兵庫・三木 存続危機の神鉄粟生線沿線に広がるニュータウン

三木
みき

日本国兵庫県三木市

兵庫・三木 存続危機の神鉄粟生線沿線に広がるニュータウン

 三木(みき)市は兵庫(ひょうご)県南部の播磨(はりま)地方にある人口約8万人の市。東が神戸(こうべ)市北区、南が神戸市西区と加古(かこ)郡の稲美(いなみ)町、西が加古川(かこがわ)市、小野(おの)市、北が加東(かとう)市、三田(さんだ)市とそれぞれ接している。

 三木市は、美嚢(みのう)郡の三木(みき)町、別所(べっしょ)村、細川(ほそかわ)村、口吉川(くちよかわ)村が昭和29年(1954年)に合併して発足。同年に、美嚢郡志染(しじみ)村も合併した。平成の大合併では、平成17年(2005年)に北東の美嚢郡吉川(よかわ)町を編入合併した。

 三木は、戦国時代に播磨国の別所氏によって築城された三木城の城下町として発展した。三木は姫路~有馬~京都を結ぶ街道にあり、交通の要衝であった。そのため、戦国時代には三木城をめぐって激しい合戦があり、特に織田(おだ)氏の羽柴秀吉(はしば ひでよし)と別所氏の別所長治(べっしょ ながはる)が争った三木合戦では、織田氏が勝利し、織田信長(おだ のぶなが)が播磨国を勢力下に置くことになった。

 三木城は江戸時代の初期の1615年(元和元年)に廃城になっている。江戸時代は金物産業の町として発展し、戦後は1970年代以降にニュータウン開発が進み、神戸のベッドタウンとしても発展している。

 旧・吉川町は、中国自動車道が通り、吉川IC(インターチェンジ)があるほか、吉川JCT(ジャンクション)で若狭舞鶴自動車道が分岐している。また、三木市を東西に山陽自動車道が通り、三木JCT、三木東IC、三木SA、三木小野ICがある。三木JCTからは、神戸淡路鳴門自動車道が分岐しており、明石海峡大橋方面へ伸びている。

 鉄道は、神戸電鉄(神鉄)粟生線が通り、三木市内に緑が丘(みどりがおか)、広野ゴルフ場前(ひろのゴルフじょうまえ)、志染(しじみ)、恵比須(えびす)、三木上の丸(みき うえのまる)、三木(みき)、大村(おおむら)の各駅がある。

 神鉄粟生線は、昭和11年(1936年)に三木電気鉄道として鈴蘭台(すずらんだい)~広野ゴルフ場前が開業し、翌年に三木東口(現・三木上の丸)まで延伸。翌昭和13年(1938年)に三木福有橋(現・三木)まで延伸した。三木電気鉄道は戦後、昭和22年(1947年)に神戸有馬電気鉄道に合併され、神有三木電気鉄道となった。そして昭和24年(1949年)に神戸電気鉄道となった。神鉄粟生線は昭和27年(1952年)に国鉄加古川線の粟生(あお)まで延伸されて全線開業となった。

 神鉄粟生線沿線は、緑が丘駅の北に広がる「緑が丘」や、志染駅の北東に広がる「自由が丘」などのニュータウンが開発され、住宅地が広がっている。緑が丘駅は、1面1線の小さな駅であるが、三木市の緑が丘のほか、神戸市西区の北山台や富士見が丘からも近く、利用者が多い。関西国際大学三木キャンパスの最寄り駅でもある。

 広野ゴルフ場前駅は、その名の通り、駅前に広野ゴルフ倶楽部のゴルフ場が広がっている。同ゴルフ場が昭和7年(1932年)にチャールズ・ヒュー・アリソン(Charles Hugh Alison)がコース設計を手がけた名コースであるが、神戸電鉄でゴルフプレーに出かける人は極めて少なく、駅の利用者の多くは緑が丘や自由が丘の住民である。

 志染駅は、2面3線のホームを持つ三木市の主要駅であり、粟生線の約半数の電車が同駅で折り返す。同駅は駅北東の自由が丘や駅西のさつき台のニュータウンの中心駅であり、利用者も多いが、近年は隣の恵比須駅を起点に自由が丘や緑が丘の住宅地を巡りながら、そのまま神戸市の三宮(さんのみや)まで直行する神姫バス恵比寿快速線が神鉄粟生線との激しい乗客争奪戦を繰り広げており、住宅地の近くを通り、しかも着席通勤できる神姫バスに客が流れている。

 路線バスとの競争で劣勢に立たされた神鉄粟生線は、ピーク時よりも年々利用客数が減少し、赤字路線になってしまった。粟生線は経費削減のため、志染~粟生の運転本数を日中1時間に1本まで減らした。志染から神戸寄りは15分間隔が維持されていたが、これも平成29年(2017年)春より日中30分に1本へと削減され、この利便性低下がさらなる客離れを招かないだろうか。沿線住民は少なくないので、鉄道を維持するためには、魅力ある駅前再開発が必要なのだろう。

 三木上の丸駅は、旧・三木城があったところで、三木市役所の最寄り駅である。三木上の丸駅から美嚢川の鉄橋を渡ると、旧市街地の中心部に三木駅がある。

 美嚢川の南側には、かつて三木鉄道三木線(三木~厄神/やくじん)の三木駅があった。三木線は、大正5年(1916年)に播州鉄道によって建設され、大正12年(1923年)に播但鉄道となり、さらに戦時中の昭和18年(1943年)に国有化され、国鉄三木線となった。三木線はもともと、美嚢川の舟運の代替のために建設され、厄神から加古川線に乗り入れて、山陽本線の加古川駅まで結んでいたが、通勤需要がある神戸方面とは逆方向であったため、利用客は少なかった。そのため、神鉄粟生線が開業するとさらに乗客が減り、赤字ローカル路線となり、昭和60年(1985年)に国鉄三木線は第3セクターの三木鉄道に移管された。

 しかしながら、三木鉄道として分離すると、国鉄加古川線と運転系統が分離され、加古川への直通列車がなくなったため、さらに利用者が減ってしまった。結局、平成18年(2006年)に財政削減のため三木鉄道の廃止を掲げる候補者が三木市長に当選し、平成20年(2008年)に三木鉄道が廃止された。三木鉄道は三木市内に三木、高木(たかぎ)、別所(べっしょ)、西這田(にしほうだ)、石野(いしの)、下石野(しもいしの)の各駅があった。

 三木鉄道の廃止後、旧・三木駅は三木鉄道記念公園となり、旧・三木駅駅舎が「三木鉄道ふれあい館」となり、車庫跡地は「MIKI夢ステーション」として農産物販売所となり、旧ホーム跡は旧線路を利用したサイクルトロッコが運転できるよう整備された。三木鉄道廃止後の代替バスは厄神駅から旧・三木鉄道三木駅を経由して神鉄粟生線・恵比須駅まで運行しており、かつて駅が離れていた時代より便利になっている。一方で、鉄道のあった時代の記憶をこのような施設として残し、地域活性化に活用しており、ただ単に廃止されただけではなく、その面影を訪ねる旅ができるのは三木市観光の魅力の一つでもある。

三木エリアの主な駅

志染 / しじみ 駅
神戸電鉄 粟生線

緑が丘 / みどりがおか 駅
神戸電鉄 粟生線

三木 / みき 駅
神戸電鉄 粟生線

恵比須 / えびす 駅
神戸電鉄 粟生線

miki1.jpg
神鉄粟生線・緑が丘駅

miki2.jpg
神鉄粟生線・志染駅

miki3.jpg
神鉄粟生線・志染駅

miki4.jpg
神鉄粟生線・志染駅

miki5.jpg
神鉄粟生線・志染駅

miki6.jpg
神鉄粟生線・志染駅

miki7.jpg
神鉄粟生線・志染駅

miki8.jpg
志染駅の時刻表(2016年)

miki9.jpg
志染駅南の街並み

miki10.jpg
志染・自由が丘の街並み

miki11.jpg
美嚢川の鉄橋を渡る神鉄粟生線

miki12.jpg
三木市中心部を走る神鉄粟生線

miki13.jpg
神鉄粟生線・三木駅

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 兵庫県
ジャンル : 地域情報

京都・嵯峨 嵯峨天皇の大覚寺と嵯峨野観光トロッコ列車

京都・嵯峨
きょうと・さが

日本国京都府京都市右京区

京都・嵯峨 嵯峨天皇の大覚寺と嵯峨野観光トロッコ列車

 嵯峨(さが)は、京都(きょうと)市の右京(うきょう)区にある地区で、JR西日本・山陰本線(嵯峨野線)の嵯峨嵐山(さが あらしやま)駅と嵯峨野観光鉄道のトロッコ嵯峨駅、京福電鉄(嵐電)嵐山本線の嵐電嵯峨(らんでん さが)駅がある。

 京都を代表する観光地の一つである嵯峨と嵐山はよく混同されるが、厳密には桂川(かつらがわ)の南の西京区側が嵐山で、北の右京区側が嵯峨であり「嵯峨野」(さがの)とも呼ばれる。ところが実際には、見どころは嵯峨側に集中し、嵐電の嵐山駅や天龍寺(てんりゅうじ)、竹林の道などは嵯峨側にあり、しかも「嵐山」のイメージとして定着していることから、このエリアも含めて「嵐山」と呼ばれることが多い。

 嵯峨野は、平安時代に嵯峨天皇が離宮として嵯峨院を造営し、嵯峨天皇が崩御した後に「大覚寺」(だいがくじ)となった。大覚寺は大沢池が美しく、嵯峨天皇および歴代天皇の直筆の般若心経が収蔵されている。嵯峨の地名は、嵯峨天皇の嵯峨院に由来するもので、大覚寺周辺を嵯峨と呼ばれるようになった。

 JR西日本・山陰本線(嵯峨野線)の嵯峨嵐山駅は、明治30年(1897年)に京都鉄道の嵯峨駅として開業した(明治40年に国有化)。北約1キロに大覚寺があり、最寄り駅であるが、嵐山の象徴である渡月橋の近くに京福電鉄(嵐電)の嵐山駅が開設され、観光面では嵯峨駅は観光地の「嵐山」エリアと少し離れており、利用しにくかった。

 一方、その南を走る嵐電・嵐山本線は、明治43年(1910年)に嵐山電車軌道の嵯峨停車場前駅が開設され、大正14年(1925年)に嵯峨駅前駅となり、国鉄・嵯峨駅との乗り換えの便を図っていた。

 地味だったJR山陰本線・嵯峨駅が生まれ変わるきっかけとなったのが、平成元年(1989年)に嵯峨~保津峡(ほづきょう)~馬堀(うまほり)の保津川沿いを走る単線区間を新線トンネルにより複線化した。これにより、山陰本線の輸送力が増え、スピードアップも果たしたが、一方で景色がよかった保津川沿いの区間が廃止された。この廃線区間を観光に再活用しようと、嵯峨野観光鉄道が設立され、平成3年(1991年)から同区間をトロッコ列車が走るようになった。

 JR嵯峨駅のすぐ隣にトロッコ嵯峨駅が設けられ、嵯峨駅は嵯峨野観光トロッコ列車の乗り換え駅となった。その中で、JR嵯峨駅は平成6年(1994年)に嵯峨嵐山駅に改称され、嵐山観光の玄関駅としての知名度向上を図っている。平成23年(2011年)には、嵯峨野観光鉄道20周年を記念して、トロッコ嵯峨駅に京都をイメージした鉄道模型ジオラマの「ジオラマ・京都・JAPAN」が開設された。

京都・嵯峨エリアの主な駅

嵯峨嵐山 / さがあらしやま 駅
JR西日本 山陰本線(嵯峨野線)
トロッコ嵯峨 / トロッコさが 駅
嵯峨野観光鉄道 嵯峨野観光線

嵐電嵯峨 / らんでんさが 駅
京福電鉄(嵐電) 嵐山本線

sagano1.jpg
JR嵯峨野線・嵯峨嵐山駅

sagano2.jpg
JR嵯峨嵐山駅に隣接する嵯峨野観光鉄道トロッコ嵯峨駅

sagano3.jpg
JR嵯峨嵐山駅

sagano4.jpg
トロッコ嵯峨駅の京都をイメージした鉄道模型ジオラマ

sagano5.jpg
嵐電嵯峨駅
 

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 京都
ジャンル : 旅行

兵庫 川西・平野 能勢電鉄と三ツ矢サイダー発祥の地

川西・平野
かわにし・ひらの

日本国兵庫県川西市

兵庫 川西・平野 能勢電鉄と三ツ矢サイダー発祥の地

 平野(ひらの)は、兵庫(ひょうご)県の川西(かわにし)市にある中部にある地区で、能勢電鉄・妙見線の平野駅がある。

 能勢電鉄は、能勢妙見山(のせ みょうけんざん)への輸送を目的に建設され、大正2年(1913年)に能勢口(現・川西能勢口)~一ノ鳥居(いちのとりい)が開業し、平野駅も開設された。妙見線は大正12年(1923年)に一ノ鳥居~妙見(現・妙見口)まで延伸された。

 平野駅には能勢電鉄の本社が置かれ、車両基地もある。ホームは2面3線で、特急「日生エクスプレス」や日生急行なども停車し、朝は普通電車が特急「日生エクスプレス」との緩急接続を行っている。

 平野駅の西側には緑台や向陽台、水明台などのニュータウンの住宅地が広がっており、能勢電鉄は朝夕に通勤客で混雑する。能勢電鉄は川西能勢口駅で阪急電鉄・宝塚線と接続しており、朝夕は特急「日生エクスプレス」が阪急宝塚線と直通運転し、大阪の梅田(うめだ)駅と直結している。

 平野駅の周辺は、かつては川辺(かわべ)郡の多田(ただ)村であり、昭和29年(1954年)に川西町および東谷(ひがしたに)村と合併して川西市の一部となった。平野駅の南西約300mのところに、「多太神社」(たぶとじんじゃ)がある。この「多太」が「多田」の地名の由来になったようだが、能勢電鉄の多田駅の西約1キロのところには「多田神社」(ただじんじゃ)があり、こちらは清和源氏の霊廟として、源満仲(みなもと の みつなか)をはじめとする多田源氏を祀っている。

 平野~一の鳥居の間に、平野鉱泉という炭酸泉がある。この泉を利用して、明治時代に宮内省が炭酸水の御料工場を建て、後に払い下げられ、明治屋により明治17年(1884年)に「三ツ矢平野水」として販売されるようになった。これがあの「三ツ矢サイダー」のルーツである。明治40年(1907年)に帝国礦泉が設立され、砂糖などを加えたサイダーの味の「三ツ矢シャンペンサイダー」が販売されるようになり、その後、大正11年(1922年)に合併により「日本麦酒鑛泉」(ユニオンビール)の傘下となり、戦後にアサヒビールの傘下となって「三ツ矢サイダー」として日本国民に定着した。

 能勢電鉄は、この平野の三ツ矢平野水、三ツ矢サイダーの貨物輸送が行われていたが、平野でのサイダーは昭和29年(1954年)に終了した。工場の跡地はアサヒビール系列の「サンシャイン平野」というホームセンターとなり、「三ツ矢記念館」が三ツ矢サイダーの歴史を伝えていたが、平成17年(2005年)に「サンシャイン平野」が閉店した際に三ツ矢記念館も閉鎖され、三ツ矢サイダーの歴史を伝える遺構は残っているものの、記念館が閉館したのは残念である。「サンシャイン平野」の跡地は「コーナン」川西平野店となっている。

 この先、トンネルを抜けたところにある、一の鳥居(いちのとりい)駅は、かつて妙見山の参道の入口として最初の鳥居があった。この鳥居は、平成7年(1995年)の阪神淡路大震災で倒壊してしまったが、北東にある能勢カントリー倶楽部に一の鳥居が再建された。

 一の鳥居駅前には大阪青山大学・大阪青山短期大学の北摂キャンパスがあり、併設されている大阪青山歴史文学博物館は、天守閣の建物が美しいが、ここは本来のお城ではなく、平成11年(1999年)に“築城”された博物館である。現代建築の“城”ではあるが、能勢電鉄の車窓の見どころの一つとなっている。

川西・平野エリアの主な駅

平野 / ひらの 駅
能勢電鉄 妙見線

多田 / ただ 駅
能勢電鉄 妙見線

一の鳥居 / いちのとりい 駅
能勢電鉄 妙見線

kawanishihirano1.jpg
能勢電鉄妙見線・平野駅

kawanishihirano2.jpg
能勢電鉄の車両基地が併設されている平野駅

kawanishihirano3.jpg
一の鳥居駅前に建つ大阪青山歴史文学博物館の“天守閣”

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 兵庫県
ジャンル : 地域情報

和歌山・紀の川 粉河寺と青洲の里、たま駅長、紀ノ川流域のまち

紀の川
きのかわ

日本国和歌山県紀の川市

和歌山・紀の川 粉河寺と青洲の里、たま駅長、紀ノ川流域のまち

 紀の川(きのかわ)市は、和歌山(わかやま)県北部にある人口約6万人の市。西が岩出(いわで)市と和歌山市、南が海南(かいなん)市と海草(かいそう)郡の紀美野(きみの)町、東が伊都(いと)郡かつらぎ町、北が大阪(おおさか)府の岸和田(きしわだ)市、貝塚(かいづか)市、泉佐野(いずみさの)市、泉南(せんなん)市と接している。

 紀の川市は、平成17年(2005年)に那賀(なが)郡の那賀町、打田(うちた)町、粉河(こかわ)町、貴志川(きしがわ)町、桃山(ももやま)町が合併して発足した。東から西へ紀ノ川(きのかわ)が流れ、その北にJR西日本・和歌山線が通り、下井阪(しもいさか)、打田、紀伊長田(きい ながた)、粉河、名手(なて)の各駅がある。また、市の南から貴志川が流れ、紀ノ川に注いでおり、旧・貴志川町に和歌山電鐵貴志川線が通り、貴志(きし)、甘露寺前(かんろじまえ)、西山口(にしやまぐち)、大池遊園(おいけゆうえん)の各駅がある。両線ともJR和歌山駅を結んでいる。

 紀の川市役所は、旧・打田町役場が本庁舎となっており、JR和歌山線の打田駅が最寄り駅である。打田駅は快速も停車する主要駅で、打田町が紀の川市になっても駅名が打田の地名を残している。

 粉河駅も紀の川市における主要駅の一つで、旧・粉河町の代表駅だった。快速が停車するほか、和歌山からの一部の電車がここで折り返す。粉河駅から約1キロ北に粉河寺や粉河産土神社がある。粉河寺は千手千眼観音菩薩を本尊とする天台宗の粉河観音宗の総本山で、粉河駅から粉河寺まで門前町として市街地が広がっている。粉河駅からは、犬鳴山(いぬなきさん)を越えて大阪府泉佐野市に入り、熊取(くまとり)町のJR阪和線・熊取駅まで結ぶ路線バスが運行されている。

 名手駅は、旧・那賀町だった駅で、駅の近くに旧名手宿本陣の歴史建造物が保存されている。駅の北東にある「青洲の里」は、江戸時代に世界で初めて全身麻酔の手術を成功させた外科医の華岡青洲(はなおか せいしゅう)を顕彰する公園で、住居兼病院だった建物が再整備された上で「春林軒」として公開され、華岡青洲の歴史や功績を展示する「フラワーヒルミュージアム」がある。

 紀ノ川の南の貴志川町にある和歌山鐵道貴志川線の終点の貴志駅は、平成18年(2006年)に南海電鉄から和歌山鐵道に移管されてから、積極的な経営が模索され、駅の売店の飼い猫の「たま」を駅長に就任させるなどの話題作りにより、日本各地から和歌山鐵道に乗って「たま」を見に観光客が訪れるようになった。平成22年(2010年)には「たま」をモチーフにした新駅舎も完成した。「たま」駅長は平成27年(2015年)に死去し、三毛猫の「たま2世(ニタマ)」が駅長を継いでいる。

紀の川エリアの主な駅

打田 / うちだ 駅
JR西日本 和歌山線

粉河 / こかわ 駅
JR西日本 和歌山線

名手 / なて 駅
JR西日本 和歌山線

貴志 / きし 駅
和歌山鐵道 貴志川線

kinokawa1.jpg
JR和歌山線・打田駅

kinokawa2.jpg
JR和歌山線・粉河駅

kinokawa3.jpg
JR和歌山線・粉河駅

kinokawa4.jpg
JR和歌山線・粉河駅

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報
ジャンル : 地域情報

兵庫 神戸・押部谷 押部谷の住宅地を走る神戸電鉄と神姫バス

神戸・押部谷
こうべ・おしべだに

日本国兵庫県神戸市西区

兵庫 神戸・押部谷 押部谷の住宅地を走る神戸電鉄と神姫バス

 押部谷(おしべだに)は、兵庫(ひょうご)県の神戸(こうべ)市、西(にし)区にある地区。現在は神戸市の一部となっているが、かつては明石(あかし)郡の押部谷村で播磨国(はりまのくに)側に属していた。昭和22年(1947年)に神戸市に編入された。編入後は神戸市垂水(たるみ)区押部谷町となったが、昭和57年(1982年)の垂水区の分区により、神戸市西区押部谷町となった。

 押部谷地区には神戸電鉄(神鉄)粟生線が通り、旧・押部谷村のエリアには木津(きづ)、木幡(こばた)、栄(さかえ)、押部谷などの駅がある。神鉄粟生線は、神戸有馬電気鉄道を前身とする神鉄有馬線とは異なり、昭和11年(1936年)に三木電気鉄道として鈴蘭台(すずらんだい)~広野ゴルフ場前(ひろのゴルフじょうまえ)が開業し、昭和13年に三木福有橋(現・三木)まで延伸された。戦後の昭和22年(1947年)に三木電鉄と神戸有馬電鉄が合併して神有三木電気鉄道となり、昭和24年(1949年)に現在の神戸電気鉄道となった。昭和27年(1952年)に粟生まで延伸され、神鉄粟生線が全線開業した。

 鈴蘭台駅から有馬線と分かれる粟生線は、西鈴蘭台駅から藍那(あいな)の山岳部を走り抜けると明石川が流れる押部谷の農地や住宅街が広がり、木津、木幡、栄、押部谷と駅が続く。このあたりは1970年代に沿線開発された住宅街が広がり、神鉄粟生線は登山鉄道のような急勾配が続くが、この沿線住民を神戸市中心部に運ぶ役割を担い、沿線人口の増加にともない旅客輸送量も成長していた。沿線には秋葉台、桜が丘、月が丘、美穂が丘、富士見が丘などのニュータウンがある。

 ところが、阪神高速7号北神戸線や阪神高速32号新神戸トンネルなど神戸市北部の都市高速道路が整備されると、三木市から押部谷を経由して新神戸トンネルを使って神戸市中心部の三宮(さんのみや)へ直行する神姫バス恵比寿快速線が平成13年(2001年)より運行を開始し、神鉄粟生線の強力なライバルとなった。

 神鉄粟生線は湊川(みなとがわ)や新開地(しんかいち)へ出るのは便利だが、ビジネスと商業の中心地である三宮へ出るには新開地駅で乗り換える必要があり、しかも神戸高速鉄道の運賃が加算されるため比較的割高となる。神姫バスは三宮まで神鉄利用より割安となるよう値段設定しており、時間的にも運賃的にも優位性があり、神鉄粟生線の利用客を次々と獲得していった。

 このため近年、神鉄粟生線は利用客減少が続き、赤字路線になってしまい、路線廃止も検討されるなど存続の危機となっている。都市鉄道であるが山岳路線であるため、運行コストが高いことも課題となっている。沿線人口密度が高いにもかかわらず、有効に活用できていないところが実にもどかしい。神鉄は木津や藍那を通過する急行を増やして新開地へスピードアップを図っているが、神姫バスへの流出は止まらないようだ。

 神鉄利用者を増やすにはどうしたらよいか。例えば、三宮までの割引切符で神姫バスと値段をそろえる。新開地駅の駅ナカ施設の充実化で乗り換えの楽しみを増やす。沿線途中の鈴蘭台駅か西鈴蘭台駅に魅力的な商業施設を開発して粟生線~鈴蘭台の利用を増やす。押部谷地区の各駅前にタワーマンションを建てて駅チカ人口を増やし、鉄道利用を促進する。名鉄のように転換クロスシート車両を導入し、乗り心地を向上させて鉄道利用へ誘導する。沿線に学校を誘致して神戸市内→押部谷地区の通学客を増やす、などはどうだろうか。いったん廃止されたらもう戻らないので、なんとか長期的な視点で沿線再開発を期待したい。

 複線化の途上で利用客低迷により中断し、複線区間と単線区間が混在する粟生線は木津~押部谷は複線であるが、押部谷から先は単線となる。三木市の志染(しじみ)駅までは日中15分間隔が維持されていたが、志染~粟生は日中1時間1本に大幅削減された。さらに平成29年(2017年)からは西鈴蘭台~志染も日中30分間隔に削減されるとのことで、そうなればさらに鉄道離れが進む悪循環に陥りかねない。粟生線廃止をなんとか回避するためにも、根っことなる神戸市内の区間の利用客増強が急務となっている。がんばれ神戸電鉄!!

神戸・押部谷エリアの主な駅

押部谷 / おしべだに 駅
神戸電鉄 粟生線

木幡 / こばた 駅
神戸電鉄 粟生線

oshibedani1.jpg
駅前開発が期待できそうな神戸電鉄粟生線・木幡駅

oshibedani2.jpg
神戸電鉄粟生線・押部谷駅

oshibedani3.jpg
神戸電鉄粟生線・押部谷駅

oshibedani4.jpg
押部谷の住宅街を走る神戸電鉄粟生線

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 神戸
ジャンル : 地域情報

京都・太秦 太秦広隆寺と映画村

京都・太秦
きょうと・うずまさ

日本国京都府京都市右京区

京都・太秦 太秦広隆寺と映画村

 太秦(うずまさ)は、京都(きょうと)市の右京(うきょう)区にある地区。太秦は、秦(中国)から渡来した豪族の秦(はた)氏が機(はた)織りの技術を持ち、絹の布を「うず高く」積み上げたことから、朝廷から「禹豆満佐」(うずまさ)の氏が与えられ、それが後に「太秦」と漢字が当てられ、それが地名となった。

 その秦氏の氏寺であるのが太秦の「広隆寺」(こうりゅうじ)で、平安京(へいあんきょう)の遷都より前の7世紀前半に建立された京都最古の寺と言われている。聖徳太子(しょうとくたいし)を本尊とし、霊宝殿には国宝の木造弥勒菩薩半跏像(みろくぼさつはんかぞう)が収蔵されている。

 広隆寺の楼門前には併用軌道で京福電鉄(嵐電)嵐山本線が走り、太秦広隆寺(うずまさ こうりゅうじ)駅がある。同駅は明治43年(1910年)に太秦駅として開業した駅で(大正3年~昭和19年は太子前駅)、平成19年(2007年)に太秦広隆寺駅に改称され、広隆寺の最寄り駅であることがより明確になった。

 JR西日本・山陰本線(嵯峨野線)の太秦駅は平成元年(1989年)に花園(はなぞの)~嵯峨嵐山(さが あらしやま)間に開設された。嵐電の太秦広隆寺駅からは北西に約600mほど離れている。JR太秦駅の200mほど南に嵐電の帷子ノ辻(かたびらのつじ)駅があり、嵐山(あらしやま)~帷子ノ辻~四条大宮(しじょう おおみや)を結ぶ嵐山本線と、帷子ノ辻~北野白梅町(きたの はくばいちょう)を結ぶ嵐電北野線が発着している。嵐電北野線には平成28年(2016年)に帷子ノ辻駅の北東約200mのところに撮影所前(さつえいしょまえ)駅が開設され、JR太秦駅との乗り換えがより近くなった。

 嵐電・撮影所前駅およびJR太秦駅は、映画スタジオである「東映京都撮影所」の最寄り駅であり、駅の東側に撮影スタジオが広がり、時代劇などのテレビドラマや映画の撮影が行われている。東映京都撮影所は大正14年(1925年)に阪東妻三郎プロダクション太秦撮影所として開設され、新興キネマや大映、東横映画を経て、戦後の昭和26年(1951年)に東映京都撮影所となった。また、そのさらに東側には時代劇の世界を体験できるテーマパーク「東映太秦映画村」が京都らしい観光スポットとなっている。

 嵐電嵐山本線の蚕ノ社(かいこのやしろ)駅の四条大宮寄りの併用軌道に平成20年(2008年)に開設された嵐電天神川(らんでん てんじんがわ)駅は、同年に開業した京都市営地下鉄・東西線の太秦天神川(うずまさ てんじんがわ)駅との乗り換え駅。駅前に右京区役所がある。地下鉄東西線は、二条城(にじょうじょう)や、地下鉄烏丸線との乗り換え駅である烏丸御池(からすま おいけ)駅、京都市役所、京阪電車との乗り換えの三条京阪(さんじょう けいはん)、さらに京阪京津線に直通して大津(おおつ)市の浜大津(はまおおつ)駅まで結んでおり、京都の東西の移動が非常に便利になった。

 地下鉄東西線は今後、洛西ニュータウン方面への延伸構想があるが、膨大な建設費がかかることから計画は中断している。どうせなら、太秦広隆寺のあたりまで連絡線を造って嵐電と直通運転したほうが便利になるのではないか。京阪京津線も併用軌道があるので、嵐電もホーム延長などの改良をすればそのまま乗り入れられそうな感じもする。

京都・太秦エリアの主な駅

太秦広隆寺 / うずまさこうりゅうじ 駅
京福電鉄(嵐電) 嵐山本線

太秦 / うずまさ 駅
JR西日本 山陰本線(嵯峨野線)
撮影所前 / さつえいしょまえ 駅
京福電鉄(嵐電) 北野線
帷子ノ辻 / かたびらのつじ 駅
京福電鉄(嵐電) 嵐山本線、北野線

太秦天神川 / うずまさてんじんがわ 駅
京都市営地下鉄 東西線
嵐電天神川 / らんでんてんじんがわ 駅
京福電鉄(嵐電) 嵐山本線

uzumasa1.jpg
嵐電・太秦広隆寺駅

uzumasa2.jpg
嵐電と太秦広隆寺の楼門

uzumasa3.jpg
嵐電・帷子ノ辻駅

uzumasa4.jpg
嵐電・帷子ノ辻駅

uzumasa5.jpg
嵐電・帷子ノ辻駅

uzumasa6.jpg
嵐電天神川駅

uzumasa7.jpg
京都地下鉄東西線・太秦天神川駅

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 京都旅行
ジャンル : 旅行

兵庫 神戸・有馬 日本三古湯の有馬温泉

神戸・有馬
こうべ・ありま

日本国兵庫県神戸市北区

兵庫 神戸・有馬 日本三古湯の有馬温泉

 有馬(ありま)は、兵庫(ひょうご)県の神戸(こうべ)市、北(きた)区にある地区で、日本三古湯(さんことう)の一つである有馬温泉で知られる。

 有馬は、六甲山地の北側にあり、古くから温泉が湧くことで知られ、日本人に愛されてきた。神戸市内でありながらも、神戸の市街地から見ると六甲山地の裏側に位置するため、有馬に鉄道が通じたのは三田(さんだ)から国鉄有馬線が有馬駅まで開業した大正4年(1915年)のことだった。その後、神戸有馬電気鉄道(現・神戸電鉄)の有馬線(湊川~有馬温泉)が建設され、昭和3年(1928年)により温泉街に近い場所に有馬温泉駅(開業時は電鉄有馬駅)ができて、神戸中心部と直結し、さらに唐櫃(現・有馬口)駅から三田線が三田までつながった。この結果、先に開業した国鉄有馬線は競争力を失い、戦時中の昭和18年(1943年)に廃止された。

 神戸電鉄は、有馬線と三田線が実質的には直通運転(新開地~有馬口~三田)しており、有馬線の有馬口(ありまぐち)~有馬温泉(ありまおんせん)は運行上は朝夕を除きほぼ支線扱いとなっており、有馬温泉へ向かうには有馬口駅で乗り換える必要がある。

 有馬口駅を出発すると単線となり、阪神高速7号北神戸線の有馬口出入口が見える、そこからさらに山に入っていき、トンネルを抜けると有馬温泉駅に着く。神戸電鉄のローカル線のムードも悪くはないが、有馬温泉ブランドを生かして、神戸の新開地(しんかいち)駅から少し豪華な有料特急を走らせたら新たな需要が喚起されるのではないかとも思う。新幹線の新神戸(しんこうべ)駅へは有馬線の谷上(たにがみ)駅から北神急行に乗り換えると近いが、神戸電鉄と北神急行は線路の幅が異なるので直通運転できないのが残念なところだ。

 有馬温泉駅は、有馬街道の太閤橋のすぐそばにあり、南側に温泉街が広がっている。お土産屋が並ぶ通りを進んでいくと、阪急バスの有馬温泉バスターミナルがある。阪急電鉄・宝塚線の前身は、箕面有馬電気軌道で、かつて宝塚から有馬への延伸計画があった。その鉄道路線は実現しなかったが、大阪梅田から有馬温泉へ阪急バスが有馬急行線を運行している。また、西日本JRバスも新神戸駅や大阪駅を結ぶ有馬エクスプレス号を運行しており、鉄道交通が不便な有馬温泉へのアクセスを補完している。

 有馬温泉は、温泉街の雰囲気があり、お土産屋や飲食店が並ぶ湯本坂があるほか、温泉旅館があり、また日帰り入浴としても便利なのは、「金の湯」と「銀の湯」が代表的な公衆浴場として知られている。

 「金の湯」は、鉄分が酸化した赤茶色の強塩湯であり、太閤泉源から引いたナトリウム塩化物泉である。飲泉場もあるが、味は鉄臭い。天然温泉らしさが感じられる有馬温泉の代表的な温泉である。

 一方、「銀の湯」は、無色透明の炭酸泉にラジウム泉をブレンドしており、金の湯とは違う個性がある。「銀の湯」からさらに歩いていくと炭酸泉源広場があり、炭酸泉が湧いている。天然のサイダーで、この炭酸泉を飲むことができる蛇口がある。この炭酸泉水を混ぜて焼き上げたのがほのかな甘さと薄くてパリパリ感がおいしい有馬名産の「炭酸せんべい」であり、有馬温泉定番のお土産の一つである。

 このほか、奈良時代の724年に行基(ぎょうき)が創建した「温泉寺」や、湯気を勢いよく上げている泉源など、温泉街の散策が楽しい。有馬温泉の温泉街を南へ六甲山方面に歩いていくと、六甲有馬ロープウェー裏六甲線の有馬温泉駅があり、ここから六甲山頂(ろっこうさんちょう)駅まで行くことができる。以前は、さらに六甲有馬ロープウェー表六甲線で表六甲駅まで行き、そこから六甲ケーブルで六甲ケーブル下まで行くことができたが、平成16年(2004年)より六甲有馬ロープウェー表六甲線が休止となり、その間はバス連絡となっている。

有馬エリアの主な駅

有馬温泉 / ありまおんせん 駅
神戸電鉄 有馬線(有馬温泉支線)

有馬温泉 / ありまおんせん 駅
六甲有馬ロープウェー 裏六甲線

有馬口 / ありまぐち 駅
神戸電鉄 三田線、有馬線、有馬線(有馬温泉支線) 

arima1.jpg
神戸電鉄・有馬温泉駅

arima2.jpg
神戸電鉄・有馬温泉駅

arima3.jpg
神戸電鉄・有馬温泉駅

arima4.jpg
神戸電鉄・有馬温泉駅

arima5.jpg
有馬温泉駅前の街並み

arima6.jpg
有馬温泉の街並み

arima7.jpg
阪急バス有馬温泉ターミナル

arima8.jpg
有馬温泉・金の湯

arima9.jpg
金の湯の飲泉場

arima10.jpg
有馬温泉・銀の湯

arima11.jpg
炭酸泉の源泉

arima12.jpg
炭酸泉が飲める蛇口

arima13.jpg
有馬・温泉寺

arima14.jpg
有馬・極楽寺

arima15.jpg
有馬天神源泉

arima16.jpg
有馬温泉の街並み

arima17.jpg
有馬温泉の街並み

arima18.jpg
神戸電鉄・有馬口駅

arima19.jpg
神戸電鉄・有馬口駅

arima20.jpg
神戸電鉄・有馬口駅

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 温泉♪
ジャンル : 旅行

和歌山・岩出 紀の川渡るJR和歌山線と開発進む国道24号線沿線

岩出
いわで

日本国和歌山県岩出市

和歌山・岩出 紀の川渡るJR和歌山線と開発進む国道24号線沿線

 岩出(いわで)市は、和歌山(わかやま)県北部にある人口約5万人の市。東と南が紀の川(きのかわ)市、西が和歌山市、北が大阪(おおさか)府の阪南(はんなん)市、泉南(せんなん)市と接している。

 岩出市は、もともと那賀(なが)郡の岩出町であったが、人口の増加により、平成18年(2006年)に市制を施行し、岩出市となった。

 岩出市は和歌山県の県庁所在地である和歌山市に接しているのみならず、和泉山脈を挟んで大阪府とも接しており、特に平成6年(1994年)の関西国際空港開港後、大阪府へ自動車で通勤しやすい和泉山脈の麓の紀泉台や桜台でニュータウン開発が進み、人口が増えている。

 紀の川の北を東西に貫き、岩出から和歌山市を結んでいる国道24号線の沿線は人口が増えるにつれ商店も増え、和歌山市側のJR西日本・阪和線の紀伊(きい)駅から大阪方面に通勤する岩出市民も多い。また、県道63号線で和泉山脈を北上して大阪府泉南市の和泉砂川(いずみ すながわ)方面へ抜けることもできる。京都・奈良から和歌山県を結ぶ京奈和自動車道の岩出根来IC(インターチェンジ)は、さらに西へ工事が進んでおり、近い将来、阪和自動車道までつながり、大阪方面への道路交通がますます便利になる。

 岩出市にはJR西日本・和歌山線の岩出駅と船戸(ふなと)駅がある。岩出駅は岩出市の中心駅であり、ラッシュ時に運行される快速も停車する。岩出駅からいったん和歌山線で和歌山駅まで出て、JR阪和線に乗り換えて大阪方面へ通勤する人も多い。岩出市は大阪府南部との結びつきが強いことから、岩出駅からJR和泉砂川駅、南海電鉄・樽井駅、りんくうタウン方面への路線バスも運行されている。

 岩出駅から和歌山方面へ、紀の川を渡って南側にあるのが船戸駅で、船戸駅は和歌山市東部や紀の川市の利用者が多い。

岩出エリアの主な駅

岩出 / いわで 駅
JR西日本 和歌山線

iwade1.jpg
JR和歌山線・岩出駅

iwade2.jpg
岩出市を流れる紀の川

iwade3.jpg
紀の川を渡るJR和歌山線の鉄橋

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 和歌山
ジャンル : 地域情報

兵庫・丹波 春日局の故郷、「山の駅」を移築した柏原駅

丹波
たんば

日本国兵庫県丹波市

兵庫・丹波 春日局の故郷、「山の駅」を移築した柏原駅

 丹波(たんば)市は、兵庫(ひょうご)県中東部にある人口約6万人の市。南が篠山(ささやま)市、西脇(にしわき)市、西が多可(たか)郡の多可町、朝来(あさご)市、北東が京都府の福知山(ふくちやま)市と接している。

 丹波市は、丹波国(たんばのくに)の主要部を占める氷上(ひかみ)郡の氷上町、柏原(かいばら)町、山南(さんなん)町、春日(かすが)町、市島(いちじま)町、青垣(あおがき)町の6町が平成16年(2004年)に合併して発足した。

 丹波国は、兵庫県東部から京都県西部にまたがり、兵庫県の丹波市および篠山市、京都府の福知山市の南部、綾部(あやべ)市、京丹波(きょうたんば)町、南丹(なんたん)市、亀岡(かめおか)市などを含む。一方、丹波市の西は、朝来市が但馬国(たじまのくに)、多可町や西脇市が播磨国(はりまのくに)であり、歴史的に丹波国氷川郡は但馬・播磨とも交流が深かった。

 丹波市には、JR西日本の福知山線と加古川線が走っており、福知山線の下滝(しもたき)、谷川(たにかわ)、柏原(かいばら)、石生(いそう)、黒井(くろい)、市島(いちじま)、丹波竹田(たんば たけだ)の各駅と、谷川駅から分岐する加古川線の久下村(くげむら)駅がある。

 丹波市の中心となる駅は旧・柏原町にある柏原駅で、福知山線を走る特急「こうのとり」が停車する。「かいばら」と読む難読駅名で、大阪府の柏原(かしわら)駅、滋賀県の柏原(かしわばら)駅と同じ漢字でまぎらわしいが、それぞれ読み方が違う。柏原駅の駅舎は、平成2年(1990年)に大阪市で開催された「国際花と緑の博覧会」(大阪花博)で運行されたSL義経「ドリームエキスプレス」の「山の駅」が閉会後に移築されたもので、柏原のシンボルとなっている。柏原駅前には、女流俳人の田捨女(でん すてじょ)と、JR福知山線の前身である阪鶴鉄道の社長を務めた田艇吉(でん ていきち)の像がある。

 谷川駅は旧・山南町の代表駅で、福知山線と加古川線が分かれている。福知山線の特急「こうのとり」の一部が停車する。福知山線の谷川から下滝方面は篠山川沿いを走り、峡谷の車窓が美しい。旧・山南町には加古川線の久下村駅の西に円応教(えんのうきょう)の本部がある。加古川線の列車は運転本数が少なく、運転区間も西脇市駅までで、加古川方面へは西脇市で乗り換える必要がある。

 石生駅は旧・氷上町にある駅であるが、丹波市役所がある市街地へは距離が離れている。石生駅の北西約1キロのところに北近畿豊岡自動車道の氷上IC(インターチェンジ)がある。

 黒井駅は旧・春日町にあり、江戸幕府3代将軍・徳川家光(とくがわ いえみつ)の乳母である春日局(かすがのつぼね)の生誕の地である。特急「こうのとり」の一部が停車する。黒井駅の北には春日局が生誕した興禅寺(こうぜんじ)や、戦国時代の山城があった黒井城跡などがある。また、黒井駅の東約1キロのところには舞鶴若狭自動車道の春日ICがあり、春日JCT(ジャンクション)からは北近畿豊岡自動車道が分かれている。

 市島駅は旧・市島町にあり、駅のそばには竹田川が流れている。その北の丹波竹田駅も旧・市島町の駅で、最近の竹田城ブームで間違って下車する人がいるのだという。竹田城は隣の朝来市にあり、あちらは丹波国ではなく但馬国。最寄り駅はJR播但線の竹田駅だ。

丹波エリアの主な駅

柏原 / かいばら 駅
JR西日本 福知山線

谷川 / たにかわ 駅
JR西日本 福知山線、加古川線

黒井 / くろい 駅
JR西日本 福知山線

tanba1.jpg
大阪花博「山の駅」を移築した福知山線・柏原駅の駅舎

tanba2.jpg
福知山線・柏原駅に停車する特急「こうのとり」

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 兵庫県
ジャンル : 地域情報

京都・東寺 五重塔が美しい真言宗の東寺

京都・東寺
きょうと・とうじ

日本国京都府京都市南区

京都・東寺 五重塔が美しい真言宗の東寺

 東寺(とうじ)は、京都(きょうと)市の南(みなみ)区にある真言宗(しんごんしゅう)の寺院であり、近くに近畿日本鉄道(近鉄)京都線の東寺駅と、京都市営地下鉄烏丸線の九条(くじょう)駅がある。

 東寺は、平安京(へいあんきょう)遷都後まもない796年(延暦15年)、桓武(かんむ)天皇によって建立された。東寺は平安京鎮護のために建立された寺院で、平安京のメインストリートである朱雀大路(すざくおおじ/現在の千本通)が九条通と交わるところにあった羅城門(らじょうもん)の東に東寺、西に西寺(さいじ)が建てられた。西寺は現存せず、跡地は唐橋西寺公園となっている。

 東寺は、823年(弘仁14年)に嵯峨天皇より真言宗の宗祖である空海(弘法大師)に下賜され、真言密教の根本道場となった。薬師如来(やくしにょらい)を本尊とし、金堂や講堂、五重塔、都七福神毘沙門堂などの建物があり、特に東海道新幹線からも見える五重塔は美しく、京都のシンボル的存在である。金堂および講堂の中の仏像も厳かで美しい。東寺は平成6年(1994年)に世界遺産に登録され、外国人観光客も多く訪れる京都観光の定番スポットとなっている。

 東寺の最寄り駅は、東寺から九条通を約300m東に近鉄京都線の東寺駅がある。東寺駅は2面2線の高架駅で、普通のほか準急と急行が停車する。東寺駅から九条通をさらに東へ約500m行ったところある烏丸通との交差点の地下には地下鉄烏丸線・九条駅がある。九条通には東山通(東福寺、京都国立博物館、清水寺、祇園、八坂神社、平安神宮)、丸太町通(京都御苑、丸太町駅)、西大路通(円山駅、西大路御池駅、西院駅、西大路駅)を経て九条通に戻る202番バスが走っており、京都環状線の役割を果たしており、京都観光に利用しやすい。

京都・東寺エリアの主な駅

東寺 / とうじ 駅
近畿日本鉄道 京都線

九条 / くじょう 駅
京都市営地下鉄 烏丸線

touji1.jpg
東寺・五重塔

touji2.jpg
東寺・五重塔

touji3.jpg
東寺の門

touji4.jpg
東寺・金堂

touji5.jpg
都七福神・毘沙門堂

touji6.jpg
近鉄京都線・東寺駅

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 京都旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

drughba

Author:drughba
日本国内・世界各国の行って面白かったところ、行ってみたいところ、興味深い都市、交通、地理、文化等。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード