米国 移民が開拓したアメリカ大陸の連邦国家、世界最強の経済、英語文化の発信基地

United States of America
ユナイテッド ステイツ オヴ アメリカ (英語)
アメリカ合衆国(米国)

米国 移民が開拓したアメリカ大陸の連邦国家、世界最強の経済、英語文化の発信基地

 アメリカ合衆国(United States of America/ユナイテッド ステイツ オヴ アメリカ)は、アメリカ大陸北部に位置する北アメリカを代表する国の一つで、日本では「アメリカ」や「米国」と呼ばれている。

 中国、インドに次ぐ世界第3位の約3億1400万人の人口を抱え、日本の約3倍近いの人口を持つ。面積は約962.8万平方キロメートルで、ロシア連邦、カナダに次ぐ世界第3位で、中華人民共和国より若干大きく、日本の約25倍の国土を持つ。温暖な気候と、広く豊かな大地がアメリカ発展の無限の可能性をもたらしている。国内総生産(GDP)は、国全体の総額では首位で、約15兆ドルとずば抜けて高く、一人当たりのGPDは約4万7000ドルで第9位(2011年)。日本より5000ドルほど高い。また、一人当たり購買力平価(PPP)換算も同額で第7位。自由市場経済が円滑に機能し、世界の中でも非常に豊かな先進国の一つである。但し近年は、ITバブル崩壊やサブプライムローン問題に端を発したリーマンショックにより世界金融危機を招き、さらに貧富の格差の拡大や、医療保険の不完全さによる高額医療費などが課題になっている。

 アメリカ合衆国北西部は、北緯49度にカナダとの人工的な国境線がまっすぐ引かれている。また、北東部は五大湖のうちミシガン(Michigan)湖を除く4つの湖、スペリオル(Superior)湖、ヒューロン(Huron)湖、エリー(Erie)湖、オンタリオ(Ontario)湖がカナダとの国境となっている。南はメキシコと接しており、メキシコ湾に注ぐリオ グランデ川(Rio Grande river / Río Bravo del Norte)が国境となっているほか、西部では北緯31度~32度に国境線が引かれている。

 アメリカ合衆国は50州からなり、そのうち48州がカナダとメキシコの間の大陸部にあり、そのほか、カナダの北西にアラスカ(Alaska)州、太平洋にハワイ(Hawaii / Hawaiʻi)州がある。そのほか、海外領土にカリブ海のプエルトリコ(Puerto Rico)、北太平洋にグアム(Guam / Guahan)、北マリアナ諸島(Northern Mariana Islands)、南太平洋に米領サモア(American Samoa)などがある。

 アメリカ大陸は、「アメリカン・インディアン」(American Indian)や「ネイティブ・アメリカン」(Native American)と呼ばれるアメリカ先住民が住む土地であったが、コロンブスが15世紀末にヨーロッパ大陸から船で大西洋を横断し、カリブ海の西インド諸島(West Indies)にたどり着き、その後、新大陸にも上陸した。当時はアジアに着いたと勘違いして、現地の人をインド人だと思い込んだようだ。しかし、イタリア人の探検家であるアメリゴ・ヴェスプッチ(Amerigo Vespucci)が15世紀末から16世紀初めに大西洋を越えて何度か新大陸へ航海した。コロンブスはこの新大陸をアジアだと主張したが、アメリゴ・ヴェスプッチはこれをアジアではない新大陸だと主張した。実際にはコロンブスのほうが早く到達していたのだが、アメリゴ・ヴェスプッチがコロンブスより早く到達したと宣伝し、新大陸はヨーロッパで「アメリゴ」のラテン語名の女性形である「アメリカ」(America)と呼ばれるようになり、その名称が広がった。

 新大陸としてヨーロッパ人に知られるようになったアメリカ大陸は、南アメリカ大陸はスペインやポルトガルが、北アメリカ大陸はイギリスやフランスが主に進出し、ヨーロッパ人による開拓や領有が始まった。ヨーロッパ人にとっては貧しい人も一から自由に自らの力で豊かになれるという開拓ロマンをかきたてた。また、それは先住民に対する追放や虐殺など、生活環境を脅かすものでもあった。

 イギリスが支配していた北アメリカ大陸の東海岸部の13植民地で、砂糖法、印紙法などの租税措置をめぐって対立が生じ、アメリカ独立戦争(American War of Independence)に発展し、1776年にアメリカ独立宣言を発表。フランスの力も借りて13植民地側が勝利し、1783年のパリ条約でミシシッピ(Mississippi)川の東、五大湖の南の「アメリカ合衆国」(United States of America)の独立が正式に承認された。

 アメリカ合衆国建国時の13州は、ニューイングランド(New England)植民地群のニューハンプシャー(New Hampshire)、マサチューセッツ(Massachusetts)、ロードアイランド(Rhode Island)、コネティカット(Connecticut) 、中部植民地群のニューヨーク(New York)、ニュージャージー(New Jersey)、ペンシルベニア(Pennsylvania)、デラウェア(Delaware)、南部植民地群のメリーランド(Maryland)、ヴァージニア(Virginia)、ノースカロライナ(North Carolina)、サウスカロライナ(South Carolina)、ジョージア(Georgia)の各州である。

 アメリカ合衆国初代大統領はアメリカ独立戦争を司令官として指揮したジョージ・ワシントン(George Washington)が1789年に就任し、1797年まで二期務めた。アメリカ合衆国は自由と民主主義を掲げる共和制国家として建国されたが、先住民を圧迫し、アフリカから連れてきた人を奴隷にするなど人種差別をもつ社会が長らく続くことになる。

 アメリカ合衆国は13州で建国後、西へと領土を拡張した。1795年に北西インディアン戦争で、北西部領土(Northwest Territory)を取得。ここは現在のオハイオ(Ohio)、インディアナ(Indiana)、イリノイ(Illinois)、ミシガン(Michigan)、ウィスコンシン(Wisconsin)などの各州にあたる。さらに1803年にはミシシッピ川流域の仏領ルイジアナを買収し、現在の米中部のミネソタ(Minnesota)、アイオワ(Iowa)、ミズーリ(Missouri)、アーカンソー(Arkansas)、ルイジアナ(Louisiana)、テキサス(Texas)、オクラホマ(Oklahoma)、カンザス(Kansas)、ネブラスカ(Nebraska)、サウスダコタ(South Dakota)、ノースダコタ(North Dakota)、モンタナ(Montana)、ワイオミング(Wyoming)、コロラド(Colorado)、ニューメキシコ(New Mexico)の各州にあたる領土を獲得した。

 その後、アメリカ合衆国はカナダなどを植民地化していたイギリスと再び衝突し、1812年に米英戦争が発生したが、1814年のガン条約で、米国北東部の米英(米加)間の国境が確定した。さらに1819年にスペイン領フロリダ(Florida)を買収。1830年にはインディアン移住法でインディアンと呼ばれた先住民らを半強制的に西部に移住させた。1836年はメキシコ領テキサスがテキサス共和国(Republic of Texas)として独立後、1845年にアメリカ合衆国に編入されると、1846年に米墨戦争が勃発した。その結果、メキシコが敗戦し、アリゾナ(Arizona)、ユタ(Utah)、ネヴァダ(Nevada)、カリフォルニア(California)の各州とその周辺にあたる領土がアメリカ合衆国に割譲された。そのほか、アイダホ(Idaho)、オレゴン(Oregon)、ワシントン(Washington)などの開拓も進み、現在のカナダを支配していたイギリスと国境線を確定させてアメリカ合衆国の州に組み入れた。

 工業化が進展する北部と、綿花栽培など奴隷に頼る農業中心の南部が、奴隷制の存続をめぐって対立し、アメリカ合衆国南部がアメリカ連合国(Confederate States of America)として独立。1861年に南北戦争となった。1862年にエイブラハム・リンカーン(Abraham Lincoln)大統領が奴隷解放宣言(Emancipation Proclamation)を発表し、さらに翌年、「人民の人民による人民のための政治」(government of the people, by the people, for the people)で知られる演説を行い、後に民主主義を重視する米国にとって重要な歴史となる。1865年に南部のアメリカ連合国が敗北して解体され、奴隷制度自体はなくなったが、その後も黒人やマイノリティーに対する差別は続いた。

 アメリカ合衆国は1867年にアラスカをロシアから購入。1898年にハワイ王国を併合。1898年の米西戦争でスペインに勝利し、グアム、プエルトリコ、フィリピンを植民地にした。第二次世界大戦をきっかけに独立したフィリピンを除けば、ほぼ現在のアメリカ合衆国の領土ができあがった。

 アメリカは1914年にヨーロッパで発生した第一次世界大戦では中立を保ち、その間にハイチやドミニカ共和国などの権益を伸ばし、1917年に連合国側について参戦した。1920年代に世界恐慌に入ると、フランクリン・ルーズベルト(Franklin Roosevelt)大統領のニューディール政策により公共事業に集中投資することで内需を促し、景気回復へと導いた。

 1939年に第二次世界大戦が勃発すると、アメリカはイギリスや中華民国を支援し、1941年に日本がハワイの真珠湾を攻撃し、太平洋戦争が始まると、日本との本格的な戦争に突入した。初めは日本軍の勢いがあり、アメリカも押され気味であったが、アメリカが無慈悲な反撃を開始し、日本が占領した太平洋の島々を取り返し、沖縄で激しい地上戦となり、さらに東京大空襲をはじめとする大阪、名古屋など日本の都市への空襲による無差別爆撃、ハリー・S・トルーマン(Harry S. Truman)大統領の命令による1945年8月の広島、長崎への原子爆弾投下など、一般市民を巻き込む大虐殺を行い、日本を降伏させた。

 1945年~1952年にかけてアメリカはGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)として日本を占領し、日本の体制を大きく改変させた。日本が軍国主義から民主主義へと変わったほか、冷戦と朝鮮戦争勃発により、日米が協力してソビエト連邦による共産主義の拡張を食い止めるという国際情勢となり、敵国アメリカは日本の防衛に責任を持つ協力関係へと変わり、敗戦により傷ついた日本人は敵国アメリカを恨むどころか、逆に畏敬の念を持つようになり、先進国としての憧れの対象へと対米感情は大きく変わっていった。

 アメリカは自由陣営のリーダーを自覚し、共産主義の拡張を抑えるために積極的に外国に介入した。朝鮮戦争では共産化した朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の侵攻から大韓民国(韓国)の独立を守り、中国共産党による中華人民共和国の建国により台湾に逃れた中国国民党の中華民国政権を支え、ベトナム戦争ではベトナム共和国(南ベトナム)を支援し、軍事介入した。ジョン・F・ケネディ(John F. Kennedy)大統領の時代の1962年にはキューバ危機(The Cuban Missile Crisis)でソ連との核戦争の危機になった。

 自由と民主主義はアメリカが非常に大切にしている理念であるが、アメリカ国内では相変わらず、ヨーロッパ系白人によるアフリカ系、アジア系への差別が続いていた。1960年代にはマーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師(Martin Luther King, Jr.)による黒人差別撤廃を訴える公民権運動が盛り上がり、リンドン・ジョンソン(Lyndon Johnson)大統領の時代の1964年に差別を禁止する公民権法が制定された。

 1989年に冷戦が終結し、アメリカを中心とする西側諸国の制度が普遍化し、東欧諸国の民主化が進み、1991年にはソビエト連邦が崩壊し、アメリカ合衆国が世界最強の超大国として、世界で最も影響力のある国となった。一方、中東ではクウェートを侵略したイラクに対して、アメリカを中心とする多国籍軍が攻撃する湾岸戦争が1991年に発生し、圧倒的な軍事力を見せつけた。

 アメリカは世界の最強国として「世界の警察」の役割を担う一方、立場が異なる国からは強い反発も買い、グローバルスタンダードとして世界にアメリカ基準を押し付けるやり方に、世界各地で反米感情も醸成されていった。

 2001年にニューヨークの世界貿易センタービルにテロリストによってハイジャックされた旅客機が突っ込んだアメリカ同時多発テロ事件が発生し、ジョージ・W・ブッシュ(George W. Bush)大統領はテロを起こした組織とされるアルカイダをかくまったアフガニスタンのタリバン政権を倒すため、アフガニスタンに侵攻。「テロとの戦い」を掲げ、大量破壊兵器開発の疑惑があるとしてイラクにも侵攻した。これらの強引な軍事的侵攻は、アフガニスタンやイラクの国内を混乱させ、確かに反米独裁政権が倒され、民主的な政権ができたとしても、米軍の一般市民を巻き込む戦争行為に、結局イスラム圏の反米感情の高まりを招くことになり、アメリカの国際的信用を失墜させる結果となった。2009年にブッシュ政権が下野し、アメリカ初の黒人大統領であるバラク・オバマ(Barack Obama)大統領が就任し、イスラム社会の対米感情は改善された。

 アメリカの事実上の公用語は英語(アメリカ式英語)であるが、国民は世界各地からの移民により、極めて多民族となっている。アメリカ先住民は、ヨーロッパ人から見て茶褐色のインド人に見えたことから、長年「インディアン」(Indian)と呼ばれた。近年はアメリカ先住民という意味を込めて「ネイティヴ・アメリカン」(Native American)へと呼び換えが進んでいる。但し、「ネイティヴ・アメリカン」はハワイ先住民のハワイ人や、アラスカ先住民のエスキモーも含まれる。「ネイティヴ・アメリカン」のうち、アメリカのインディアンにあたる民族は約250万人で、アメリカ合衆国の人口の約1%弱を占める。そのうちナバホ族が最大で、アリゾナ州やニューメキシコ州に保留地がある。そのほか、チェロキー族、チョクトー族、スー族、チペア族、アパッチ族、ラムビー族、イロコイ族などがアメリカ合衆国に住み、特にカリフォルニア州、アリゾナ州、オクラホマ州に多く住み、特にオクラホマ州はインディアンの部族が移住させられた歴史があり、その結果、インディアンの人口比率が高い。

 アメリカの多数派にあたるのが白人系で約72%を占める。英語を話すので、イギリス系の移民が多いように思われるが、実際にはイングランド系アメリカ人は約9%で、ウェールズやスコットランドなどを含むイギリス系アメリカ人は約13%である。そのほか多いのはドイツ系が約17%、アイルランド系が約12%。また、中南米のスペイン語系の移民であるヒスパニック(Hispanic)系が約19%、アフリカ系黒人が約13%、アジア系が約5%となっている。アジア系は中国系やインド系、韓国系、台湾系が多く、日系人もいる。これら、世界中の民族が国の中で混在しているが、細かく見れば都市の中でマイノリティーのコミュニティーもあり、そのコミュニティーでは英語以外にもその民族の言語が話されている。また、このほか統計でははっきりしないが、ユダヤ系も500万人以上住んでおり、イスラエルの人口に匹敵する。そのためか、

 英語は、イギリスのイングランドが発祥であるが、アメリカ合衆国の事実上の公用語になっている。イギリスはかつて大英帝国として北アメリカ、アフリカ、インド、オーストラリア等を支配し、世界各地を植民地支配したことによって、世界に英語が広まり、さらに英語を公用語とするアメリカ合衆国が世界最強の超大国になったことから、世界各国で英語教育が広まり、英語が実質的な世界で最も通用する国際語に成長し、最も学習される外国語となっている。しかしながら、英語は最も通用する国際語であるとはいえ、外国人にとっては学びにくい言語であることは確かである。なぜ学びにくいのかといえば、その最大の理由が綴りと発音が一致せず、発音規則や綴りに一貫性がないことである。英語はアルファベット26文字で表記され、そのうち母音はa、e、i、o、uであるが、曖昧なア(ə)や、アとエの中間音(æ)など、頻繁に使う発音で該当する文字がないものが多い。そのため、英語は綴りと発音をセットで覚える必要があり、外国人にとっては決して学びやすい言語とはいえない。しかし、それでも英語が国際語になったのは、イギリスやアメリカの世界的影響力、政治力による結果だといえる。

  また、日本人にとっては、英語は文法や語順が大きく異なることから、習得が難しく、英語を苦手に感じる人が多い。日本でも「コミュニケーション」(communication)や「ミュージック」(music)、「ラブソング」(love song)のように、英語をもとにした外来語がたくさんあるが、日本語は子音で終わる発音がなく、母音もアイウエオしかないことから、英語の曖昧な音が表記できず、綴りにも影響されて実際の英語発音とはかなり異なる場合が多い。

 また、イギリス英語とアメリカ英語も、意思疎通は問題ないが、発音や綴りにある程度の違いがある。有名なのが、中央という意味の「センター」の綴りが、アメリカ英語は「center」であるが、イギリス英語は「centre」となる。また、語彙も習慣的にいろいろ違いがあり、サッカーはアメリカ英語は「soccer」(サッカー)であるが、イギリス英語では「football」(フットボール)となる。地下鉄はアメリカ英語では「subway」(サブウェイ)だが、イギリス英語では「tube」(チューブ)や「underground」(アンダーグラウンド)という。

 そのほか、メキシコと接するニューメキシコ州、カリフォルニア州、テキサス州、アリゾナ州などではスペイン語の話者も多い。

 アメリカの首都はワシントンD.C(Washington, D.C.)で、正式にはワシントン・コロンビア特別区(Washington, District of Columbia)と呼ぶ。大統領官邸(ホワイトハウス/White House)、連邦議会(United States Congress)、連邦最高裁判所(Supreme Court of the United States)などの首都機能が集まっているが、首都のために設計した人工都市であるため、人口は約60万人で、都市の規模は大きくない。

 アメリカ最大の都市は、アメリカ東部のニューヨーク州にあるニューヨーク(New York)で、人口約820万人。ウォール街(Wall Street)に代表される世界の金融の中心であり、市内には超高層ビルが建ち並び、国際的なファッションの発信地になっており、世界の多くの人々が憧れる都市である。ニューヨークの自由の女神像(Statue of Liberty)は、自由と民主主義のアメリカ合衆国の象徴となっている。ニューヨークには、国連本部も置かれている。

 そのほか、アメリカの主要都市は、カリフォルニア州のロサンゼルス(Los Angeles)380万人、イリノイ州のシカゴ(Chicago)270万人、テキサス州のヒューストン(Houston)210万人、ペンシルベニア州のフィラデルフィア(Philadelphia)153万人、アリゾナ州のフェニックス(Phoenix)145万人、テキサス州のサンアントニオ(San Antonio)133万人、カリフォルニア州のサンディエゴ(San Diego)131万人、テキサス州のダラス(Dallas)120万人、カリフォルニア州のサンホセ(San Jose)95万人などがある。

 アメリカ合衆国の政治は、州にそれぞれ議会があり、大幅な地方自治の権限が認められている。国全体のテーマについては、首都ワシントンD.C.のアメリカ合衆国議会(連邦議会/United States Congress)が国会の役割を果たしている。連邦議会は上院(United States Senate)と下院(United States House of Representatives)の二院制で、日本の参議院にあたる上院は各州2議席の定数100議席で、2年ごとに3分の1の議席が改選される。衆議院にあたる下院は435議席で人口比によって選挙区が分かれ、小選挙区制で2年ごとに全議員改選される。国家元首である大統領(Prsident)は4年1回選挙ああり、最大で2期8年務めることができる。

 アメリカは政権交代可能な二大政党制が定着している。大まかには、リベラルから中道左派を支持基盤とする民主党(Democratic Party)と、中道右派の保守層や富裕層を支持基盤とする共和党(Republican Party)の支持基盤が拮抗している。太平洋戦争の時代は民主党政権で、フランクリン・ルーズベルト(Franklin Roosevelt)が1945年4月まで務め、ハリー・トルーマン(Harry Truman)が日本の都市の無差別空爆を続け、さらには原子爆弾を投下する命令を下し、日本の一般市民を大虐殺した。トルーマンは朝鮮戦争を経て、1953年まで務めた。

 次に共和党のドワイト・アイゼンハワー(Dwight Eisenhower)政権となり、ソ連の共産主義と対立する冷戦構造が固まった。1961年からは再び民主党政権となり、ジョン・F・ケネディ(John Fitzgerald Kennedy)はキューバ危機の際には衝突をうまく回避することに成功したがベトナム戦争で深みにはまっていった。ケネディ大統領暗殺により後を継いだリンドン・ジョンソン(Lyndon Johnson)は、人種差別をなくす公民権法を成立させるなど内政面では功績があったが、ベトナム戦争が泥沼化した。1969年から再び共和党政権となり、リチャード・ニクソン(Richard Nixon)は、ベトナム戦争の終結や、中華人民共和国との接近をはかった。ウォーターゲート事件の政治スキャンダルで2期目の任期途中で辞任し、ジェラルド・フォード(Gerald Ford)が後を継いだ。1977年に再び政権交代して民主党政権となり、ジミー・カーター(Jimmy Carter)は、1979年に中華人民共和国と国交を樹立した。

 1981年からは再び共和党になり、ロナルド・レーガン(Ronald Reagan)は「力による平和」戦略で反共政策を推進し、ドイツのベルリンの壁崩壊とソビエト連邦解体、東欧の民主化をもたらした。続くジョージ・H・W・ブッシュ(George Herbert Walker Bush)は、クウェートに侵攻したイラクに対してハイテク武器で空爆を行い、湾岸戦争となり、イラクを撃退した。1993年からは民主党のビル・クリントン(Bill Clinton)が8年務め、経済成長が加速する中国と接近した。 2001年からは、再び共和党政権となり、ジョージ・H・W・ブッシュの息子であるジョージ・W・ブッシュ(George Walker Bush)が就任した年にニューヨークで連続テロ事件が発生、テロリストとの戦いの名のもとにアフガニスタンやイラクに侵攻し、泥沼化した。2009年からは、民主党のバラク・オバマ(Barack Obama)がアメリカ初の黒人系大統領となり、イラクからの撤兵を進め、アラブ社会とアメリカの和解が進んだ。

 アメリカは、自由な社会であるが、銃の規制が緩く、銃による凶悪犯罪が多いことが、治安面での課題となっている。そのほか、日米関係については、日本とは日米安保条約を結び、日本国内にアメリカ軍基地が置かれ、日本の防衛に協力しているが、基地が過度に沖縄に集中していることや、米兵の日本国内での犯罪に対して治外法権的な状態となっている日米地位協定など、日米間の課題もある。

 アメリカは自由と民主主義の社会がアイデンティティーであり、非常にマスメディアが発達している。新聞メディアは「ニューヨーク・タイムズ」(The New York Times)、「ワシントン・ポスト」(The Washington Post)、「ウォール・ストリート・ジャーナル」(The Wall Street Journal)、「USAトゥデイ」(USA Today)などがあり、テレビは「ABC」「CBS」「NBC」の三大ネットワークや、「CNN」「FOXニュース」などのニュースチャンネルも影響力がある。ニュース雑誌は「ニューズ・ウィーク」(Newsweek)、「タイム」(TIME)などがある。

 アメリカは、先進的な研究開発を通じて、常に世界に新しいものを提供し、世界をリードしてきた。自動車や航空機、コンピューター、インターネット、スマートフォンなど、これら時代を先取りするイノベーション能力の高さが、国際競争における優位性を高め、先進国の地位を築いた。また、圧倒的な軍事技術の高さと軍事力の強さにより、世界の警察の役割も果たし、特に中国やロシアに対する効果的な抑止力が日本や韓国、台湾、ヨーロッパなどの防衛に寄与している。また、宇宙開発も先進的で、月への上陸やアメリカ航空宇宙局(NASA)を通じたロケット打ち上げや研究が盛んに行われている。

 アメリカは英語文化圏の発信基地としての役割を担い、世界的な流行を生み出している。カントリーミュージックやブルーグラス、ジャズ、ロックンロール、ヒップホップなど、常に新しいジャンルを生み出し、世界中に広がった。映画産業も盛んで、大がかりなアクションが刺激的なハリウッド映画や、ミッキーマウスをはじめとするアニメキャラクターが子どもたちに夢を与えるディズニー映画などが国際的に人気がある。スポーツは、野球(Base Ball)や、アメリカンフットボール、バスケットボール、アイスホッケー、プロレス、ゴルフなどが特に人気があり、世界各国に影響を与えている。食文化は、ハンバーガーが象徴的なアメリカ料理として知られ、「マクドナルド」(McDonald's)やコーラ(Cola)は世界中で愛されている。

アメリカ合衆国
United States of America(英語)
(1776年、イギリスより独立)
面積:937.3万平方キロ
人口:3億1466万
通貨:米ドル
主要言語:英語、(スペイン語、フランス語、ハワイ語、アメリカ・インディアン諸語)
首都:ワシントンD.C./Washington, D.C.(英語)(人口57万)

(参考:Wikipediaほか)
 

ドルジバツアー ホームページ
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 海外情報

米国ニューヨーク・世界貿易センター 911テロ事件から10年

New York・World Trade Center
ニューヨーク・ワールド トレード センター(英語)

アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市マンハッタン区
Borough of Manhattan, New York City, State of New York, United States of America

米国ニューヨーク・世界貿易センター 911テロ事件から10年

 アメリカ合衆国の最大の都市、ニューヨーク(New York)市の中心部、マンハッタン(Manhattan)区のマンハッタン島ハドソン川(Hudson River)河口近くは、高層ビルが立ち並び、世界の金融の中心となっている。

 そのなかでも、世界貿易センター(ワールド トレード センター/World Trade Center)ビルはマンハッタンの象徴的存在であった。世界貿易センタービルは高さ417m、110階建てのツインタワーで、1973年に竣工した。設計はシアトル出身の日系米国人、ミノル・ヤマサキ(山崎實)氏で、完成時は世界一の高さを誇るビルだった。

 同ビルの展望台は、ニューヨークの代表的な観光名所となり、展望台からはニューヨークの市街地が一望でき、ハドソン川や自由の女神(Statue of Liberty)、東川(イースト・リバー/East River)に架かるブルックリン橋(Brooklyn Bridge)やマンハッタン橋(Manhattan Bridge)が見渡せた。

 世界貿易センタービルはハドソン川近くを南北に走る西通り(ウエスト ストリート/West Street)の東、自由通り(リバティ ストリート/Liberty Street)の北、教会通り(チャーチ ストリート/Church Street)の西、ヴェセイ通り(Vesey Street)の南にあり、1WTC(北棟/ノースタワー/North Tower)、2WTC(南棟/サウスタワー/South Tower)のほか、3WTC(マリオットホテル)、4WTC、5WTC、6WTC(先物取引場、米国関税局等)、7WTCなど7棟のビル群からなるオフィス・商業エリアを形成していた。

 2001年9月11日、アメリカ合衆国および世界を震撼させた同時多発テロ事件が発生し、ニューヨークの繁栄の象徴だった世界貿易センタービルのツインタワーが2棟とも崩れ去った。「911テロ事件」から10年が経過したことから、ここで改めて事件を振り返ってみたい。

 米国東部時間の11日午前7時50分過ぎにボストン(Boston)空港を出発したロサンゼルス(Los Angels)行きのアメリカン航空11便がハイジャックされ、同午前8時46分(日本時間21時46分)にニューヨークの世界貿易センタービル北棟の94~98階に衝突した。

 このニュースは世界各国で速報が入り、日本のNHKなどのテレビ局はニューヨーク支局から生中継を始めた。今から振り返れば、私はこのニュースの第一報を聞いたときには、テレビ局などの中継用の飛行機が操作を誤ってビルに突っ込んでしまったのではないかと想像したが、まさかハイジャックされた旅客機だったとは思わなかった。

 世界貿易センタービル北棟から黒い煙が上がる映像が中継され、その映像を背景にニュースキャスターが話していたとき、何やら黒い影が通り、ビルから大きな爆発の炎が上がった。南棟にも飛行機が突っ込んだのだ。このとき、テロ事件であると私も含め多くの人が確信した。

 2機目は、ボストンを午前8時過ぎに出発したロサンゼルス行きのユナイテッド航空175便で、1機目と同様にハイジャックされ、ニューヨークへ向かい、午前9時03分(日本時間22時03分)に世界貿易センタービルの南棟の78~84階に突っ込んだ。

 事件はそれだけでは終わらなかった。さらに3機目がハイジャックされていた。ワシントンDC(Washingyon D.C.)を8時20分頃に出発したロサンゼルス行きのアメリカン航空77便が、午前9時38分にヴァージニア州(Commonwealth of Virginia)アーリントン(Arlington)にあるアメリカ合衆国国防総省(United States Department of Defense)の「ペンタゴン」(Pentagon)と呼ばれる五角形の庁舎に突っ込んだ。そのほか、4機目のニューヨークのニューアーク(Newark)空港を午前8時40分過ぎに出発したサンフランシスコ(San Francisco)行きユナイテッド航空93便がハイジャックされ、米大統領官邸のホワイトハウス(White House)か、アメリカ合衆国国会議事堂(United States Capitol)を目標にしていたとみられているが、ペンシルベニア州(Commonwealth of Pennsylvania)に墜落した。

 当時、NHKでは同連続多発テロ事件のニュースでニューヨーク支局との中継が続けられていたが、世界貿易センタービルの南棟が午前9時59分にものすごい煙を上げながら崩壊した。続いて北棟も午前10時28分に崩壊した。燃料をたっぷり積んでいた飛行機が炎上し、建物が耐えられなくなったらしい。これによりまだビルに残っていた人や、救出に向かっていた消防隊員などが多数巻き込まれ、死亡した。さらにはツインタワーの崩壊により、周りの3WTC~7WTCのビル群もほぼ全壊する事態となった。911テロ事件の犠牲者は、米国側の発表によると合計で2973人で、ハイジャックされた飛行機4機の乗客・乗員が246人、ペンタゴンでの犠牲者が125人で、世界貿易センタービルは2606人が犠牲になった。

 当時を振り返ると、私はこのときテレビ中継を見ていたが、まさかビル全体が崩れ去るとは想像もしていなかったので、恐ろしくなって、その夜は眠ることができなかった。そのときのことをはっきり覚えているが、あれから10年が経過したとは時の流れの早さを実感する。テロ事件の悲惨さを改めて感じたと同時に、この事件の背景にあるアメリカへの不満、イスラム系との対立・差別の問題など、問題を解決し、平和を達成するのがいかに難しいかということも考えさせられる。

 アメリカ合衆国のジョージ・ブッシュ(George W. Bush)大統領は非常事態宣言を発し、アメリカのすべての空港を封鎖した。その後、ハイジャックによるテロ犯がアラブ系であることが特定され、ウサマ・ビンラディンをリーダーとする「アルカイダ」グループによる犯行であると断定した。ビンラディン氏は当時アフガニスタンに潜伏していたが、当時のアフガニスタンのタリバン政権がビンラディン氏らの米国への引き渡しを拒否したことから、後に米国によるアフガニスタンへの軍事攻撃という報復へとつながり、米国はイラクも攻撃を始め、ブッシュ大統領の下で戦争のドロ沼にはまっていくことになる。ウサマ・ビンラディンは2011年5月に米国軍によってパキスタン内で殺害されたが、これで問題の根本が解決したと思っている人は少ない。

 世界貿易センタービル跡地は、がれきの山となり、米国では爆心地を意味する「グラウンド・ゼロ」(ground zero)と呼ばれた。跡地には十字架の形をした鉄骨が「鉄骨の十字架」として、慰霊の場となった。しかしながら、1年経つとがれきはすっかり撤去され、再建計画が立てられ、その復興の象徴となるビルは「フリーダム・タワー」(Freedom Tower)と呼ばれるようになった。再建されるビルの高さはアメリカ合衆国独立の1776年にちなみ1776フィート(541m、108階建て)とされることが決まった。

 再建計画では、旧世界貿易センタービルのツインタワーの形式はとられず、最も高い1776フィートのビルは「1世界貿易センター」(1ワールド トレード センター/One World Trade Center)という名称が決定し、その周辺のビル群も2004年から着工された。一番先に完成したのは52階建ての「7世界貿易センター」ビルで2006年に竣工した。メインの「1世界貿易センター」ビルは2013年の竣工予定で、そのほかタワー2~タワー5も2015年までに完成予定となっている。

(参考:Wikipedia)

wtc2
ニューヨーク・世界貿易センタービル

wtc5
自由の女神像と世界貿易センタービル

wtc4
世界貿易センタービルのツインタワー

wtc1
世界貿易センタービルから見たイーストリバーに架かる橋

wtc3
世界貿易センタービル(南棟)から見たニューヨークの市街地

wtc9
911テロ事件を伝えるニュース

wtc8
911テロ事件を伝えるニュース

ドルジバツアー ホームページ
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

アメリカ合衆国主要都市人口

United States of America
ユナイテッド・ステイツ・オヴ・アメリカ(英語)
アメリカ合衆国

アメリカ合衆国主要都市人口
(参考Wikipedia)

1位~10位
836万 New York/ニューヨーク (ニューヨーク州)
383万 Los Angels/ロサンゼルス (カリフォルニア州)
285万 Chicago/シカゴ (イリノイ州)
224万 Houston/ヒューストン (テキサス州)
156万 Phoenix/フェニックス (アリゾナ州)
154万 Philadelphia/フィラデルフィア (ペンシルベニア州)
135万 San Antonio/サンアントニオ (テキサス州)
128万 Dallas/ダラス (テキサス州)
128万 San Diego/サンディエゴ (カリフォルニア州)
95万 San Jose/サンノゼ (カリフォルニア州)

11位~20位
91万 Detroit/デトロイト (ミシガン州)
81万 San Francisco/サンフランシスコ (カリフォルニア州)
81万 Jacksonville/ジャクソンビル (フロリダ州)
80万 Indianapolis/インディアナポリス (インディアナ州)
76万 Austin/オースティン (テキサス州)
75万 Columbus/コロンバス (オハイオ州)
70万 Fort Worth/フォートワース (テキサス州)
69万 Charlotte/シャーロット (ノースカロライナ州)
67万 Memphis/メンフィス (テネシー州)
64万 Boston/ボルチモア (メリーランド州)

21位~30位
62万 Boston/ボストン (マサチューセッツ州)
61万 El Paso/エルパソ (テキサス州)
60万 Milwaukee/ミルウォーキー (ウィスコンシン州)
60万 Denver/デンヴァー (コロラド州)
60万 Seattle/シアトル (ワシントン州)
60万 Nashville/ナッシュヴィル (テネシー州)
59万 Washington/ワシントン (コロンビア特別区)
56万 Las Vegas/ラスヴェガス (ネバダ州)
56万 Portland/ポートランド (オレゴン州)
56万 Louisville/ルイヴィル (ケンタッキー州)

31位~40位
55万 Oklahoma City/オクラホマシティ (オクラホマ州)
54万 Tucson/ツーソン (アリゾナ州)
54万 Atlanta/アトランタ (ジョージア州)
52万 Albuquerque/アルバカーキ (ニューメキシコ州)
48万 Kansas City/カンザスシティ (ミズーリ州)
48万 Fresno/フレズノ (カリフォルニア州)
46万 Sacramento/サクラメント (カリフォルニア州)
46万 Long Beach/ロングビーチ (カリフォルニア州)
46万 Mesa/メサ (アリゾナ州)
44万 Omaha/オマハ (ネブラスカ州)

41位~50位
43万 Cleneland/クリーブランド (オハイオ州)
43万 Virginia Beach/ヴァージニアビーチ (バージニア州)
41万 Miami/マイアミ (フロリダ州)
40万 Oakland/オークランド (カリフォルニア州)
39万 Raleigh/ローリー (ノースカロライナ州)
39万 Tulsa/タルサ (ノースカロライナ州)
38万 Minneapolis/ミネアポリス (ミネソタ州)
38万 Colorado Springs/コロラドスプリングス (コロラド州)
37万 Honolulu/ホノルル (ハワイ州)
37万 Arlington/アーリントン (テキサス州)

ドルジバツアー ホームページ
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 海外情報

アメリカ大陸各国情報 北米その7(米国アラスカ、ハワイ、離島)

United States of America
ユナイテッド・ステイツ・オヴ・アメリカ(英語)
アメリカ合衆国

アメリカ大陸各国情報 北米その7(米国アラスカ、ハワイ、離島)

(参考:Wikipedia)

アメリカ合衆国
United States of America(英語)
(1776年、イギリスより独立)
面積:937.3万平方キロ
人口:3億1466万
通貨:米ドル
主要言語:英語、(スペイン語、フランス語、ハワイ語、アメリカ・インディアン諸語)
首都:ワシントンD.C./Washington, D.C.(英語)(人口57万)

アラスカ州
State of Alaska(英語)
米国加入年:1959年
面積:171.8万平方キロ
人口:65万
主要言語:英語、(ユピック語、イヌピアク語、アレウト語など)
州都:ジュノー/Juneau(英語)(人口3万)
最大都市:アンカレッジ/Anchorage(英語)(人口28万)

ハワイ州
Moku‘āina ‘o Hawai‘i(ハワイ語)
State of Hawaii(英語)
ハワイ州(日本語)
(1898年、アメリカがハワイを併合、1959年に州に昇格)
面積:2.8万平方キロ
人口:126万
主要言語:英語、ハワイ語、(日本語)
首府:ホノルル/Honolulu(ハワイ語、英語)(人口37万)

プエルトリコ米国自治連邦区(プエルト・リコ)
Estado Libre Asociado de Puerto Rico(スペイン語)
Commonwealth of Puerto Rico(英語)
(1898年、スペインから米国に編入)
面積:0.9万平方キロ
人口:396万
通貨:米ドル
主要言語:スペイン語、英語
首府:サン・フアン/San Juan(スペイン語)(人口43万)

米領ヴァージン諸島
United States Virgin Islands(英語)
面積:0.04万平方キロ
人口:12万
通貨:米ドル
主要言語:英語、パトワ・フランス語
首府:シャーロット・アマリー/Charlotte Amalie(英語)(人口2万)

グアム
Guåhån(チャモロ語)
Guam(英語)
(1898年アメリカに割譲、米国自治領)
面積:0.05万平方キロ
人口:16万
通貨:米ドル
主要言語:英語、チャモロ語、(日本語、タガログ語)
首府:
ハガッニャ/Hagåtña(チャモロ語)
アガナ/Agana(人口0.1万)

北マリアナ諸島米国自治連邦区(サイパン)
Sankattan Siha Na Islas Mariånas(チャモロ語)
Commonwealth of the Northern Mariana Islands(英語)
(1914~1945日本委任統治、1945~米国属領)
面積:0.05万平方キロ
人口:8万
通貨:米ドル
主要言語:英語、チャモロ語、(カロリン語、日本語)
首府:ススペ/Susupe(チャモロ語)(人口0.2万)

アメリカ領サモア
Territory of American Samoa(英語)
Amerika Sāmoa(サモア語)
面積:0.02万平方キロ
人口:7万
通貨:米ドル
主要言語:英語、サモア語
首府:パゴパゴ/Pago Pago(サモア語、英語)(人口1万)

ドルジバツアー ホームページ
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 海外情報

アメリカ大陸各国情報 北米その6(アメリカ合衆国西部)

United States of America
ユナイテッド・ステイツ・オヴ・アメリカ(英語)
アメリカ合衆国

アメリカ大陸各国情報 北米その6(アメリカ合衆国西部)

(参考:Wikipedia)

アメリカ合衆国
United States of America(英語)
(1776年、イギリスより独立)
面積:937.3万平方キロ
人口:3億1466万
通貨:米ドル
主要言語:英語、(スペイン語、フランス語、ハワイ語、アメリカ・インディアン諸語)
首都:ワシントンD.C./Washington, D.C.(英語)(人口57万)

モンタナ州
State of Montana(英語)
米国加入年:1889年
面積:38.0万平方キロ
人口:92万
主要言語:英語
主な先住民:ブラックフット族、北シャイアン族、アニシボイン族、スー族、チッペワ族、クロウ族
州都:ヘレナ/Helena(英語)(人口3万)

ワイオミング州
State of Wyoming(英語)
米国加入年:1890年
面積:25.3万平方キロ
人口:50万
主要言語:英語
主な先住民:北アラパホー族、ショーショーニー族
州都:シャイアン/Cheyenne(英語)(人口5万)

コロラド州
State of Colorado(英語)
米国加入年:1876年
面積:27.0万平方キロ
人口:455万
主要言語:英語、(スペイン語)
主な先住民:ユテ族
州都:デンヴァー/Denver(英語)(人口55万)

ニューメキシコ州
State of New Mexico(英語)
Estado de Nuevo México(スペイン語)
米国加入年:1912年
面積:31.5万平方キロ
人口:197万
主要言語:英語、スペイン語
主な先住民:プエブロ族、アパッチ族、ナバホ族
州都:サンタフェ/Santa Fe(スペイン語、英語)(人口6万)
最大都市:アルバカーキ/Albuquerque(スペイン語、英語)(人口48万)

アリゾナ州
State of Arizona(英語)
Hoozdoh Hahoodzo(ナバホ語)
米国加入年:1912年
面積:29.5万平方キロ
人口:558万
主要言語:英語、(スペイン語、ナバホ語)
主な先住民:ナバホ族、アパッチ族、ホピ族、パパゴ族
州都:フェニックス/Phoenix(英語)(人口146万)

ユタ州
State of Utah(英語)
米国加入年:1896年
面積:22.0万平方キロ
人口:24万
主要言語:英語
主な先住民:ユテ族、パイユート族、ゴシュート族
州都:ソルトレイクシティ/Salt Lake City(英語)(人口18万)

アイダホ州
State of Idaho(英語)
米国加入年:1890年
面積:21.6万平方キロ
人口:137万
主要言語:英語
主な先住民:クーテネイ族、ネ・ぺルセ族、ショーショーニー族、バンノック族、クーダレン族
州都:ボイシ/Boise(英語)(人口20万)

ワシントン州
State of Washington(英語)
米国加入年:1889年
面積:18.5万平方キロ
人口:613万
主要言語:英語
主な先住民:マカー族、上スカギット族、ス・クララム族、ネ・ペルセ族、ヤカマ族、スノクアルミー族、ピュヤラップ族、クイノールト族、チュラリップ族など
州都:オリンピア/Olympia(英語)(人口4万)
最大都市:シアトル/Seattle(英語)(人口58万)

オレゴン州
State of Oregon(英語)
米国加入年:1859年
面積:25.5万平方キロ
人口:356万
主要言語:英語
主な先住民:シャスタ族、クラマス族、パイユート族、シウスロー族、ユーマティラ族、コクウィル族など
州都:セイラム/Salem(英語)(人口15万)
最大都市:ポートランド/Portland(英語)(人口56万)

ネバダ州
State of Nevada(英語)
米国加入年:1864年
面積:28.6万平方キロ
人口:224万
主要言語:英語、(スペイン語)
主な先住民:パイユート族、ショーショーニー族、ヨンバ族、ワショー族
州都:カーソンシティ/Carson City(英語)(人口5万)
最大都市:ラスヴァファス/Las Vegas(スペイン語、英語)(人口59万)

カリフォルニア州
State of California(英語)
Estado de California(スペイン語)
米国加入年:1850年
(1821年メキシコ、1846年カリフォルニア共和国独立宣言、1850年米国に併合)
面積:42.4万平方キロ
人口:3548万
主要言語:英語、スペイン語、(タガログ語、中国語、ベトナム語、韓国語)
主な先住民:ミッションインディアン、ウィントゥン族、カフイラ族、クメヤーイー族、トロワ族、パイユート族、アチョマウィ族、ポモ族、マイドゥ族、ミウォク族、モノ族
州都:サクラメント/Sacramento(英語)(人口46万)
最大都市:ロサンゼルス/Los Angeles(英語)(人口385万)

ドルジバツアー ホームページ
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 海外情報

アメリカ大陸各国情報 北米その5(アメリカ合衆国中北部)

United States of America
ユナイテッド・ステイツ・オヴ・アメリカ(英語)
アメリカ合衆国

アメリカ大陸各国情報 北米その5(アメリカ合衆国中北部)

(参考:Wikipedia)

アメリカ合衆国
United States of America(英語)
(1776年、イギリスより独立)
面積:937.3万平方キロ
人口:3億1466万
通貨:米ドル
主要言語:英語、(スペイン語、フランス語、ハワイ語、アメリカ・インディアン諸語)
首都:ワシントンD.C./Washington, D.C.(英語)(人口57万)

ケンタッキー州
Commonwealth of Kentucky(英語)
米国加入年:1792年
面積:10.5万平方キロ
人口:412万
主要言語:英語
主な先住民:チェロキー族
州都:フランクフォート/Frankfort(英語)(人口4万)
最大都市:ルイヴィル/Louisville(英語)(人口70万)

テネシー州
State of Tennessee(英語)
米国加入年:1796年
面積:10.9万平方キロ
人口:584万
主要言語:英語
主な先住民:チェロキー族
州都:ナッシュヴィル/Nashville(英語)(人口58万)
最大都市:メンフィス/Memphis(英語)(人口68万)

アラバマ州
State of Alabama(英語)
米国加入年:1819年
面積:13.6万平方キロ
人口:450万
主要言語:英語
主な先住民:クリーク族
州都:モンゴメリー/Montgomery(英語)(人口20万)

ミシシッピ州
State of Mississippi(英語)
米国加入年:1817年
面積:12.5万平方キロ
人口:292万
主要言語:英語
主な先住民:チョクトー族、ナチェス族
州都:ジャクソン/Jackson(英語)(人口18万)

ルイジアナ州
State of Louisiana(英語)
État de Louisiane(フランス語)
米国加入年:1812年
(フランス領ルイジアナから1812年米国に併合)
面積:13.4万平方キロ
人口:450万
主要言語:英語、フランス語
主な先住民:チュニカ・ビロキシー族、コウシャッタ族、チティマチャ族、チョクトー族、
州都:バトンルージュ/Bâton-Rouge(英語・フランス語)(人口23万)
最大都市:
ニューオーリンズ/New Orleans(英語)
ラ・ヌーヴェルオフレアン/La Nouvelle-Orléans(フランス語)(人口48万)

アーカンソー州
State of Arkansas(英語)
米国加入年:1836年
面積:13.8万平方キロ
人口:273万
主要言語:英語、(スペイン語)
主な先住民:チェロキー族
州都:リトルロック/Little Rock(英語)(人口19万)

ミズーリ州
State of Missouri(英語)
米国加入年:1821年
面積:18.0万平方キロ
人口:570万
主要言語:英語
主な先住民:東ショーニー族、チェロキー族
州都:ジェファーソンシティ/Jefferson City(英語)(人口4万)
最大都市:カンザスシティ/Kansas City(英語)(人口45万)

カンザス州
State of Kansas(英語)
米国加入年:1861年
面積:21.3万平方キロ
人口:271万
主要言語:英語
主な先住民:キカプー族、ポタワトミ族、サック族、アイオワ族
州都:トピカ/Topeka(英語)(人口23万)

オクラホマ州
State of Oklahoma(英語)
米国加入年:1907年
(19世紀はじめにインディアン準州、1890年オクラホマ準州成立、1907年に米国に併合)
面積:18.1万平方キロ
人口:355万
主要言語:英語、(チェロキー語)
主な先住民:チェロキー族、チョクトー族、クリーク族、チカソー族、アラバマ・コウシャッタ族、コマンチ族、アパッチ族、ウィチタ族、ポンカ族、シャイアン族、カドー族、カイオワ族、ムスコギー族、マイアミ族、ショーニー族、セミノール族、キカプー族、サック族など
州都:オクラホマシティ/Oklahoma City(英語)(人口54万)

テキサス州
State of Texas(英語)
Estado de Texas(スペイン語)
米国加入年:1845年
(1836年メキシコからテキサス共和国独立、1845年米国に併合)
面積:69.6万平方キロ
人口:2212万
主要言語:英語、スペイン語
主な先住民:キカプー族、アラバマ・コウシャッタ族、ティグア族、リパン・アパッチ族
州都:オースティン/Austin(英語)(人口69万)
最大都市:ヒューストン/Houston(英語)(人口195万)

ドルジバツアー ホームページ
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 海外情報

アメリカ大陸各国情報 北米その4(アメリカ合衆国中北部)

United States of America
ユナイテッド・ステイツ・オヴ・アメリカ(英語)
アメリカ合衆国

アメリカ大陸各国情報 北米その4(アメリカ合衆国中北部)

(参考:Wikipedia)

アメリカ合衆国
United States of America(英語)
(1776年、イギリスより独立)
面積:937.3万平方キロ
人口:3億1466万
通貨:米ドル
主要言語:英語、(スペイン語、フランス語、ハワイ語、アメリカ・インディアン諸語)
首都:ワシントンD.C./Washington, D.C.(英語)(人口57万)

オハイオ州
State of Ohio(英語)
米国加入年:1803年
面積:11.6万平方キロ
人口:1144万
主要言語:英語
主な先住民:ショーニー族
州都:コロンバス/Columbus(英語)(人口73万)

ミシガン州
State of Michigan(英語)
米国加入年:1837年
面積:25.0万平方キロ
人口:1008万
主要言語:英語
主な先住民:チッペワ・オジブワ族、ポタワトミ族、オッタワ族、オダワ族
州都:ランシング/Lansing(英語)(人口12万)
最大都市:デトロイト/Detroit(英語)(人口89万)

インディアナ州
State of Indiana(英語)
米国加入年:1816年
面積:9.4万平方キロ
人口:620万
主要言語:英語
主な先住民:マイアミ族、チェロキー族、メティス族、ショーニー族、ウェア族
州都:インディアナポリス/Indianapolis(英語)(人口80万)

イリノイ州
State of Illinois(英語)
米国加入年:1818年
面積:15.0万平方キロ
人口:1291万
主要言語:英語、(スペイン語)
主な先住民:チョクトー族、
州都:スプリングフィールド/Springfield(英語)(人口12万)
最大都市:シカゴ/Chicago(英語)(人口284万)

ウィスコンシン州
State of Wisconsin(英語)
米国加入年:1848年
面積:17.0万平方キロ
人口:547万
主要言語:英語
主な先住民:チッペワ・オジブワ族、メノミニー族、オナイダ族、モヒカン族
州都:マディソン/Madison(英語)(人口20万)

ミネソタ州
State of Minnesota(英語)
米国加入年:1858年
面積:22.5万平方キロ
人口:506万
主要言語:英語
主な先住民:チッペワ・オブジワ族、ダコタ・スー族
州都:セントポール/Saint Paul(英語)(人口29万)

アイオワ州
State of Iowa(英語)
米国加入年:1846年
面積:14.6万平方キロ
人口:294万
主要言語:英語
主な先住民:サック族、フォックス族
州都:デモイン/Des Moines(英語)(人口20万)

ネブラスカ州
State of Nebraska(英語)
米国加入年:1867年
面積:20.0万平方キロ
人口:174万
主要言語:英語
主な先住民:オマハ族、ダコタ・スー族、ウィンネバーゴ族
州都:リンカーン/Lincoln(英語)(人口23万)

サウスダコタ州
State of South Dakota(英語)
米国加入年:1889年
面積:20.0万平方キロ
人口:76万
主要言語:英語
主な先住民:スー族(ダコタ族、ナコタ族、ラコタ族)
州都:ピア/Pierre(英語)(人口1.3万)

ノースダコタ州
State of North Dakota(英語)
米国加入年:1889年
面積:18.3万平方キロ
人口:63万
主要言語:英語
主な先住民:ダコタ・スー族、マンダン族、ヒダーツァ族、アリカラ族、チッペワ族
州都:ビスマーク/Bismarck(英語)(人口6万)

ドルジバツアー ホームページ
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 海外情報

アメリカ大陸各国情報 北米その3(アメリカ合衆国北東部)

United States of America
ユナイテッド・ステイツ・オヴ・アメリカ(英語)
アメリカ合衆国

アメリカ大陸各国情報 北米その3(アメリカ合衆国北東部)

(参考:Wikipedia)

アメリカ合衆国
United States of America(英語)
(1776年、イギリスより独立)
面積:937.3万平方キロ
人口:3億1466万
通貨:米ドル
主要言語:英語、(スペイン語、フランス語、ハワイ語、アメリカ・インディアン諸語)
首都:ワシントンD.C./Washington, D.C.(英語)(人口57万)

ニューヨーク州
State of New York
米国加入年:1788年
面積:14.1万平方キロ
人口:1919万
主要言語:英語、(スペイン語、中国語、広東語、イタリア語)
主な先住民:イロコイ連邦(タスカローラ族、オナイダ族、モホーク族、オノンダーガ族、セネカ族、カユーガ族)
州都:オールバニ/Albany(英語)(人口10万)
最大都市:ニューヨーク/New York(英語)(人口831万)

メイン州
State of Maine(英語)
米国加入年:1820年
面積:9.2万平方キロ
人口:131万
主要言語:英語、(フランス語)
主な先住民:ミクマク族、マリシート族、ペノブスコット族、パサマクォディ族
州都:オーガスタ/Augusta(英語)(人口2万)

ニューハンプシャー州
State of New Hampshire(英語)
米国加入年:1788年
面積:2.4万平方キロ
人口:129万
主要言語:英語、(フランス語)
主な先住民:アベナキ族、ペンナコック族
州都:コンコード/Concord(英語)(人口4万)

バーモント州
State of Vermont(英語)
米国加入年:1791年
面積:2.5万平方キロ
人口:62万
主要言語:英語
主な先住民:アベナキ族
州都:モントピリア/Montpelier(英語)(人口1万)

マサチューセッツ州
Commonwealth of Massachusetts(英語)
米国加入年:1788年
面積:2.7万平方キロ
人口:643万
主要言語:英語
主な先住民:ワンパノアグ族、マサチューセッツ族
州都:ボストン/Boston(英語)(人口61万)

ロードアイランド州
The State of Rhode Island and Providence Plantations(英語)
米国加入年:1790年
面積:0.4万平方キロ
人口:108万
主要言語:英語
主な先住民:ナラガンセット族
州都:プロヴィデンス/Providence(英語)(人口18万)

コネティカット州
State of Connecticut(英語)
米国加入年:1788年
面積:1.4万平方キロ
人口:348万
主要言語:英語
州都:ハートフォード/Hartford(英語)(人口13万)

ペンシルベニア州
Commonwealth of Pennsylvania(英語)
米国加入年:1787年
面積:11.9万平方キロ
人口:1237万
主要言語:英語
州都:ハリスバーグ/Harrisburg(英語)(人口5万)
最大都市:フィラデルフィア/Philadelphia(英語)(人口152万)

ニュージャージー州
State of New Jersey(英語)
米国加入年:1787年
面積:2.3万平方キロ
人口:863万
主要言語:英語
州都:トレントン/Trenton(英語)(人口9万)
最大都市:ニューアーク/Newark(英語)(人口27万)

デラウェア州
State of Delaware(英語)
米国加入年:1787年
面積:0.6万平方キロ
人口:84万
主要言語:英語、(スペイン語)
主な先住民:レナペ・デラウェア族、ナンチコーク族
州都:ドーヴァー/Dover(英語)(人口3万)

メリーランド州
State of Maryland(英語)
米国加入年:1788年
面積:3.2万平方キロ
人口:562万
主要言語:英語
州都:アナポリス/Annapolis(英語)(人口4万)
最大都市:ボルティモア/Baltimore(英語)(人口64万)

ドルジバツアー ホームページ
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 海外情報

アメリカ大陸各国情報 北米その2(アメリカ合衆国東南部)

United States of America
ユナイテッド・ステイツ・オヴ・アメリカ(英語)
アメリカ合衆国

アメリカ大陸各国情報 北米その2(アメリカ合衆国東南部)

(参考:Wikipedia)

アメリカ合衆国
United States of America(英語)
(1776年、イギリスより独立)
面積:937.3万平方キロ
人口:3億1466万
通貨:米ドル
主要言語:英語、(スペイン語、フランス語、ハワイ語、アメリカ・インディアン諸語)
首都:ワシントンD.C./Washington, D.C.(英語)(人口57万)

ワシントンD.C.
Washington, District of Columbia(英語)
面積:0.02万平方キロ
人口:480万
主要言語:英語
市域:ワシントンD.C./Washington,D.C.(英語)(人口57万)

ヴァージニア州
Commonwealth of Virginia(英語)
米国加入年:1788年
面積:11.1万平方キロ
人口:739万
主要言語:英語
主な先住民:チッカホミニー族、パムンキー族
州都:リッチモンド/Richmond(英語)(人口19万)

ウェストヴァージニア州
State of West Virginia(英語)
米国加入年:1863年
面積:6.3万平方キロ
人口:181万
主要言語:英語
主な先住民:モネトン族、チェロキー族
州都:チャールストン/Charleston(英語)(人口5万)

ノースカロライナ州
State of North Carolina(英語)
米国加入年:1789年
面積:13.9万平方キロ
人口:841万
主要言語:英語
主な先住民:チェロキー族、ラムビー族
州都:ローリー/Raleigh(英語)(人口38万)
最大都市:シャーロット/Charlotte(英語)(人口67万)

サウスカロライナ州
State of South Carolina(英語)
米国加入年:1788年
面積:8.3万平方キロ
人口:415万
主要言語:英語
主な先住民:カタウバ族、ピーディー族、ナッチェス族
州都:コロンビア/Columbia(英語)(人口13万)

ジョージア州
State of Georgia(英語)
米国加入年:1788年
面積:15.4万平方キロ
人口:868万
主要言語:英語、(スペイン語)
主な先住民:チェロキー族、ムスコギー族
州都:アトランタ/Atlanta(英語)(人口42万)

フロリダ州
State of Florida(英語)
米国加入年:1845年
面積:17.0万平方キロ
人口:1702万
主要言語:英語、(スペイン語)
主な先住民:フロリダ・セミノール族、ミカズキ族、ムスコギー族
州都:タラハシー/Tallahassee(英語)(人口15万)
最大都市:ジャクソンヴィル/Jacksonville(英語)(人口78万)

ドルジバツアー ホームページ
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 海外情報

プロフィール

drughba

Author:drughba
日本国内・世界各国の行って面白かったところ、行ってみたいところ、興味深い都市、交通、地理、文化等。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード