メキシコ スペイン語圏人口最多の国、マヤ・アステカ文明、テキーラとタコス

Estados Unidos Mexicanos (スペイン語)
Mexihco Tlacetililli Tlahtohcayotl (ナワトル語)
エスタドス ウニドス メヒカーノス
メキシコ合衆国(メヒコ)

メキシコ スペイン語圏人口最多の国、マヤ・アステカ文明、テキーラとタコス

 メキシコ合衆国(エスタドス ウニドス メヒカーノス/Estados Unidos Mexicanos/Mexihco Tlacetililli Tlahtohcayotl)は、北アメリカ大陸の南部にある国で、通称は「Mexico」(メヒコ)と呼ばれている。日本語の「メキシコ」は、「Mexico」の英語読みを仮名表記したものである。

 メキシコは、北がアメリカ合衆国(米国)、南東がベリーズ、グアテマラと接しており、東はメキシコ湾とカリブ海、西には太平洋が広がっている。

 メキシコの人口は約1億2700万人で、日本を追い抜いて第10位となった。面積は約197万平方キロメートルで第13位。通貨はメキシコ・ペソで、国内総生産(GDP)は1兆1400億ドルで、スペインに匹敵する経済規模があるが、一人当たりGDPは約1万ドルで65位前後である。一人当たり購買力平価(PPP)は約1万8000ドルで65位前後で、世界平均よりは少し高い。

 メキシコは、スペイン語(カスティーリャ語)が事実上の公用語となっており、スペインよりも人口が多く、スペイン語圏の国では人口最大であり、ラテンアメリカを代表する国の一つである。

 一方で、メキシコはマヤ文明、アステカ文明を生んだ先住民族が住み、インディオとも呼ばれる先住民族が約25%を占め、メスティーソ(Mestizo)と呼ばれるスペイン人をはじめとするヨーロッパ系白人と先住民族との混血が約60%を占める。このため、スペイン語が事実上の公用語となっているが、そのほか先住民族の65言語が政府認定されており、かつてアステカ帝国を築いたナワ族が話すナワトル語は現在約150万人の話者がいて、メキシコの土着言語の中では最も話者が多い。そのほか、オアハカ(Oaxaca)州に住むサポテコ族のサポテク語(約50万人)、隣国のベリーズ、グアテマラや、ホンジュラス、エルサルバドルなどにもまたがって住むマヤ族のマヤ諸語などがある。

 メキシコの国名は、アステカ帝国のナワトル語で、「メシトリ神の地」を意味する「Mēxihco」(メシコ)が由来となっている。

 メキシコは古くは、メキシコ南東部からグアテマラ、ベリーズにかけて、マヤ文明が栄え、地域ごとにマヤ諸王国があった。マヤ文明は、意味を表す絵と表音記号を組み合わせた象形文字であるマヤ文字でマヤ語を記録するなど、高度な言語体系があった。

 15世紀にはメキシコ中部にメシカ、アコルワ、テパネカの3つの民族によるアステカ帝国(Ēxcān Tlahtōlōyān)が成立した。メシカが中心となり古典ナワトル語が使用された。

 メキシコおよびラテンアメリカの大部分が現在、スペイン語圏となっているのは、ヨーロッパ西部に位置するスペインが他の国に先駆けて新大陸(アメリカ大陸)に進出したからであり、1492年にスペインから出発したコロンブスがアメリカ大陸を“発発見”し、1519年にスペイン人のエルナン・コルテス(Hernán Cortés)がメキシコに上陸。メキシコに上陸したスペイン人らは1521年に、アステカ帝国のクアウテモック(Cuauhtémoc)皇帝を捕らえ、拷問にかけ、最終的に処刑した。これにより、アステカ帝国が滅ぼされ、スペイン支配下となるが、現在のメキシコではスペインに殺されたアステカ帝国のクアウテモック皇帝が民族英雄となっている。これが、スペイン語圏でありながらも、アステカ帝国の血を引くメキシコ人とスペイン人との民族アイデンティティーの違いとも言える。

 アステカ帝国が滅ぼされた後、メキシコは長らくスペインの植民地となるが、メキシコ生まれのスペイン人が増えるに従い、フランス革命やアメリカ独立戦争の影響で、独立機運が高まり、1810年にミゲル・イダルゴ(Miguel Hidalgo)神父らによる武装蜂起が発生した。不平等待遇改善を求める先住民の立場からと、現地生まれスペイン人(クリオーリョ)との立場は異なっていたが、1821年にクリオーリョ側の保守派指導者のアグスティン・デ・イトゥルビデ(Agustín de Iturbide)らにより独立宣言がなされ、メキシコ帝国(Imperio Mexicano)が建国され、アグスティン1世が皇帝に即位した。

 メキシコ帝国は、現在のメキシコの領土のほか、グアテマラ、ニカラグア、エルサルバドル、ホンジュラス、コスタリカなどの中央アメリカを併合したが、1823年にアグスティン1世の失脚により帝政が崩壊し、連邦共和国制のメキシコ合衆国となり、後に独立する中米諸国を含む中央アメリカ連邦共和国がメキシコから独立した。メキシコ合衆国は権力争いの内戦などにより混乱が続き、1835年からは中央集権体制のメキシコ共和国(República Mexicana)となった。

 当時のメキシコの領土は、現在のアメリカ合衆国(米国)領であるテキサス州やニューメキシコ州、カリフォルニア州の一部も含み、コアウイラ・イ・テハス(Coahuila y Tejas)州と呼ばれていたが、中央集権体制を嫌い、メキシコから離脱し、米国移民が多かったテハスが1836年にテキサス共和国(Republic of Texas)として独立した。さらに米国が1845年にテキサス共和国を併合したが、テキサス(テハス)の帰属をめぐり、メキシコと米国が衝突し、1846年に米墨戦争が勃発し、1848年に米国が勝利し、メキシコはカリフォルニアも失い、現在のメキシコと米国の国境が決められ、人工的な直線の国境が引き直された。テキサスやカリフォルニアにスペイン語由来の地名が多いのは、メキシコ統治時代の歴史の名残りである。

 メキシコは敗戦によりメキシコ合衆国に戻ったが、ナポレオン3世が1861年にメキシコに出兵し、1863年にフランスの傀儡政権の帝政を樹立したが、1866年にメキシコ先住民のベニート・フアレス(Benito Juárez)大統領が主権を取り戻した。その後、ポルフィリオ・ディアス(Porfirio Díaz)がクーデターで大統領に就任し、独裁体制を敷いた。外資を導入したが、主要産業が外資の手に落ちて、貧富の格差が拡大した。その結果、その独裁体制の反対運動が1910年に「メキシコ革命」(Revolución Mexicana)となり、最終的に革命軍が勝利し、1917年にメキシコ革命憲法が制定された。1929年に各革命勢力を結集した国民革命党(PNR)が結成され、新たな独裁体制となった。外国資本の鉄道や石油産業の国有化を断行し、1940年に制度的革命党(PRI)に引き継がれて独裁体制を長らく維持した。同党は2000年に国民行動党(PAN)が勝利して、制度的革命党が下野したが、2012年に再び与党に復帰している。メキシコは工業化には成功したが、貧富の格差が大きいことや麻薬問題などの社会問題を抱えている。

 メキシコは米国と1994年にNAFTA(北米自由貿易協定)を結び、緊密な経済関係を築いているが、強大な外資が幅をきかすなど、米国とメキシコの経済格差を自由化することの弊害もあり、より豊かな米国への不法移民も多く、それが米国の反発を買う一方で、米国の安価な労働力にもなっている。また、NAFTAの関税優遇措置を活用して、米国向けに販売する日系企業の自動車工場もメキシコに工場が開設されている。

 メキシコは32の州があり、首都は「Ciudad de México」(シウダ・デ・メヒコ)で、日本では英語訳の「メキシコシティ」と呼ばれる。市域の人口は約900万人、都市圏は約2200万人で、日本の首都圏の人口に匹敵する。ここは、かつてアステカ帝国の首都のテノチティトラン(Tenōchtitlan)でもあった。首都にふさわしく市内には地下鉄が整備されている。近年は、自動車の渋滞を緩和すべく、メキシコシティ都市圏郊外鉄道の整備も進められている。メキシコシティ国際空港からは米国やラテンアメリカ各都市、ヨーロッパ、アジア各都市への国際線が運航され、日本へも全日空が東京(成田)との直行便が運航されている。

 このほか、メキシコの都市は、エカテペック(Ecatepec)165万人、グアダラハラ(Guadalajara)150万人、プエブラ(Puebla)143万人、フアレス(Juárez)132万人、ティフアナ(Tijuana)130万人、レオン(León)124万人、サポパン(Zapopan)114万人、モンテレイ(Monterrey)113万人、ネツァワルコヨトル(Nezahualcóyotl)110万人などの100万人を超える都市がある。

 メキシコの気候は、メキシコ高原にステップ気候の乾燥地帯が広がっている。海岸部はサバナ気候や熱帯雨林気候となっている。首都メキシコシティ(メヒコ)の標高は約2300mであり、高原の常春で過ごしやすい。銀や銅、鉄鉱石、石炭、金、マンガンなど地下資源も豊富で、メキシコ経済の後ろ盾となっている。

 メキシコ中西部のハリスコ(Jalisco)州は、蒸留酒の「テキーラ」(Tequila)が特産品である。テキーラはアガベ(Agave)と呼ばれるリュウゼツラン(龍舌蘭)から造られる蒸留酒で、もともとアステカ伝統のリュウゼツランから造られる醸造酒「プルケ」(Pulque)があったが、それをメキシコ生まれのスペイン人が蒸留酒として発展させたもので、非常に高いアルコール度数で世界的に知られている。

 また、メキシコ料理は、アステカ時代からインディオがトウモロコシをすりつぶして薄焼きパンにしたものを主食としており、ナワトル語で「トラシュカリ」 (tlaxcalli) と呼び、スペイン語では「トルティーヤ」(tortilla)と呼ぶようになった。そのトルティーヤにスペイン風のサルサ(Salsa)ソースと肉味噌や野菜を挟んで食べる「タコス」(taco)は、メキシコの国民食となっている。

 スペイン語圏最大の国でありながら、マヤ・アステカ先住民精神を忘れず、生活にその精神は生き続け、スペインとは異なるナショナルアイデンティティーを持つ「メキシコ」は、スペインとはまた一味も二味も異なるアメリカ大陸の魅力の詰まった国である。

メキシコ合衆国(メヒコ)
Estados Unidos Mexicanos(スペイン語)
Mēxihcatl Tlacetilīlli Tlahtohcāyōtl(ナワトル語)
(1810年スペインから独立宣言、1821年独立承認)
面積:197.3万平方キロ
人口:1億0961万
通貨:メキシコ・ペソ
主要言語:スペイン語、(ナワトル語、サポテカ語、マヤ語など)
首都:
シウダ・デ・メヒコ/Ciudad de México(スペイン語)
メキシコシティ/Mexico City(英語)
Āltepētl Mēxihco(ナワトル語)(人口884万)


(参考:Wikipeiaほか)

ドルジバツアー ホームページ
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : メキシコ
ジャンル : 海外情報

アメリカ大陸各国情報 中米その3(カリブ海南部諸国)

アメリカ大陸各国情報 中米その3(カリブ海南部諸国)

(参考:Wikipedia、外務省HP)

セントクリストファー・ネイビス連邦
Federation of Saint Christopher and Nevis(英語)
(1983年、イギリスから独立)
面積:0.03万平方キロ
人口:4万
通貨:東カリブ・ドル
主要言語:英語
首都:バセテール/Basseterre(英語)(人口1.6万)

アンティグア・バーブーダ
Antigua and Barbuda(英語)
(1981年、イギリスから独立)
面積:0.04万平方キロ
人口:7万
通貨:東カリブ・ドル
主要言語:英語、クレオール英語
首都:セントジョンズ/St. John's(英語)(人口3万)

ドミニカ国
Commonwealth of Dominica(英語)
(1978年、イギリスから独立)
面積:0.07万平方キロ
人口:7万
通貨:東カリブ・ドル
主要言語:英語、パトワ・フランス語
首都:ロゾー/Roseau(英語)(人口1.7万)

セントルシア
Saint Lucia(英語)
(1979年、イギリスから独立)
面積:0.06万平方キロ
人口:17万
通貨:東カリブ・ドル
主要言語:英語、パトワ・フランス語
首都:カストリーズ/Castries(英語)(人口1.2万)

バルバドス
Barbados(英語)
(1966年、イギリスから独立)
面積:0.04万平方キロ
人口:26万
通貨:バルバドス・ドル
主要言語:英語、(バヤン語)
首都:ブリッジタウン/Bridgetown(英語)(人口0.6万)

セントビンセントおよびグレナディーン諸島
Saint Vincent and the Grenadines(英語)
(1979年、イギリスから独立)
面積:0.04万平方キロ
人口:11万
通貨:東カリブ・ドル
主要言語:英語、(パトワ・フランス語)
首都:キングスタウン/Kingstown(英語)(人口1.6万)

グレナダ
Grenada(英語)
(1974年、イギリスから独立)
面積:0.03万平方キロ
人口:10万
通貨:東カリブ・ドル
主要言語:英語、(パトワ・フランス語)
首都:セントジョージズ/St. George's(英語)(人口0.8万)

トリニダード・トバゴ共和国
Republic of Trinidad and Tobago(英語)
(1962年、イギリスから独立)
面積:0.5万平方キロ
人口:134万
通貨:トリニダードトバゴ・ドル
主要言語:英語、クレオール英語
首都:ポートオブスペイン/Port of Spain(英語)(人口7万)

カリブ海南部の主な地域

英領モントセラト
Montserrat(英語)
面積:0.01万平方キロ
人口:0.5万
通貨:東カリブ・ドル
主要言語:英語
首府:プリマス/Plymouth(英語)(人口0.4万)

フランス領グアドループ
Guadeloupe(フランス語)
面積:0.2万平方キロ
人口:44万
通貨:ユーロ
主要言語:フランス語
首府:バステール/Basse-Terre(フランス語)(人口1.2万)

フランス領マルティニーク
Martinique(フランス語)
面積:0.1万平方キロ
人口:39万
通貨:ユーロ
主要言語:フランス語、(クレオール語)
首府:フォール・ド・フランス/Fort-de-France(フランス語)(人口9万)

オランダ領アルバ
Aruba(オランダ語、パピアメント語)
面積:0.02万平方キロ
人口:10万
通貨:アルバ・フロリン
主要言語:オランダ語、パピアメント語
首府:オラニエスタッド/Oranjestad(オランダ語、パピアメント語)(人口3万)

オランダ領アンティル
Nederlandse Antillen(オランダ語)
Antias Hulandes(パピアメント語)
面積:0.1万平方キロ
人口:21万
通貨:アンティル・ギルダー
主要言語:オランダ語、パピアメント語、(英語、スペイン語)
首府:ウィレムスタッド/Willemstad(オランダ語、パピアメント語)(人口13万)

ドルジバツアー ホームページ
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 中米
ジャンル : 海外情報

アメリカ大陸各国情報 中米その2(カリブ海北部諸国)

アメリカ大陸各国情報 中米その2(カリブ海北部諸国)

(参考:Wikipedia、外務省HP)

キューバ共和国(クーバ)
República de Cuba(スペイン語)
(1902年スペインより独立、1959年キューバ革命)
面積:11.1万平方キロ
人口:1120万
通貨:キューバ・ペソ
主要言語:スペイン語
首都:ハバナ(ラ・アバナ)/La Habana(スペイン語)(人口233万)

バハマ国
Commonwealth of The Bahamas(英語)
(1973年、イギリスから独立)
面積:1.4万平方キロ
人口:34万
通貨:バハマ・ドル
主要言語:英語、(ハイチ・クレオール語)
首都:ナッソー/Nassau(英語)(人口21万)

ジャマイカ
Jamaica(英語)
(1962年、イギリスから独立)
面積:1.1万平方キロ
人口:272万
通貨:ジャマイカ・ドル
主要言語:ジャマイカ英語、ジャマイカ・パトゥア語、英語
首都:キングストン/Kingston(英語)(人口66万)

ハイチ共和国(アイティ)
Repiblik d Ayiti(ハイチ語)
République d'Haïti(フランス語)
(1804年、フランスから独立)
面積:2.8万平方キロ
人口:1003万
通貨:グールド
主要言語:ハイチ語、フランス語
首都:ポルトープランス
Pòtoprens(ハイチ語)
Port-au-Prince(フランス語)(人口108万)

ドミニカ共和国
República Dominicana(スペイン語)
(1844年、ハイチから独立)
面積:4.9万平方キロ
人口:1009万
通貨:ペソ
主要言語:スペイン語、(ハイチ語)
首都:サント・ドミンゴ/Santo Domingo(スペイン語)(人口91万)


カリブ海北部の主な地域

プエルトリコ米国自治連邦区(プエルト・リコ)
Estado Libre Asociado de Puerto Rico(スペイン語)
Commonwealth of Puerto Rico(英語)
(1898年、スペインから米国に編入)
面積:0.9万平方キロ
人口:396万
通貨:米ドル
主要言語:スペイン語、英語
首府:サン・フアン/San Juan(スペイン語)(人口43万)

英領タークス・カイコス諸島
Turks and Caicos Islands(英語)
面積:0.04万平方キロ
人口:4万
通貨:米ドル
主要言語:英語
首府:コックバーンタウン/Cockburntown(英語)(人口0.4万)

英領ケイマン諸島
Cayman Islands(英語)
面積:0.03万平方キロ
人口:4万
通貨:ケイマン諸島・ドル
主要言語:英語
首府:ジョージタウン/George Town(英語)(人口2万)

米領ヴァージン諸島
United States Virgin Islands(英語)
面積:0.04万平方キロ
人口:12万
通貨:米ドル
主要言語:英語、パトワ・フランス語
首府:シャーロット・アマリー/Charlotte Amalie(英語)(人口2万)

英領ヴァージン諸島
British Virgin Islands(英語)
面積:0.02万平方キロ
人口:2万
通貨:米ドル
主要言語:英語
首府:ロードタウン/Road Town(英語)

英領アンギラ
Anguilla(英語)
(1967年独立宣言、1969年アンギラ共和国が英国に投降)
面積:0.01万平方キロ
人口:1万
通貨:東カリブ・ドル
主要言語:英語
首府:バレー/Valley(英語)

ドルジバツアー ホームページ
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

テーマ : アメリカ縦断/横断の旅
ジャンル : 海外情報

アメリカ大陸各国情報 中米その1(メキシコ・中央アメリカ)

アメリカ大陸各国情報 中米その1(メキシコ・中央アメリカ)

メキシコ合衆国(メヒコ)
Estados Unidos Mexicanos(スペイン語)
Mēxihcatl Tlacetilīlli Tlahtohcāyōtl(ナワトル語)
(1810年スペインから独立宣言、1821年独立承認)
面積:197.3万平方キロ
人口:1億0961万
通貨:メキシコ・ペソ
主要言語:スペイン語、(ナワトル語、サポテカ語、マヤ語など)
首都:
シウダ・デ・メヒコ/Ciudad de México(スペイン語)
メキシコシティ/Mexico City(英語)
Āltepētl Mēxihco(ナワトル語)(人口884万)

ベリーズ(ベリーセ)
Belize(英語)
Belice(スペイン語)
(1981年、イギリスから独立)
面積:2.3万平方キロ
人口:31万
通貨:ベリーズ・ドル
主要言語:スペイン語、英語、(クレオール語、マヤ語、ガリフナ語など)
首都:ベルモパン/Belmopan(英語)(人口2万)


グアテマラ共和国
República de Guatemala(スペイン語)
(1821年、スペインから独立)
面積:10.9万平方キロ
人口:1403万
通貨:ケツァル
主要言語:スペイン語、(マヤ語、シンカ語、ガリフナ語)
首都:グアテマラ市
シウダ・デ・グアテマラ/Ciudad de Guatemara(スペイン語)(人口101万)

エルサルバドル共和国
República de El Salvador(スペイン語)
(1821年、スペインから独立)
面積:2.1万平方キロ
人口:616万
通貨:米ドル
主要言語:スペイン語、(マヤ語系など)
首都:サン・サルバドル/San Salvador(スペイン語)(人口53万)

ホンジュラス共和国(オンドゥラス)
República de Honduras(スペイン語)
(1821年、スペインから独立)
面積:11.2万平方キロ
人口:747万
通貨:レンピラ
主要言語:スペイン語、(ミスキート語、ガリフナ語、英語)
首都:テグシガルパ/Tegucigalpa(スペイン語)(人口89万)

ニカラグア共和国
República de Nicaragua(スペイン語)
(1821年、スペインから独立)
面積:12.9万平方キロ
人口:574万
通貨:コルドバ・オロ
主要言語:スペイン語、(クレオール英語、ミスキート語)
首都:マナグア/Managua(スペイン語)(人口185万)

コスタリカ共和国
República de Costa Rica(スペイン語)
(1821年、スペインから独立)
面積:5.1万平方キロ
人口:458万
通貨:コロン
主要言語:スペイン語、(ジャマイカ英語)
首都:サン・ホセ/San José(スペイン語)(人口39万)

パナマ共和国
República de Panamá(スペイン語)
(1821年、スペインから独立)
面積:7.5万平方キロ
人口:345万
通貨:バルボア
主要言語:スペイン語、(ジャマイカ英語、クナ語、エンベラー語など)
首都:パナマ市
シウダ・デ・パナマ/Ciudad de Panamá(スペイン語)(人口71万)

ドルジバツアー ホームページ
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

テーマ : アメリカ縦断/横断の旅
ジャンル : 海外情報

プロフィール

drughba

Author:drughba
日本国内・世界各国の行って面白かったところ、行ってみたいところ、興味深い都市、交通、地理、文化等。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード