茨城・常陸太田 久慈川と阿武隈高地、常陸秋そばとけんちんそば

常陸太田
ひたちおおた

日本国茨城県常陸太田市

茨城・常陸太田 久慈川と阿武隈高地、常陸秋そばとけんちんそば

 常陸太田(ひたちおおた)市は、茨城(いばらき)県北部(県北地域)にある人口約6万人の市。東が高萩(たかはぎ)市と日立(ひたち)市、南が那珂(なか)市、西が常陸大宮(ひたちおおみや)市と久慈(くじ)郡の大子(だいご)町、北が福島県東白川(ひがししらかわ)郡の矢祭(やまつり)町、塙(はなわ)町と接している。

 常陸太田市は、平成の大合併で、久慈郡の金砂郷(かなさごう)町、水府(すいふ)村、里美(さとみ)村を編入合併し、現在の市域となった。久慈川の北側に常陸太田の市街地があり、その北の阿武隈高地に旧・水府村、旧・里美村などの地域が広がり、南北に長い。

 常陸太田市には、那珂市の上菅谷(かみすがや)から常陸太田を結ぶJR東日本・水郡線常陸太田支線が通り、市内に河合(かわい)、谷河原(やがわら)、常陸太田の各駅がある。

 常陸太田駅は、もともと明治32年(1899年)に太田鉄道の太田駅として開業し、明治34年(1901年)に水戸鉄道に譲渡され、昭和2年(1927年)に国有化され、駅名も他県の太田駅との混同を避けるために常陸太田駅に改称された。常陸太田支線は、朝夕は水戸方面への直通列車が走っているが、日中は常陸太田~上菅谷の折り返し運転となっている。

 常陸太田駅の駅舎は平成23年(2011年)に改築され、「水戸黄門」こと徳川光圀(とくがわ みつくに)水戸藩第2代藩主の隠居所であった「西山荘」(せいざんそう)をイメージしたデザインとなっている。「西山荘」は常陸太田駅の北西約2キロのところにある。

 太田の市街地は、常陸太田駅の北の小高い丘にあり、商店街がまっすぐ続いている。また、常陸太田駅から道路を挟んで、すぐ近くに平成17年(2005年)まで日立電鉄の常北太田(じょうほく おおた)駅があった。日立電鉄は常北太田駅から日立市の久慈浜(くじはま)、JR常磐線・大甕(おおみか)駅を経由して鮎川(あゆかわ)まで結んでいた。日立市の工業地帯を走り、常陸太田市は日立の工場への通勤も便利であった。廃止後はバスが運行されているが、自家用車で通勤する社員が多いためか、日立市内は通勤時間帯の渋滞が激しい。

 常陸太田市の北西部の赤土町は、「常陸秋そば」(ひたちあきそば)の発祥の地。ここでは昭和53年(1978年)に茨城県農業試験場が赤土町の優れた蕎麦(そば)の種をもとに高品質な蕎麦ブランド「常陸秋そば」を育成し、県北地域の特産品となった。また、けんちん汁にざる蕎麦をつけて食べる「つけけんちん」や「けんちんそば」が常陸太田の郷土名物料理として町おこしに一役買っている。

常陸太田エリアの主な駅

常陸太田 / ひたちおおた 駅
JR東日本 水郡線(常陸太田支線)

hitachioota1.jpg
JR水郡線常陸太田支線・常陸太田駅

hitachioota2.jpg
常陸太田の街並み

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 茨城県
ジャンル : 地域情報

群馬・長野原 草津温泉の玄関口、八ッ場ダム建設と川原湯温泉

長野原
ながのはら

日本国群馬県吾妻郡長野原町

群馬・長野原 草津温泉の玄関口、八ッ場ダム建設と川原湯温泉

 長野原(ながのはら)町は、群馬(ぐんま)県の北西部、吾妻(あがつま)郡にある人口約0.5万人の町。西が吾妻郡の嬬恋(つまごい)村、北が吾妻郡の草津(くさつ)町、中之条(なかのじょう)町、東が吾妻郡の東吾妻(ひがしあがつま)町、高崎(たかさき)市、南が長野県北佐久(きたさく)郡の軽井沢(かるいざわ)町と接している。

 町の北部に吾妻川が流れ、川沿いにJR東日本・吾妻線が通り、川原湯温泉(かわらゆおんせん)、長野原草津口(ながのはら くさつぐち)、群馬大津(ぐんまおおつ)、羽根尾(はねお)の各駅がある。

 長野原草津口駅は、長野原町の中心駅であるとともに、草津温泉の最寄り駅でもあり、特急「草津」が停車する。草津温泉は、北隣の草津町にあり、長野原草津口駅からバスに乗り換えて約25分かかる。

 長野原草津口駅からは、かつて日本鋼管群馬鉄山専用線が六合村(旧・中之条町)の太子(おおし)まで伸びていて、同線は昭和20年(1945年)に開業。昭和27年(1952年)に国有化され、国鉄長野原線の一部となり、昭和36年(1961年)には長野原~太子の旅客営業も開始したが、鉄鉱石が枯渇して群馬鉄山が閉山となり、昭和46年(1971年)に長野原~太子が廃止された。一方で、長野原~大前(おおまえ)が開業し、国鉄長野原線から路線名が吾妻線に改称された。

 長野原町を流れる吾妻川には、平成32年(2020年)の完成を目指して八ッ場(やんば)ダムの建設が進められている。八ッ場ダムは、平成21年(2009年)の政権交代で民主党政権が発足した際に、事業仕分けで、無駄な事業としてやり玉に挙げられたが、すでにダム建設の準備が進められた途中での突然の中止方針は地元の強い反発を招き、その後、結局建設が再開されることになった。

 JR吾妻線は八ッ場ダムの建設に合わせて、ダム湖水没区間を迂回する新線の建設が進められ、長野原草津口~川原湯温泉~岩島(いわしま)が平成26年(2014年)に新線に切り替わった。また、ダム完成後の新たな交通を確保するための高い橋がいくつか架けられているのが吾妻線の旧線から見えた。

 川原湯温泉駅は、ちょうどダムに水没する地区にあり、新線に切り替わる際には、南西に約1.5キロ移転、標高も約70m高い位置になった。川原湯温泉は1193年に源頼朝(みなもと の よりとも)が発見したという歴史ある温泉で、駅周辺に温泉街が形成されていたが、これらはすべて廃止され、新駅のほうに移転することになる。移転先の新・川原湯温泉は、新たに掘削した泉源を利用しており、「王湯」がすでに移転開業している。廃止された旧・川原湯温泉駅は水没する予定だが、駅舎が新駅のほうに移築して保存する計画がある。川原湯温泉は八ッ場ダムの最寄り駅として、数年後にはまた異なる風景に変貌していることだろう。

長野原エリアの主な駅

長野原草津口 / ながのはらくさつぐち 駅
JR東日本 吾妻線

川原湯温泉 / かわらゆおんせん 駅
JR東日本 吾妻線

naganohara1.jpg
JR吾妻線・長野原草津口駅

naganohara2.jpg
JR吾妻線・長野原草津口駅

naganohara3.jpg
JR吾妻線・長野原草津口駅

naganohara4.jpg
八ッ場ダム建設に向けて架けられた橋

naganohara5.jpg
八ッ場ダム建設に向けて架けられた橋

naganohara6.jpg
八ッ場ダムに水没予定の旧・川原湯温泉駅

naganohara7.jpg
八ッ場ダムに水没予定の旧・川原湯温泉駅

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 群馬県から
ジャンル : 地域情報

神奈川・厚木 相模川の西の小田急のまち「本厚木」

厚木
あつぎ

日本国神奈川県厚木市

神奈川・厚木 相模川の西の小田急のまち「本厚木」

 厚木(あつぎ)市は、神奈川(かながわ)県の中部にある人口約23万人の市。東が相模原(さがみはら)市、座間(ざま)市、海老名(えびな)市、南が平塚(ひらつか)市、伊勢原(いせはら)市、西が愛甲(あいこう)郡の清川(きよかわ)村、北が愛甲郡愛川(あいかわ)町と接している。

 厚木は、伊勢原の阿夫利(あふり)神社への大山(おおやま)詣の大山街道が通り、さらに海側の平塚(ひらつか)から山側の津久井(つくい)へ相模川の西を通る街道が交差する交通の要衝として発展した。また、相模川(さがみがわ)の水運も利用された。

 厚木は、明治時代に愛甲(あいこう)郡の厚木町となり、愛甲郡の郡役所が置かれていた。厚木町は昭和30年(1955年)に愛甲郡の小鮎(こあゆ)村、玉川(たまがわ)村、南毛利(なんもうり)村、睦合(むつあい)村と合併して厚木市となった。

 愛甲郡の中心都市だった厚木は、神奈川県中部の主要都市であり、厚木の市街地は相模川の西側にあったが、大正15年(1926年)に相模川の東の海老名(えびな)側に神中鉄道(現・相模鉄道本線)と相模鉄道(現・JR相模線)が開業した際に厚木(あつぎ)駅が開設された。厚木駅は、厚木町ではなく、相模川東岸の海老名側にあったにもかかわらず、当時は厚木が中心都市だったため、厚木町への最寄り駅ということで命名されたのだった。つまり、当時は厚木は神奈川県中部の広域名称としても通用していたことがわかる。米軍厚木基地や日本海上自衛隊・厚木航空基地も厚木市ではなく、海老名よりさらに東の綾瀬(あやせ)市にある。

 その後、昭和2年(1927年)に小田原急行鉄道(小田急)小田原線が開業し、相模川を渡って厚木町に乗り入れるようになり、厚木町に相模厚木(さがみ あつぎ)駅が開設された。厚木の中心部への乗り入れを望んでいた神中鉄道は、昭和16年(1941年)に海老名駅から小田急に直通して相模厚木駅への乗り入れを果たした。

 厚木町になり厚木駅に対し、小田急の相模厚木駅は、ホンモノの厚木にある駅であることを強調するために、昭和19年(1944年)に本厚木(ほんあつぎ)駅に改称された。以来、本厚木駅が厚木の中心駅としての地位を確立したのだが、駅名変更についてはなぜ戦時中にわざわざ不要不急の改名をという疑問が湧くが、それは昭和18年(1943年)に相模鉄道と神中鉄道が合併して相模鉄道となり、翌昭和19年(1944年)に旧・相模鉄道の区間が国有化されて国鉄相模線となり、旧・神中鉄道が相模鉄道となったからで、小田急の区間である相模厚木駅が相模鉄道と区別するために本厚木駅に改称されたのだろう。同時に厚木駅に隣接していた海老名の河原口駅が厚木駅と改称されて国鉄相模線との乗換駅となった。

 本厚木駅は、東京まで約1時間で行けることから、東京への通勤圏内であり、小田急を利用して東京まで通勤する人が多い。本厚木駅は2面4線の高架駅で、特急ロマンスカー「ホームウェイ」、「さがみ」「あさぎり」などが停まり、「はこね」も多くが停車し、新宿方面からの普通電車のほとんどが本厚木で折り返し、小田原直通の急行や快速急行が本厚木から小田原寄りの新松田(しんまつだ)まで各駅に停車している。

 本厚木駅は駅ビルが商業施設「本厚木ミロード1」となっている。本厚木駅は、他線との乗り換えや分岐がないにもかかわらず乗降客数が非常に多く、いつも駅前はにぎわっている。駅から北へ商店街が伸びており、飲食店が集まっている。本厚木駅の北東約300mのところに厚木バスセンターがあり、神奈川工科大学、東京工科大学、広沢寺温泉、内陸工業団地などの方面へのバスが発着している。また、周辺には厚木市立中央図書館、厚木市子ども科学館がある「厚木シティプラザ」や、「イオン厚木店」、「アミューあつぎ」などの商業施設が集まっている。

 本厚木駅から一つ小田原寄りの愛甲石田(あいこう いしだ)駅は、伊勢原市との境にあり、愛甲が厚木市側、石田が伊勢原市側の地名で、二つ合わせた駅名となった。普通電車はほとんどが本厚木で折り返しているが、愛甲石田駅は約10分間隔で新宿直通の急行や快速急行が停車するので、不便さは感じない。

 このほか、道路交通は、厚木市内に東名高速道路の厚木IC(インターチェンジ)があり、そこから、小田原方面に向かう小田原厚木道路が分岐している。また、相模川の東岸には首都圏中央連絡自動車道(圏央道)が相模川沿いに南北に通り、海老名JCT(ジャンクション)で東名高速道路と連絡している。

厚木エリアの主な駅

本厚木 / ほんあつぎ 駅
小田急電鉄 小田原線

atsugi1.jpg
小田急・本厚木駅

atsugi2.jpg
小田急・本厚木駅ビルの「ミロード1」

atsugi3.jpg
本厚木駅前の「なかちょう通り」

atsugi4.jpg
本厚木駅前の商店街

atsugi5.jpg
厚木バスターミナルと厚木シティプラザ

atsugi6.jpg
「アミューあつぎ」と「イオン厚木店」

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 神奈川
ジャンル : 地域情報

千葉・大多喜 房総半島を横断するいすみ鉄道と小湊鉄道

大多喜
おおたき

日本国千葉県夷隅郡大多喜町

千葉・大多喜 房総半島を横断するいすみ鉄道と小湊鉄道

 大多喜(おおたき)町は、千葉(ちば)県南部の夷隅(いすみ)郡にある人口約1万人の町。南が勝浦(かつうら)市、東が いすみ市、北が長生(ちょうせい)郡の睦沢(むつざわ)町と長南(ちょうなん)町、西が市原(いちはら)市と接している。

 上総国(かずさのくに)の大多喜は、戦国時代に小田喜(おだき)城が築城され、後に大多喜(おおたき)と呼ばれるようになり、大多喜城の城下町として発展した。町内には、夷隅川が蛇行しながら流れており、西に行くほど山深くなる。大多喜町の西に流れる養老川は市原市へ流れていく。

 大喜多町には、いすみ鉄道と小湊鉄道が走っており、上総中野(かずさ なかの)駅で連絡している。町内には、いすみ鉄道の城見ヶ丘(しろみがおか)、大多喜、小谷松(こやまつ)、東総元(ひがしふさもと)、久我原(くがはら)、総元(ふさもと)、西畑(にしはた)、上総中野の各駅と、小湊鉄道の上総中野駅がある。

 いすみ鉄道は、上総中野から東へ、夷隅川に沿って大多喜からいすみ市へ、JR東日本・外房線の大原(おおはら)駅を結び、小湊鉄道は上総中野から北へ、養老川沿いに市原市のJR東日本・内房線の五井(ごい)駅を結んでおり、両線を乗り継げば、房総半島を横断できる。

 いすみ鉄道は、国鉄木原線として建設された路線で、昭和5年(1930年)に大原~大多喜が開業、昭和8年(1933年)に大多喜~総元が延伸開業。さらに昭和9年(1934年)に総元~上総中野まで延伸された。国鉄木原線は本来、ここから西へ、君津(きみつ)市の上総亀山(かずさ かめやま)駅まで建設して国鉄久留里線とつなげて内房線の木更津(きさらづ)まで結ぶ構想があり、なので路線名が木原線だったのだが、小湊鉄道が昭和3年(1928年)にすでに上総中野駅まで開業しており、木原線が上総中野まで開業した時点で房総半島横断鉄道の目的が達成されたので、上総中野~上総亀山は建設されなかった。小湊鉄道はもともと上総中野からさらに南下して外房線の安房小湊(あわ こみなと)まで建設する構想があったが、結局、木原線と接続できたので、その先の建設を断念した。

 沿線に大きな町がない国鉄木原線は、赤字ローカル線のためJR東日本になった翌年の昭和63年(1988年)にJR木原線が第3セクターの「いすみ鉄道」に転換され、いすみ鉄道いすみ線となった。しかし、沿線人口が少ないことから経営が苦しく廃止の危機が迫ったが、沿線をムーミン谷に見立て、ムーミンのキャラクターを駅や車両に散りばめたムーミン列車や、JRを引退した国鉄時代から走る旧型気動車を国鉄時代の塗色で走らせる観光急行列車、菜の花と桜が美しい沿線イメージをPRするなど経営努力を続けた結果、観光客の増加で収支が改善したようだ。また、近年では台湾の台鉄集集線と姉妹鉄道協定を締結し、台湾での知名度が上がり、台湾人観光客も増えつつある。

 大多喜駅は、大多喜町の中心部にある駅で、ホームには大多喜城を城主となり大多喜藩の初代藩主だった本多忠勝(ほんだ ただかつ)の像が置かれている。駅舎にあるお土産屋では、ムーミンやいすみ鉄道オリジナルグッズなどが販売されている。駅の向かいには「大多喜町観光本陣」があり、観光客向けの無料休憩スペースとなっており、大多喜町の特産品も販売されている。

 城下町らしく、大多喜には古い町並みが残り、散策が楽しい。大多喜駅周辺には大多喜町役場、地酒「大多喜城」の酒蔵、夷隅神社、美しい瓦屋根を校舎の建物のデザインに採り入れた大多喜小学校などがある。大多喜駅の西側の小高い丘の上にあった大多喜城は明治4年(1871年)に廃城になったが、昭和50年(1975年)に天保時代の絵図などの資料を参考に、天守を復元した。

 大多喜駅から夷隅川、西畑川を上流へさらに進んだ、いすみ鉄道の終点である上総中野駅は、小湊鉄道との乗り換え駅で、駅舎も趣があり、ローカルムードがいっぱいだ。本数は多くないが、この駅で乗り継げば、房総半島を鉄道で横断できる。乗り換えの待ち時間に周辺を散歩するのも悪くない。

 小湊鉄道は、ベージュと朱色のツートンカラーの昔ながらの気動車が走っており、上総中野駅から市原市の養老渓谷(ようろうけいこく)を経て、養老川に沿って下り、JR内房線の五井駅まで結んでいる。沿線は、いすみ鉄道と同様に菜の花が美しい。

大多喜エリアの主な駅

大多喜 / おおたき 駅
いすみ鉄道 いすみ線

上総中野 / かずさなかの 駅
いすみ鉄道 いすみ線
小湊鉄道 小湊鉄道線

ootaki1.jpg
いすみ鉄道・大多喜駅

ootaki0.jpg
いすみ鉄道・大多喜駅

ootaki2.jpg
ムーミン列車

ootaki3.jpg
いすみ鉄道と台鉄集集線の交流企画ポスター

ootaki4.jpg
大多喜駅のホームにある本多忠勝像

ootaki5.jpg
いすみ鉄道・大多喜駅

ootaki6.jpg
大多喜町観光本陣

ootaki7.jpg
大多喜の街並み

ootaki8.jpg
大多喜の街並み

ootaki9.jpg
城下町風になった銚子信用金庫

ootaki10.jpg
地酒「大多喜城」酒蔵

ootaki11.jpg
夷隅神社

ootaki12.jpg
大多喜小学校と大多喜城

ootaki13.jpg
菜の花が美しいいすみ鉄道(城見ヶ丘駅)

ootaki14.jpg
上総中野駅で折り返すいすみ鉄道のディーゼルカー

ootaki15.jpg
上総中野駅で折り返す小湊鉄道のディーゼルカー

ootaki16.jpg
上総中野駅で折り返す小湊鉄道のディーゼルカー

ootaki17.jpg
上総中野駅の駅舎

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

埼玉・熊谷 埼玉県北部の中心都市、荒川の桜と暑い夏

熊谷
くまがや

日本国埼玉県熊谷市

埼玉・熊谷 埼玉県北部の中心都市、荒川の桜と暑い夏

 熊谷(くまがや)市は、埼玉(さいたま)県北部にある人口約20万人の市。西が深谷(ふかや)市、南が比企(ひき)郡の嵐山(らんざん)町、滑川(なめがわ)町、吉見(よしみ)町と東松山(ひがしまつやま)市、東が鴻巣(こうのす)市と行田(ぎょうだ)市、北が利根川(とねがわ)を挟んで群馬(ぐんま)県邑楽(おうら)郡の千代田(ちよだ)町、大泉(おおいずみ)町、太田(おおた)市と接している。

 熊谷市は平成の大合併で、平成17年(2005年)に大里(おおさと)郡の大里町および妻沼(めぬま)町と合併、さらに平成19年(2007年)に大里郡江南(こうなん)町を編入合併し、現在の市域となった。

 熊谷は江戸時代に中山道(なかせんどう)の宿場町として栄え、現在は埼玉県北部の交通の要衝として発展している。熊谷駅にはJR東日本の上越新幹線と高崎線、秩父鉄道秩父本線が乗り入れ、鉄道のターミナル駅となっているほか、東松山市や群馬県太田市方面へのバスも充実している。

 熊谷は盆地であることから寒暖の差が激しく、冬は「赤城おろし」の北風が吹き寒く、夏は岐阜県多治見(たじみ)市と日本一暑い町を競うほど最高気温が上がる。一方、春には荒川の河川敷の桜並木が美しく、日本の四季がより色濃く感じることができる都市だともいえる。

 熊谷市には、JR東日本の上越(北陸)新幹線、高崎線、秩父鉄道・秩父本線が走り、上越(北陸)新幹線の熊谷駅、高崎線の熊谷駅と籠原(かごはら)駅、秩父鉄道線の熊谷、上熊谷(かみくまがや)、石原(いしわら)、ひろせ野鳥の森(ひろせやちょうのもり)、大麻生(おおあそう)の各駅がある。

 熊谷駅は上越(北陸)新幹線、高崎線、秩父鉄道線が乗り入れる熊谷市の玄関駅である。高崎線のホームは上越新幹線の高架下にあり、高崎から熊谷を経由して大宮(おおみや)、浦和(うらわ)から上野(うえの)、東京(とうきょう)を通って東海道本線に入って横浜(よこはま)方面に向かう上野東京ラインと、浦和から池袋(いけぶくろ)、新宿(しんじゅく)、渋谷(しぶや)を通って横須賀線経由で横浜へ向かう湘南新宿ラインの2つの系統の電車が走っている。東京都へはある程度距離があり、朝は混雑するが、熊谷の一つ高崎寄りの籠原で増結され空席が多いほか、どうしても座りたい場合は追加料金で2階建てのグリーン車が利用できる。

 上越新幹線は、上野・東京駅まで最速で行けるが、高崎線も便利であることと、大宮駅から先が速度制限があり在来線とそう変わらないスピードであることから、新幹線としての高速性が発揮しきれていないところがある。高崎線の在来線を走る特急「スワローあかぎ」と上野まで時間はあまり変わらない。このため、上越・北陸新幹線の速達列車の多くは熊谷駅を全速力で通過していく。秩父鉄道は、羽生(はにゅう)~熊谷~寄居(よりい)~秩父(ちちぶ)~三峰口(みつみねぐち)を結び、埼玉県北部を東西につなぐ役割を果たしている。

 熊谷駅は北口に繁華街が広がり、にぎわっている。駅の北約200mに、星川という用水が東西に流れ、その流域が親水公園になっている。平行して南本町商店街が伸びているが、商店街というほど商店は密集していない。

 熊谷駅から西へ約500m行ったところに秩父鉄道の上熊谷(かみくまがや)駅がある。この区間は秩父鉄道とJR高崎線および上越新幹線が並走しているが、ホームがあるのは秩父鉄道のみである。

 上熊谷駅の北側に、星川の水源である玉の池を中心に回遊式庭園が江戸時代末期に造られ「星溪園」(せいけいえん)という庭園として整備され、現在は無料開放されている。その北側には埼玉県初の百貨店として明治30年(1897年)に八木橋本次郎が熊谷に創業した老舗である「八木橋百貨店」がある。現在は、熊谷市中心部からやや外れているが、近くに「イオン熊谷店」があり、上熊谷の商圏として相乗的に機能しているようで、堅実経営を続けている。八木橋百貨店の北側には、浄土宗の「熊谷寺」(ゆうこくじ)がある。

 JR高崎線は熊谷駅から一つ高崎寄りの籠原駅に籠原車両基地があることから、東京方面から籠原で折り返す電車も多く運行されている。また、籠原から高崎方面へ向かう電車は、15両編成のうち前5両が籠原止まりとなり、切り離され、10両編成で高崎方面へ運行されている。熊谷~籠原には熊谷貨物ターミナルがあり、秩父鉄道の貨物列車もここに乗り入れている。

熊谷エリアの主な駅

熊谷 / くまがや 駅
JR東日本 上越(北陸)新幹線、高崎線
秩父鉄道 秩父本線

上熊谷 / かみくまがや 駅
秩父鉄道 秩父本線

籠原 / かごはら 駅
JR東日本 高崎線

kumagaya1.jpg
上越新幹線の高架下にあるJR高崎線・熊谷駅

kumagaya2.jpg
秩父鉄道・熊谷駅

kumagaya3.jpg
上越(北陸)新幹線・熊谷駅

kumagaya4.jpg
熊谷駅

kumagaya5.jpg
熊谷駅前

kumagaya6.jpg
熊谷の街並み

kumagaya7.jpg
熊谷・星川通り

kumagaya8.jpg
秩父鉄道・上熊谷駅

kumagaya9.jpg
秩父鉄道・上熊谷駅

kumagaya10.jpg
上熊谷駅の横を並走するJR高崎線

kumagaya11.jpg
星溪園

kumagaya12.jpg
星溪園

kumagaya13.jpg
八木橋百貨店

kumagaya14.jpg
熊谷寺

kumagaya15.jpg
JR高崎線・籠原駅

kumagaya16.jpg
JR高崎線・籠原駅

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 埼玉県
ジャンル : 地域情報

神奈川 横浜・大倉山 港北区役所と梅の花咲く大倉山

横浜・大倉山
よこはま・おおくらやま

日本国神奈川県横浜市港北区

神奈川 横浜・大倉山 港北区役所と梅の花咲く大倉山

 大倉山(おおくらやま)は、横浜(よこはま)市の港北(こうほく)市にある地区で、東急電鉄・東横線の大倉山駅がある。

 駅の北側に大倉山の丘があり、改札がある駅の南側(横浜寄り)は高架になっているが、北側(渋谷寄り)は地平ホームになっている。

 大倉山の一帯は、もともと「太尾」(ふとお)とよばれる地域で、大正15年(1926年)に太尾(ふとお)駅として開業した。東急電鉄の前身の東京横浜電鉄が梅林を整備していた「太尾公園」に、昭和7年(1932年)に実業家の大倉邦彦(おおくら くにひこ)が「大倉精神文化研究所」を開設したことをきっかけに、「太尾公園」を「大倉山公園」に改名し、駅名も昭和7年(1932年)に太尾駅から大倉山駅に改称された。「大倉精神文化研究所」の本館の建物は、重厚な近代建築で、現在は横浜市に寄贈され、昭和59年(1984年)より文化施設「横浜市大倉山記念館」となっている。大倉山公園は春には梅園に梅の花が咲き、行楽客でにぎわう。

 大倉山駅は、港北区役所の最寄り駅であるが、隣がJR横浜線と乗り換えできる菊名(きくな)駅と、大倉山駅より利用者の多い綱島(つなしま)駅とに挟まれているため、急行や特急は通過する。

 港北区役所へは、大倉山駅から東に伸びる商店街「レモンロード」を歩き、東海道新幹線の高架を抜けると綱島街道に出て、その南の大豆戸(まめど)にある。一方、大倉山駅から西へは「エルム通」、「オリーブ通」などの商店街が伸びていて、大倉山の南側に歓成院や太尾神社、スーパーマーケット「ライフ」などがある。この先の新羽橋で鶴見川を渡った先に横浜市営地下鉄ブルーラインの新羽(にっぱ)駅があり、大倉山駅から新羽駅方面を結ぶバスが走っている。

横浜・大倉山エリアの主な駅

大倉山 / おおくらやま 駅
東急電鉄 東横線

okurayama1.jpg
東急東横線・大倉山駅

okurayama2.jpg
東急東横線・大倉山駅

okurayama3.jpg
大倉山駅と「レモンロード」

okurayama4.jpg
大倉山商店街「エルム通」

okurayama5.jpg
横浜市大倉山記念館

okurayama6.jpg
梅の花咲く大倉山公園

okurayama7.jpg
梅の花咲く大倉山公園

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 神奈川
ジャンル : 地域情報

山梨・山梨 笛吹川の万力公園とフルーツ公園

山梨
やまなし

日本国山梨県山梨市

山梨・山梨 笛吹川の万力公園とフルーツ公園

 山梨(やまなし)市は、山梨(やまなし)県の中北部にある人口約3万人の市。東が甲州(こうしゅう)市、南西が笛吹(ふえふき)市、北西が甲府(こうふ)市、北が長野県南佐久郡の川上(かわかみ)村と埼玉県秩父(ちちぶ)市と接している。

 山梨市は、昭和29年(1954年)に東山梨(ひがしやまなし)郡の日下部(くさかべ)町、加納岩(かのいわ)町、山梨(やまなし)村、八幡(やわた)村、岩手(いわで)村、後屋敷(ごやしき)村、日川(ひかわ)村が合併して発足した。平成の大合併では東山梨郡の北部の牧丘(まきおか)町、三富(みとみ)村を合併して新しい山梨市となった。

 山梨市は、「山梨」を名乗りながらも、山梨県の県庁所在地ではないが、江戸時代から甲斐国(かいのくに)の山梨郡に属していたことから、山梨県よりも「山梨」という地名の縁は古い。

 山梨市には、JR東日本・中央本線の山梨市駅と東山梨駅がある。山梨市駅は、特急「かいじ」と一部の特急「あずさ」が停車する主要駅で、山梨市の玄関駅である。山梨市駅は明治36年(1903年)の開業時には日下部(くさかべ)駅(駅は日下部町に隣接する加納岩町にあった)であったが、町村合併で山梨市として市制が施行された後、昭和37年(1962年)に山梨市駅に改称された。

 駅前広場の北側には「山梨市地域交流センター街の駅 やまなし」があり、そのほか周辺には山梨県名物料理「ほうとう」が食べられる飲食店などがある。笛吹川の西岸には甲斐国の武田信玄(たけだ しんげん)が防水林として赤松を植えたものがのちに「万力林」(まんりきりん)と呼ばれるようになり、それらの林が広がる「万力公園」がある。

 万力公園の東の丘の上には「笛吹川フルーツ公園」があり、ここには山梨県農業果樹試験場があるほか、「フルーツパーク富士屋ホテル」があり、甲府盆地の夜景が特に美しい。そこからさらに上って行くと、「ほったらかし温泉」と呼ばれる温泉施設があり、そこからも夜景と日の出が美しい。

 山梨市中心部からは笛吹川沿いに「雁坂みち」と呼ばれる国道140号線が、合併した旧・牧丘町や旧・三富村を結んでおり、三富温泉、広瀬ダムを越えて雁坂トンネルを抜けると埼玉県秩父市に抜けられる。

山梨エリアの主な駅

山梨市 / やまなしし 駅
JR東日本 中央本線

yamanashi1.jpg
JR中央本線・山梨市駅

yamanashi2.jpg
JR中央本線・山梨市駅

yamanashi3.jpg
JR中央本線・山梨市駅

yamanashi4.jpg
山梨市地域交流センター街の駅やまなし

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 山梨
ジャンル : 地域情報

群馬・東吾妻 こんにゃくと土偶、吾妻川を走るJR吾妻線と八ッ場ダム建設

東吾妻
ひがしあがつま

日本国群馬県吾妻郡東吾妻町

群馬・東吾妻 こんにゃくと土偶、吾妻川を走るJR吾妻線と八ッ場ダム建設

 東吾妻(ひがしあがつま)町は、群馬(ぐんま)県西部の吾妻(あがつま)郡にある人口約1.4万人の町。東が渋川(しぶかわ)市、南が安中(あんなか)市、西が吾妻郡の長野原(ながのはら)町、北が吾妻郡中之条(なかのじょう)町と接している。

 東吾妻町は、平成18年(2006年)に吾妻郡の吾妻(あがつま)町と東(あづま)村が合併して発足した。東吾妻町には町の北部に西から東へ吾妻川が流れ、南は山地となっており、榛名山(はるなさん)および榛名湖(はるなこ)が安中市との境となっている。東吾妻町の名産は「こんにゃく」であり、岩島(いわしま)地区では麻(あさ)が生産され、天皇家の行事で使用されている。

 吾妻川沿いに、国道145号線とJR吾妻線が走り、町の集落は主に吾妻川沿いの地域に集まっている。JR吾妻線は、町内に群馬原町(ぐんま はらまち)、郷原(ごうばら)、矢倉(やぐら)、岩島(いわしま)の各駅がある。

 東吾妻町の中心部にあるのは群馬原町駅であり、東吾妻町役場の最寄り駅である。1面1線のホームの小さな駅ではあるが、特急「草津」も停車する。

 郷原駅は、吾妻線建設時に縄文時代に作られた「ハート形土偶」が発掘された。そのハートの形をした顔と女性らしい曲線美が美術的にも高く評価され、考古学ファンからも人気がある。

 岩島駅から先、長野原町の川原湯温泉(かわらゆおんせん)を経て長野原草津口(ながのはら くさつぐち)駅まで、八ッ場(やんば)ダムのため、水没区間を迂回する新ルートが建設され、平成26年(2014年)に新線に切り替わった。八ッ場ダムは、平成21年(2009年)の政権交代で民主党政権が発足した際に、事業仕分けで、無駄な事業としてやり玉に挙げられたが、すでにダム建設の準備が進められた途中での突然の中止方針は地元の強い反発を招き、その後、結局建設が再開されることになった。この間も吾妻線のダム迂回路線の建設は進められていた。吾妻線は、岩島~川原湯温泉に日本一短いトンネル「樽沢トンネル」(約7m)や吾妻渓谷の車窓が美しかったが、新ルート付け替えにより廃線となった。

東吾妻エリアの主な駅

群馬原町 / ぐんまはらまち 駅
JR東日本 吾妻線

岩島 / いわしま 駅
JR東日本 吾妻線 

higashiagatsuma1.jpg
八ッ場ダム建設に伴い切り替える直前の吾妻線の新線(2014年)

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 群馬県から
ジャンル : 地域情報

神奈川・伊勢原 大山と阿夫利神社と伊勢原大神宮

伊勢原
いせはら

日本国神奈川県伊勢原市

神奈川・伊勢原 大山と阿夫利神社と伊勢原大神宮

 伊勢原(いせはら)市は、神奈川(かながわ)県の中央部にある人口約10万人の市で、北と東が厚木(あつぎ)市、西が秦野(はだの)市、南が平塚(ひらつか)市と接している。

 市内には小田急電鉄・小田原線が通り、伊勢原駅があるほか、厚木市との境に愛甲石田(あいこういしだ)駅がある。

 伊勢原駅は2面4線のホームがあり、本厚木(ほんあつぎ)~新松田(しんまつだ)で各駅に停車している急行や快速急行が停車し、東京の新宿(しんじゅく)方面や小田原(おだわら)方面を結んでいる。本厚木より先または新松田より先で急行運転となるので、便利であり、東京への通勤圏としても伊勢原の人口が増加している。

 また、特急ロマンスカーについては、ほとんどが通過するが、大山(おおやま)へのハイキング・登山客の利便性向上のため、平成28年(2016年)より朝の下りと夕方の上りの特急「はこね」が一部停車するようになった。

 伊勢原は、丹沢大山国定公園の大山(標高1252m)がある。大山は雨降山(あふりやま)とも呼ばれ、雨乞いの神として農民から篤い信仰を集める阿夫利(あふり)神社があり、江戸時代から「大山参り」が行われていた。大山街道(国道246号)をはじめ、各地から大山を結ぶ大山道が整備された。「お山は晴天、家へ帰ればみんなが坊主、お毛が(怪我)なくっておめでたい」で知られる古典落語「大山詣り」の舞台でもある。小田急・伊勢原駅の北口にバスターミナルがあり、ここから大山ケーブルの手前まで結ぶバスが運行されている。

 伊勢原駅前には阿夫利神社の立派な鳥居が立っていて、短い商店街がある。そこからさらに約1キロ歩くと、国道246号(大山街道)の手前に伊勢原大神宮がある。ここは江戸時代初期の1620年(元和6年)に伊勢国出身の山田曽右衛門らによって伊勢神宮より祭神を勧請した神社で、本家の伊勢神宮のように外宮(げくう)と内宮(ないくう)があり、外宮が豊受姫大神、内宮が天照大御神を祀っている。同神社の創建が「伊勢原」の地名の由来となった。

 伊勢原大神宮からさらに北西へ、山のほうへ進んでいくと、川沿いの上り坂となり、大山ケーブル前のバスの終点となる。ここから大山ケーブルの大山ケーブル駅へは約500mあり、こま参道の商店街を約15分歩くことになる。ここが大山観光の見どころでもあり、大山豆腐や大山コマが名物となっている。沿道にはお土産屋のほか、茶店や旅館もあり、本格的な登山客はここで一泊して朝から登山することになる。

 大山ケーブルは昭和6年(1931年)に大山鋼索鉄道として追分(現・大山ケーブル)~下社(現・阿夫利神社)が開業した。戦時中の昭和19年(1944年)に不要不急ということでいったん廃止され、戦後は昭和40年(1965年)にようやく復活した。現在は、大山ケーブル、大山寺、阿夫利神社の3駅が開設され、約6分で標高400mの大山ケーブル駅から標高678mの阿夫利神社駅を結んでいる。

 途中の大山寺駅は、ちょうどケーブルカーどうしが行き違う中間点にあり、大山寺(おおやまでら)が近くにある。不動明王を本尊とし、正式名称は「雨降山大山寺」。明治時代の神仏分離で大山阿夫利神社と分離され、明治9年(1876年)にこの地に再建され、明王院を経て大正4年(1915年)に「大山寺」となった。厄除けの「かわらけ投げ」が名物で、秋は大山寺の紅葉の階段がたいへん美しい。

 大山阿夫利神社は、本社に大山祇大神(オオヤマツミ)、奥社に大雷神(オオイカツチ)、前社に高龗神(タカオカミ)を祀っている。大山は山上で霧がよく発生し、雨を降らせたことから「あめふり山」と呼ばれ、雨乞いの信仰が行われてきた。大山ケーブルの阿夫利神社駅前にあるのは阿夫利神社下社(標高約700m)であり、本社は標高約1250mの山頂にある。下社から本社へは約2時間の本格的な登山となるが、開運パワースポットということで、多くの参拝客が訪れる。阿夫利神社下社から大山寺を経由して大山ケーブル駅まで下りるのは、1時間もかからないので、初心者は行をケーブルで上って、帰りをゆっくり森林浴しながら下りてくるのがよいかと思う。急坂が続く直行の男坂と大山寺を経由して少し坂が緩い女坂がある。秋の紅葉シーズンは混雑するが、伊勢原駅~大山ケーブルの臨時バスも運行される。東京や横浜から気軽に行ける楽しい山登りスポットである。

伊勢原エリアの主な駅

伊勢原 / いせはら 駅
小田急電鉄 小田原線

大山ケーブル / おおやまケーブル 駅
大山観光電鉄 大山ケーブルカー

大山寺 / おおやまでら 駅
大山観光電鉄 大山ケーブルカー

阿夫利神社 / あふりじんじゃ 駅
大山観光電鉄 大山ケーブルカー

isehara1.jpg
小田急・伊勢原駅

isehara2.jpg
小田急・伊勢原駅を通過する特急「メトロはこね」

isehara3.jpg
小田急・伊勢原駅を通過する特急「はこね」

isehara4.jpg
伊勢原駅前の阿夫利神社鳥居

isehara5.jpg
大山こま参道

isehara6.jpg
大山こま参道

isehara7.jpg
大山こま参道

isehara8.jpg
大山ケーブル駅

isehara9.jpg
大山ケーブル駅

isehara10.jpg
大山ケーブル・大山寺駅

isehara11.jpg
ケーブルの駅から大山寺への参道

isehara12.jpg
大山寺の石段と紅葉

isehara13.jpg
大山寺の石段と紅葉

isehara14.jpg
雨降山大山寺

isehara15.jpg
大山寺のかわらけ投げ

isehara16.jpg
大山寺のかわらけ投げの標的

isehara17.jpg
大山ケーブル・阿夫利神社駅

isehara18.jpg
大山阿夫利神社下社

isehara19.jpg
大山阿夫利神社下社

isehara20.jpg
大山阿夫利神社下社

isehara21.jpg
大山阿夫利神社下社からの絶景

isehara22.jpg
大山阿夫利神社下社からの絶景

isehara23.jpg
大山・女坂(大山寺~大山ケーブル駅)

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 神奈川
ジャンル : 地域情報

千葉・柏 東葛地域の中心都市、商業施設集まる柏駅と文教の柏の葉


かしわ

日本国千葉県柏市

千葉・柏 東葛地域の中心都市、商業施設集まる柏駅と文教の柏の葉

 柏(かしわ)市は、千葉(ちば)県北西部にある人口約41万人の市。東が我孫子(あびこ)市、南が印西(いんざい)市、白井(しろい)市、鎌ヶ谷(かまがや)市、西が松戸(まつど)市、流山(ながれやま)市、北が野田(のだ)市、茨城県の守谷(もりや)市、取手(とりで)市と接している。

 柏市は下総国(しもうさのくに)の北西部、東葛(とうかつ)地域の中心都市であり、平成の大合併では周辺の我孫子市や流山市との合併構想もあったが実現せず、手賀沼(てがぬま)の南に広がる東葛飾郡・沼南(しょうなん)町を平成17年(2005年)に編入した。茨城県の守谷市および取手市とは利根川(とねがわ)が県境となっている。

 柏市にはJR東日本・常磐線、東武鉄道・野田線(アーバンパークライン)、首都圏新都市鉄道・つくばエクスプレスが通り、JR常磐線の南柏(みなみかしわ)、柏(かしわ)、北柏(きたかしわ)、東武アーバンパークラインの豊四季(とよしき)、柏、新柏(しんかしわ)、増尾(ますお)、逆井(さかさい)、高柳(たかやなぎ)、つくばエクスプレスの柏の葉キャンパス(かしわのはキャンパス)、柏たなか(かしわたなか)の各駅がある。

 柏は、江戸時代は布施村が利根川の水運で栄えたが、江戸(えど)から水戸(みと)を結ぶ水戸街道は宿場町が流山の小金宿と我孫子の我孫子宿にある柏は、小さな村落に過ぎなかった。一つの小さな村に過ぎなかった柏村が明治22年(1889年)に戸張村、篠籠田村、松ヶ崎村、高田村などと合併して東葛飾(ひがしかつしか)郡の千代田(ちよだ)村となり、隣接する士族が開墾した豊四季(とよしき)村とは合併せずに協力関係を保っていたが、大正3年(1914年)に豊四季村が千代田村に合併され、この間に千代田村に鉄道が敷設され、柏駅を中心に町が発展したことから、大正15年(1926年)に千代田村は町制を施行し柏町となった。

 戦後、柏町は昭和29年(1954年)、東葛飾郡の小金(こがね)町、小金(こがね)町、土(つち)村、田中(たなか)村と合併し、「東葛」(とうかつ)市となった。ところが、小金町が隣接する松戸市との結びつきのほうが強かったため、同年改めて小金町の大部分(現・光が丘地区を除く)を松戸市に移管し、富勢(とみせ)村が我孫子町と東葛市に分割合併された。この結果、東葛市は発足当初と市域が変化したので、改めて柏市と改名されたのだった。

 柏市は平成大合併の際、沼南町を編入したが、そのほか、流山、我孫子、松戸、野田、鎌ヶ谷との東葛6市の大合併構想があった。もし、この構想が実現したら人口100万人を超え、埼玉県の「さいたま市」に匹敵し、県庁所在地の「千葉市」をも超える巨大都市が誕生し、市名も幻の「東葛市」が復活するかもしれないが、松戸や我孫子にとり、柏はライバル都市であり、それぞれ地元にプライドがあるのと、合併のメリットがわかりにくいことから構想は進んでいないようだ。東葛地区は千葉県にありながら、千葉市へは不便なため、柏や松戸など常磐線沿線で独自の発展をしており、東京・埼玉・茨城のいずれとも関係が深い。

 葛飾(かつしか)という地名は、現在では東京都の葛飾区をイメージさせるが、もともとは江戸川周辺の広域地名であり、船橋市の西船橋地区も葛飾という地名が残り、京成西船駅の旧名は葛飾駅だった。柏は江戸川の東にあるから「東葛」地区なのであり、船橋周辺は葛飾の南部だから「葛南」(かつなん)と呼ばれたりする。

 柏駅は明治29年(1896年)にJR常磐線の前身である日本鉄道の柏駅として開業した。日本鉄道は明治39年(1906年)に国有化された。続いて、明治44年(1911年)に野田醤油の輸送の便を図るため建設された東武野田線の前身である千葉県営軽便鉄道・野田線が開業し、柏駅は乗り換え駅となった。さらに、柏~船橋を結ぶ北総鉄道・船橋線が建設され、大正12年(1923年)に北総鉄道の柏駅が開業、千葉県営軽便鉄道も北総鉄道に譲渡されたが、柏駅の場所は常磐線を挟んで別々だった。北総鉄道は野田市から埼玉県の大宮(おおみや)へ至る路線を建設することになり、昭和4年(1929年)に社名を総武鉄道に改称し、翌年(昭和5年)、船橋線の柏駅を野田線側に統合したが、大宮~柏~船橋を直通運転するにはスイッチバックする構造となった。戦時中の昭和19年(1944年)に総武鉄道は東武鉄道に吸収され、総武鉄道野田線・船橋線は東武鉄道野田線になった。東武野田線は、平成26年(2014年)から東武アーバンパークラインという愛称が付けられ、平成28年(2016年)より大宮寄りの区間で急行運転を開始するなど利便性の向上が図られている。

 柏市は柏駅を中心に市街地化が加速し、特に戦後は東京方面の通勤客増加により、住宅地化が進んだ。国鉄常磐線は激しい混雑となり、昭和46年(1971年)に常磐線が複々線化され、各駅停車が常磐線から営団地下鉄(現・東京メトロ)千代田線と直通運転するようになり、翌年から常磐線快速も柏駅に停車するようになった。昭和61年(1986年)からは特急「ひたち」の一部が停車するようになり、平成27年(2015年)に上野東京ライン開業後は、特急「ときわ」が停車し、上野駅止まりだった特急や快速の一部が東京(とうきょう)および品川(しながわ)まで直通運転するようになった。

 柏駅周辺は、東葛地域の商業の中心となっており、東武柏駅の駅ビルが「柏髙島屋ステーションモール」となっており、東武側の西口は商店街やホテル、オフィスビルなどが集まっている。東口は、「柏マルイ」、「ビッグカメラ」柏店、「ファミリかしわ」などの商業施設が駅とペデストリアンデッキで直結している。「柏そごう」は平成28年(2016年)に閉店した。駅前通りは休日は歩行者天国となる時間帯があり、飲食店や商店が並ぶ商店街となっている。

 平成17年(2005年)に開業した首都圏新都市鉄道「つくばエクスプレス」は、柏市の北部を通過し、市内に、柏の葉キャンパス駅と柏たなか駅がある。柏の葉キャンパス駅は快速は通過するが、通勤快速や区間快速が停車する柏市の主要駅となっている。つくばエクスプレスと東武野田線は、隣の流山市の流山おおたかの森(ながれやま おおたかのもり)駅で連絡している。

 柏の葉キャンパス駅は、「柏の葉」地区に千葉大学柏の葉キャンパス、東京大学柏キャンパス、県立柏の葉高校、国土交通大学校、科学警察研究所、財務省関税中央分析所、国立がん研究センターなどの学術機関が集まることが駅名の由来となった。駅前には「ガーデンホテル柏の葉」や商業施設「ららぽーと柏の葉」があり、「パークシティ柏の葉キャンパス」一番街などの住宅も開発されたニュータウンとなっている。また、駅から約1キロ西には「柏の葉公園」があり、さわやかちば県民プラザ、柏の葉公園野球場、プロサッカーJリーグ「柏レイソル」の本拠地の「柏の葉公園総合競技場」などの施設がある。常磐自動車道・柏IC(インターチェンジ)の東に広がる十余二(とよふた)工業団地には広がっている。

 これらの「柏の葉」地区は、もともと日本陸軍柏飛行場が昭和13年(1938年)に建設されたところで、戦後は柏飛行場が米軍に接収され、朝鮮戦争勃発により米軍が通信施設として利用するようになり、昭和29年(1954年)に米軍柏無線送信所が造られた。一部の土地が返還されたが、引き続き米軍の通信施設として使用が継続され、昭和54年(1979年)にようやく全面返還された。その後、都市計画が進められ、昭和60年(1985年)に県立「柏の葉公園」が開園され、周辺の開発地区も「柏の葉」と呼ばれるようになった。

柏エリアの主な駅

/ かしわ 駅
JR東日本 常磐線(快速線、緩行線)
東武鉄道 野田線

柏の葉キャンパス
首都圏新都市鉄道 つくばエクスプレス

kashiwa1.jpg
JR常磐線と東武野田線が連絡する柏駅

kashiwa2.jpg
地下鉄千代田線から各駅停車が乗り入れるJR常磐線・柏駅

kashiwa3.jpg
東武野田線(アーバンパークライン)柏駅

kashiwa4.jpg
柏駅西口のタカシマヤ

kashiwa5.jpg
柏駅西口

kashiwa6.jpg
そごう柏店があった柏駅東口

kashiwa7.jpg
柏駅東口の駅前通り

kashiwa8.jpg
つくばエクスプレス・柏の葉キャンパス駅

kashiwa9.jpg
ららぽーと柏の葉

kashiwa10.jpg
開発進む柏の葉キャンパス駅前

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 千葉県
ジャンル : 地域情報

プロフィール

drughba

Author:drughba
日本国内・世界各国の行って面白かったところ、行ってみたいところ、興味深い都市、交通、地理、文化等。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード