京都・嵯峨 嵯峨天皇の大覚寺と嵯峨野観光トロッコ列車

京都・嵯峨
きょうと・さが

日本国京都府京都市右京区

京都・嵯峨 嵯峨天皇の大覚寺と嵯峨野観光トロッコ列車

 嵯峨(さが)は、京都(きょうと)市の右京(うきょう)区にある地区で、JR西日本・山陰本線(嵯峨野線)の嵯峨嵐山(さが あらしやま)駅と嵯峨野観光鉄道のトロッコ嵯峨駅、京福電鉄(嵐電)嵐山本線の嵐電嵯峨(らんでん さが)駅がある。

 京都を代表する観光地の一つである嵯峨と嵐山はよく混同されるが、厳密には桂川(かつらがわ)の南の西京区側が嵐山で、北の右京区側が嵯峨であり「嵯峨野」(さがの)とも呼ばれる。ところが実際には、見どころは嵯峨側に集中し、嵐電の嵐山駅や天龍寺(てんりゅうじ)、竹林の道などは嵯峨側にあり、しかも「嵐山」のイメージとして定着していることから、このエリアも含めて「嵐山」と呼ばれることが多い。

 嵯峨野は、平安時代に嵯峨天皇が離宮として嵯峨院を造営し、嵯峨天皇が崩御した後に「大覚寺」(だいがくじ)となった。大覚寺は大沢池が美しく、嵯峨天皇および歴代天皇の直筆の般若心経が収蔵されている。嵯峨の地名は、嵯峨天皇の嵯峨院に由来するもので、大覚寺周辺を嵯峨と呼ばれるようになった。

 JR西日本・山陰本線(嵯峨野線)の嵯峨嵐山駅は、明治30年(1897年)に京都鉄道の嵯峨駅として開業した(明治40年に国有化)。北約1キロに大覚寺があり、最寄り駅であるが、嵐山の象徴である渡月橋の近くに京福電鉄(嵐電)の嵐山駅が開設され、観光面では嵯峨駅は観光地の「嵐山」エリアと少し離れており、利用しにくかった。

 一方、その南を走る嵐電・嵐山本線は、明治43年(1910年)に嵐山電車軌道の嵯峨停車場前駅が開設され、大正14年(1925年)に嵯峨駅前駅となり、国鉄・嵯峨駅との乗り換えの便を図っていた。

 地味だったJR山陰本線・嵯峨駅が生まれ変わるきっかけとなったのが、平成元年(1989年)に嵯峨~保津峡(ほづきょう)~馬堀(うまほり)の保津川沿いを走る単線区間を新線トンネルにより複線化した。これにより、山陰本線の輸送力が増え、スピードアップも果たしたが、一方で景色がよかった保津川沿いの区間が廃止された。この廃線区間を観光に再活用しようと、嵯峨野観光鉄道が設立され、平成3年(1991年)から同区間をトロッコ列車が走るようになった。

 JR嵯峨駅のすぐ隣にトロッコ嵯峨駅が設けられ、嵯峨駅は嵯峨野観光トロッコ列車の乗り換え駅となった。その中で、JR嵯峨駅は平成6年(1994年)に嵯峨嵐山駅に改称され、嵐山観光の玄関駅としての知名度向上を図っている。平成23年(2011年)には、嵯峨野観光鉄道20周年を記念して、トロッコ嵯峨駅に京都をイメージした鉄道模型ジオラマの「ジオラマ・京都・JAPAN」が開設された。

京都・嵯峨エリアの主な駅

嵯峨嵐山 / さがあらしやま 駅
JR西日本 山陰本線(嵯峨野線)
トロッコ嵯峨 / トロッコさが 駅
嵯峨野観光鉄道 嵯峨野観光線

嵐電嵯峨 / らんでんさが 駅
京福電鉄(嵐電) 嵐山本線

sagano1.jpg
JR嵯峨野線・嵯峨嵐山駅

sagano2.jpg
JR嵯峨嵐山駅に隣接する嵯峨野観光鉄道トロッコ嵯峨駅

sagano3.jpg
JR嵯峨嵐山駅

sagano4.jpg
トロッコ嵯峨駅の京都をイメージした鉄道模型ジオラマ

sagano5.jpg
嵐電嵯峨駅
 

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 京都
ジャンル : 旅行

京都・太秦 太秦広隆寺と映画村

京都・太秦
きょうと・うずまさ

日本国京都府京都市右京区

京都・太秦 太秦広隆寺と映画村

 太秦(うずまさ)は、京都(きょうと)市の右京(うきょう)区にある地区。太秦は、秦(中国)から渡来した豪族の秦(はた)氏が機(はた)織りの技術を持ち、絹の布を「うず高く」積み上げたことから、朝廷から「禹豆満佐」(うずまさ)の氏が与えられ、それが後に「太秦」と漢字が当てられ、それが地名となった。

 その秦氏の氏寺であるのが太秦の「広隆寺」(こうりゅうじ)で、平安京(へいあんきょう)の遷都より前の7世紀前半に建立された京都最古の寺と言われている。聖徳太子(しょうとくたいし)を本尊とし、霊宝殿には国宝の木造弥勒菩薩半跏像(みろくぼさつはんかぞう)が収蔵されている。

 広隆寺の楼門前には併用軌道で京福電鉄(嵐電)嵐山本線が走り、太秦広隆寺(うずまさ こうりゅうじ)駅がある。同駅は明治43年(1910年)に太秦駅として開業した駅で(大正3年~昭和19年は太子前駅)、平成19年(2007年)に太秦広隆寺駅に改称され、広隆寺の最寄り駅であることがより明確になった。

 JR西日本・山陰本線(嵯峨野線)の太秦駅は平成元年(1989年)に花園(はなぞの)~嵯峨嵐山(さが あらしやま)間に開設された。嵐電の太秦広隆寺駅からは北西に約600mほど離れている。JR太秦駅の200mほど南に嵐電の帷子ノ辻(かたびらのつじ)駅があり、嵐山(あらしやま)~帷子ノ辻~四条大宮(しじょう おおみや)を結ぶ嵐山本線と、帷子ノ辻~北野白梅町(きたの はくばいちょう)を結ぶ嵐電北野線が発着している。嵐電北野線には平成28年(2016年)に帷子ノ辻駅の北東約200mのところに撮影所前(さつえいしょまえ)駅が開設され、JR太秦駅との乗り換えがより近くなった。

 嵐電・撮影所前駅およびJR太秦駅は、映画スタジオである「東映京都撮影所」の最寄り駅であり、駅の東側に撮影スタジオが広がり、時代劇などのテレビドラマや映画の撮影が行われている。東映京都撮影所は大正14年(1925年)に阪東妻三郎プロダクション太秦撮影所として開設され、新興キネマや大映、東横映画を経て、戦後の昭和26年(1951年)に東映京都撮影所となった。また、そのさらに東側には時代劇の世界を体験できるテーマパーク「東映太秦映画村」が京都らしい観光スポットとなっている。

 嵐電嵐山本線の蚕ノ社(かいこのやしろ)駅の四条大宮寄りの併用軌道に平成20年(2008年)に開設された嵐電天神川(らんでん てんじんがわ)駅は、同年に開業した京都市営地下鉄・東西線の太秦天神川(うずまさ てんじんがわ)駅との乗り換え駅。駅前に右京区役所がある。地下鉄東西線は、二条城(にじょうじょう)や、地下鉄烏丸線との乗り換え駅である烏丸御池(からすま おいけ)駅、京都市役所、京阪電車との乗り換えの三条京阪(さんじょう けいはん)、さらに京阪京津線に直通して大津(おおつ)市の浜大津(はまおおつ)駅まで結んでおり、京都の東西の移動が非常に便利になった。

 地下鉄東西線は今後、洛西ニュータウン方面への延伸構想があるが、膨大な建設費がかかることから計画は中断している。どうせなら、太秦広隆寺のあたりまで連絡線を造って嵐電と直通運転したほうが便利になるのではないか。京阪京津線も併用軌道があるので、嵐電もホーム延長などの改良をすればそのまま乗り入れられそうな感じもする。

京都・太秦エリアの主な駅

太秦広隆寺 / うずまさこうりゅうじ 駅
京福電鉄(嵐電) 嵐山本線

太秦 / うずまさ 駅
JR西日本 山陰本線(嵯峨野線)
撮影所前 / さつえいしょまえ 駅
京福電鉄(嵐電) 北野線
帷子ノ辻 / かたびらのつじ 駅
京福電鉄(嵐電) 嵐山本線、北野線

太秦天神川 / うずまさてんじんがわ 駅
京都市営地下鉄 東西線
嵐電天神川 / らんでんてんじんがわ 駅
京福電鉄(嵐電) 嵐山本線

uzumasa1.jpg
嵐電・太秦広隆寺駅

uzumasa2.jpg
嵐電と太秦広隆寺の楼門

uzumasa3.jpg
嵐電・帷子ノ辻駅

uzumasa4.jpg
嵐電・帷子ノ辻駅

uzumasa5.jpg
嵐電・帷子ノ辻駅

uzumasa6.jpg
嵐電天神川駅

uzumasa7.jpg
京都地下鉄東西線・太秦天神川駅

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 京都旅行
ジャンル : 旅行

京都・東寺 五重塔が美しい真言宗の東寺

京都・東寺
きょうと・とうじ

日本国京都府京都市南区

京都・東寺 五重塔が美しい真言宗の東寺

 東寺(とうじ)は、京都(きょうと)市の南(みなみ)区にある真言宗(しんごんしゅう)の寺院であり、近くに近畿日本鉄道(近鉄)京都線の東寺駅と、京都市営地下鉄烏丸線の九条(くじょう)駅がある。

 東寺は、平安京(へいあんきょう)遷都後まもない796年(延暦15年)、桓武(かんむ)天皇によって建立された。東寺は平安京鎮護のために建立された寺院で、平安京のメインストリートである朱雀大路(すざくおおじ/現在の千本通)が九条通と交わるところにあった羅城門(らじょうもん)の東に東寺、西に西寺(さいじ)が建てられた。西寺は現存せず、跡地は唐橋西寺公園となっている。

 東寺は、823年(弘仁14年)に嵯峨天皇より真言宗の宗祖である空海(弘法大師)に下賜され、真言密教の根本道場となった。薬師如来(やくしにょらい)を本尊とし、金堂や講堂、五重塔、都七福神毘沙門堂などの建物があり、特に東海道新幹線からも見える五重塔は美しく、京都のシンボル的存在である。金堂および講堂の中の仏像も厳かで美しい。東寺は平成6年(1994年)に世界遺産に登録され、外国人観光客も多く訪れる京都観光の定番スポットとなっている。

 東寺の最寄り駅は、東寺から九条通を約300m東に近鉄京都線の東寺駅がある。東寺駅は2面2線の高架駅で、普通のほか準急と急行が停車する。東寺駅から九条通をさらに東へ約500m行ったところある烏丸通との交差点の地下には地下鉄烏丸線・九条駅がある。九条通には東山通(東福寺、京都国立博物館、清水寺、祇園、八坂神社、平安神宮)、丸太町通(京都御苑、丸太町駅)、西大路通(円山駅、西大路御池駅、西院駅、西大路駅)を経て九条通に戻る202番バスが走っており、京都環状線の役割を果たしており、京都観光に利用しやすい。

京都・東寺エリアの主な駅

東寺 / とうじ 駅
近畿日本鉄道 京都線

九条 / くじょう 駅
京都市営地下鉄 烏丸線

touji1.jpg
東寺・五重塔

touji2.jpg
東寺・五重塔

touji3.jpg
東寺の門

touji4.jpg
東寺・金堂

touji5.jpg
都七福神・毘沙門堂

touji6.jpg
近鉄京都線・東寺駅

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 京都旅行
ジャンル : 旅行

京都・桂 嵐山線が分岐する阪急桂駅と桂離宮

京都・桂
きょうと・かつら

日本国京都府京都市西京区

京都・桂 嵐山線が分岐する阪急桂駅と桂離宮

 桂(かつら)は、京都(きょうと)市の西京(にしきょう)区にある地区で阪急電鉄・京都本線と嵐山線の桂駅がある。

 桂駅は3面6線のホームを持つ地平の駅で、2面4線を京都線、1面2線を嵐山線が使用しているほか、西側と北側に車庫が広がっている。かつては特急が通過していたが、現在は特急や快速特急も停車する。また、嵐山線は桂~嵐山(あらしやま)の折り返し運転であるが、春や秋の行楽シーズンには大阪方面から嵐山線直通の臨時特急も運行されている。

 桂駅の周辺は住宅街が広がっている。大きな商業施設はなく、周辺の道路も広くないが、ライバル路線の駅が近くにないため、桂駅の利用者は多い。桂駅の南東側には西本願寺西山別院がある。また、桂駅から東へ約800mほど、桂川(かつらがわ)のそばに宮内庁が管理する「桂離宮」(かつらりきゅう)がある。

 桂駅の南の京都市南区との境に陸上自衛隊桂駐屯地があり、その南側にはかつてキリンビール京都工場があったが、その跡地を「京都桂川つむぎの街」として再開発され、平成26年(2014年)に「イオンモール京都桂川」がオープンした。この西側には阪急京都線の洛西口(らくさいぐち)駅が平成15年(2003年)に開業、続いて平成20年(2008年)にJR西日本・京都線(東海道本線)に桂川駅が開業し、桂地区の新しい商業の拠点となり、桂地区の西にある洛西(らくさい)ニュータウンからのバスのアクセスもよくなり、桂川駅の開業で阪急とJRの集客競争が激しくなってきている。

桂エリアの主な駅

/ かつら 駅
阪急電鉄 京都本線、嵐山線

katsura1.jpg
阪急・桂駅

katsura2.jpg
阪急・桂駅

katsura3.jpg
嵐山線を走る元京都線特急車両

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 京都旅行
ジャンル : 旅行

京都・西院 淳和天皇離宮の「さい」

京都・西院
きょうと・さい

日本国京都府京都市右京区、中京区

京都・西院 淳和天皇離宮の「さい」

 西院(さい)は京都(きょうと)市の右京(うきょう)区と中京(なかぎょう)区にまたがるエリアで、京福電気鉄道・嵐山本線(嵐電)の西院(さい)駅と、阪急電鉄・京都本線の西院(さいいん)駅がある。

 「西院」は「さい」と読むのが伝統的な呼び方で、「西院」とは、平安時代の823年(天長元年)~833年(天長10年)に天皇に在位した淳和(じゅんな)天皇の離宮の淳和院(じゅんないん)のことで、淳和天皇が別名「西院天皇」と呼ばれたことから淳和院も「西院」(さい)と呼ばれるようになった。淳和院は現存しないが、西院駅近くの右京四条二坊にあった。

 嵐電の西院駅は、中京区の壬生(みぶ)側に明治43年(1910年)に開業している。西大路三条(にしおおじ さんじょう)~西院~四条大宮(しじょう おおみや)は専用軌道の区間であるが、西院駅のすぐ北で四条通を横断する。

 一方、阪急の西院駅は、「さいいん」駅と難読地名を避けた音読みを採用している。理由は明確ではないが、外来人口が増えて「西院」を「さい」ではなく「さいいん」と読む人が増えたからではないかという説もある。阪急西院駅は2面2線の地下ホームで、昭和3年(1928年)に開業。昭和6年(1931年)に地下化され、四条通を東へ大宮(おおみや)へ延伸。さらに後に河原町(かわらまち)まで延伸された。阪急西院駅は以前は通過電車が多かったが、現在は特急、快速特急のみが通過し、普通のほか準急、快速、快速急行、通勤特急なども停車するようになった。

 西院駅の周辺には、京都外国語大学や島津製作所本社(西大路三条、西大路御池駅のほうが近い)などがあるほか、西大路を走るバスに乗換えて立命館大学衣笠キャンパスや金閣寺(きんかくじ)方面に行くこともできる。

京都・西院エリアの主な駅

西院 / さい 駅
京福電気鉄道(嵐電) 嵐山本線
西院 / さいいん 駅
阪急電鉄 京都本線

sai1.jpg
嵐電・西院駅

sai2.jpg
四条通を横断する嵐電

sai3.jpg
阪急京都線・西院駅

sai4.jpg
阪急京都線・西院駅

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 京都
ジャンル : 旅行

京都・長岡京 幻の都「長岡京」と長岡天神と光明寺

長岡京
ながおかきょう

日本国京都府長岡京市

京都・長岡京 幻の都「長岡京」と長岡天神と光明寺

 長岡京(ながおかきょう)市は、京都(きょうと)府の中南部にある人口約8万人の市。南が乙訓(おとくに)郡の大山崎(おおやまざき)町、東が向日(むこう)市、北が京都市西京(にしきょう)区、西が大阪府三島(みしま)郡の島本(しまもと)町と接している。

 長岡京市は、かつて784年(延暦3年)に奈良の平城京から遷都された「長岡京」が10年間にわたり置かれたところ。平城京の肥大化により、水運の不便さが都の発展の妨げになると考えた桓武(かんむ)天皇の勅命で、山城国(やましろのくに)の桂川(かつらがわ)、宇治川(うじがわ)、木津川(きづがわ)が合流して淀川(よどがわ)がなる地点に近い長岡京に移転したものであるが、遷都後まもなく洪水など不吉なことが続き、長岡京は遷都からわずか10年の794年(延暦13年)に北東の「平安京」へ遷都され、満洲国よりも短命に終わっている。

 実際の長岡京は、長岡京市の市域よりも広く、向日市や大山崎町にもまたがっており、宮殿は向日市側にあった。長岡京は西山(にしやま)からの豊かな地下水があり、井戸も発達し、長岡京市のあたりは長岡京の市街地として栄えた。

 長岡京市は、昭和24年(1949年)に新神足(しんこうたり)村、海印寺(かいいんじ)村、乙訓(おとくに)村が合併して長岡(ながおか)町となり、昭和47年(1972年)に長岡町が市制を施行する際に、新潟県長岡市と区別するために「京」をつけて「長岡京」市が誕生した。

 市内の交通は、JR西日本・東海道本線(京都線)の長岡京(ながおかきょう)駅、阪急電鉄・京都本線の長岡天神(ながおかてんじん)駅と西山天王山(にしやま てんのうざん)駅がある。

 JR長岡京駅は、昭和6年(1931年)の駅開設時には神足(こうたり)駅であった。長岡京市の市街地からはやや東に離れており、村田製作所本社やニチユ三菱フォークリフトなどの工場の最寄り駅で、平成7年(1995年)に神足駅から長岡京駅に改称され、快速停車駅に格上げされ、駅西側も再開発されて、阪急電車との競争が激しくなっている。

 阪急京都線・長岡天神駅は、「天神さん」と親しまれている長岡天満宮(長岡天神)の最寄り駅で、長岡京市役所の最寄り駅でもある。2面4線のホームがあり、急行停車駅であったが、JR長岡京駅を意識して平成13年(2001年)から特急も停車するようになった。

 長岡天満宮は、長岡天神駅から西へ約300mのところにある。長岡京の南西の外れに位置し、長岡京の時代に創建されたのではなく、平安時代に菅原道真(すがわら の みちざね)が九州の大宰府(だざいふ)に左遷された際に、長岡のこの地に立ち寄り、名残惜しんだとされる。道真自作の木像が道真の死後に祀られたのが長岡天満宮の始まりとされ、徐々に篤く信仰されるようになり、規模が大きくなり、江戸時代の1638年(寛永15年)に八条宮智仁親王(はちじょうのみや としひとしんのう)により「八条ヶ池」(はちじょうがいけ)が築造された。八条ヶ池には水上橋があり、ツツジが咲く庭園が美しい。本殿は、昭和16年(1941年)に京都市の平安神宮から移築されたものである。

 長岡天満宮から北西へ約3キロのところにある「光明寺」(こうみょうじ)は、西山浄土宗の総本山で、1198年(建久9年)に創建され、阿弥陀如来(あみだにょらい)を本尊とする。法然(ほうねん)初めて「念仏」(ねんぶつ)の教えを説いたとされている。ここは参道が美しく、秋の「紅葉」の名所の一つとして知られている。

 大山崎町との境近くに設置された阪急・西山天王山駅は、平成25年(2013年)に開設された新しい駅で、京都縦貫自動車道の長岡京IC(インターチェンジ)があり、高速長岡京バスストップも併設されている。大山崎町側には名神高速道路と京都縦貫自動車道、京滋バイパスの大山崎JCT(ジャンクション)があり、道路交通の結節点となっている。京滋バイパスは京都市中心部を通らない名神高速の迂回バイパスとして渋滞緩和に寄与している。「山崎」ウイスキーで知られるサントリーのウイスキー工場は大山崎町にあるが、サントリーの京都ビール工場が長岡京市側にあり、西山天王山駅からも近い。

長岡京エリアの主な駅

長岡天神 / ながおかてんじん 駅
阪急電鉄 京都本線

長岡京 / ながおかきょう 駅
JR西日本 東海道本線(京都線)

nagaokakyo1.jpg
長岡天満宮の鳥居

nagaokakyo2.jpg
長岡天満宮の八条ヶ池

nagaokakyo3.jpg
長岡天満宮の八条ヶ池

nagaokakyo4.jpg
長岡天満宮の参道

nagaokakyo5.jpg
長岡天満宮の本殿

nagaokakyo6.jpg
光明寺の門

nagaokakyo7.jpg
光明寺の参道

nagaokakyo8.jpg
光明寺

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報

奈良・生駒 生駒山地に開発された都市

生駒
いこま

日本国奈良県生駒市

奈良・生駒 生駒山地に開発された都市

 生駒(いこま)市は、奈良(なら)県北西部にある人口約12万人の市。南が生駒郡平群(へぐり)町、東が大和郡山(やまとこおりやま)市、奈良市、北東が京都府の相楽(そうらく)郡精華(せいか)町、京田辺(きょうたなべ)市、北が大阪府の枚方(ひらかた)市、交野(かたの)市、西が四条畷(しじょうなわて)市、大東(だいとう)市、東大阪(ひがしおおさか)市などと接している。

 生駒市は、奈良県と大阪府の境となっている生駒山地の東側に広がり、平地が極めて少ないが、大阪市と奈良市の中間に位置することから、大阪や奈良方面へ通勤する人が多く、生駒は交通の要衝でもあり、都市化が進んでいる。

 生駒市には近畿日本鉄道(近鉄)の奈良線、生駒線、けいはんな線、生駒鋼索線が走っており、生駒駅がこれらの鉄道交通の拠点となっている。

 近鉄奈良線は市内に生駒駅と東生駒(ひがしいこま)駅があり、生駒駅は3面6線のホームがあり、その中央のホームを奈良線が使用しており、南側が生駒線、北側がけいはんな線となっている。奈良線の生駒駅には準急、急行、快速急行、特急など全列車が停車する。生駒駅では追い抜きできないため、奈良寄りの東生駒駅と、大阪寄りの石切(いしきり)駅で普通電車の追い抜きを行っている。

 近鉄奈良線は大正3年(1914年)に大阪・上本町(うえほんまち)~奈良を結ぶ大阪電気軌道の路線として開業し、生駒駅が設置された。生駒から大阪方面へは生駒トンネル(約3.4キロ)で生駒山を抜けていた。大阪電気軌道は戦時中に関西急行鉄道に再編され、さらに昭和19年(1944年)に近畿日本鉄道(近鉄)に統合された。戦後、高度成長で近鉄奈良線の需要が急激に増加し、大型の通勤電車の運行を可能にするため、生駒トンネルの南側に新たに新生駒トンネルが掘られ、昭和39年(1964年)に開通した。昭和45年(1970年)には難波線が開業し、大阪難波(なんば)駅に乗り入れるようになり、平成21年(2009年)には難波駅が阪神なんば線とつながり、尼崎(あまがさき)や神戸・三宮(さんのみや)方面へ直通運転するようになった。

 近鉄生駒線は、生駒駅から南下し、奈良県三郷(さんごう)町のJR大和路線(関西本線)と連絡する王寺(おうじ)駅を結ぶ路線で、信貴生駒電鉄として昭和元年(1926年)に生駒駅まで開業した。信貴生駒電鉄は奈良線の新生駒トンネルが開業した昭和39年(1964年)に近鉄に合併され、近鉄生駒線となった。生駒線は生駒山地の東側の竜田川(たつたがわ)沿いに走り、平群(へぐり)、信貴山下(しぎさんした)、王寺などを結んでおり、生駒市内には、生駒、菜畑(なばた)、一分(いちぶ)、南生駒(みなみいこま)、萩の台(はぎのだい)、東山(ひがしやま)の各駅がある。

 近鉄けいはんな線は、混雑の激しい近鉄奈良線のバイパス路線として建設され、昭和61年(1986年)に生駒駅から東大阪市の長田(ながた)駅まで近鉄東大阪線として開業し、長田から大阪市営地下鉄・中央線と直通運転を開始した。生駒駅から新石切駅まで新たにトンネルが掘られたが、生駒側の入口付近が旧・生駒トンネルが再利用されている。同線は近鉄の路線ではあるが、地下鉄中央線が第三軌条方式で建設され、その規格に合わせて建設されたので、架線式の近鉄奈良線とは直通運転ができない。しかも急行が走る奈良線に比べ、各駅停車のみの近鉄東大阪線はスピード面でも値段面でも奈良線より劣っているので、効率よく奈良線のバイパスとして機能しているとは言い難い。せめて新石切駅の待避線を効率よく活用して森ノ宮(もりのみや)のあたりまで急行運転をしてほしい。

 近鉄東大阪線はその後、京阪奈ニュータウン・学研都市の開発と合わせて計画された京阪奈新線と一体化することになり、平成18年(2006年)に生駒~奈良学研登美ヶ丘(ならがっけんとみがおか)が開業し、東大阪線は「けいはんな線」と改称された。生駒市内には白庭台(しらにわだい)、学研北生駒(がっけん きたいこま)の各駅が開設された。奈良線の東生駒駅の北側には、けいはんな線の駅は設置されなかったが、けいはんな線の車両基地がある。

 生駒駅からは「生駒ケーブル」とも呼ばれる近鉄鋼索線の鳥居前(とりいまえ)駅が隣接していて、ここからケーブルで、生駒山上(いこまさんじょう)へ向かうことができる。生駒ケーブルは、宝山寺線と山上線があり、鳥居前駅からまず宝山寺線のケーブルカーで宝山寺(ほうざんじ)駅へ向かい、そこで山上線のケーブルカーに乗り換える。山上線は梅屋敷(うめやしき)、霞ヶ丘(かすみがおか)、生駒山上の各駅がある。宝山寺線は複線で、1号線は猫型の「ミケ」と犬型の「ブル」が走っていて生駒山への観光客を楽しませているほか、2号線は昔ながらのレトロなツートンカラーのケーブルカーが走り続けている。

 生駒市は生駒山地にあるため、大阪への道路交通は山を越える必要がある。古くからの奈良街道であった国道308号線は暗峠(くらがりとうげ)が石畳になっていたりと、実質的には登山ハイキング道であり、幹線道路としての国道の役割を果たしていない。奈良から大阪へ向かう一般道路の幹線は阪奈道路であるが、山越えのため急カーブが非常に多い、生駒市北部から四条畷市へ清滝峠をトンネルで抜ける国道163号線も奈良と大阪を結ぶ重要な道路である。平成9年(1997年)に実質的な高速道路である第二阪奈有料道路の阪奈トンネルが開通し、大阪方面への道路交通がかなり便利になった。

生駒エリアの主な駅

生駒 / いこま 駅
近畿日本鉄道 奈良線、生駒線、けいはんな線
鳥居前 / とりいまえ 駅
近畿日本鉄道 生駒ケーブル宝山寺線
 
ikoma1.jpg
近鉄生駒駅の奈良線と生駒線

ikoma2.jpg
近鉄けいはんな線・生駒駅に乗り入れる地下鉄中央線

ikoma3.jpg
近鉄生駒駅

ikoma4.jpg
生駒駅に隣接する生駒ケーブル鳥居前駅

ikoma5.jpg
鳥居前駅の宝山寺線ケーブルカー「ミケ」

ikoma6.jpg
鳥居前駅の宝山寺線ケーブルカー

ikoma7.jpg
生駒ケーブル宝山寺線の眺め

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 奈良
ジャンル : 地域情報

京都・蹴上 琵琶湖疏水インクラインと蹴上浄水場

京都・蹴上
きょうと・けあげ

日本国京都府京都市東山区、左京区、山科区

京都・蹴上 琵琶湖疏水インクラインと蹴上浄水場

 蹴上(けあげ)は、京都(きょうと)市の東山(ひがしやま)区にある地区で、京都市営地下鉄東西線の蹴上駅がある。駅の北東の南禅寺(なんぜんじ)側は左京(さきょう)区、駅の南の九条山(くじょうやま)側は山科(やましな)区となる。

 「蹴上」の地名の由来はさまざまな説があり、源義経(みなもとの よしつね)が京都を脱出した際に平家の武士らとすれ違い、そのときに平家の武士が湧水を蹴り上げた水が源氏にかかり、それが発端で源氏が平家の武士を惨殺したという説や、罪人を蹴り上げて九条山の刑場へ連れて行ったという説など、いずれもおっかない昔話が地名の由来となっている。

 蹴上駅は、南禅寺や哲学の道、京都市動物園、京都市国際交流会館、日向大神宮(ひむかい だいじんぐう)などの最寄り駅であり、駅前には「ウェスティン都ホテル京都」がある。

 滋賀県の琵琶湖(びわこ)の水を京都市内へ流し、水道、灌漑、水運、発電などに利用するための琵琶湖疏水が明治18年(1885年)に着工され、5年後の明治23年(1890年)に竣工した。琵琶湖疏水は琵琶湖から京都市内を通って宇治川へ抜ける運河ではあるが、山を抜けるためにトンネルが掘られ、高低差があることから、船を積んだまま移動できるケーブルカーのような「インクライン」が蹴上に設けられた。

 蹴上には、水流の高低差を利用した水力発電所である蹴上発電所が明治24年(1891年)に開設され、その電力を利用した路面電車が走るようになり、さらに電力と水道のさらなる整備のため第二疎水が明治45年(1912年)に完成し、蹴上浄水場が開設された。

 蹴上インクラインは、京都と琵琶湖を結ぶ水運を支えたが、鉄道や道路交通の発達で輸送量が減少し、戦後まもない昭和23年(1948年)にその役目を終え、現在は琵琶湖疏水記念館とともにその跡地が保存され、京都の産業近代化の歴史を伝えている。

 琵琶湖疏水の水力発電を用いた京都市電の前身の京都電気鉄道は、明治28年(1895年)に二条通から南禅寺まで鴨東線が開業し、明治40年(1907年)に南禅寺から蹴上まで延伸された。同線は、戦時中の昭和20年(1945年)に休止され、昭和40年(1965年)に廃止された。

 現在、三条通の地下を走る地下鉄東西線は、平成9年(1997年)に開業したもので、それ以前は、京阪電鉄・京津線が路面電車の形で走っていた。京津線は大正元年(1912年)に京津電気軌道として開業し、大正14年(1925年)に京阪電鉄の京津線となる。戦時中の京阪神急行時代を挟んで、戦後は再び京阪京津線となり、平成9年(1997年)まで運行された。京津線は、京阪三条~山科~四宮(しのみや)~浜大津(はまおおつ)を結び、各停が京阪三条~四宮、準急が京阪三条~浜大津を走っていて、蹴上駅の電停には各停のみが停車していた。

 地下鉄の開業は京津線の三条~山科の実質的な地下化であったが、京津線が山科から一つ三条寄りの御陵(みささぎ)駅から京都地下鉄東西線に乗り入れる形となったため、京阪の一体性が分断される状態となってしまっている。

 旧・京津線の蹴上~御陵は、三条通と並走して九条山の急勾配を走っていて、途中に九条山駅と日ノ岡駅があったが、地下鉄ではそこを地下で突っ切る形となったため、両駅は廃止された。旧・九条山駅があった場所からは東山ドライブウェイがあり、上っていくと京都大天文台や東山浄苑に行くことができる。

京都・蹴上エリアの主な駅

蹴上 / けあげ 駅
京都市営地下鉄 東西線

keage1.jpg
京都市営地下鉄東西線・蹴上駅

keage2.jpg
琵琶湖疏水・蹴上インクライン跡

keage3.jpg
琵琶湖疏水・蹴上インクライン跡

keage4.jpg
蹴上発電所

keage5.jpg
ツツジが美しい蹴上浄水場

keage6.jpg
日向大神宮

keage7.jpg
旧・京阪京津線蹴上駅

keage8.jpg
旧・京阪京津線蹴上駅

keage9.jpg
旧・京阪京津線蹴上駅

keage10.jpg
旧・京阪京津線九条山駅 

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

奈良・斑鳩 聖徳太子の斑鳩宮と法隆寺

斑鳩
いかるが

日本国奈良県生駒郡斑鳩町

奈良・斑鳩 聖徳太子の斑鳩宮と法隆寺

 斑鳩(いかるが)町は、奈良(なら)県北西部の生駒(いこま)郡にある人口約2.7万人の町。

 東が大和郡山(やまとこおりやま)市と生駒郡安堵(あんど)町、南が北葛城(きたかつらぎ)郡の河合(かわい)町と王寺(おうじ)町、西が生駒郡三郷(さんごう)町と平群(へぐり)町などと接している。

 斑鳩町は大和川の北、富雄川の西に広がる。歴史は古く、飛鳥時代の601年(推古天皇9年)に聖徳太子(しょうとくたいし)こと厩戸皇子(うまやどのおうじ)は「斑鳩宮」(いかるがのみや)を建て、ここに居住した。そして、仏教を奨励する聖徳太子は、斑鳩宮の周辺に法隆寺(ほうりゅうじ)、中宮寺(ちゅうぐうじ)、法輪寺(ほうりんじ)、法起寺(ほうきじ)を建てた。斑鳩宮は聖徳太子の死後は、山背大兄王(やましろのおおえのおう)らが住んでいたが、643年(皇極天皇2年)に蘇我入鹿(そがのいるか)に攻め込まれ、斑鳩宮は焼き払われた。

 「法隆寺」は、飛鳥時代に推古天皇と聖徳太子によって607年(推古天皇15年)に建立されたと伝えられる。釈迦如来(しゃかにょらい)を本尊とし、金堂や五重塔がある西院伽藍と、夢殿がある東院伽藍などからなる。特に、パルテノン神殿を思わせるヒノキの西院の回廊が有名で、平成5年(1993年)にユネスコ世界遺産に登録された。

 中門の左右には金剛力士像があり、金堂には釈迦三尊像、薬師如来像、阿弥陀三尊像、四天王立像、毘沙門天・吉祥天立像などがある。大講堂には薬師三尊像と四天王像が安置されている。西院伽藍の東側にある大宝蔵院には細身のモデルのような百済観音や九面堪忍、夢違観音などの国宝が展示されている。東院伽藍の夢殿は奈良時代に建立されや八角円堂で、救世観音像を安置している。

 法隆寺の南側にはお土産屋やレストランが並び、奈良名物の柿を用いたお土産や柿味のソフトクリームなどもある。国道25号線に奈良交通の法隆寺バスセンターがあり、JR王寺駅や近鉄郡山、奈良駅方面を結ぶバスが発着し、鉄道交通が不便な法隆寺の交通の拠点となっている。

 JR西日本・大和路線(関西本線)の法隆寺駅は、法隆寺から南へ徒歩約25分のところにある。少し遠いが法隆寺の最寄り駅であり、斑鳩町唯一の駅である。大和路快速も停車し、乗り換えなしで奈良(なら)および天王寺(てんのうじ)、大阪(おおさか)方面へ行くことができる。奈良県は近畿日本鉄道(近鉄)が優勢なところが多いが、斑鳩町はJRのみが乗り入れている。但し、大正4年(1915年)~昭和23年(1948年)には天理軽便鉄道を前身とする近鉄法隆寺線の駅(新法隆寺・近畿日本法隆寺)があった。

 このほか、大和川の南を東西に走る西名阪自動車道の法隆寺インターチェンジ(IC)が河合町側にある。

斑鳩エリアの主な駅

法隆寺 / ほうりゅうじ 駅
JR西日本 大和路線(関西本線)

ikaruga1.jpg
法隆寺

ikaruga2.jpg
法隆寺の金堂と五重塔

ikaruga3.jpg
法隆寺の回廊

ikaruga4.jpg
法隆寺の回廊

ikaruga5.jpg
東院伽藍への道

ikaruga6.jpg
法隆寺・夢殿

ikaruga7.jpg
JR大和路線・法隆寺駅

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

京都・宇治 宇治茶と平等院鳳凰堂と源氏物語

宇治
うじ

日本国京都府宇治市

京都・宇治 宇治茶と平等院鳳凰堂と源氏物語

 宇治(うじ)市は京都(きょうと)府南部にある人口約19万人の市。北が京都市伏見(ふしみ)区、西が久世(くせ)郡の久御山(くみやま)町、南が城陽(じょうよう)市、東が綴喜(つづき)郡の宇治田原(うじたわら)町および滋賀県大津(おおつ)市と接している。

 宇治市には滋賀県の琵琶湖(びわこ)から瀬田川として流れてきた宇治川(うじがわ)は天ケ瀬ダムを経て南東から北西へと流れ、宇治川はその先、淀川(よどがわ)として大阪方面へ流れて行く。

 宇治は京都の山城国(やましろのくに)の南部に位置し、平安時代に平等院(びょうどういん)が建てられ、平等院鳳凰堂(ほうおうどう)は、日本円の10円硬貨にデザインされている。宇治は京都の郊外にあたり、京都をイメージさせる「宇治茶」の産地としても知られている。

 宇治市は、昭和26年(1951年)に久世郡の宇治町、小倉村、大久保村、槇島村、宇治郡の東宇治町が合併して宇治市が誕生した。

 宇治市から久御山町にかけて、かつて巨椋池(おぐらいけ)と呼ばれる湖があったが、宇治川と木津川、淀川の治水、ならびに食糧増産事業の農地化のため、昭和8年(1933年)~昭和16年(1941年)に干拓され、農地に生まれ変わった。

 旧・巨椋池には東西方向に京滋バイパス、南北方向に第二京阪道路が貫き、久御山町の久御山JCTで十字型に交差している。宇治市内には、京滋バイパスの巨椋IC、宇治西IC、宇治東IC、笠取ICがある。

 鉄道は、JR西日本・奈良線、京阪電鉄・宇治線、近畿日本鉄道(近鉄)京都線が走っており、市内にはJR奈良線の六地蔵(ろくじぞう)、木幡(こはた)、黄檗(おうばく)、宇治、JR小倉(JRおぐら)、新田(しんでん)の各駅、京阪宇治線の木幡(こわた)、黄檗、三室戸(みむろど)、宇治の各駅、近鉄京都線の小倉(おぐら)、伊勢田(いせだ)、大久保(おおくぼ)の各駅がある。また、京都市営地下鉄東西線の六地蔵駅も宇治市内にある(京阪宇治線の六地蔵駅は京都市内にある)。

 近鉄京都線は宇治の中心街を通らないが、大久保駅が宇治市の中心駅となっており、急行が停車する。大久保駅の西側には陸上自衛隊大久保駐屯地が広がっている。また、大久保駅の東約300mのところにJR奈良線の新田駅がある。

 京阪宇治線とJR奈良線は六地蔵~木幡~黄檗~宇治でほぼ並走しており、京都方面への競争が激しい。JR奈良線は直接、京都駅に乗り入れているのが有利であり、「みやこ路快速」が奈良~宇治~京都を結んでいて、宇治観光に便利である。京阪は京都市の清水五条、祇園四条、三条など中心部に直接乗り入れているのが強みであるが、中書島(ちゅうしょじま)で京阪本線に乗り換える必要がある。以前は三条方面との直通電車も運行されていたが、現在は宇治線内のみの折り返し運転となっている。京阪電車の爽やかな黄緑色と深緑色のツートンカラーは、宇治茶を連想させる。最近は、塗色のデザインが新しくなったが、伝統の緑色、宇治のイメージは残されている。

 宇治は平安時代に書かれた紫式部(むらさきしきぶ)の『源氏物語』の後半部分の舞台になった町であり、宇治川に架かる『源氏物語』にも登場する宇治橋には紫式部の像がある。また、市内には「宇治市源氏物語ミュージアム」もある。

 宇治橋から平等院へは商店街になっていて、和のスイーツのお店や宇治茶、お土産屋などが並んでいる。

 「平等院」は、平安時代の1052年(永承7年)に創建された阿弥陀如来(あみだにょらい)を本尊とする寺院で、藤原頼通(ふじわら の よりみち)によって開基され、明尊(みょうそん)によって開山された。阿弥陀堂である「鳳凰堂」(ほうおうどう)は、1053年(天喜元年)に建立された。その建物の美しさは、日本円の昭和26年(1951年)から10円硬貨のデザインにも使用されているほか、平成16年(2004年)から屋根にある「鳳凰像」が1万円札裏側のデザインにも用いられている。鳳凰堂の壁にはいくつもの飛雲に乗った菩薩像が描かれており、仏教の芸術の奥深さやユニークさを感じることができる。

 平等院から宇治川の中洲を通って対岸へ橋を渡れば、宇治神社がある。宇治神社の創建年は明らかではなく、第15代応神天皇の皇子である菟道稚郎子命(うじのわきいらつこのみこと)が祀られている。「宇治」(うじ)の地名もウサギの道という「菟道」(うじ)から来ているという説もあり、境内にはウサギの像もある。宇治神社からさらに「さわらびの道」を上っていくと、宇治上神社(うじがみじんじゃ)がある。同神社では菟道稚郎子命、応神天皇、仁徳天皇が主祭神として祀られている。

宇治エリアの主な駅

宇治 / うじ 駅
京阪電鉄 宇治線
JR西日本 奈良線

大久保 / おおくぼ 駅
近畿日本鉄道 京都線

uji1.jpg
京阪宇治駅

uji2.jpg
JR宇治駅

uji3.jpg
宇治川を渡るJR奈良線電車

uji4.jpg
宇治橋と紫式部像

uji5.jpg
宇治橋と平等院を結ぶ商店街

uji6.jpg
平等院鳳凰堂

uji7.jpg
鳳凰堂の鳳凰像

uji8.jpg
宇治川

uji10.jpg
宇治川

uji9.jpg
宇治川に架かる橋

uji11.jpg
宇治神社 

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
プロフィール

drughba

Author:drughba
日本国内・世界各国の行って面白かったところ、行ってみたいところ、興味深い都市、交通、地理、文化等。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード