神奈川 横浜・神奈川 神奈川宿と本覚寺と横浜市中央卸売市場

横浜・神奈川
よこはま・かながわ

日本国神奈川県横浜市神奈川区

神奈川 横浜・神奈川 神奈川宿と本覚寺と横浜市中央卸売市場

 神奈川(かながわ)区は、横浜(よこはま)市の北東にある人口約24万人の区。東海道(とうかいどう)の宿場町「神奈川宿」(かながわじゅく)として古くから栄え、神奈川湊(かながわみなと)の港町として物流の拠点となっていた。

 江戸時代末期の1858年(安政5年)に「日米修好通商条約」が締結された際、武蔵国橘樹(たちばな)郡神奈川の神奈川港を開港することが定められた。しかし、日本人と外交人の摩擦を避けるため、神奈川港の西の武蔵国久良岐(くらき)郡の横浜村に港湾を整備してそちらに外国人居留地を建設して開港することになった。

 これが港町「横浜」の都市発展の始まりであり、古くからの港町の「神奈川」は、明治維新後の廃藩置県で誕生した「神奈川県」の由来にもなったが、あっという間に新興都市の横浜に追い抜かれ、橘樹郡神奈川町は明治34年(1901年)に横浜市に編入合併された。横浜市は拡大を続け、昭和2年(1927年)に区制を施行し、横浜市神奈川区が発足した。

 神奈川区には、JR東日本の東海道本線と横浜線、京浜急行電鉄(京急)の京急本線、東急電鉄の東横線が走り、JR東海道線の東神奈川(ひがしかながわ)、新子安(しんこやす)、JR横浜線の東神奈川、大口(おおぐち)、京急本線の神奈川(かながわ)、仲木戸(なかきど)、神奈川新町(かながわしんまち)、子安(こやす)、京急新子安(けいきゅう しんこやす)、東急東横線の反町(たんまち)、東白楽(ひがしはくらく)、白楽(はくらく)の各駅がある。

 日本で初めて品川(しながわ)~横浜に鉄道(現・東海道本線)が開業した明治5年(1872年)に神奈川駅が開設された。初代の横浜駅は、現在のJR根岸線の横浜~桜木町(さくらぎちょう)の中間あたりにあり、頭端式の立派なターミナル駅だったが、横浜より西に行く際にスイッチバックしなければいけなかったため、神奈川駅から西へ連絡線が造られた。

 明治41年(1908年)にJR横浜線の前身の横浜鉄道が八王子(はちおうじ)~東神奈川(ひがしかながわ)を開業。国鉄東海道本線の神奈川駅の約1キロ東に東神奈川駅が開設され、乗り換え駅となった。さらに、昭和3年(1928年)に神奈川駅から西へ向かう連絡線上に横浜駅が移転すると、横浜市のターミナルは完全に横浜駅に移り、東神奈川駅と横浜駅に挟まれた神奈川駅は歴史的役割を終え、同年廃止された。

 神奈川駅は、明治38年(1905年)に京浜急行電鉄(京急)の前身である京浜電気鉄道の川崎(かわさき)~神奈川が開業し、さらに東京横浜電鉄(現・東急東横線)の神奈川駅も大正15年(1926年)に開業し、神奈川駅は横浜市を代表するターミナル駅の一つとなっていたが、昭和3年(1928年)に国鉄の横浜駅が現在地に移転し、国鉄が神奈川駅を廃止してターミナル機能を新しい横浜駅に移したため、京浜電気鉄道は横浜駅に乗り入れるとともに京浜神奈川駅を廃止し、京浜神奈川駅の東にあった旧・青木橋駅を京浜神奈川駅とした。戦後、東急東横線の神奈川駅は横浜駅に近過ぎることから昭和25年(1950年)に廃止された。また、昭和31年(1956年)に京急の京浜神奈川駅は、周りの他社の神奈川駅が廃止されたことから、神奈川駅に改称された。

 現在の京急本線の神奈川駅は、横浜駅の隣の駅ということで、エアポート急行や特急、快特などは通過する各停のみ停車する小さな駅であり、かつてのターミナル駅の面影はなく、やや寂しい。神奈川駅の北側にはJR東日本の京浜東北線、東海道本線、横須賀線の3複線の線路が並び、電車が休む間もなく通過している。神奈川駅は神奈川区役所の最寄り駅の一つであるが、京急仲木戸(なかきど)駅・JR東神奈川駅からのほうが近い。

 青木橋は旧・東海道が鉄道で分断されたため、それをつなぐために架けられた橋で、神奈川駅前の青木橋の北側にある「本覚寺」(ほんがくじ)は、13世紀に創建された歴史あるお寺で、東海道と神奈川湊を見下ろすことができた。ここは幕末、在横浜アメリカ合衆国領事館となり、1862年(文久2年)に発生した薩摩藩の行列に入り込んでしまったイギリス人が刺された「生麦事件」では、現場から逃げて来たイギリス人が本覚寺のアメリカ領事館に駆け込んで宣教師で医者でもあるヘボン博士の治療を受けた。

 青木橋の西側には、かつて東急電鉄・東横線の線路があったが、平成16年(2004年)に横浜高速鉄道みなとみら線との直通運転のために地下化された。その廃線跡は遊歩道「東横フラワー緑道」となっており、以前電車が走っていた高島山トンネルを歩いていくと反町(たんまち)駅へ抜けることができる。

 京急の神奈川駅の東側の旧東海道は「宮前商店街」となっているが、商店は少なく、閑散としている。海側へ進んでいくと、桜木町(さくらぎちょう)~鶴見(つるみ)を結ぶJR高島貨物線が通り、東側に東高島(ひがしたかしま)貨物駅がある。この高島線の踏切を南へ行くと「横浜市中央卸売市場」がある。

 「横浜市中央卸売市場」は昭和6年(1931年)に開設され、水産物や青果、鶏肉などを取り扱っている。この市場の飲食街(食堂)は、舌の肥えた市場関係者も満足の横浜の穴場グルメスポットで、絶品の海鮮定食などが味わえる。

横浜・神奈川エリアの主な駅

神奈川 / かながわ 駅
京浜急行電鉄 京急本線

kanagawa1.jpg
京急神奈川駅

kanagawa2.jpg
青木橋から見た京急神奈川駅とJR線

kanagawa3.jpg
京急神奈川駅とJR線

kanagawa4.jpg
本覚寺から見た横浜駅方面

kanagawa5.jpg
本覚寺から見た神奈川駅

kanagawa6.jpg
アメリカ領事館があった本覚寺

kanagawa7.jpg
本覚寺

kanagawa8.jpg
東急東横線跡地の遊歩道「東横フラワー緑道」

kanagawa9.jpg
東急東横線跡地の遊歩道「東横フラワー緑道」

kanagawa10.jpg
「東横フラワー緑道」 反町駅への近道、高島山トンネル

kanagawa11.jpg
「東横フラワー緑道」 反町駅への近道、高島山トンネル

kanagawa12.jpg
神奈川駅前、旧東海道の宮前商店街

kanagawa13.jpg
JR高島貨物線

kanagawa14.jpg
横浜市中央卸売市場

kanagawa15.jpg
横浜市中央卸売市場の飲食街

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 神奈川
ジャンル : 地域情報

千葉・市川 江戸川が流れる下総国の国府

市川
いちかわ

日本国千葉県市川市

千葉・市川 江戸川が流れる下総国の国府

 市川(いちかわ)市は、千葉(ちば)県の北西部にある人口約49万人の市。北が松戸(まつど)市、東が船橋(ふなばし)市、南が浦安(うらやす)市、西が東京(とうきょう)都の江戸川(えどがわ)区と接している。

 市川市の西を流れる江戸川および旧江戸川は、下総国(しもうさのくに)と江戸の武蔵国(むさしのくに)の境であり、市川は古くは下総国の国府が置かれていた。江戸時代は、江戸に近接していることから旧江戸川の水運の拠点や、宿場町として発展した。

 市川市は、昭和9年(1934年)に東葛飾(ひがしかつしか)郡の市川(いちかわ)町、八幡(やわた)町、中山(なかやま)町、国分(こくぶん)村が合併して発足した。戦後の昭和24年(1949年)に東葛飾郡の大柏(おおかしわ)村、昭和30年(1955年)に東葛飾郡の行徳(ぎょうとく)町、昭和31年(1956年)に東葛飾郡の南行徳(みなみぎょうとく)町を編入し、現在の市域となった。

 市川市には、東京方面を結ぶ東西の鉄道路線がたくさん通っている。北から北総鉄道・北総線(京成成田スカイアクセス)、京成電鉄・京成本線、JR東日本・総武本線、東京都営地下鉄・新宿線、東京メトロ・東西線、JR京葉線が通り、このほか船橋市から市川市東部にかけて南北にJR武蔵野線が走っている。

 駅は、北総鉄道北総線の北国分(きたこくぶん)と大町(おおまち)、京成本線の国府台(こうのだい)、市川真間(いちかわまま)、菅野(すがの)、京成八幡(けいせい やわた)、鬼越(おにごえ)、JR総武本線の市川(いちかわ)、本八幡(もとやわた)、都営新宿線の本八幡、東京メトロ東西線の南行徳(みなみぎょうとく)、行徳(ぎょうとく)、妙典(みょうでん)、JR京葉線の市川塩浜(いちかわ しおはま)、二俣新町(ふたまたしんまち)、JR武蔵野線の市川大野(いちかわ おおの)の各駅がある。

 人口が多い市川市は、いくつかの主要駅があり、古くからの市川の中心部である市川駅(JR総武本線)および市川真間駅(京成本線)、市川市役所の最寄り駅である本八幡駅(JR総武本線、都営新宿線)および京成八幡駅(京成本線)、旧江戸川の南側の行徳地区の中心である行徳駅(東京メトロ東西線)などがある。

 市川駅は、JR総武本線の緩行線(各駅停車)と快速線の両方が停車する主要駅で、江戸川の東約1キロのところに駅がある。駅は2面6線の高架ホームで、快速線ホームには外側に通過線があり、総武線快速が特急「成田エクスプレス」の通過待ちをすることがある。市川駅の南口は「I-linkタウンいちかわ」として再開発され、超高層のタワーマンションが建っている。駅の高架下はスーパーや飲食店が入る商業施設「シャポー市川」となっている。市川駅の北口にはバスロータリーや、「ダイエー」市川店、市川グランドホテルなどがあり、商店街「ii(アイアイ)ロード市川」には飲食店などが集まっている。

 市川駅の北約100mには国道14号線(千葉街道)が通り、さらにその北約200mのところに京成本線の市川真間駅がある。市川真間駅は2面4線の地平の駅であるが、普通電車以外の快速、特急、快速特急などはいずれも通過する。JR市川駅とも近いことから、快速停車を求める地元の要望もあるようだ。駅周辺は大正時代から東京近郊の高級住宅街として開発され、多くの文学者にも愛された。

 京成本線の国府台駅の北に広がる「国府台」(こうのだい)は、かつて下総国の国府が置かれたところであり、15世紀~16世紀にかけて国府台城(こうのだいじょう)が築かれていた。現在、城跡は里見公園となっている。また、明治時代には陸軍施設の用地となり、陸軍病院が開設された。戦後は、陸軍用地が学術・医療施設などに転用され、国府台高校、和洋女子大学、千葉商業大学、筑波大学付属聴覚特別支援学校などの学術施設や国府台野球場、国府台病院などの施設が建ち並んでいる。

市川エリアの主な駅

市川 / いちかわ 駅
JR東日本 総武本線

市川真間 / いちかわまま 駅
京成電鉄 京成本線

ichikawa1.jpg
JR総武本線・市川駅

ichikawa2.jpg
JR市川駅の総武線各駅停車と快速

ichikawa3.jpg
市川駅、総武線快速を追い抜く特急「成田エクスプレス」

ichikawa4.jpg
JR市川駅北口

ichikawa5.jpg
商店街「アイアイロード市川」

ichikawa6.jpg
市川駅と市川真間駅を結ぶ道

ichikawa7.jpg
京成本線・市川真間駅

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 千葉県
ジャンル : 地域情報

神奈川・大和 厚木基地に隣接する相模野台地の都市

大和
やまと

日本国神奈川県大和市

神奈川・大和 厚木基地に隣接する相模野台地の都市

 大和(やまと)市は、神奈川(かながわ)県中部にある人口約24万人の市。北が相模原(さがみはら)市、西が座間(ざま)市、海老名(えびな)市、綾瀬(あやせ)市、南が藤沢(ふじさわ)市、東が横浜(よこはま)市の泉(いずみ)区、瀬谷(せや)区、東京都の町田(まちだ)市と接している。

 大和市は、高座(こうざ)郡にあった鶴見(つるみ)村が下鶴間・深見・上草柳・下草柳の集落どうしの争いがあり、それをまとめるためにどの集落の字も入らない中立的な地名に改称し、「和」をもって大きく団結するという意味を込めて「大和」村へと明治24年(1891年)に改名された。高座郡大和村は昭和18年(1943年)に高座郡大和町となり、昭和31年(1956年)には高座郡渋谷(しぶや)村を大和町に編入し、昭和34年(1959年)に大和市に昇格した。

 大和市は南北に長く、西側は綾瀬市とまたがって厚木海軍飛行場がある海上自衛隊厚木航空基地と米軍厚木基地の敷地が広がっている。日本の首都・東京を防衛するために比較的郊外の神奈川県高座郡に昭和13年(1938年)に海軍の厚木飛行場が建設され、昭和17年(1942年)に完成した。厚木飛行場は、いわゆる厚木市にはないが、当時は高座郡に目立った都市がなかったことから、宿場町として古くから著名な厚木の地名を用いたようだ。

 厚木飛行場は日本の敗戦後にアメリカ軍に接収され、ダグラス・マッカーサー(Douglas MacArthur)連合国総司令官は厚木飛行場にまず降り立った。厚木飛行場は、米軍占領の初期は米国陸軍の飛行場となっていたが、昭和25年(1950年)に朝鮮戦争が勃発するとその重要性が増し、米国海軍の飛行場となり、さらに拡張された。その後、昭和46年(1971年)からは日本の海上自衛隊との共用飛行場となっている。

 高座郡の相模野台地は、綾瀬・大和の厚木飛行場のほか、座間・相模原にまたがる相武台(そうぶだい)にも首都防衛のための軍事施設が多くあった。相模鉄道本線・さがみ野(さがみの)駅の北側の海老名市と座間市にまたがって戦時中に「高座海軍工廠」があった。そこでは戦闘機「雷電」などが製作されていた。そこでは多くの少年工が働き、その多くは選抜された台湾出身者で、その寄宿舎が大和市内(当時の大和町)にあったことから、大和市では現在も日台の「高座会」を通じて元・台湾少年工との交流が続いている。

 大和市内には小田急電鉄・江ノ島線、相模鉄道・相鉄本線、東急電鉄・田園都市線が通り、小田急江ノ島線の中央林間(ちゅうおうりんかん)、南林間(みなみりんかん)、鶴間(つるま)、大和(やまと)、桜ヶ丘(さくらがおか)、高座渋谷(こうざ しぶや)、相鉄本線の大和、相模大塚(さがみ おおつか)、東急田園都市線の つきみ野(つきみの)、中央林間の各駅がある。

 小田急江ノ島線は大和市を南北に縦断しており、大和駅で相鉄本線、中央林間駅で東急田園都市線と連絡している。小田急と相鉄が立体交差する大和駅は大和市の中心駅であり、大規模な改良工事が行われ、平成5年(1993年)に相鉄が地下化、平成6年(1994年)に小田急が高架の2面4線化された。相鉄は特急停車駅であり、横浜へ最短で結ぶほか、小田急も特急「えのしま」が停車し、急行や快速急行も東京の新宿(しんじゅく)へ直行しており、非常に便利である。相鉄ではJR・東急連絡線を建設中であり、これが完成すれば東京の渋谷・新宿へ直通運転が可能となり、小田急のライバルとなりそうだ。

 中央林間駅は、昭和4年(1929年)に小田急江ノ島線の中央林間都市駅として開設され、昭和16年(1941年)に中央林間駅に改称された。もともと雑木林が広がる「林間」であったが、小田急により「林間都市」の開発が進められ、その中心駅として中央林間駅が作られた。開発当初は東京都心から遠すぎるわりに住宅価格が高いため、開発は思うように進まなかったようで戦争が始まると計画が中止された。戦後、東京の過密化により、徐々に住宅開発が進み、東急の多摩田園都市の開発計画により、東急田園都市線が中央林間まで昭和59年(1984年)に延伸され、小田急と東急の乗り換えターミナルとして急速に発展し、大和駅に次ぐ大和市のターミナル駅となっている。

 このほか、鶴間駅は大和市役所の最寄り駅、高座渋谷駅は、大和市に編入された旧・高座郡渋谷村の中心駅である。旧・渋谷村は、武将の相模渋谷氏の本拠地であり、東京の渋谷も渋谷氏の活動拠点であったことが地名の由来となった。高座渋谷駅のすぐそばにはJR東海の東海道新幹線が通っている。

 大和駅前の広場は、ロンドン五輪の女子サッカーで銀メダルを獲得した日本チーム(なでしこジャパン)の川澄奈穂美(かわすみ なほみ)選手が大和市出身であるなどの縁から、平成25年(2013年)に「大和なでしこ広場」と命名された。この広場からは相鉄本線が地下化された線路跡を利用した遊歩道が伸びていて、休日には骨董市が開かれることもある。 大和駅の東の銀座商店街のつきあたりに平成28年(2016年)にオープンした複合施設「シリウス」は、大和市立図書館、芸術文化ホール、生涯学習センター、屋内こども広場などの施設があり、大和天満宮が一部敷地を提供したことから、同ビル内に新たに大和天満宮が設けられ、大和市の新しいスポットとなっている。

 大和駅の西約500mのところに南北に広がる「ふれあいの森」は親水公園となっていて、「高座海軍工廠」で働いた台湾少年工の記念碑と「台湾亭」がある。「ふれあいの森」の西側は、広大な空き地とゴミ処理施設が広がっているが、ここは厚木飛行場の飛行ルートの真下に位置する。厚木飛行場に発着する米軍機などを見ることができることから、航空機ファンの人たちの撮影スポットとなっている。

 相鉄本線の相模大塚駅の南側には相鉄から厚木基地への貨物線が伸びていて、かつては航空燃料を運ぶ貨物列車が運行されていたが、近年は使われていないようで、沿線の樹木が線路側に伸びている。使われていないが廃止されずに線路が残っているのは、緊急時に使えるように考慮されてのことなのだろうか。

大和エリアの主な駅

大和 / やまと 駅
小田急電鉄 江ノ島線
相模鉄道 相鉄本線

中央林間 / ちゅうおうりんかん 駅
小田急電鉄 江ノ島線
東急電鉄 田園都市線

相模大塚 / さがみおおつか 駅
相模鉄道 相鉄本線

高座渋谷 / こうざしぶや 駅
小田急電鉄 江ノ島線

yamato1.jpg
小田急江ノ島線・大和駅 特急「えのしま」

yamato2.jpg
小田急江ノ島線・大和駅

yamato3.jpg
相鉄本線・大和駅

yamato4.jpg
大和駅前の大和なでしこ広場

yamato5.jpg
大和昭和通り商店街

yamato6.jpg
大和銀座通り商店街

yamato7.jpg
地下化された相鉄本線の地上の遊歩道(東)

yamato8.jpg
大和市立図書館などが入る「シリウス」

yamato9.jpg
「シリウス」に再建された大和天満宮

yamato10.jpg
地下化された相鉄本線の地上の遊歩道(西)

yamato11.jpg
高座海軍工廠で働いた台湾少年工の記念碑と「台湾亭」

yamato12.jpg
大和ふれあいの森

yamato13.jpg
厚木基地に着陸する米軍機

yamato14.jpg
大和~相模大塚を走る相鉄電車

yamato15.jpg
米軍厚木基地とつながる貨物線

yamato16.jpg
米軍厚木基地とつながる貨物線

yamato17.jpg
米軍厚木基地とつながる貨物線(名神高速道路との交差地点)

yamato18.jpg
米軍厚木基地とつながる貨物線(樹木が敷地まで伸びている)

yamato19.jpg
米軍厚木基地とつながる貨物線

yamato24.jpg
米軍厚木基地とつながる貨物線

yamato21.jpg
相鉄本線・相模大塚駅

yamato22.jpg
相鉄本線から米軍厚木基地へ向かう貨物線の分岐点

yamato23.jpg
東急田園都市線・中央林間駅

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 神奈川
ジャンル : 地域情報

千葉・芝山 成田空港の裏側の町を結ぶ芝山鉄道と空港物流の拠点

芝山
しばやま

日本国千葉県山武郡芝山町

千葉・芝山 成田空港の裏側の町を結ぶ芝山鉄道と空港物流の拠点

 芝山(しばやま)町は、千葉(ちば)県の山武(さんぶ)郡にある人口0.7万人の町。北西が成田(なりた)市、西が富里(とみさと)市、南が山武(さんむ)市と山武郡横芝光(よこしばひかり)町、東が香取(かとり)郡の多古(たこ)町と接している。

 日本の首都圏の玄関口である成田国際空港のターミナルビルや滑走路の大部分は、隣接する成田市にあるが、成田空港に着陸する飛行機は芝山町を低空飛行する。このような地理的環境にあることから、成田空港建設時には昭和40年代より激しい反対運動があり、特に「三里塚芝山連合空港反対同盟」が激しい反対闘争を繰り広げた。

 しかしながら成田空港の建設は日本の重要な国策であり、反対闘争により建設が遅れながらも、昭和53年(1978年)に開港した。芝山町はのどかな農園が多いとはいえ、開港後は離着陸する飛行機の騒音が激しく、さらに滑走路を横切れないため、成田空港東側の地区は成田空港敷地を大きく迂回する必要があった。芝山町への見返りとして、成田国際空港株式会社、京成電鉄、日本航空、千葉県、成田市、芝山町などが出資した第3セクターの「芝山鉄道」が昭和56年(1981年)に設立され、成田空港~芝山町を結ぶ路線が建設されることになった。

 芝山鉄道は、空港と共存する町づくりを目指して空港建設反対派などを説得しながら、建設計画を進め、平成10年(1998年)に着工されたが、C誘導路の地下を通る建設予定ルート上(成田市側)に空港反対派の「一坪共有地」(木の根ペンション)があり、その地権者の同意を得ることが困難だったことから、平成12年(2000年)その区間を迂回する形にルート変更されることになり、平成14年(2002年)に東成田(ひがしなりた)~芝山千代田(しばやま ちよだ)が開業した。

 東成田駅は、平成3年(1991年)まで京成電鉄本線の成田空港駅だったが、本線が旧・成田新幹線の土木構造物を利用して第2ターミナルと第1ターミナルに直結する新線に切り替わり、東成田駅は芝山鉄道と京成電鉄の共同駅となった。芝山鉄道線は東成田から京成電鉄・東成田線に乗り入れ、京成成田駅を結んでいる。さらに朝夕時には東京方面へ京成本線にも直通運転している。

 芝山千代田駅は、成田空港のA滑走路の南東側にあり、ホームから成田空港の飛行機が見える。芝山千代田駅周辺は空港の整備場が近く、また空港に近いことからさまざまな物流業者のロジスティクスセンターがあり、また空港の南側には工業団地もあり、空港の立地を生かした産業が発展している。成田空港の裏側にあたるので、芝山千代田駅の利用者は多いとはいえないが、将来的には芝山千代田駅から九十九里浜(くじゅうくりはま)方面への延伸構想もあり、駅前には早期建設を求める看板もある。

 今は日本を代表する国際空港として欠かすことのできない成田空港であるが、長年にわたる空港反対闘争が繰り広げられてきた歴史があり、芝山町内にはそのいくつかの足跡が残る。A滑走路の南端にあたる岩山(いわやま)地区では、昭和47年(1972年)に成田空港の着陸妨害を目的に高さ約60mの「岩山大鉄塔」が建てられ、反対闘争の拠点の一つとなっていた。開港する昭和52年(1977年)に「岩山大鉄塔」の強制撤去が執行され、機動隊が反対派を制圧して鉄塔は解体されたが、この鉄塔の撤去後にはそれに抗議する反対派と機動隊が再衝突して死者も出る「東山事件」も発生した。撤去後も基礎部分と鉄塔の低層部分が残り、反対闘争の歴史を伝える遺構となっている。

 A滑走路の南の岩山地区には現在、「スカイパークしばやま」が広がり、「ひこうきの丘」からは、A滑走路に着陸する飛行機が眺められる。平成元年(1989年)に開館した「航空科学博物館」には、さまざまな飛行機が展示され、飛行シミュレーターを体験することもできる。また、「航空科学博物館」の近くに平成23年(2011年)に開館した「成田空港 空と大地の歴史館」は、成田空港の建設側と反対側の双方の観点から展示している資料館で、成田国際空港株式会社の歴史伝承委員会が運営し、成田空港の歴史を伝えている。

 成田空港の反対闘争は、実際にはまだ続いており、成田空港の敷地内には、いくつか反対派が所有する土地が残る。第二ターミナルの南東、芝山町側のC誘導路にはフェンスや金網で囲まれた「横堀鉄塔」が今も残り、内部には「抗議する農民」の像が置かれ、「案山子亭」などもあるのだという。一般立入はできない。このほか、成田市側にも前述の「木の根ペンション」や「東峰神社」といった反対派が所有する土地が点在し、B滑走路の延長やC横風滑走路の建設を困難にしている。

 芝山町は空港関連施設以外には、町南部に「芝山古墳群」があり、たくさん「はにわ」が出土したことで知られ、「芝山古墳・はにわ博物館」がある。

芝山エリアの主な駅

芝山千代田 / しばやまちよだ 駅
芝山鉄道 芝山鉄道線

shibayama1.jpg
芝山鉄道・芝山千代田駅まで乗り入れる京成電車

shibayama2.jpg
芝山千代田駅から見える成田空港の飛行機

shibayama3.jpg
芝山千代田駅から見える成田空港の飛行機

shibayama4.jpg
芝山鉄道・芝山千代田駅

shibayama5.jpg
芝山鉄道の九十九里方面への延伸を求める看板

shibayama6.jpg
芝山千代田駅から芝山町中心部方面を結ぶバス

shibayama7.jpg
芝山千代田駅前にある「はにわ」のモニュメント

naritakuko201.jpg
第2ターミナルから見える空港反対派の「横堀鉄塔」

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 千葉県
ジャンル : 地域情報

千葉・一宮 九十九里浜が広がる上総一宮の玉前神社

一宮
いちのみや

日本国千葉県長生郡一宮町

千葉・一宮 九十九里浜が広がる上総一宮の玉前神社

 一宮(いちのみや)は、千葉(ちば)県東南部の長生(ちょうせい)郡にある人口約1.1万人の町。南が いすみ市、西が長生郡睦沢(むつざわ)町、北が長生郡長生(ちょうせい)村と接しており、東には太平洋が広がっている。

 町内にある玉前(たまさき)神社が上総国(かずさのくに)の一宮であったことから、「一宮」の地名がついた。町内にはJR東日本・外房線が通り、上総一ノ宮(かずさいちのみや)駅と東浪見(とらみ)駅がある。

 上総一ノ宮駅は、特急「わかしお」が停車する主要駅で、東京(とうきょう)方面からの総武本線や京葉線の一部の電車も上総一ノ宮駅まで乗り入れている。千葉方面を結ぶ電車の本数は多く、千葉への通勤が便利である。愛知県にも一宮(いちのみや)市があり、混同しないよう、愛知県は尾張一宮(おわり いちのみや)駅、千葉県は上総一ノ宮(かずさ いちのみや)駅として区別している。

 上総一宮の玉前神社は、上総一ノ宮駅から北西に約400mほどの距離にある。上総一ノ宮駅から東へ約2キロほど行くと、九十九里浜(くじゅうくりはま)の海岸が広がり、一宮海水浴場がある。 

一宮エリアの主な駅

上総一ノ宮 / かずさいちのみや 駅
JR東日本 外房線

kazusaichinomiya1.jpg
JR外房線・上総一ノ宮駅 特急「わかしお」

kazusaichinomiya2.jpg
JR外房線・上総一ノ宮駅

kazusaichinomiya3.jpg
上総一ノ宮駅

kazusaichinomiya4.jpg
上総一ノ宮駅前のレトロな食堂

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 千葉県
ジャンル : 地域情報

神奈川 横浜・戸塚 再開発施設「トツカーナ」と柏尾川沿いの日立横浜工場

横浜・戸塚
よこはま・とつか

日本国神奈川県横浜市戸塚区

神奈川 横浜・戸塚 再開発施設「トツカーナ」と柏尾川沿いの日立横浜工場

 戸塚(とつか)は、横浜(よこはま)市の戸塚区にある地区で、JR東日本の東海道本線・横須賀線(湘南新宿ライン)と横浜市営地下鉄ブルーラインの戸塚駅がある。

 横浜市戸塚区は、人口約28万人の区で、北が旭(あさひ)区、東が保土ヶ谷(ほどがや)区、南(みなみ)区、港南(こうなん)区、南が栄(さかえ)区と鎌倉(かまくら)市、西が藤沢(ふじさわ)市、泉(いずみ)区と接している。

 横浜市は、横浜駅がある中心部は武蔵国(むさしのくに)に属するが、横浜中心部から西へ、一つ山を越えたところにある戸塚は、鎌倉や藤沢と同じ相模国(さがみのくに)側に属する。

 戸塚は江戸時代から東海道の宿場町として栄え、明治20年(1887年)に国鉄東海道線が開業し、戸塚駅が開設された。現在、戸塚区には戸塚駅のほか、JR横須賀線(湘南新宿ライン)の東戸塚(ひがしとつか)駅、横浜地下鉄ブルーラインの舞岡(まいおか)駅がある。

 JR戸塚駅は2面4線のホームがあり、内側の2線が東海道本線で、横浜駅までノンストップの快速運転、外側は横須賀線用で、湘南新宿ラインの電車も通り、横浜までに東戸塚と保土ヶ谷にも停車する。西側にはさらに東海道貨物線の複線の線路があるが、ホームはない。戸塚駅のホームの南側に柏尾川(かしわおがわ)が流れている。

 横浜地下鉄ブルーラインの戸塚駅は地下にあり、ちょうどJR戸塚駅と十字形に交差している。地下鉄の戸塚駅は昭和62年(1987年)に舞岡~戸塚が開通した際に開設され、戸塚~関内(かんない)~横浜~新横浜がつながった。その後、ブルーラインは平成5年(1993年)に新横浜~あざみ野が延伸、平成11年(1999年)に戸塚~湘南台(しょうなんだい)が延伸して、全線開業となった。ブルーラインは横浜市内の市街地をきめ細かくつないでいるが、駅数が多いためJRと比べて遅いことが乗客数が伸び悩むネックとなっていた。そこで平成27年(2015年)に「快速」の運転を開始し、関内や桜木町(さくらぎちょう)などで競争力を取り戻し、新横浜までも乗り換えなしの強みでJRと対等に競争できるようになったことで乗客が増えている。

 戸塚駅東口は、丸井グループの商業施設「戸塚モディ」があり、柏尾川の東側には「アピタ」戸塚店がある。戸塚駅の北東にある日立横浜工場は、もともと戸塚競馬場があったが、昭和25年(1954年)に廃止され、その跡地が日立横浜工場となった。日立横浜工場には、日立製作所横浜研究所、日立情報通信システム社、日立産業制御ソリューションズ、日立ディフェンスシステム社などの関連事業の施設が集まっている。

 戸塚駅西口は、もともと戸塚駅西口商店街や旭町通商店街があった。商店街の老朽化が進み、細い路地など、建物が密集していて再開発計画が進められたが、商店街事業者らの反対もあり、なかなか進まなかった。平成19年(2007年)頃から本格的に再開発が進められ、商店街が撤去され、商店街の店舗は仮施設「戸塚ウエスト」に移り、平成22年(2010年)に新しい商業施設「トツカーナ」がオープンした。「トツカーナ」は東急グループが運営する「東急プラザ戸塚」と、旧商店街の店舗などからなる「トツカーナモール」があり、その西側には戸塚西口バスターミナルと直結している。さらに国道1号線を挟んで商業施設「サクラス戸塚」がある。仮施設「戸塚ウエスト」は「トツカーナ」の完成により解体され、その跡地は戸塚区役所の新庁舎となった。

横浜・戸塚エリアの主な駅

戸塚 / とつか 駅
JR東日本 東海道本線、横須賀線(湘南新宿ライン)
横浜市営地下鉄 ブルーライン

totsuka1.jpg
JR戸塚駅・東海道線電車

totsuka3.jpg
JR戸塚駅・横須賀線電車

totsuka2.jpg
JR戸塚駅を通過する特急「スーパービュー踊り子」

totsuka4.jpg
戸塚駅ホーム下を流れる柏尾川

totsuka5.jpg
戸塚モディ

totsuka6.jpg
トツカーナ

totsuka7.jpg
戸塚駅西口バスターミナル

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 横浜!YOKOHAMA!
ジャンル : 地域情報

神奈川 相模原・相模大野 小田急が分岐する相模原市南部のターミナル

相模原・相模大野
さがみはら・さがみおおの

日本国神奈川県相模原市南区

神奈川 相模原・相模大野 小田急が分岐する相模原市南部のターミナル

 相模大野(さがみおおの)は、神奈川(かながわ)県の相模原(さがみはら)市にある地区で、小田急電鉄小田原線と江ノ島線の相模大野駅がある。

 相模原市は、JR東日本・横浜線の相模原(さがみはら)駅を中心とする中央(ちゅうおう)区と、JR横浜線・相模線・京王相模原線の橋本(はしもと)駅を中心とする緑(みどり)区、そして小田急の相模大野駅を中心とする南区の3区があり、相模大野駅は南区を代表するターミナル駅として発展している。

 相模原市南区は、東京都町田(まちだ)市と隣接しており、境川(さかいがわ)が東京都町田市と神奈川県相模原市の県境となっている。ここは武蔵国(むさしのくに)と相模国(さがみのくに)の境でもあった。相模大野はかつて、高座(こうざ)郡の大野(おおの)村で、昭和16年(1941年)に高座郡相模原町の一部となり、昭和29年(1954年)に相模原町が相模原市となった。

 町の規模としては町田のほうが大きく、町田駅は小田急を代表するターミナル駅の一つであるが、相模大野駅も小田急小田原線と江ノ島線が分岐する交通の拠点であり、急行や快速急行も停車するほか、特急ロマンスカー「えのしま」「あさぎり」、一部の「はこね」「さがみ」なども停車し、町田と相模大野は境川を挟んで双子都市のようになっている。相模大野駅は2面6線で、中間が通過線となっており、「はこね」などの特急ロマンスカーが通過していく。また、駅の南西側には小田急相模大野工場や車両基地が広がっている。

 相模大野駅は、昭和13年(1938年)に陸軍通信学校の最寄り駅として通信学校駅の名で開設され、戦時中の昭和16年(1941年)に相模大野駅に改称された。陸軍通信学校は戦後、相模女子大学や相模原市立大野南中学校、神奈川県立神奈川総合産業高校の敷地になった。相模大野駅の北西側には戦後、相模原陸軍病院がアメリカ陸軍医療センターとなっていたが、昭和56年(1981年)に返還され、その跡地が再開発されて「伊勢丹」相模原店、グリーンホール相模大野(相模女子大学グリーンホール)、ロビーシティ相模大野、相模大野中央公園などになった。

 相模大野駅の駅ビルは、商業施設の「相模大野ステーションスクエア」となっており、A館とB館がある。同ビルには「小田急ホテルセンチュリー相模大野」も入っている。相模大野駅北口は、ペデストリアンデッキで隣接する商業施設「相模大野モアーズ」や「ボーノ相模大野」と結ばれており、北口から伊勢丹相模原店へはアーケードのコリドー通り商店街が続いている。

相模原・相模大野エリアの主な駅

相模大野 / さがみおおの 駅
小田急電鉄 小田原線、江ノ島線

sagamioono1.jpg
小田急・相模大野駅

sagamioono2.jpg
小田急・相模大野駅に停車する特急ロマンスカー

sagamioono3.jpg
相模大野駅前のコリドー通り

sagamioono4.jpg
ボーノ相模大野

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 神奈川県
ジャンル : 地域情報

千葉・佐倉 佐倉城と山万が開発したユーカリが丘

佐倉
さくら

日本国千葉県佐倉市

千葉・佐倉 佐倉城と山万が開発したユーカリが丘

 佐倉(さくら)市は、千葉(ちば)県中部にある人口約17万人の市。南が千葉市若葉(わかば)区、四街道(よつかいどう)市、西が八千代(やちよ)市、北が印西(いんざい)市、東が印旛(いんば)郡の酒々井(しすい)町、八街(やちまた)市と接している。

 佐倉市は、印旛沼(いんばぬま)の南に位置し、古代から人が生活し、考古学的に非常に重要な古代の遺跡が出土している。戦国時代には、下総国(しもうさのくに)の千葉氏が本佐倉城(現・酒々井町)を拠点とし、千葉親胤(ちば ちかたね)氏が鹿島城(佐倉城)を建てようとしたが建設途上で暗殺され、後に佐倉千葉氏は滅ぼされ、江戸時代に入ると土井利勝(どい としかつ)が佐倉城を築城し、その後、佐倉藩は堀田(ほった)氏により統治され、幕末の堀田正睦(ほった まさよし)佐倉藩5代目藩主は蘭学を積極的に奨励し、医師の佐藤泰然(さとう たいぜん)氏に佐倉順天堂を開かせて後の順天堂大学につながった。

 明治時代に入ると、廃藩置県で明治4年(1871年)に佐倉藩から佐倉県が置かれ、下総国の各県が統合されて印旛県に改められ、明治6年(1873年)に上総国と安房国の木更津(きさらづ)県と統合して千葉県となった。佐倉市は戦後の昭和29年(1954年)に佐倉町、臼井(うすい)町、志津村、根郷村、和田村、弥冨村が合併して発足した。

 佐倉市内には、JR東日本・総武本線と成田線の佐倉駅と、京成電鉄・京成本線の志津(しづ)、ユーカリが丘(ユーカリがおか)、京成臼井(けいせい うすい)、京成佐倉(けいせい さくら)、大佐倉(おおさくら)の各駅、さらに山万(やままん)ユーカリが丘線のユーカリが丘、地区センター(ちくセンター)、公園(こうえん)、女子大(じょしだい)、中学校(ちゅうがっこう)、井野(いの)の各駅がある。

 佐倉市役所の最寄り駅は京成佐倉駅で、佐倉市の中心部にある京成佐倉駅は2面4線のホームがあり、快速や特急が停車するほか、「モーニングライナー」や「イブニングライナー」が停車し、やや遠い東京方面への着席通勤の需要に応えている。京成佐倉駅の西約1キロのところに佐倉城址があり、ここに昭和56年(1981年)に「国立歴史民俗博物館」が開館し、考古学、歴史学、民俗学の研究の拠点となっている。

 JR佐倉駅は、京成佐倉駅の約2キロ南にあり、佐倉市の市街地の南端に位置する。八街(やちまた)、成東(なるとう)、銚子(ちょうし)方面に向かう総武本線と、成田(なりた)、成田空港、香取(かとり)方面へ向かう成田線が分岐する駅となっており、総武本線経由で東京~銚子を結ぶ特急「しおさい」や、朝夜の特急「成田エクスプレス」の一部が停車する。

 京成臼井駅は、千葉県白井市にある北総線・京成成田スカイアクセスの白井(しろい)駅と区別するために、ひらがなで「うすい駅」と表記されることが多い。

 ユーカリが丘は、不動産業者の「山万」(やままん)が1970年代に開発したニュータウンで、昭和57年(1982年)に京成本線のユーカリが丘駅が開設され、これに合わせて新交通システムの山万・ユーカリが丘線が開業し、ユーカリが丘駅を起点に地区センター、公園から右回りに女子大、中学校、井野と回って公園で再合流してユーカリが丘駅まで戻るラケット状の路線がニュータウン内の交通として形成された。

 地区センター駅は、「イオンタウンユーカリが丘」と直結しており、高層マンションと一体化した山万の街づくりが新鮮だ。公園駅は「ユーカリが丘南公園」の最寄り駅。中学校駅は井野中学校の最寄り駅であるが、女子大駅は、和洋女子大学が移転することを見越して駅名が付けられたが、結局、女子大の移転は実現せず、和洋女子大学佐倉セミナーハウスがあるだけ。ちゃんと大学誘致に成功していたなら、山万ユーカリが丘線の利用客も激増していたと思われるので残念だ。でも周辺はまだ農地が広がり、開発のための土地が余っているようなので、新規に郊外移転を希望する大学を誘致するのもニュータウンの若返りと活性化につながると思うので、ぜひ実現してほしい。

佐倉エリアの主な駅

京成佐倉 / けいせいさくら 駅
京成電鉄 京成本線

佐倉 / さくら 駅
JR東日本 総武本線、成田線

ユーカリが丘 / ユーカリがおか 駅
京成電鉄 京成本線
山万 ユーカリが丘線

地区センター / ちくセンター 駅
山万 ユーカリが丘線

公園 / こうえん 駅
山万 ユーカリが丘線

sakura1.jpg
京成本線・京成佐倉駅

sakura2.jpg
佐倉城址に開設された国立歴史民俗博物館

sakura3.jpg
佐倉城址

sakura4.jpg
JR佐倉駅

sakura5.jpg
京成・ユーカリが丘駅

sakura6.jpg
山万・ユーカリが丘駅

sakura7.jpg
ユーカリが丘駅前

sakura8.jpg
山万ユーカリが丘線・地区センター駅

sakura9.jpg
山万・地区センター駅前から見たユーカリが丘の高層マンション群

sakura10.jpg
高層マンションとショッピングセンターが一体化したユーカリが丘の街づくり

sakura11.jpg
山万ユーカリが丘線・公園駅

sakura12.jpg
山万ユーカリが丘線・公園駅

sakura13.jpg
山万ユーカリが丘線・公園駅

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 千葉県
ジャンル : 地域情報

神奈川 横浜・南太田 通過待ちする京急電車と常照寺と大岡川

横浜・南太田
よこはま・みなみおおた

日本国神奈川県横浜市南区

神奈川 横浜・南太田 通過待ちする京急電車と常照寺と大岡川

 南太田(みなみおおた)は、横浜(よこはま)市の南(みなみ)区にある地区で、京浜急行電鉄(京急)本線の南太田駅がある。

 南太田駅は、外側にホームがあり、4本の線路が並ぶいわゆる新幹線タイプの駅で、普通電車のみが停車し、エアポート急行、特急、快特などの通過待ちを行う。

 南太田駅の北側にある西中山常照寺の門は、駅南口前にある。南口の門から高架下の参道を歩き、階段を上ると仁王門があり、さらに上ると常照寺の本堂がある。明治元年(1868年)に中山法華経寺の慈教院日修上人により開基。説教所として創建され、明治12年(1880年)に「常照寺」となった。南太田駅の立体構造物とうまく共存しているところが興味深い。

 南太田駅から南に歩いていくと大岡川が流れている。この河川敷は春になると桜並木が満開となり、横浜を代表する桜の名所である。特にここから弘明寺(ぐみょうじ)にかけてが美しい。

 大岡川がS字状に曲がっているところに首都高速神奈川3号狩場線の高架道路が覆いかぶさっており、花之木出入口がある。川の南側は蒔田公園が広がっている。その東には鎌倉街道(県道21号線)と横須賀街道(国道16号線)が交わる交差点があり、その地下に横浜市営地下鉄ブルーラインの吉野町(よしのちょう)駅がある。

横浜・南太田エリアの主な駅

南太田 / みなみおおた 駅
京浜急行電鉄 京急本線

吉野町 / よしのちょう 駅
横浜市営地下鉄 ブルーライン

minamioota1.jpg
通過電車を待つ京急本線・南太田駅

minamioota2.jpg
京急本線・南太田駅

minamioota3.jpg
南太田駅南口にある常照寺の門

minamioota4.jpg
高架下の参道

minamioota5.jpg
常照寺の仁王門

minamioota6.jpg
常照寺

minamioota7.jpg
南太田駅近くを流れる大岡川

minamioota8.jpg
大岡川と首都高速神奈川3号狩場線

minamioota10.jpg
吉野町駅前の交差点

minamioota9.jpg
横浜地下鉄ブルーライン・吉野町駅


ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 横浜!YOKOHAMA!
ジャンル : 地域情報

神奈川・藤沢 湘南地方の中心都市

藤沢
ふじさわ

日本国神奈川県藤沢市

神奈川・藤沢 湘南地方の中心都市

 藤沢(ふじさわ)市は、神奈川(かながわ)県中南部の湘南(しょうなん)地方にある人口約43万人の市。東が鎌倉(かまくら)市と横浜(よこはま)市の戸塚(とつか)区、泉(いずみ)区、北が大和(やまと)市と綾瀬(あやせ)市、西が高座(こうざ)郡の寒川(さむかわ)町、茅ヶ崎(ちがさき)市とそれぞれ接しており、南には相模湾(さがみわん)が広がっている。

 藤沢市は、神奈川県内で横浜市、川崎(かわさき)市、相模原(さがみはら)市に次ぐ第4の人口を持つ都市であり、平成の大合併では、藤沢市と茅ヶ崎市、平塚(ひらつか)市、高座郡寒川町、中(なか)郡の大磯(おおいそ)町、二宮(にのみや)町を合併して人口100万人を上回る「湘南市」にする合併構想があった。もし実現していれば、相模原市の人口を抜いて神奈川県第3の都市となるはずだったが、茅ヶ崎市や平塚市で合併反対の声が強く、結局実現しなかった。

 とはいえ藤沢市は、湘南地方の中心都市として最も人口が多く、市域もいくつかの地区に分かれ、中心部の藤沢地区、市南部の海岸の江の島(えのしま)地区、市西部の辻堂(つじどう)地区、市北部のニュータウンの湘南台(しょうなんだい)地区に分かれる。江の島地区には江の島(えのしま)や片瀬(かたせ)海岸、鵠沼(くげぬま)海岸などの観光、レジャースポットも多い。

 藤沢市には、JR東日本の東海道本線、小田急電鉄の江ノ島線、江ノ島電鉄(江ノ電)、湘南モノレール、相模鉄道(相鉄)いずみ野線、横浜市営地下鉄ブルーラインが走っており、JR東海道本線の藤沢駅と辻堂駅、小田急江ノ島線の片瀬江ノ島(かたせ えのしま)、鵠沼海岸(くげぬまかいがん)、本鵠沼(ほんくげぬま)、藤沢、藤沢本町(ふじさわほんまち)、善行(ぜんぎょう)、六会日大前(むつあい にちだいまえ)、湘南台、長後(ちょうご)の各駅、江ノ電の藤沢、石上(いしがみ)、柳小路(やなぎこうじ)、鵠沼(くげぬま)、湘南海岸公園(しょうなんかいがんこうえん)、江ノ島の各駅、湘南モノレールの湘南江の島(しょうなん えのしま)駅と目白山下(めじろ やました)駅、相鉄いずみ野線と横浜地下鉄ブルーラインの湘南台駅がある。

 藤沢市の中心駅である藤沢駅は、JR東海道本線と小田急江ノ島線と江ノ電が乗り入れるターミナル駅。東海道線の藤沢駅は明治20年(1887年)の開業で、非常に歴史が古い。江戸時代より東海道の宿場町として発展した藤沢の中心地は、藤沢駅の約1キロ北にあり、旧市街地からは離れていたが、その後、明治35年(1902年)に江ノ電の藤沢~片瀬(現・江ノ島)が開業し、さらに昭和4年(1929年)に小田急江ノ島線の藤沢駅が東海道線の南側に開設され、駅前には商業施設が集まるようになり、さらに藤沢市役所庁舎も藤沢駅前に開設されて藤沢市の行政の中心地にもなった。

 JR藤沢駅は、東海道本線が横浜、東京(とうきょう)方面を最速で結んでおり、横浜だけでなく東京都心への通勤客も多く利用する。山手線の渋谷(しぶや)、新宿(しんじゅく)方面を結ぶ湘南新宿ラインも運行されている。通勤時間帯には、横浜駅をあえて通らず東京方面をダイレクトに結ぶ東海道貨物線経由の「湘南ライナー」(小田原~藤沢~東京)、「おはようライナー新宿」「ホームライナー小田原」(小田原~藤沢~新宿)も運行されている。

 JR藤沢駅の売店「キオスク」は、湘南電車と呼ばれた緑とオレンジの80系電車を模したデザインとなっている。この湘南電車の緑とオレンジは、東海道本線および湘南新宿ラインを走る最新の電車のカラーラインとして現在まで伝統が受け継がれている。東海道本線は、藤沢から西へは、辻堂、茅ヶ崎、平塚、小田原(おだわら)、熱海(あたみ)方面へ最大15両の電車が走り、神奈川県の大動脈となっている。東海道線はいつも混雑しているが、普通電車でも2階建てグリーン車を2両連結しており、ゆったり座りたいニーズに応えている。

 小田急藤沢駅は、2面3線の行き止まりホームとなっていて、片瀬江ノ島~藤沢~相模大野を結ぶ電車は同駅で運転方向が変わる。江ノ島線は、藤沢から相模大野へ、藤沢市、大和市、相模原市と神奈川県南北を結ぶ地域輸送を担っているほか、急行や快速急行も運行されており、相模大野から小田急小田原線に直通して、新宿方面を結んでおり、JR湘南新宿ラインとのライバル路線となっている。小田急は特急ロマンスカー「えのしま」が片瀬江ノ島~藤沢~新宿を、「ホームウェイ」が夕方に新宿から藤沢方面へと運行されており、ゆったりと着席できる魅力的な特急電車で沿線価値を高めており、江の島への観光客や沿線のビジネス客のニーズをつかんでいる。

 江ノ電は、藤沢駅南口の小田急百貨店の2階に2面1線のホームがあり、江ノ島を経由して鎌倉(かまくら)まで結んでいる。休日や行楽シーズンは混雑が激しいが、江ノ島へ向かう場合は、小田急とルートが重なっていることから、藤沢からのほうが比較的すいている。最大4両の小さな電車が路地裏を走る風景が観光客にも愛されており、地域輸送を担うと同時に観光鉄道の要素も大きい。

 藤沢駅周辺は、南口に小田急百貨店、藤沢OPA、北口に藤沢ルミネプラザ、さいか屋、ビックカメラなどの商業施設が集まり、駅周辺はいつも乗り換え客や買い物客でにぎわっている。
 
藤沢エリアの主な駅

藤沢 / ふじさわ 駅
JR東日本 東海道本線
小田急電鉄 江ノ島線
江ノ島電鉄 江ノ島電鉄線

fujisawa1.jpg
2階建てグリーン車を連結している東海道線電車

fujisawa2.jpg
湘南電車がデザインされた藤沢駅の売店キヨスク

fujisawa3.jpg
小田急江ノ島線・藤沢駅

fujisawa4.jpg
行き止まりの小田急・藤沢駅

fujisawa5.jpg
藤沢駅南口の小田急百貨店

fujisawa6.jpg
江ノ電・藤沢駅 

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 神奈川県
ジャンル : 地域情報

プロフィール

drughba

Author:drughba
日本国内・世界各国の行って面白かったところ、行ってみたいところ、興味深い都市、交通、地理、文化等。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード