愛知・高浜 三州瓦と高浜とりめし

高浜
たかはま

日本国愛知県高浜市

愛知・高浜 三州瓦と高浜とりめし

 高浜(たかはま)市は愛知(あいち)県中南部にある人口約5万人の市。北が刈谷(かりや)市、東が安城(あんじょう)市、南が碧南(へきなん)市、西が衣浦港を挟んで半田(はんだ)市と知多(ちた)郡の東浦(ひがしうら)町と接している。

 高浜市は、西三河の中心都市である刈谷市に接し、境川の河口から広がる衣浦港が三河国(みかわのくに)と尾張国(おわりのくに)の境となっており、対岸の知多半島は尾張側に属する。

 高浜市は、衣浦港の東に平野が広がり、良質な粘土が産出されることから窯業が盛んで、特に「瓦」は「三州瓦」(さんしゅうがわら)のブランドで知られている。

 高浜市には名古屋鉄道・三河線が通り、吉浜(よしはま)、三河高浜(みかわ たかはま)、高浜港(たかはまみなと)の各駅がある。名鉄三河線は、知立(ちりゅう)~刈谷~三河高浜~碧南(へきなん)を結んでおり、刈谷でJR東海道線か、知立で名鉄名古屋本線に乗り換えれば名古屋方面にも便利だ。

 三河高浜駅は、高浜市役所の最寄り駅で、高浜市の中心駅でもある。高浜港駅は、実際には港は1キロほど離れている。高浜港駅から西へ行くと、衣浦大橋のところに「瓦」をテーマにした「やきものの里 かわら美術館」があり、衣浦大橋を渡ると知多半島の半田市に抜けられる。

 東浦町のJR武豊線・東浦駅からは衣浦臨海鉄道碧南線の貨物線が高浜市内を通っている。この貨物線は衣浦港を鉄橋で渡り、中部電力碧南火力発電所の脱硫用の炭酸カルシウムと発電の際に精製される建材になる石炭灰(フライアッシュ)を輸送している。

 高浜市はこのほか、養鶏が盛んであり、「高浜とりめし」が郷土グルメとしてPRされている。

高浜エリアの主な駅

三河高浜 / みかわたかはま 駅
名古屋鉄道 三河線

mikawatakahama1.jpg
名鉄三河線・三河高浜駅

mikawatakahama2.jpg
三河高浜駅に到着する名鉄電車

mikawatakahama3.jpg
三河高浜駅

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 名古屋・愛知
ジャンル : 地域情報

愛知 名古屋・明道町新道 明道町新道の駄菓子問屋街

名古屋・明道町 新道
なごや・めいどうちょう しんみち

日本国愛知県名古屋市西区

愛知 名古屋・明道町新道 明道町新道の駄菓子問屋街

 明道町・新道(めいどうちょう・しんみち)は、名古屋(なごや)市の西(にし)区にある地区で、名古屋市営地下鉄・鶴舞線の浅間町(せんげんちょう)駅の南に位置する。

 この一帯は、かつては「明道町」(めいどうちょう)と呼ばれていたが、昭和56年(1981年)の町名変更で明道町の町名が消え、新道(しんみち)2丁目と那古野(なごの)2丁目の一部となった。公式な町名は消えたものの、明道町交差点や名古屋高速の明道町出入口および明道町JCT(ジャンクション)などの地名が残っている。

 明道町は、名古屋市の中でも特に下町情緒が残る地区で、那古野の円頓寺(えんどうじ)本町商店街は昭和ムードでいっぱいだ。そのから北へ、新道2丁目を歩いていくと、駄菓子屋問屋街があり、以前に比べて規模は小さくなったとはいえ、駄菓子屋の商店が並んでいる。

 ここは江戸時代に美濃路を通る人々に、疲れを癒すために、尾張(おわり)藩の下級武士が飴やせんべいを売るようになって駄菓子屋街が形成された。戦後、昭和23年(1948年)に「中京菓子玩具卸市場」が建てられ、周辺には菓子メーカーも集まり、名古屋は独特の「嫁入り菓子まき」文化があり大口の需要があったこともあり、駄菓子問屋街は日本最大規模となり、大いににぎわった。以前は路面電車が近くを通り、活気があったようだが、路面電車は昭和46年(1971年)に廃止され、さらには平成12年(2000年)に「中京菓子玩具卸市場」が閉鎖され、駄菓子問屋街は縮小した。

 新道に「マルカワのフーセンガム」で知られる丸川製菓があるほか、名古屋市西区には「クッピーラムネ」で知られるカクダイ製菓、「さくらんぼ餅」や「青リンゴ餅」で知られる共親製菓、チョコレートの名糖産業、「グリーン豆」や「花のくちづけ」で知られる春日井製菓など菓子メーカーが集中している。

 昭和の問屋市場の面影を色濃く残しているのが、明道町JCTのすぐ北、名古屋高速の東側にある「中央菓子卸売市場」で、古びたトタンの壁と山積みになった段ボールが昭和からの駄菓子問屋の味わいを感じる。さまざまな種類のお菓子が並んでいて、子どもの頃に食べた懐かしいお菓子もいろいろ発見できることだろう。

 このほか、浅間町駅から東に歩くと名古屋城も近く、お堀のそばに名古屋能楽堂やホテル「ウェスティン ナゴヤキャッスル」がある。

名古屋・明道町新道エリアの主な駅

浅間町 / せんげんちょう 駅
名古屋市営地下鉄 鶴舞線

shinmichi1.jpg
名古屋地下鉄鶴舞線・浅間町駅

shinmichi2.jpg
浅間町の駅の真上を通る名古屋高速

shinmichi3.jpg
昭和の面影残る中央菓子卸売市場

shinmichi4.jpg
昭和の面影残る中央菓子卸売市場

shinmichi5.jpg
昭和の面影残る中央菓子卸売市場

shinmichi6.jpg
明道町新道の駄菓子問屋街

shinmichi7.jpg
「マルカワのガム」の丸川製菓

shinmichi8.jpg
クッピーラムネの看板

shinmichi9.jpg
那古野の円頓寺本町商店街

shinmichi10.jpg
那古野の円頓寺本町商店街

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 名古屋・愛知
ジャンル : 地域情報

愛知・日進 地下鉄鶴舞線日進工場と「レトロでんしゃ館」

日進
にっしん

日本国愛知県日進市

愛知・日進 地下鉄鶴舞線日進工場と「レトロでんしゃ館」

 日進(にっしん)市は、愛知(あいち)県の中部にある人口約9万人の市。西が名古屋(なごや)市の天白(てんぱく)区と名東(めいとう)区、北が長久手(ながくて)市、東が豊田(とよた)市と みよし市、南が愛知(あいち)郡の東郷(とうごう)町と接している。

 市内を東から西へ天白川が流れており、西の名古屋天白区のほうへと流れていく。また、みよし市および豊田市との境が小高い山になっており、ここが尾張(おわり)と三河(みかわ)の境になっている。

 日進は、日露戦争が行われていた明治39年(1906年)に、愛知郡の香久山(かぐやま)村、白山(はくさん)村、岩崎(いわさき)村が合併し、日進村が発足した。この「日進」の地名は、もともとの地名とは関係がなく、日露戦争で活躍した軍艦「日進」から名づけられた。日進村は昭和33年(1958年)に日進町となり、その後、昭和53年(1978年)の名古屋市営地下鉄鶴舞線と昭和54年(1979年)の名古屋鉄道(名鉄)豊田線の開業で人口が急増し、平成6年(1994年)に日進市となった。

 日進市には名古屋地下鉄鶴舞線の赤池(あかいけ)駅と、名鉄豊田線の赤池、日進、米野木(こめのき)の各駅がある。赤池駅は、地下鉄鶴舞線と名鉄豊田線の共同駅で、2面3線の地下ホームがある。鶴舞線の電車は一部が赤池駅で折り返すほか、多くが名鉄豊田線の新豊田(しんとよた)駅まで相互直通運転している。

 赤池駅の東側には名古屋市営地下鉄の日進工場が広がっている。ここでは名古屋地下鉄の鶴舞線の車両基地があるほか、鶴舞線と桜通線の車両の検査などを行っている。ここに併設されている「レトロでんしゃ館」は、入口に地下鉄のトンネルを掘る「シールドマシーン」のモニュメントが展示されているほか、内部には懐かしの名古屋市電の車両や、地下鉄東山線で走っていた黄色い電車が保存されている。

 名鉄豊田線の日進駅は、日進市南部にあり、南に隣接する東郷町からも利用しやすい。近年はマンション開発が進み、利用客が増えている。ただし、赤池駅を境に地下鉄と名鉄が分かれており、名古屋市内への通勤は赤池駅からのほうが便利であり、周辺の地区では赤池駅を結ぶバスが運行されており、赤池駅のほうが利用客が多い。

 日進市には東名高速道路が通り、日進JCT(ジャンクション)があり、名古屋瀬戸道路が分岐しているが、市内にIC(インターチェンジ)がない。近接する名古屋市名東区の名古屋ICまたは、みよし市の東名三好ICが利用しやすい。

日進エリアの主な駅

赤池 / あかいけ 駅
名古屋市営地下鉄 鶴舞線
名古屋鉄道 豊田線

nisshin1.jpg
名古屋地下鉄鶴舞線・赤池駅

nisshin2.jpg
鶴舞線に乗り入れる名鉄電車

nisshin3.jpg
赤池駅

nisshin4.jpg
レトロでんしゃ館にあるシールドマシーンのモニュメント

nisshin5.jpg
懐かしの名古屋市電

nisshin6.jpg
名古屋市電の内部

nisshin7.jpg
懐かしの名古屋市電路線図

nisshin8.jpg
懐かしの名古屋地下鉄東山線旧型車両

nisshin9.jpg
東山線旧型車両の内部

nisshin10.jpg
名古屋地下鉄日進工場

nisshin11.jpg
名古屋地下鉄日進工場

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 名古屋・愛知
ジャンル : 地域情報

愛知 名古屋・中村 中村公園の鳥居と新大門商店街

名古屋・中村
なごや・なかむら

日本国愛知県名古屋市中村区

愛知 名古屋・中村 中村公園の鳥居と新大門商店街

 中村(なかむら)は、愛知(あいち)県の名古屋(なごや)市、名古屋のターミナル駅である名古屋駅の西側にある地区。

 中村は、豊臣秀吉(とよとみ ひでよし)や、加藤清正(かとう きよまさ)といった武将の生誕地としても知られている。

 中村区は、名古屋駅が東端にあり、そこから西へ区域が広がっている。中村区と中川(なかがわ)区の境にJR東海・関西本線と近畿日本鉄道(近鉄)名古屋線が通り、近鉄名古屋線の米野(こめの)、黄金(こがね)、烏森(かすもり)、近鉄八田(きんてつ はった)の各駅とJR関西本線の八田(はった)駅がある。また、米野駅の南側に、名古屋臨海高速鉄道あおなみ線の、ささしまライブ駅があり、駅周辺の再開発が行われている。

 中村区の交通の便を図るため、名古屋市営地下鉄・東山線の名古屋~中村公園(なかむらこうえん)が昭和44年(1969年)に延伸され、区内を∩字型に名古屋駅の北西に広がる市街地を結ぶように亀島(かめじま)、本陣(ほんじん)、中村日赤(なかむら にっせき)、中村公園の各駅が開業した。昭和57年(1982年)には中村公園~高畑(たかばた)が延伸開業し、区内に岩塚(いわつか)、八田の各駅が新たに開設された。

 平成元年(1989年)に開業した名古屋市営地下鉄・桜通線は、名古屋駅から一つ西の中村区役所前(なかむらくやくしょまえ)駅が終点となっている。東山線が∩字型に大回りしているので、その中心部にあたる部分に中村区役所前駅ができたことにより、中村区の鉄道空白地帯がかなり解消されたことはよかったが、他線との乗り換えがない単独駅である中村区役所前からの桜通線はいつもすいている。せめてあと一駅、そのまま西に進んで中村公園駅まで伸ばせば、東山線と連絡して東山線から桜通線に乗客が流れたかもしれない。もともと桜通線は東山線の名古屋~栄(さかえ)~今池(いまいけ)の混雑緩和のバイパス機能を期待されて建設されたのだから、もっと東山線から乗客が流れるように中村公園駅まで伸ばしたほうがよいと思う。

 中村区役所前駅から中村公園方面へ、太閤通を西へ進んでいくと、大門(おおもん)交差点から新大門商店街が北に伸びている。ここから北に広がる賑町、羽衣町、大門町、寿町、日吉町などの地区は、大正時代に大須旭廓(遊廓)の移転先として開発された「中村遊廓」があった。戦後は、名楽園と改称されたが、後の規制強化で、廃業したり、旅館や飲食店に転業したりした。時代とともにだんだんと寂れ、マンションやスーパーマーケット、病院などに変わり、町の活性化のために新大門商店街が整備され、新しい街づくりが進められている。一方で、大正時代に建てられた料亭の美しい建物がわずかながら残り、一部は名古屋市の都市景観重要建築物に指定された建物もあるが、そのうちの一つだった「長寿庵」は平成26年(2014年)に解体された。

 旧・中村遊廓の北西にある素盞男(すさのお)神社は、商売繁盛の神様として、かつては遊廓業者も商売繁盛祈願によく参拝していたという。毎年11月の酉(とり)の日に「酉の市」が行われる。

 その西側には「名古屋第一赤十字病院」が広がっている。昭和12年(1937年)に日本赤十字社愛知支部名古屋病院として開設され、昭和29年(1954年)に第二病院ができたことから名古屋第一赤十字病院と改称された。通称「中村日赤」と呼ばれ、地下鉄東山線の駅名にも採用されている。建物の老朽化が進んだため、建て替えが進められ、平成21年(2009年)に新病棟がオープンした。旧本館の玄関がモニュメントとして残されている。

 中村公園駅の地上のロータリーには巨大な鳥居が建っている。そこから北へ500mほど歩くと中村公園がある。公園内には豊臣秀吉を祀る豊国(とよくに)神社があり、隣接して豊臣秀吉誕生の地である「常泉寺」と加藤清正誕生の地である「妙行寺」がある。また、中村公園文化プラザには、中村図書館、秀吉清正記念館、中村文化小劇場などの施設がある。このほか、中村公園の北側には名古屋競輪場がある。

名古屋・中村エリアの主な駅

中村公園 / なかむらこうえん 駅
名古屋市営地下鉄 東山線

中村日赤 / なかむらにっせき 駅
名古屋市営地下鉄 東山線

中村区役所前 / なかむらくやくしょまえ 駅
名古屋市営地下鉄 桜通線

nagoyanakamura1.jpg
名古屋地下鉄桜通線・中村区役所前駅

nagoyanakamura2.jpg
中村区役所(左)

nagoyanakamura3.jpg
新大門商店街

nagoyanakamura4.jpg
新大門商店街の周辺に残る歴史建築物

nagoyanakamura5.jpg
2014年に解体された長寿庵

nagoyanakamura6.jpg
素盞男神社

nagoyanakamura7.jpg
中村日赤の旧本館玄関のモニュメントと新病棟

nagoyanakamura8.jpg
中村公園駅前の大鳥居

nagoyanakamura9.jpg
名古屋地下鉄東山線・中村公園駅

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 名古屋・愛知
ジャンル : 地域情報

愛知・刈谷 トヨタ関連工場が集まる西三河の工業都市

刈谷
かりや

日本国愛知県刈谷市

愛知・刈谷 トヨタ関連工場が集まる西三河の工業都市

 刈谷(かりや)市は愛知(あいち)県中部の西三河(にしみかわ)地方にある人口約15万人の市。北が みよし市、東が豊田(とよた)市、知立(ちりゅう)市、安城(あんじょう)市、皆実が高浜(たかはま)市、西が知多(ちた)郡の東浦(ひがしうら)町、大府(おおぶ)市、豊明(とよあけ)市と接している。

 刈谷市の西、大府市および豊明市との境に流れる境川(さかいがわ)が、三河国(みかわのくに)と尾張国(おわりのくに)を分けており、刈谷は三河の西端に位置する。大府や豊明からは尾張となる。愛知県の東部にあたる三河国は、刈谷、豊田、安城、岡崎(おかざき)などの西三河と、豊橋(とよはし)、豊川(とよかわ)、蒲郡(がまごおり)といった東三河に生活圏が分かれており、東海道新幹線は西三河に三河安城(みかわ あんじょう)駅、東三河に豊橋駅がある。

 刈谷は、知多半島の東の衣浦湾の入り江に位置し、漁業と農業が古くから盛んで、戦国時代には苅屋城(かりやじょう)が築城され、江戸時代には土井氏が刈屋藩を収めた。刈屋城は別名「亀城」とも呼ばれ、境川、逢妻川の東岸にある城址は「亀城公園」となっている。

 「かりや」の地名の由来は諸説あるが、古くは「仮屋」や「雁屋」と書かれた文献があるほか、城が築城されてから「苅屋」と漢字表記され、後に「刈谷」となった。

 刈谷は、明治時代に入り、東海道本線が建設され、明治21年(1888年)に刈谷駅が開設された。当時の刈谷駅周辺は、閑散としていたが、知立~刈谷~碧南(へきなん)と西三河を南北に結ぶ三河鉄道(現・名鉄三河線)が建設され、大正3年(1914年)に大浜~刈谷新駅が開業し、翌年に知立まで延伸を果たした。これにより、刈谷駅周辺に東洋耐火煉瓦(現・クアーズテック)や日本陶管などの窯業系の工場、豊田紡織(現・トヨタ紡織)などの紡織系の工場が開設され、刈谷は工業都市へと変貌を遂げた。

 刈谷市内には、JR東海・東海道本線および名古屋鉄道(名鉄)三河線、名古屋本線が通り、JR東海道本線の逢妻(あいづま)、刈谷(かりや)、野田新町(のだしんまち)、東刈谷(ひがしかりや)の各駅、名鉄三河線の刈谷、刈谷市(かりやし)、小垣江(おがきえ)の各駅、名鉄名古屋本線の富士松(ふじまつ)駅と一ツ木(ひとつぎ)駅がある。

 JR東海道本線および名鉄三河線が連絡する刈谷駅は、刈谷市の中心駅であり、JR東海道本線は新快速や特別快速も停車し、名古屋駅まで約20分で結んでいる。駅周辺には工場が集まり、工場労働者が多く駅を利用することから、駅周辺には飲食店が集まる繁華街が発展しており、いつも活気がある。

 日本陶管刈谷工場は昭和57年(1982年)に閉鎖され、跡地が刈谷駅南口の再開発事業として進められ、「バロー」などが入るショッピングセンターおよび刈谷市総合文化センター、マンションなどから構成される「みなくる刈谷」となっている。また、東芝炉材刈谷工場の跡地は「アピタ」刈谷店となっている。

 刈谷駅の周辺には、自動車のシートや内装関連の素材を生産する「トヨタ紡織」本社刈谷工場をはじめ、自動車関連の機械製造や自動車の組立を行う「豊田自動織機」本社刈谷工場、自動車の設計や開発、製造を行う「トヨタ車体」刈谷工場、自動車部品製造メーカー「デンソー」本社および「アイシン精機」本社などが集中し、トヨタ自動車の生産を支える工業都市として発展している。刈谷市はトヨタ関連の企業が集まり、税収もよいためか、平成の大合併では周辺の市との合併は行われなかった。

 名鉄三河線は名古屋駅へ直通していないが、知立駅で名鉄名古屋本線と連絡している。また、三河線の刈谷市駅は高架化され、以前は商店街でにぎわう商業の町だったが、商店街が衰退し、周辺は住宅街となっており、また苅屋城址の亀城公園への最寄り駅である。名鉄三河線は碧南~刈谷~知立の海線と知立~豊田市~猿投の山線で系統が分かれており、刈谷~豊田市の直通運転はしていない。

 市北部を走る名鉄名古屋本線は、刈谷の中心部から外れており、知立と豊明に挟まれた一ツ木駅と富士松駅はどちらも普通電車のみ停車する。富士松駅の近くには「トヨタ車体」富士松工場がある。

 このほか、市北部を走る伊勢湾岸自動車道(新東名自動車道)の刈谷PA(パーキングエリア)は、刈谷ハイウェイオアシス・岩ヶ池公園を併設した複合施設となっていて、高速道路利用者だけでなく地元の一般客も利用できる。フードコートや温泉、観覧車、夜のイルミネーション、産地直売の野菜や鮮魚などがあり、地元密着でありながら長距離運転の利用者も楽しめる観光施設として機能している。

刈谷エリアの主な駅

刈谷 / かりや 駅
JR東海 東海道本線
名古屋鉄道 三河線(海線)

刈谷市 / かりやし 駅
名古屋鉄道 三河線(海線) 

kariya21.jpg
JR東海道本線・刈谷駅

kariya1.jpg
JRと名鉄の刈谷駅

kariya2.jpg
JRと名鉄の刈谷駅

kariya3.jpg
刈谷駅に到着する名鉄三河線電車

kariya4.jpg
刈谷駅南口の「みなくる刈谷」

kariya5.jpg
刈谷駅北口

kariya6.jpg
刈谷駅北口

kariya7.jpg
刈谷の街並み

kariya8.jpg
夜の刈谷の街並み

kariya9.jpg
名鉄三河線・刈谷市駅

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 名古屋・愛知
ジャンル : 地域情報

愛知・豊川 豊川稲荷の妙厳寺と三河一宮の砥鹿神社

豊川
とよかわ

日本国愛知県豊川市

愛知・豊川 豊川稲荷の妙厳寺と三河一宮の砥鹿神社

 豊川(とよかわ)市は、愛知(あいち)県の東部にある人口約18万人の市。東三河地方の主要都市の一つで、南が豊橋(とよはし)市、東が新城(しんしろ)市、北が岡崎(おかざき)市、西が蒲郡(がまごおり)市と接している。

 豊川市は平成の大合併で、平成18年(2006年)に宝飯(ほい)郡の一宮(いちのみや)町を合併し、さらに平成20年(2008年)に宝飯郡の音羽(おとわ)町、御津(みと)町、平成22年(2010年)に宝飯郡小坂井(こざかい)町と合併し、現在の市域となった。

 豊川市には市の南東部に豊川が流れ、豊川に沿ってJR東海・飯田線が走っている。飯田線は豊橋市の豊橋駅から名古屋鉄道(名鉄)名古屋本線と線路を共用するが、豊川市に入ったところの平井信号所で分かれ、JR飯田線は市内に小坂井(こざかい)、牛久保(うしくぼ)、豊川、三河一宮(みかわ いちのみや)、長山(ながやま)、江島(えじま)、東上(とうじょう)の各駅がある。JR東海はこのほか、小坂井町と御津町が豊川市に編入されたことから、東海道本線の西小坂井(にしこざかい)、愛知御津(あいちみと)が豊川市の駅となった。

 名鉄名古屋本線は平井信号所からJR飯田線と分かれ、豊川市内に伊奈(いな)、小田渕(おだぶち)、国府(こう)、御油(ごゆ)、名電赤坂(めいでん あかさか)、名電長沢(めいでん ながさわ)の各駅がある。国府駅からは豊川稲荷(とよかわいなり)方面に名鉄豊川線が分岐しており、八幡(やわた)、諏訪町(すわちょう)、稲荷口(いなりぐち)、豊川稲荷の各駅がある。

 豊川は、豊川稲荷の門前町として発展した町で、旧・一宮町には三河一宮の砥鹿神社(とがじんじゃ)がある。また、国府は三河国(みかわのくに)の国府が置かれた。

 JR飯田線は、東海道本線が通る豊橋駅から、豊川、三河一宮を経由して新城、大海(おおみ)を結ぶ豊橋鉄道として、明治30年(1897年)に豊橋~豊川が開業。明治33年(1900年)に大海まで開通した。大海(長篠)より先は鳳来寺鉄道が三河川合(みかわ かわい)まで結んでいた。戦時中の昭和18年(1943年)に豊川鉄道は鳳来寺鉄道、三信鉄道、伊那電気鉄道とともに国有化され、国鉄飯田線となった。飯田線の駅間隔が短いのは私鉄時代の名残である。飯田線のうち、豊橋~豊川は豊橋・豊川都市圏として本数が多く運行されている。また、豊川駅は特急「伊那路」が停車する。

 名鉄名古屋線は、愛知電気鉄道として名古屋方面から建設され、伊奈から豊橋鉄道の小坂井駅に接続するよう大正15年(1926年)に開業したが、昭和2年(1927年)に伊奈~吉田(現・豊橋)が開業し、伊奈~小坂井は支線化され、名鉄豊川線が全通したのを機に昭和29年(1954年)に廃止された。名鉄の伊奈~豊橋は飯田線との共用区間があるため、豊橋駅に乗り入れるのは主に特急・快速特急などで、急行や普通は伊奈駅で折り返す電車が多い。

 名鉄豊川線は、戦時中に豊川海軍工廠の輸送機関として建設され、昭和20年(1945年)の国府~市役所前(現・諏訪町)が開業。昭和29年(1954年)に新豊川(現・豊川稲荷)まで全通した。急行の一部が名鉄名古屋から豊川稲荷まで直通運転しており、豊川から豊橋へ出るのはJR飯田線が便利であるが、名古屋へは名鉄が便利という役割を果たそうとしている。国府駅は、豊川線電車の半数が折り返し、乗り換え駅となっている。国府駅は快速特急の大部分が通過するが、特急が停車する。

 豊川稲荷は、円福山曹洞宗の「妙厳寺」(みょうごんじ)が正式名称であり、千手観音(せんじゅかんのん)を本尊としている。その境内に鎮守として?枳尼天(だきにてん)を祀ることから商売繁盛の神様として「豊川稲荷」の名が広まった。

 豊川稲荷とJR豊川駅および名鉄豊川稲荷駅の間には豊川稲荷の門前町が広がり、お土産屋や飲食店が並ぶ豊川いなり表参道などの商店街があり、豊川稲荷ということで「稲荷寿司」が名物となっており、食べ歩きも楽しい。「見りん、食べりん、聞いてみりん、おいでん豊川稲荷」と三河弁で書かれた観光案内看板もある。

 豊川市はこのほか、豊川海軍工廠があった名鉄豊川線・諏訪町駅の北側に、豊川伊市役所、日本車輌製造、陸上自衛隊豊川駐屯地などが広がっている。

 JR飯田線の三河一宮駅は、三河一宮の「砥鹿神社」の最寄り駅。旧・一宮町であったが、豊川市に編入され、市内の駅となった。平成2年(1991年)に砥鹿神社をイメージした駅舎が建てられた。

豊川エリアの主な駅

豊川 / とよかわ 駅
JR東海 飯田線
豊川稲荷 / とよかわいなり 駅
名古屋鉄道 豊川線

国府 / こう 駅
名古屋鉄道 名古屋本線、豊川線

伊奈 / いな 駅
名古屋鉄道 名古屋本線

諏訪町 / すわちょう 駅
名古屋鉄道 豊川線

小坂井 / こざかい 駅
JR東海 飯田線

三河一宮 / みかわいちのみや 駅
JR東海 飯田線

toyokawa1.jpg
JR飯田線・豊川駅

toyokawa2.jpg
JR豊川駅から見た名鉄・豊川稲荷駅

toyokawa3.jpg
名鉄豊川線・豊川稲荷駅

toyokawa4.jpg
豊川駅前広場のきつねの像

toyokawa5.jpg
豊川駅前の商店街

toyokawa6.jpg
豊川いなり表参道商店街

toyokawa7.jpg
三河弁の観光案内看板

toyokawa8.jpg
豊川稲荷

toyokawa9.jpg
豊川稲荷

toyokawa10.jpg
豊川稲荷

toyokawa11.jpg
豊川稲荷

toyokawa12.jpg
名鉄・国府駅、豊川線に直通する電車

toyokawa13.jpg
名鉄・国府駅、伊奈行きの2両編成の普通電車

toyokawa14.jpg
名鉄・国府駅に停車する名鉄特急

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 名古屋・愛知
ジャンル : 地域情報

愛知・稲沢 美濃路稲葉宿と国府宮はだか祭と稲沢駅再開発

稲沢
いなざわ

日本国愛知県稲沢市

愛知・稲沢 美濃路稲葉宿と国府宮はだか祭と稲沢駅再開発

 稲沢(いなざわ)市は愛知(あいち)県北西部、尾張(おわり)地方の濃尾(のうび)平野にある人口約14万人の市。北が一宮(いちのみや)市、東が清須(きよす)市、南が あま市と愛西(あいさい)市、西が岐阜県の海津(かいづ)市と羽島(はしま)市と接している。

 稲沢は、名古屋から岐阜方面を結ぶ東海道(とうかいどう)と中山道(なかせんどう)を結ぶ美濃路(みのじ)の宿場町である秋葉宿(あきばじゅく)の町として発展した。また、奈良時代より尾張国の国府が置かれ、尾張大国霊神社(おわり おおくにたまじんじゃ)は「国府宮」(こうのみや)と呼ばれている。

 稲沢の地名は、明治8年(1875年)に稲葉(いなば)村と小沢(おざわ)村が合併し、一文字ずつとって「稲沢」(いなざわ)村となった。そして合併が進んで稲沢町となり、昭和33年(1958年)に稲沢市となった。平成の大合併では、平成17年(2005年)に中島(なかしま)郡の平和(へいわ)町と祖父江(そぶえ)町を編入して現在の市域となった。名古屋の郊外にあり、平野が広がることから、住宅地のほか、植木・苗木の生産が盛んであり、旧・祖父江町はイチョウの木が多く銀杏(ぎんなん)の産地でもある。

 稲沢市には、JR東海の東海道本線、名古屋鉄道(名鉄)名古屋本線と尾西線が走っている。JR東海道線は稲沢駅があり、清洲(きよす)駅も稲沢市側にある。名鉄名古屋本線は、島氏永(しまうじなが)、国府宮(こうのみや)、奥田(おくだ)、大里(おおさと)の各駅があり、特急や快速特急も停車する国府宮駅が稲沢市における名鉄の中心駅となっているほか、大里駅にも急行や準急が停車する。

 稲沢市西部を通る名鉄尾西線は旧・祖父江町と旧・平和町の町域を走っており、旧・祖父江町に山崎(やまざき)、森上(もりかみ)、上丸渕(かみまるぶち)、丸渕(まるぶち)の各駅があり、旧・平和町には六輪(ろくわ)駅がある。現在、名鉄尾西線はすべて普通電車のローカル線となっており、名鉄一宮駅から稲沢市の旧・祖父江町、旧・平和町、愛西市など濃尾平野西部を経由して津島(つしま)市の津島駅をのんびり結んでいる。山崎駅の近くでは秋に「そぶえイチョウ黄葉まつり」が開催される。森上駅は旧・祖父江町の中心駅で、旧・祖父江町役場(現・稲沢市役所祖父江支所)の最寄り駅であった。

 名鉄国府宮駅は、2面4線のホームがあり、名古屋本線の全電車が停車し、普通電車が緩急接続を行っている。名古屋駅へは、JR稲沢駅からのほうが速いが、名鉄のほうが運転本数が多く、市街地にも近いことから利用者は多い。国府宮駅は、「国府宮」(尾張大国霊神社)の最寄り駅であり、毎年旧暦1月13日に「国府宮はだか祭り」が行われることで有名である。

 JR稲沢駅は、名鉄国府宮駅より東に約1.5キロのところにあり、名古屋駅までは最速であるが、市街地から少し離れており、快速も通過する。駅の南東には広大な稲沢貨物駅が広がっており、名古屋地区における貨物輸送の拠点となっている。以前は、稲沢駅の北東側にも広大な稲沢操車場が広がっていたが、すでに廃止され、跡地は「グリーンスパーク稲沢21」計画という再開発事業が進み、ユニーが運営する大規模商業施設「リーフウォーク稲沢」が平成21年(2009年)にオープンした。

稲沢エリアの主な駅

国府宮 / こうのみや 駅
名古屋鉄道 名古屋本線

稲沢 / いなざわ 駅
JR東海 東海道本線

inazawa1.jpg
名鉄・国府宮駅

inazawa2.jpg
名鉄・国府宮駅

inazawa3.jpg
国府宮神社の鳥居

inazawa4.jpg
国府宮神社(尾張大国霊神社)

inazawa5.jpg
稲沢貨物駅

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 名古屋・愛知
ジャンル : 地域情報

愛知・一宮 尾張一宮「真清田神社」と木曽川

一宮
いちのみや

日本国愛知県一宮市

愛知・一宮 尾張一宮「真清田神社」と木曽川

 一宮(いちのみや)市は、愛知(あいち)県の北西部にある人口約38万人の都市。尾張国(おわりのくに)にあることから「尾張一宮」(おわりいちのみや)として知られる。

 一宮市は、南が稲沢(いなざわ)市、東が岩倉(いわくら)市と江南(こうなん)市、北が岐阜県の各務原(かかみがはら)市、羽島(はしま)郡の笠松(かさまつ)町、西が岐阜県の羽島(はしま)市と接している。

 一宮市は、大正10年(1921年)に市制施行し、平成17年(2005年)に尾西(びさい)市と葉栗(はぐり)郡の木曽川(きそがわ)町を合併し、現在の市域となった。

 一宮は、名神高速道路の一宮IC(インターチェンジ)があることで知られ、名古屋高速16号一宮線と連絡し、名古屋方面の道路交通の玄関口となっている。また、一宮JCTからは東海北陸自動車道が分岐し、一宮西IC、尾西IC、一宮木曽川ICなどがあり、一宮木曽川ICは名岐バイパス(国道22号線)と連絡し、岐阜県方面への道路交通も便利だ。

 一宮市(旧・木曽川町)の北には木曽川(きそがわ)が流れ、愛知県と岐阜県の県境となっている。木曽川から南へ名古屋方面にJR東海・東海道本線と名古屋鉄道(名鉄)名古屋本線が走っており、JR東海道本線は木曽川(きそがわ)、尾張一宮(おわり いちのみや)、名鉄名古屋本線は木曽川堤(きそがわづつみ)、黒田(くろだ)、新木曽川(しんきそがわ)、石刀(いわと)、今伊勢(いまいせ)、名鉄一宮(めいてつ いちのみや)、妙興寺(みょうこうじ)、島氏永(しまうじなが)の各駅がある。JR尾張一宮駅と名鉄一宮駅は隣接しており、一宮市を代表する中心駅となっている。

 このほか、名鉄一宮駅からは、名鉄尾西線が分岐し、南の津島(つしま)方面に、観音寺(かんのんじ)、苅安賀(かりやすか)、二子(ふたご)、萩原(はぎわら)、玉野(たまの)の各駅があり、名鉄一宮駅から北の尾西線玉ノ井支線には、西一宮(にしいちのみや)、開明(かいめい)、奥町(おくちょう)、玉ノ井(たまのい)の各駅がある。

 JR東海道本線の尾張一宮駅は、明治19年(1886年)に一ノ宮(いちのみや)駅として開業。大正5年(1916年)に尾張一ノ宮駅に改称され、昭和27年(1952年)に市名に合わせて「ノ」が削除されて「尾張一宮」駅となった。平成元年(1989年)に高架化され、2面4線の高架駅で快速や新快速、特別快速の停車駅であり、さらには特急「しらさぎ」や一部の特急「ひだ」も停車する。快速・新快速で名古屋駅まで約12分、岐阜駅まで約8分と極めて便利であり、スピード面でもライバルの名鉄を上回っている。 

 名鉄一宮駅はJR尾張一宮駅と隣接しており、両駅で「一宮総合駅」を形成しており、駅ビルには名鉄百貨店が入っている。開業の歴史は古く、明治33年(1900年)に尾西鉄道の一ノ宮駅として開業。その後、新一宮(しんいちのみや)駅となり、尾西鉄道は大正14年(1925年)に名古屋鉄道に合併され、昭和3年(1928年)に名古屋と、昭和10年(1935年)に新岐阜へとつながった。名古屋鉄道は名岐鉄道を経て昭和10年の愛知電気鉄道との合併で再び名古屋鉄道(名鉄)となり、今に至る。新一宮駅は平成元年(1989年)より高架化工事が行われ、平成7年(1995年)に完成し、平成17年(2005年)に新一宮駅から名鉄一宮駅に改称された。

 名鉄一宮駅は特急や快速特急も停車する主要駅であり、岐阜や名古屋、豊橋方面でJR東海道本線とライバル関係にある。名鉄では一部指定のパノラマsuperの車両を用いた特急電車を運行しているほか、常滑線から中部国際空港へと直行する特急ミュースカイを運行し、空港へのアクセスがJRより優位であることをアピールしている。また、普通電車はJR東海道本線よりきめ細かく停車することでJRとの差別化を図っている。

 名鉄尾西線は、名鉄一宮~津島(つしま)の系統と、名鉄一宮~玉ノ井の系統に分かれており、名鉄一宮~玉ノ井は玉ノ井線とも呼ばれている。津島方面は、一宮市の旧・尾西市地区、稲沢市の旧・祖父江(そぶえ)町地区を経由して津島市の津島駅で津島線と連絡している。

 このほか、かつては新一宮駅(名鉄一宮)から西へ、路面電車の名鉄起線が旧・尾西市(当時は中島郡起町)の起(おこし)駅まで走っていたが、昭和29年(1954年)にバス転換されて廃止された。起から濃尾大橋を渡ると岐阜県羽島市であり、東海道新幹線の岐阜羽島駅も近い。また、名鉄一宮駅の東側にあった東一宮(ひがしいちのみや)駅から名鉄犬山線の岩倉(いわくら)駅を結ぶ名鉄一宮線は昭和40年(1965年)に廃止された。

 名鉄一宮・尾張一宮駅の東約300mのところに南北にアーケードの本町商店街があり、その北の端が尾張国の一宮である「真清田神社」(ますみだじんじゃ)がある。尾張地方を古代に治めていた尾張氏の祖先とされる天火明命(あめのほあかりのみこと)を主祭神としている。社殿は昭和20年(1945年)のアメリカ軍による空襲で焼失し、戦後の昭和29年(1954年)に本殿が再建された。 

 平成17年(2005年)に合併した旧・木曽川町には、JR木曽川駅の西約700m、名鉄名古屋本線・黒田駅の西約200mのところに大規模な複合商業施設「イオンモール木曽川」があるが、名鉄の特急・快速特急は黒田駅の一つの南の新木曽川駅に停車する。木曽川の三派川地区の南派川(なんぱがわ)の河川敷に高さ138mの「ツインアーチ138」があり、この展望台からは木曽川流域の眺めが一望できる。

一宮エリアの主な駅

尾張一宮 / おわりいちのみや 駅
JR東海 東海道本線
名鉄一宮 / めいてついちのみや 駅
名古屋鉄道 名古屋本線、尾西線、尾西線(玉ノ井線)

ichinomiya1.jpg
JR東海道本線・尾張一宮駅

ichinomiya2.jpg
尾張一宮駅に停車する特急ひだ

ichinomiya3.jpg
JR尾張一宮駅に隣接する名鉄一宮駅

ichinomiya4.jpg
名鉄一宮駅

ichinomiya5.jpg
JR尾張一宮駅西口の駅ビル

ichinomiya6.jpg
本町商店街

ichinomiya7.jpg
本町商店街

ichinomiya8.jpg
本町商店街の先にある真清田神社

ichinomiya9.jpg
真清田神社

ichinomiya10.jpg
真清田神社

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

愛知・田原 渥美半島と伊良湖岬

田原
たはら

日本国愛知県田原市

愛知・田原 渥美半島と伊良湖岬

 田原(たはら)市は、愛知(あいち)県の南東部の渥美(あつみ)半島にある人口約6万人の市。

 田原市は北東が豊橋(とよはし)市と接しており、北には三河湾(みかわわん)、西には伊勢湾(いせわん)、南には遠州灘(えんしゅうなだ)の海岸と太平洋が広がっており、三方を海に囲まれている。

 田原市は、平成15年(2003年)に渥美郡の田原町と赤羽根(あかばね)町を合併して田原市となり、さらに平成17年(2005年)に渥美町を編入して現在の田原市の市域となった。

 田原市には、豊橋鉄道・渥美線が豊橋市内から乗り入れており、市内に、やぐま台(やぐまだい)、豊島(としま)、神戸(かんべ)、三河田原(みかわたはら)の各駅がある。

 豊橋鉄道の渥美線は、もともと大正13年(1924年)に渥美電鉄として開業し、大正15年(1926年)に三河田原駅から黒川原(くろかわばら)駅まで延伸され、さらに伊良湖(いらご)方面へも着工されたが、戦時中に三河田原~黒川原が休止となり、その後そのまま廃止となっている。渥美電鉄は昭和15年(1940年)に名古屋鉄道(名鉄)渥美線となったが、昭和29年(1954年)に豊橋鉄道となり、現在に至る。

 三河田原駅は、田原市の中心部にあり、田原市役所も近い。田原には江戸時代まで田原藩が置かれ、三河国(みかわのくに)の主要都市のひとつであり、15世紀には田原城が築城され、明治4年(1872年)に廃城となった。現在は、石垣が残るほか、二の丸櫓が復元され、現在内部には巴江神社と田原市博物館がある。

 市の北東部の渥美湾側にはトヨタ自動車田原工場が広がっている。また、田原市はキャベツ、ブロッコリーなど野菜農業が盛んであり、また菊、バラ、カーネーションなどの園芸農業も盛んである。

 旧・渥美町にある伊良湖(いらご)は、湖があるわけではなく、渥美半島先端の伊良湖岬や伊良湖港がある。伊良湖には伊良湖キャンプ場、休暇村伊良湖、伊良湖海水浴場、伊良湖シーサイドゴルフ倶楽部などのリゾート施設が広がっている。 

 伊良湖へは、三河田原駅からバスで約50分ほどであるが、そのバスは豊橋から出ているため、豊橋から乗ったほうが乗り換えがないぶん便利である。豊橋鉄道に乗る付加価値的な要素がつけられれば豊橋鉄道を利用する観光客も増えると思われる。思い切って名鉄特急を三河田原まで直通させても面白そうだが。

 伊良湖にある「伊良湖シーパーク&スパ」は、平成元年(1989年)に「伊良湖ガーデンホテル」としてオープンしたリゾートホテルで、平成23年(2011年)に現名称に変更された。三河湾を一望できるホテルで、伊良湖のリゾートの象徴的なホテルである。

 伊良湖港は伊勢湾フェリーが三重県の鳥羽(とば)港を結んでおり、自動車の利用も多い。また名鉄海上観光船が南知多(みなみちた)町の師崎(もろざき)港や美浜(みはま)町の河和(こうわ)港を結んでいる。また伊勢湾に浮かぶ神島(かみしま)を結ぶ航路もある。伊良湖港の旅客ターミナルには道の駅「伊良湖クリスタルポルト」が併設されており、お土産屋なども充実している。

 伊良湖岬には、伊良湖岬灯台や島崎藤村の小説『椰子の実』の舞台となった「恋路ヶ浜」(こいじがはま)があり、恋路ヶ浜の名にちなんで恋人の聖地として「鐘の記念碑」などがある。

 伊勢湾フェリーにより鳥羽と伊良湖が結ばれ、名古屋から伊勢湾一周の旅ができる。鳥羽は伊勢エビや真珠、水族館など観光資源が豊富である一方、伊良湖は「大あさり」が特産で、大あさりの醤油焼きやフライなどの名物料理もあるが、伊良湖は鳥羽に比べてインパクトが弱いのは否めない。そのぶん、伊良湖は鳥羽ほどの派手さはないが、鳥羽とは違ったのどかな港町の魅力がある。

田原エリアの主な駅

三河田原 / みかわたはら 駅
豊橋鉄道 渥美線

tahara1.jpg
豊橋鉄道渥美線・三河田原駅

tahara2.jpg
豊橋鉄道渥美線・三河田原駅

tahara3.jpg
三河田原駅付近の街並み

tahara4.jpg
豊橋鉄道渥美線沿線に広がるキャベツ畑

tahara5.jpg
リゾートホテル「伊良湖シーパーク&スパ」

tahara6.jpg
伊良湖の海岸

tahara7.jpg
「恋路ヶ浜」の鐘

tahara8.jpg
恋路ヶ浜と伊良湖の風景

tahara9.jpg
伊良湖港の夕焼け

tahara10.jpg
伊勢湾フェリー

tahara11.jpg
伊良湖港と伊良湖岬

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

愛知 名古屋・本山 地下鉄東山線と山手グリーンロードの地下を走る名城線

名古屋・本山
なごや・もとやま

日本国愛知県名古屋市千種区

愛知 名古屋・本山 地下鉄東山線と山手グリーンロードの地下を走る名城線

 本山(もとやま)駅は、名古屋(なごや)市の千種(ちくさ)区にある名古屋市営地下鉄の東山線と名城線の駅。

 広小路通(ひろこうじ どおり)の地下を走る地下鉄東山線の本山駅は昭和38年(1963年)に開設された。同駅は当時、名古屋大学の最寄り駅で、本山駅から南へ伸びる山手グリーンロードは、名古屋大学の学生向けのオシャレなお店が並んでいる。

 平成15年(2003年)に地下鉄名城線が砂田橋(すなだばし)駅から名古屋大学(なごやだいがく)駅まで延伸され、本山駅が東山線と名城線の乗換駅となった。名城線は平成16年(2004年)に全線開業して環状運転を始め、本山は環状線のちょうど時計の2時のあたりに位置している。名古屋大学の最寄り駅は名古屋大学駅に譲ったが、本山駅は東山線と名城線の環状線東部をつなぐ重要な乗換駅として機能するようになった。

 本山駅の周辺には駅の北西方向に、愛知学院大学・楠元キャンパス、愛知学院大学短大部、城山八幡宮などがある。城山八幡宮の境内には、昭和3年(1928年)に建てられた「昭和塾堂」の建物がある。ここは「青年会」などの精神修養の場として使われ、戦争中は陸軍東海軍司令部となり、戦後は名古屋大学医学部、愛知県教育文化研究所、千種区役所仮庁舎などを経て、いまは愛知学院大学大学院歯学部研究棟として活用されている。

 また、山手グリーンロード沿いに進んでいくと、東側に織田信長(おだ のぶなが)の弟である信行(のぶゆき)が父の信秀(のぶひで)を弔うために建立された桃厳寺(とうがんじ)があり、そこには高さ10mの「名古屋大仏」が昭和62年(1987年)に建立された。

名古屋・本山エリアの主な駅

本山 / もとやま 駅
名古屋市営地下鉄 東山線名城線

motoyama1.jpg
本山駅前の山手グリーンロード

motoyama2.jpg
本山駅前の広小路通

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 名古屋・愛知
ジャンル : 地域情報

プロフィール

drughba

Author:drughba
日本国内・世界各国の行って面白かったところ、行ってみたいところ、興味深い都市、交通、地理、文化等。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード