再建されたものである。

 四天王寺は五重塔や回廊がある中心伽藍のほか、東に聖徳太子を祭る「聖霊院」(しょうりょういん)があり、北東側には本坊がある。このほか石鳥居、南鐘堂、北鐘堂、石舞台、三面大黒天などさまざまな施設がある。

 四天王寺から南へ10分ほど歩くと、JR西日本の大阪環状線・大和路線・阪和線や地下鉄谷町線・御堂筋線などが集まる天王寺(てんのうじ)駅があり、日本一の高層ビル「あべのハルカス」と四天王寺の並びが、歴史と現代の出会いを感じさせる。

大阪・四天王寺 夕陽丘エリアの主な駅

四天王寺前夕陽ヶ丘 / してんのうじまえゆうひがおか 駅
大阪市営地下鉄 谷町線

shitennouji1.jpg
四天王寺の石鳥居

shitennouji2.jpg
四天王寺の五重塔

shitennouji3.jpg
四天王寺と「あべのハルカス」

shitennouji4.jpg
聖霊院太子殿

shitennouji5.jpg
北鐘堂

shitennouji6.jpg
石舞台

shitennouji7.jpg
三面大黒天

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 大阪
ジャンル : 地域情報

大阪 堺・堺市 JR阪和線の堺市の中心駅

堺・堺市
さかい・さかいし

大阪府堺市堺区

大阪 堺・堺市 JR阪和線の堺市の中心駅

 堺市(さかいし)駅は、大阪(おおさか)府の堺市堺区にあるJR西日本・阪和線の駅。特急「はるか」「くろしお」などは通過するものの、快速、関空快速、紀州路快速などが停車するJR阪和線の堺市における中心駅である。

 堺市は大阪市とを結ぶ南北の交通が発達しており、海側から東へ、南海電鉄・南海本線、阪堺電軌・阪堺線、南海電鉄・高野線、JR西日本・阪和線の順に並んでおり、西から南海本線の堺駅、阪堺線の大小路(おおしょうじ)電停、南海高野線の堺東(さかいひがし)駅があり、JR阪和線の堺市駅は堺東駅よりも東にある。

 そのため、実際には堺東駅が堺市の最中心部といえ、堺市役所も堺東駅の近くにある。堺市駅は少し東にある単独駅であるため、利用者は南海高野線・堺東駅に比べて少なく、堺市駅は2面2線のホームがあるだけで、人口約85万人の堺市のメインステーションとしては物足りない感じはある。堺市駅のメリットは、大阪の天王寺(てんのうじ)駅へ行けることと、関空快速と紀州路快速が大阪環状線経由で大阪駅まで直通していることだ。

 堺市は南北の交通が充実しているが、東西の公共交通が弱いところがあり、堺市駅の一つ南の三国ヶ丘(みくにがおか)駅がJR阪和線と南海高野線が交差する乗り換え駅となっていることから、堺市駅よりも三国ヶ丘駅のほうが利用者数が多い。

 堺市駅は昭和7年(1932年)に阪和電気鉄道の堺市駅として開業し、その後、阪和堺駅となった。昭和15年(1940年)に阪和電鉄が南海鉄道に吸収されて南海山手線となった際に堺駅および堺東駅と区別するために堺金岡(さかい かなおか)駅に改称され、さらに戦時中に国有化され、金岡駅となった。堺市駅となったのは昭和40年(1965年)のことで、それ以来、阪和線の堺市における中心駅として存在感を高め、昭和47年(1972年)に阪和線のすべての快速が停車するようになった。

 堺市駅の周辺は、駅の南東にかつて日本陸軍の練兵場や陸軍病院があり、堺市駅の東側にあたるエリアで古くからの市街地が形成されている。陸軍関連施設は、戦後に米軍に接収され、昭和27年(1952年)に返還後、一部が宅地化されたほか、近畿管区警察学校や、国立病院機構近畿中央胸部疾患センター(旧・国立療養所近畿中央病院)などの施設が置かれ、東側は「金岡公園」として整備され、体育館、陸上競技場、野球場などがある。金岡公園は堺市駅よりも大阪市営地下鉄・御堂筋線の新金岡(しんかなおか)駅が近い。金岡公園の周辺には高度経済成長の時代に金岡団地、新金岡団地が造成され、堺の市街地が東に広がったことから、堺市駅の利用者が急増した。

 堺市駅の北西側には「大阪刑務所」や市立斎場など関連施設が広がっており、イメージがあまりよくなかったが、駅前は「ベルマージュ堺」として再開発され、タワーマンションとスーパー「イズミヤ」などが入る商業施設が建設され、平成11年(1999年)に完成した。また、「ベルマージュ堺」の北側には中世ヨーロッパをイメージしたバラ園が美しい東雲(しののめ)公園がある。

 堺市駅からは東西の交通として、堺東駅・堺駅方面、地下鉄御堂筋線・北花田駅方面、新金岡駅方面、近鉄南大阪線・河内松原駅方面を結ぶバスが運行されている。一時期、計画が盛り上がっていた堺LRT(ライトレール)構想で、堺市の東西に路面電車ができれば便利になりそうだが、堺市駅までの実現は近いうちには難しいようだ。

堺・堺市エリアの主な駅

堺市 / さかいし 駅
JR西日本 阪和線

sakaishi1.jpg
JR堺市駅前の「ベルマージュ堺」

sakaishi2.jpg
JR堺市駅前の東雲公園

sakaishi3.jpg
JR阪和線・堺市駅

sakaishi4.jpg
堺市駅を通過する特急「はるか」

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 大阪
ジャンル : 地域情報

大阪・福島 大阪環状線につながる梅田貨物線と地下化された阪神福島駅

大阪・福島
おおさか・ふくしま

日本国大阪府大阪市福島区

大阪・福島 大阪環状線につながる梅田貨物線と地下化された阪神福島駅

 福島(ふくしま)は、大阪(おおさか)市の福島区にある地区で、大阪市中心部の梅田(うめだ)から約1キロほど西にあり、JR西日本・大阪環状線と阪神電鉄・阪神本線の福島駅、JR西日本・東西線の新福島駅がある。駅前は飲食店が並ぶ商店街が充実しており、周辺はビジネス街として発展している。

 JR福島駅の歴史は古く、明治31年(1898年)に西成鉄道の大阪~安治川口(あじかわぐち)開業時に開設された。西成鉄道は明治39年(1906年)に国有化された。その後、昭和36年(1961年)には西成線と城東線がつながって一体化し、大阪環状線として環状運転するようになった。福島駅は昭和39年(1964年)の高架化で、1面2線の高架駅となった。福島駅は以前は快速が通過していたが、平成24年(2012年)より停車するようになった。

 新大阪駅から梅田貨物駅の西側を通って、大阪環状線と連絡する梅田貨物線が福島駅の北側を走っている。梅田貨物線は地平で東海道本線(JR神戸線)と阪神高速11号池田線をくぐり、なにわ筋を踏切で交差した後、福島駅の北側を上って高架となり、大阪環状線の西九条駅を結んでいる。梅田貨物線は、貨物列車のほか関空特急「はるか」や紀勢本線を結ぶ特急「くろしお」も走り、京都・新大阪と関空・和歌山方面を結ぶ路線としての役割が増している。大阪駅の北に広がっていた梅田貨物駅は平成25年(2013年)に廃止され、駅跡地が「うめきた」地区として再開発計画が進められている。その一環で、梅田貨物線にも「うめきた」駅を設置する構想もあるようだ。

 阪神電鉄の福島駅は、長らく地上駅であり、阪神電車は梅田駅を出発するとすぐに地上に出ていたが、渋滞の名所だったなにわ筋の踏切を解消するために、地下区間が野田駅の手前まで延長され、福島駅は平成5年(1993年)に地下化された。新しい地下駅は国道2号線の地下、なにわ筋と交わる浄正橋交差点の東側に開設された。旧・福島駅跡は、「ホテル阪神」などに再開発されており、当時の面影はない。一方、福島駅の西側の阪神の新線が地上に出るところまでの旧線の廃線跡は比較的わかりやすい。なにわ筋の西側は「福島阪神クレセントビル」という細長いビルがとなり、商店が入っている。その先の大阪環状線と並走していた区間は駐車場になっている。あみだ池筋の先は、駐車場のほか、在宅介護支援センター「阪神長楽苑」となっている。「阪神」が入っているところが、阪神電鉄とのつながりを残していて分かりやすい。

 JR東西線の新福島駅は、平成9年(1997年)にJR東西線が開業した際に開設された。JR東西線は東は京橋(きょうばし)から学研都市線に直通運転しており、西はJR神戸線とJR宝塚線に直通運転している。阪神福島駅と同じ国道2号線の地下にあり、浄正橋交差点の西に駅がある。JR新福島駅・阪神福島駅とJR福島駅の間には、なにわ筋が「浄正橋筋商店街」となっており、路地も飲食店が並んでいてにぎわっている。また、JR福島駅の北側から西へ福島聖天通商店街が伸びていて、「売れても占い商店街」として占い店を充実させて集客を図っている。

 JR新福島駅および阪神福島駅の南には、福島天満宮や、ABCホールがある朝日放送本社ビル、堂島クロスウォーク、堂島リバーフォーラム、リバーレジデンス堂島、The Towaer Osaka、大阪中之島合同庁舎などがらなる「ほたるまち」、関西電力病院などがあり、なにわ筋の玉江橋(たまえばし)を渡れば、京阪電鉄・中之島線の中之島(なかのしま)駅があり、リーガロイヤルホテルやグランキューブ大阪(大阪府立国際会議場)がある。中之島駅と福島の3駅は近く、乗り換えも便利である。

 福島天満宮は平安時代に菅原道真(すがわら の みちざね)が九州大宰府に転任された際に、ここに立ち寄った際に、もてなしに感謝してこのあたりが飢餓島と呼ばれたのを「福島」と名付けたことが福島の地名の由来となっており、その後、菅原道真が大宰府で死去したことから、ここの人たちが小祠を建てたのが福島天満宮の起源となった。

大阪・福島エリアの主な駅

福島 / ふくしま 駅
JR西日本 大阪環状線
阪神電鉄 阪神本線
新福島 / しんふくしま 駅
JR西日本 JR東西線

中之島 / なかのしま 駅
京阪電鉄 中之島線

osakahukushima1.jpg
JR大阪環状線・福島駅

osakahukushima2.jpg
JR大阪環状線・福島駅

osakahukushima3.jpg
なにわ筋の真上にあるJR福島駅

osakahukushima4.jpg
梅田貨物線のなにわ筋の踏切を走る特急「くろしお」

osakahukushima5.jpg
福島駅の横で地平に下りる梅田貨物線を走る特急「はるか」

osakahukushima6.jpg
福島から北梅田方面へと伸びる梅田貨物線

osakahukushima7.jpg
売れても占い商店街、福島聖天通商店街

osakahukushima8.jpg
飲食店が集まる浄正橋筋商店街

osakahukushima9.jpg
なにわ筋と国道2号線が交差する浄正橋交差点

osakahukushima10.jpg
阪神電鉄・福島駅

osakahukushima11.jpg
旧・阪神福島駅跡

osakahukushima12.jpg
阪神旧線跡に建てられた福島阪神クレセントビル

osakahukushima13.jpg
駐車場になった阪神旧線跡

osakahukushima14.jpg
駐車場になった阪神旧線跡

osakahukushima15.jpg
阪神旧線跡にある在宅介護支援センター「阪神長楽苑」

osakahukushima16.jpg
阪神旧線と現在の阪神本線の合流地点

osakahukushima17.jpg
梅田貨物線

osakahukushima18.jpg
梅田貨物線

osakahukushima19.jpg
空き地になった旧梅田貨物駅跡

osakahukushima20.jpg
梅田貨物線を走る特急「はるか」
 
ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 大阪
ジャンル : 地域情報

大阪 東大阪・枚岡 枚岡神社と国道308号線と暗峠

東大阪・枚岡
ひがしおおさか・ひらおか

日本国大阪府東大阪市

大阪 東大阪・枚岡 枚岡神社と国道308号線と暗峠

 枚岡(ひらおか)駅は、大阪(おおさか)府の東大阪(ひがしおおさか)市にある近畿日本鉄道(近鉄)奈良線の駅。普通と区間準急が停車し、準急、急行、快速急行などは通過する。

 東大阪市は、昭和42年(1967年)に布施(ふせ)市、河内(かわち)市、枚岡(ひらおか)市の3市が合併して発足した。枚岡駅は、旧・枚岡市側にあり、近鉄奈良線が瓢箪山(ひょうたんやま)駅から北へ向きを変え、石切(いしきり)駅にかけて生駒山(いこまやま)の山麓を上っていく途中にある。

 枚岡駅は枚岡神社の最寄り駅であり、東の山側に枚岡神社がある。駅周辺からは東大阪の街並みを見下ろすことができ、眺めが美しい。枚岡神社の本殿は4棟あり、天児屋根命(あめのこやねのみこと)、比売御神(ひめみかみ)、経津主命(ふつぬしのみこと)、武甕槌命(たけみかづちのみこと)を祀っている。河内国一宮であり、旧・官幣大社でもある由緒ある神社である。

 枚岡神社の北側には、生駒山へ上っていく細い道がある。この道路は暗越奈良街道(くらがりごえならかいどう)と呼ばれる大阪から奈良へ生駒山を越える街道であり、国道308号線ということになっている。だが、非常に細く、勾配も急であり、とても国道と呼ぶにはふさわしくない山道であり、車両の通行は危険である。実際には大阪からの国道308号線の通行車両は阪奈道路や第二阪奈道路で奈良へ抜けるので、名ばかり暗越の国道308号線をわざわざ通行する人はほとんどおらず、実際には一部の生活道路利用のほかは、ハイキングコースとして徒歩利用が多い。

 国道308号線を2キロほど、標高455mのところが「暗峠」(くらがりとうげ)で、ここが大阪府と奈良県の境となっている。ここは石畳舗装となっており、「国道」であることがよく「酷道」などとネタにされる観光地となっている。奈良県生駒市側には信貴生駒スカイラインが通っており、ドライブの名所となっている。暗峠からは頑張って歩けば近鉄生駒ケーブルの宝山寺(ほうざんじ)駅や近鉄生駒線の南生駒(みなみいこま)駅へ抜けることもできる。

 暗峠から細い森の道を10分ほど歩いて上っていくと、標高約520mのところに大阪府民の森なるかわ園地「ぼくらの広場」と呼ばれる公園がある。ここからは大阪平野を一望できる大パノラマが広がり、特に夜景は絶景である。近鉄奈良線、中央大通など東大阪の街並みや「あべのハルカス」などの大阪の高層ビル、大阪湾、六甲山、さらには明石海峡大橋や淡路島までも見渡せる。また、大阪側ほどの派手さはないが奈良側の夜景も見える。そして満天の星空に、夜は空が暗いのではなく、森こそ真っ暗だということに気付く。大自然と都市の素晴らしい調和を体験できるスポットである。

東大阪・枚岡エリアの主な駅

枚岡 / ひらおか 駅
近畿日本鉄道 奈良線

hiraoka1.jpg
近鉄奈良線・枚岡駅

hiraoka2.jpg
近鉄奈良線・枚岡駅

hiraoka3.jpg
枚岡神社

hiraoka4.jpg
枚岡神社

hiraoka5.jpg
国道308号線

hiraoka6.jpg
国道308号線

hiraoka7.jpg
ハイキングコースとして人気ある国道308号線

hiraoka8.jpg
ハイキングコースとして人気ある国道308号線

hiraoka9.jpg
ハイキングコースとして人気ある国道308号線

hiraoka10.jpg
ハイキングコースとして人気ある国道308号線

hiraoka11.jpg
国道308号線、暗峠

hiraoka12.jpg
国道308号線、暗峠

hiraoka13.jpg
暗峠から府民の森「ぼくらの広場」への道

hiraoka14.jpg
大阪府民の森なるかわ園地「ぼくらの広場」

hiraoka15.jpg
「ぼくらの広場」からの大阪のパノラマ

hiraoka16.jpg
「ぼくらの広場」からの大阪のパノラマ

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 大阪
ジャンル : 地域情報

大阪・淀川 新淀川の鉄橋が美しい阪神淀川駅

大阪・淀川
おおさか・よどがわ

日本国大阪府大阪市福島区、此花区

大阪・淀川 新淀川の鉄橋が美しい阪神淀川駅

 淀川(よどがわ)駅は、大阪(おおさか)市の福島(ふくしま)区にある阪神電鉄・阪神本線にある駅。

 淀川駅は、新淀川(しんよどがわ)の南側にあり、福島区側に位置する。神戸方面に鉄橋を渡ると大阪市西淀川区の姫島(ひめじま)駅がある。淀川駅は各駅停車しか停車せず、急行や特急、直通特急などは通過する小さな駅であるが、下流の水量の多い雄大な新淀川と、鉄橋を走る電車が美しい。

 淀川駅の所在地は海老江(えびえ)であり、阪神本線と並走している阪神高速3号神戸線の海老江出入口と阪神高速2号淀川左岸線の海老江JCT(ジャンクション)がある。一方、JR西日本・東西線の海老江駅は、東に約700m、阪神・野田(のだ)駅と大阪地下鉄・野田阪神駅のそばにあり、そちらの駅との乗り換え駅となっていて、淀川駅とは離れている。

 淀川駅の南側には海老江下水処理場があり、南西の此花区側には大阪市下水道科学館があり、下水処理の仕組みを楽しく学ぶことができる。周辺には都市再生機構(UR)が開発した「高見フローラルタウン」や「パークシティふれあいのまち」などがあり、集合住宅が建ち並んでいる。

大阪・淀川エリアの主な駅

淀川 / よどがわ 駅
阪神電鉄 阪神本線

yodogawa1.jpg
新淀川の鉄橋を渡る阪神電車

yodogawa2.jpg
新淀川の鉄橋を渡る阪神電車

yodogawa3.jpg
淀川駅に停車する阪神の普通電車

yodogawa4.jpg
阪神電車からの新淀川の眺め 

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 大阪
ジャンル : 地域情報

プロフィール

drughba

Author:drughba
日本国内・世界各国の行って面白かったところ、行ってみたいところ、興味深い都市、交通、地理、文化等。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード