奈良・御所 葛城山と金剛山、御所町と吉野口

御所
ごせ

日本国奈良県御所市

奈良・御所 葛城山と金剛山、御所町と吉野口

 御所(ごせ)市は、奈良(なら)県中西部にある人口約3万人の市。北が葛城(かつらぎ)市、東が橿原(かしはら)市、高市(たかいち)郡の高取(たかとり)町、吉野(よしの)郡の大淀(おおよど)町、南が五條(ごじょう)市、西が大阪府の千早赤阪(ちはやあかさか)村と接している。

 御所市は、昭和33年(1958年)に南葛城(みなみかつらぎ)郡の御所町、葛(くず)村、葛上(かつじょう)村、大正(たいしょう)村が合併して発足した。

 御所は、古くは大和国(やまとのくに)の葛上郡に属し、吉野口駅付近の古瀬(こせ)地区のあたりは高市郡の巨勢(こせ)郷に属していた。「御所」(ごせ)の地名の由来は明確ではなく、葛城川の川瀬(ごせ)(巨勢=古瀬=こせ)或いは、五つの瀬の五瀬(ごせ)、孝昭天皇の「御諸」(みむろ)など諸説ある。

 御所市内には、JR西日本・和歌山線の御所(ごせ)、玉手(たまで)、掖上(わきがみ)、吉野口(よしのぐち)の各駅、近畿日本鉄道(近鉄)御所線の近鉄御所(きんてつ ごせ)駅、近鉄吉野線の葛(くず)駅と吉野口駅があり、さらに葛城山ロープウェーの葛城登山口駅と葛城山上駅がある。

 御所市の中心部には、近鉄御所駅とJR御所駅が近接している。近鉄御所線は、昭和5年(1930年)に南和電気鉄道として尺土~南和御所町(現・近鉄御所)が開業した。南和電鉄は南和御所町から将来的には和歌山県の橋本(はしもと)方面への延伸構想があったが、国鉄和歌山線とルートが重複し、実現しなかった。南和電鉄は戦時中の昭和19年(1944年)に関西急行鉄道に合併され、さらに近畿日本鉄道(近鉄)に再編された。昭和19年(1944年)に近畿日本御所駅となり、昭和45年(1970年)に近鉄御所駅と改称されて現在に至る。近鉄御所線から近鉄南大阪線の大阪阿部野橋(あべのばし)方面へ向かうには、朝ラッシュ時には大阪阿部野橋へ直通する準急が運行されているほかは、ほとんどの列車が御所~尺土(しゃくど)の御所線内の折り返し運転であり、尺土駅で近鉄南大阪線に乗り換える必要がある。しかしながら、御所線は日中でも15分間隔で電車が運行されているので利用しやすい。

 JR和歌山線の御所駅は、近鉄御所駅の約100m東にある。御所駅は明治29年(1896年)に南和鉄道の駅として開設された歴史ある駅で、明治37年(1904年)に南和鉄道は関西鉄道に買収され、さらに明治40年(1907年)に国有化された。御所駅の駅舎は明治時代からの駅舎が今も現役で使われており、御所市のシンボルとなっている。

 御所の中心市街地はJR御所駅の南東側に広がり、JR和歌山線の踏切から新地商店街のアーケードが伸びている。昔ながらの昭和の雰囲気がたまらない。その東側には江戸時代からの街並みが残る「御所町」(ごせまち)地区で、歴史ある町屋の街並みが続き、日本の美が感じられる散策が楽しい。

 御所駅からは南へ約500mのところに鴨都波(かもつば)神社があるほか、御所駅から西に約1.5キロのところを南北に葛城古道が通る。葛城古道には「九品寺」(くほんじ)や「葛城一言主神社」(かつらぎひとことぬしじんじゃ)があり、寺社仏閣を巡りながらのハイキングが楽しめる。

 御所駅から西へ約3キロのところには、近鉄が運行する葛城山ロープウェイの葛城山登山口駅があり、そこから6分で葛城山上駅まで行くことができる。大和葛城山の山頂は標高約960mで、大阪府千早赤阪村との境になっている。山頂付近の高原には5月頃にツツジが咲く。御所市から千早赤阪村へは、葛城山の南側を国道309号線が通っており、水越峠のトンネルで奈良県御所市から大阪府千早赤阪村、富田林(とんだばやし)市方面へと抜けることができる。標高1125mの金剛山(こんごうさん)の山頂は御所市側にあるが、金剛山の登山は、大阪府千早赤阪村側にある金剛山ロープウェイを利用するのが便利だ。

 御所市南東部の古瀬(旧・葛村)にある吉野口駅は、JR和歌山線と近鉄吉野線の乗り換え駅となっている。吉野口駅は明治29年(1896年)にJR和歌山線の前身である南和鉄道の葛(くず)駅として開設された。吉野口駅に改称されたのは明治36年(1903年)のことであり、南和鉄道は明治37年(1904年)に関西鉄道に買収され、明治40年(1907年)に国有化された。

 一方、近鉄吉野線はその前身の吉野軽便鉄道が大正元年(1912年)に吉野口~吉野(現・六田)を開業。大正12年(1923年)に吉野口~橿原神宮前(かしはらじんぐうまえ)が開業し、翌年に橿原神宮前~畝傍(国鉄桜井線)まで延伸された。昭和3年(1928年)に六田~吉野が延伸開業して全通すると、翌昭和4年(1929年)に現・近鉄南大阪線の大阪鉄道(大鉄)と直通運転を開始する一方で、現・近鉄橿原線の大阪電気軌道(大軌)に合併され、大軌吉野線となった。しかし、大軌は標準軌(1435mm)であるため、国鉄と同じ狭軌(1067mm)の吉野線とは直通運転できなかった。

 結局、大鉄(南大阪線)も大軌の影響下となり、昭和18年(1943年)に大鉄は大軌を改組した関西急行鉄道(関急)に合併され、現・近鉄御所線の南和電気鉄道や南海鉄道(現・南海電鉄)を合併した近畿日本鉄道(近鉄)が昭和19年(1944年)に発足。南海電鉄が独立したほか、大鉄は近鉄南大阪線、大軌は近鉄橿原線、旧・大軌吉野線は近鉄吉野線となり、実質的には近鉄南大阪線と近鉄吉野線の一体運用となっている。

 吉野口駅には、阿部野橋~吉野を結ぶ特急列車が停車するほか、近鉄南大阪線の急行が近鉄吉野線では各駅に停車している。一方、JR和歌山線は高田~吉野口~五条(ごじょう)の区間列車が多く、近鉄に比べて利用者は少ない。吉野口駅の駅舎は御所駅と同様に明治時代からの木造駅舎が現役であり、駅前も伝統的な日本家屋の美が感じられる風景が広がる。また、駅の西側は山が削られ、荒涼としている。

御所エリアの主な駅

御所 / ごせ 駅
JR西日本 和歌山線
近鉄御所 / きんてつごせ 駅
近畿日本鉄道 御所線

吉野口 / よしのぐち 駅
JR西日本 和歌山線
近畿日本鉄道 吉野線

gose1.jpg
近鉄御所線・近鉄御所駅

gose2.jpg
近鉄御所線・近鉄御所駅

gose3.jpg
近鉄御所線・近鉄御所駅

gose4.jpg
JR和歌山線・御所駅

gose5.jpg
JR和歌山線・御所駅

gose7.jpg
JR御所駅の駅舎 

gose8.jpg
御所の路地裏

gose9.jpg
御所・新地商店街

gose10.jpg
御所・新地商店街

gose11.jpg
御所町の歴史が感じられる街並み

gose12.jpg
御所町の歴史が感じられる街並み

gose13.jpg
御所町の歴史が感じられる街並み

gose14.jpg
御所町の歴史が感じられる街並み

gose15.jpg
JR和歌山線と近鉄吉野線が連絡する吉野口駅

gose16.jpg
近鉄吉野線・吉野口駅

gose17.jpg
近鉄吉野線を走る特急電車

gose18.jpg
吉野口駅西側の削られた山

gose19.jpg
吉野口駅の駅舎

gose20.jpg
吉野口の街並み

gose21.jpg
吉野口の街並み

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 奈良
ジャンル : 地域情報

京都・伏見桃山 明治天皇の桃山御陵と再び廃城になった伏見桃山城

京都・伏見桃山
きょうと・ふしみももやま

日本国京都府京都市伏見区

京都・伏見桃山 明治天皇の桃山御陵と再び廃城になった伏見桃山城

 伏見桃山(ふしみ ももやま)は、京都(きょうと)市南部の伏見(ふしみ)区にある地区。京阪電鉄・京阪本線の伏見桃山駅と、東側に近接して近畿日本鉄道(近鉄)京都線の桃山御陵前(ももやまごりょうまえ)駅がある。さらに、約500m東にJR西日本・奈良線の桃山(ももやま)駅がある。

 京阪の伏見桃山駅は、伏見区の中心部にあり、駅前から東西に伸びる大手筋通りは、駅の西側がアーケードの伏見大手筋商店街となっていて、いつもにぎやかだ。駅の北西約300mのところに伏見区役所があり、伏見桃山駅が最寄り駅である。

 伏見桃山駅は、伏見区の中心部にあるものの、北に隣接する丹波橋(たんばばし)駅が近鉄京都線との乗り換え駅、南に隣接する中書島(ちゅうしょじま)駅が京阪宇治線との乗り換え駅であるため、主要駅に挟まれる形で急行、特急などは通過する。また、敷地の関係上、ホーム延伸が困難という事情もあるようだ。

 伏見は豊富で良質な地下水が湧くところで知られ、酒造りの町として発展した。伏見桃山駅から西へ約1キロのところには、月桂冠昭和蔵工場や「松本酒造酒蔵」がある。また、中書島駅のほうには黄桜の「キザクラカッパカントリー」や月桂冠の酒蔵博物館「月桂冠大倉記念館」がある。

 伏見桃山駅の東約100mにある近鉄京都線・桃山御陵前駅は、2面2線の高架駅で、準急や急行も停車する。駅から大手筋通りを東へ歩くと明治天皇陵である「桃山御陵」の参道につながっているが、桃山御陵までは約2キロあり、「前」としてはちょっと遠すぎる感じもする。

 桃山御陵前駅から東へ歩いていくと、まず「御香宮神社」(ごこうのみやじんじゃ)がある。ここは、平安時代より良い香りの水が湧き出したことから「御香水」の湧く神社として「御香宮神社」と呼ばれるようになった。

 後香宮神社の東にあるJR奈良線・桃山駅は、明治28年(1895年)に開設された歴史の古い駅であるが、明治天皇が崩御し、明治天皇陵が京都の伏見桃山に造られることになったことから、桃山駅は大葬列車受け入れのために拡張された。桃山駅は桃山御陵の最寄り駅として参拝客が多く利用し、昭和初期には駅前から参道にかけてお土産屋が並んでいた。戦時期に入ると桃山御陵への参拝が国を挙げて奨励され、参拝者数はピークを迎えたが、戦後は参拝客が激減し、参道は静かな「御陵の森」となった。

 桃山御陵の長い参道を歩いていくと鳥居があり、山側に「明治天皇 伏見桃山陵」(めいじてんのう ふしみももやま の みささぎ)がある。桃山御陵は大正元年(1912年)に築造された上円下方墳であり、現在は参拝客も少なく、静かな空間となっているが、近代日本の基礎を築いた明治時代の厳かな歴史を感じることができる。

 桃山御陵の手前には大きな石段があるが、ここから南へ行くと京阪宇治線の桃山南口(ももやま みなみぐち)駅があり、同駅が実際には桃山御陵の最寄り駅となっている。桃山南口駅は、大正2年(1913年)に御陵前駅として開設され、戦後の昭和24年(1949年)に桃山南口駅に改称された。

 桃山御陵の北には、都を平安京(へいあんきょう)に遷した時代の天皇である桓武天皇陵がある。その東側には、伏見桃山城運動公園があり、復元した「伏見桃山城」の天守がどこかひっそりと建つ。

 戦国時代から江戸時代への過渡期である豊臣秀吉(とよとみ ひでよし)、織田信長(おだ のぶなが)、徳川家康(とくがわ いえやす)が天下を争った安土桃山時代。大阪城を拠点とした豊臣秀吉は、天下統一に成功後、隠居後の住まいとして伏見に築城し、1594年(文禄3年)に豊臣秀吉が入城するが、1596年(文禄5年)に発生した慶長伏見地震で倒壊し、木幡山の丘陵に再建し、1597年(慶長2年)に完成したがその翌年に豊臣秀吉は死去した。その後、徳川家康が伏見城で執務したが、1600年(慶長5年)に関ケ原の戦いの前哨戦である「伏見城の戦い」の戦場となった。建物の多くが焼失したが、1602年(慶長7年)に再建された。しかし、徳川家康が天下をとり、江戸幕府体制の江戸時代が始まると、伏見城は1619年(元和5年)に廃城となった。伏見城の跡地には、後に桃の木が植えられたことから「桃山」と呼ばれるようになり、後に伏見城も「伏見桃山城」と呼ばれるようになった。

 伏見城自体の歴史は短いのだが、豊臣氏および徳川氏がここで執政した歴史から、歴史に名が残るお城ではあった。この桃山の丘に昭和39年(1964年)、遊園地「伏見桃山城キャッスルランド」がオープンし、伏見城をイメージした模擬天守が建てられた。遊園地の来園者に伏見桃山の歴史を体験できる日本的テーマパークであったが、徐々に来園者数が減少し、大阪のUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)開園後はさらに経営が苦しくなり、平成15年(2003年)に閉園し、跡地は伏見桃山城運動公園となった。天守は解体予定であったが、地元の要望で保存されることになった。しかし、耐震強度を満たさないなどの理由で内部公開はされておらず、周辺は人影もなく荒涼としており、再び「廃城」の雰囲気を漂わせている。よい再活用のアイデアが待たれるところだ。

京都・伏見桃山エリアの主な駅

伏見桃山 / ふしみももやま 駅
京阪電鉄 京阪本線
桃山御陵前 / ももやまごりょうまえ 駅
近畿日本鉄道 京都線

桃山 / ももやま 駅
JR西日本 奈良線

桃山南口 / ももやまみなみぐち 駅
京阪電鉄 宇治線

hushimimomoyama1.jpg
京阪電鉄・伏見桃山駅

hushimimomoyama2.jpg
京阪電鉄・伏見桃山駅

hushimimomoyama3.jpg
伏見桃山駅前の伏見大手筋商店街

hushimimomoyama4.jpg
伏見大手筋商店街

hushimimomoyama5.jpg
近鉄京都線・桃山御陵前駅

hushimimomoyama6.jpg
近鉄京都線高架下の飲食店街

hushimimomoyama7.jpg
近鉄京都線・桃山御陵前駅

hushimimomoyama8.jpg
近鉄京都線・桃山御陵前駅

hushimimomoyama9.jpg
近鉄京都線・桃山御陵前駅

hushimimomoyama10.jpg
後香宮神社

hushimimomoyama11.jpg
後香宮神社

hushimimomoyama12.jpg
JR奈良線・桃山駅

hushimimomoyama13.jpg
JR奈良線・桃山駅

hushimimomoyama14.jpg
JR奈良線・桃山駅

hushimimomoyama15.jpg
明治天皇 伏見桃山陵

hushimimomoyama16.jpg
明治天皇 伏見桃山陵

hushimimomoyama17.jpg
桃山南口駅方面への石段

hushimimomoyama18.jpg
伏見桃山城運動公園の案内板

hushimimomoyama19.jpg
伏見桃山城の模擬天守

hushimimomoyama20.jpg
雑草が目立つ寂しげな伏見桃山城

hushimimomoyama21.jpg
雑草が目立つ寂しげな伏見桃山城

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 京都旅行
ジャンル : 旅行

奈良・葛城 牡丹咲く當麻寺と二上山

葛城
かつらぎ

日本国奈良県葛城市

奈良・葛城 牡丹咲く當麻寺と二上山

 葛城(かつらぎ)市は、奈良(なら)県中西部にある人口約4万人の市で、北が香芝(かしば)市、東が大和高田(やまとたかだ)市、南が御所(ごせ)市、西が大阪府河南(かなん)町、大阪府太子(たいし)町と接している。

 葛城市は、平成16年(2004年)に北葛城(きたかつらぎ)郡の新庄(しんじょう)町と當麻(たいま)町が合併して発足した。新市名は、古墳時代にこの地を統治していた葛城(かつらぎ)氏に由来する。また、葛城市は奈良県と大阪府の境にもなっている葛城山の北東に位置する。和歌山県にも、かつらぎ町があるが、こちらは大阪府と和歌山県の境になっている和泉葛城山が由来になっており、奈良県の葛城市は漢字、和歌山県かつらぎ町は平仮名で区別されているが、やはり少しややこしい。

 葛城市には、近畿日本鉄道(近鉄)南大阪線と御所線、JR西日本・和歌山線が通り、近鉄南大阪線の二上神社口(にじょうじんじゃぐち)、当麻寺(たいまでら)、磐城(いわき)、尺土(しゃくど)、近鉄御所線の尺土、近鉄新庄(きんてつ しんじょう)、忍海(おしみ)の各駅と、JR和歌山線の大和新庄(やまと しんじょう)駅がある。

 葛城市の中心駅は近鉄御所線の近鉄新庄駅で、葛城市役所の最寄り駅であるとともに、旧・新庄町の中心に位置する。近鉄新庄駅の東約600mのところにJR和歌山線の大和新庄駅があるが、近鉄のほうが運転本数が多いので、大阪方面へのアクセスは近鉄のほうが競争力がある。

 近鉄御所線は、昭和5年(1930年)に南和電気鉄道として尺土~南和御所町(現・近鉄御所)が開業した。近鉄新庄駅も、開業当初は南和新庄町駅で、南和電鉄は南和御所町から将来的には和歌山県の橋本(はしもと)方面への延伸構想があったが、国鉄和歌山線とルートが重複し、実現しなかった。南和電鉄は戦時中の昭和19年(1944年)に関西急行鉄道に合併され、さらに近畿日本鉄道(近鉄)に再編された。南和新庄駅は関急新庄を経て近畿日本新庄駅となり、昭和45年(1970年)に近鉄新庄駅と改称されて今に至る。

 近鉄南大阪線は大阪鉄道として昭和4年(1929年)に葛城市の区間が開業し、翌年に尺土駅が南和電鉄(現・近鉄御所線)との乗り換え駅となった。大阪鉄道は昭和18年(1943年)に関西急行鉄道に合併され、その後、南和電鉄と同様に翌昭和19年(1944年)に近畿日本鉄道となった。御所線からはラッシュ時に南大阪線に直通する電車があるほか、尺土駅は準急、急行のほか特急も停車する主要駅で御所線沿線からも便利である。

 当麻寺駅は西へ約1キロのところにある二上山當麻寺(当麻寺)の最寄り駅。當麻寺は、聖徳太子の異母弟の麻呂古王が創建したとされる歴史ある寺院で、東塔と西塔の2つの三重塔は貴重な日本の建築史を伝える歴史建造物である。當麻寺は牡丹(ボタン)の花の名所として知られ、行楽シーズンには特ににぎわう。

 二上神社口駅は、二上山(ふたかみやま/にじょうざん)の麓にある「葛木倭文座天羽雷命神社」(かつらき しとりにいます あめのは いかづちのみこと じんじゃ)がある加守(かむり)神社の最寄り駅で、駅から西へ約500m。ここから登山道を二上山の山頂まで登れば、葛木二上神社(かつらぎ ふたかみ じんじゃ)がある。

葛城エリアの主な駅

尺土 / しゃくど 駅
近畿日本鉄道 南大阪線、御所線

近鉄新庄 / きんてつ しんじょう 駅
近畿日本鉄道 御所線

大和新庄 / やまとしんじょう 駅
JR西日本 和歌山線

当麻寺 / たいまでら 駅
近畿日本鉄道 南大阪線

二上神社口 / にじょうじんじゃぐち 駅
近畿日本鉄道 南大阪線

shakudo1.jpg
近鉄特急が停車する尺土駅

shakudo2.jpg
近鉄南大阪線と御所線の尺土駅

shakudo3.jpg
近鉄尺土駅

shakudo4.jpg
御所線が分岐する尺土駅

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 奈良
ジャンル : 地域情報

京都・丹波橋 京阪と近鉄が交わる伏見区の中心駅

京都・丹波橋
きょうと・たんばばし

日本国京都府京都市伏見区

京都・丹波橋 京阪と近鉄が交わる伏見区の中心駅

 丹波橋(たんばばし)は、京都(きょうと)市の伏見(ふしみ)区にある地区で、京阪電鉄・京阪本線の丹波橋駅と近畿日本鉄道(近鉄)京都線の近鉄丹波橋駅がある。

 丹波橋駅は、明治43年(1910年)に京阪本線の桃山(ももやま)駅として開業し、大正2年(1913年)に丹波橋駅に改称された。一方、東側に隣接する近鉄丹波橋駅は、昭和3年(1928年)に奈良電気鉄道として開通時に堀内(ほりうち)駅として開業した。

 京阪が京阪神急行電鉄となっていた昭和20年(1945年)の戦後間もない頃に、奈良電気鉄道が京阪本線に直通運転を開始し、丹波橋駅に乗り入れる形で堀内駅を廃止した。奈良電気鉄道の京阪直通は、五条や四条など京都市中心部に直接アクセスできるメリットがあった。直通運転は京阪神急行が京阪電鉄に、奈良電気鉄道が近鉄京都線になった後も継続されたが、近鉄京都線の昇圧により、昭和43年(1968年)に京阪乗り入れを廃止して、旧堀内駅跡地に再びホームを設置して近鉄丹波橋駅とし、京阪との乗り換え駅とした。

 近鉄京都線は、京阪に直通運転することができなくなったが、昭和63年(1981年)より、竹田(たけだ)駅から京都市営地下鉄・烏丸線との直通運転を開始し、五条、四条、さらには今出川(いまでがわ)、北大路(きたおおじ)方面まで再び京都市中心部への乗り入れが実現した。

 京阪と近鉄の乗り換えができる丹波橋駅は、利用者の増加にともない、急行のみならず特急も停車するようになり、丹波橋駅は伏見区役所の最寄り駅でもあり、京都市南部を代表する主要駅の一つとなっている。近鉄丹波橋駅前には京都教育大学付属桃山小学校・中学校があり、通学客の利用も多い。近鉄丹波橋駅のすぐ東にはJR奈良線も走っているが、駅はなく、約800m南東に桃山駅がある。

 丹波橋の約1.5キロ東には桓武天皇陵や伏見桃山城、伏見北堀公園、そして明治天皇陵である「伏見桃山陵」などがあるが、桃山御陵参道は、京阪の伏見桃山(ふしみももやま)駅、近鉄の桃山御陵前(ももやまごりょうまえ)駅、JRの桃山駅から伸びているので、そちらの駅からのほうが近い。

京都・丹波橋エリアの主な駅

丹波橋 / たんばばし 駅
京阪電鉄 京阪本線
近鉄丹波橋 / きんてつたんばばし 駅
近畿日本鉄道 京都線

tanbabashi1.jpg
京阪・丹波橋駅

tanbabashi2.jpg
近鉄丹波橋駅に停車する近鉄特急

tanbabashi3.jpg
近鉄丹波橋駅

tanbabashi4.jpg
近鉄京都線と直通運転している京都地下鉄

tanbabashi5.jpg
近鉄京都線と直通運転している京都地下鉄

tanbabashi11.jpg
近鉄丹波橋駅の東を走るJR奈良線

tanbabashi12.jpg
京阪丹波橋駅に乗り入れていた近鉄の廃線跡

tanbabashi13.jpg
京阪丹波橋駅に乗り入れていた近鉄の廃線跡

tanbabashi14.jpg
京阪丹波橋駅に乗り入れていた近鉄の廃線跡

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

奈良・大和高田 奈良盆地中西部の繊維工業都市

大和高田
やまとたかだ

日本国奈良県大和高田市

奈良・大和高田 奈良盆地中西部の繊維工業都市

 大和高田(やまとたかだ)市は、奈良(なら)県中西部にある人口約6万人の市。東が橿原(かしはら)市、南が御所(ごせ)市、南西が葛城(かつらぎ)市、北西が香芝(かしば)市、北が北葛城(きたかつらぎ)郡の広陵(こうりょう)町と接している。
文字色
 大和高田市は、奈良盆地の中西部にあり、葛城(かつらぎ)地区の中心都市として発展している。かつては市域の多くが葛下郡(かつらぎしものこおり)に属し、古墳時代には第23代顕宗(けんぞう)天皇が埋葬されていると推定される築山古墳(磐園陵墓参考地)が市北西部にある。15世紀には当麻氏によって高田城が築城され、江戸時代は大和新庄藩の一部となったが、後に天領となった。

 高田町が昭和23年(1948年)に市制を施行した際、すでに新潟県に高田市(現・上越市)があったことから、旧国名の「大和」をつけて「大和高田市」となった。

 大和高田市には、近畿日本鉄道(近鉄)大阪線と南大阪線、JR西日本の和歌山線と桜井線(万葉まほろば線)が通り、近鉄大阪線の築山(つきやま)、大和高田、松塚(まつづか)、近鉄南大阪線の高田市(たかだし)、浮孔(うきあな)、JR和歌山線・桜井線の高田の各駅がある。

 最も早く開通したのはJR和歌山線で、明治24年(1891年)にその前身の大阪鉄道の高田~王寺(おうじ)が開業し、翌年に大阪鉄道によって桜井線の高田~桜井(さくらい)が開業した。さらに明治29年(1896年)にJR和歌山線の前身である南和鉄道の高田~葛(現・吉野口)が開業した。明治33年(1900年)に大阪鉄道は関西鉄道になり、明治37年(1904年)に南和鉄道が関西鉄道に編入され、明治40年(1907年)に関西鉄道が国有化され、国鉄和歌山線と桜井線になった。

 JR和歌山線は、高田から王寺を経由して関西本線(大和路線)の天王寺(てんのうじ)やJR難波(JRなんば)まで直通運転する電車も朝夕を中心に運行されており、大阪方面への通勤も便利である。高田から南は和歌山線と万葉まほろば線が分かれ、和歌山線は御所、吉野口(よしのぐち)、五条(ごじょう)方面、万葉まほろば線は畝傍(うねび)、桜井、天理(てんり)、奈良方面を結んでいる。

 近鉄大阪線の大和高田駅は、JR高田駅の約400m北にある。近鉄大阪線は、大正14年(1925年)に高田~八木(やぎ)に大阪電気軌道(大軌)の路線として開通し、昭和2年(1927年)に大阪方面につながった。一方、大阪鉄道(大鉄)が昭和4年(1929年)に近鉄南大阪線の前身の路線を開通させ、JR高田駅の約1キロ南に高田町駅(現・高田市駅)を開設した。大阪電軌と大鉄は吉野へのアクセス面でもライバルとなり、大軌が同年、吉野鉄道(現・近鉄吉野線)を買収し、大軌は戦時中の昭和16年(1941年)に大軌と参宮急行電鉄(参急)が合併して関西急行鉄道(関急)となり、さらに昭和18年(1943年)に関急が大鉄(南大阪線)を合併して昭和19年(1944年)に近畿日本鉄道(近鉄)となったのだった。

 近鉄大阪線・大和高田駅は、準急、急行、快速急行および一部の特急が停まる主要駅で、大阪方面へ通勤する住民も多い。駅の西側に飲食店が並ぶ商店街があるほか、駅前のバスターミナルの東側に「オークタウン大和高田」という商業施設があった。ここは、もともと繊維メーカーのユニチカ高田工場があったが、繊維工場の中国進出が進んで閉鎖され、その跡地に昭和50年(1970年)にオープンした。しかし、オープンから40年以上が経ち、建物が老朽化したため、平成29年(2017年)に建て替えが始まった。

 JR高田駅の南西には、「さざんかストリート」と呼ばれる天神橋筋商店街が伸びていて、付近に「さざんかホール」がある。近鉄南大阪線・高田市駅は準急、急行、特急が停車する主要駅で、高田市駅前にも商店街が伸びていて、高田市南部の商業の中心となっている。

大和高田エリアの主な駅

大和高田 / やまとたかだ 駅
近畿日本鉄道 大阪線

高田 / たかだ 駅
JR西日本 和歌山線、桜井線(万葉まほろば線)

高田市 / たかだし 駅
近畿日本鉄道 南大阪線

yamatotakada1.jpg
近鉄大阪線・大和高田駅

yamatotakada2.jpg
近鉄大阪線・大和高田駅

yamatotakada3.jpg
大和高田駅前の商店街

yamatotakada4.jpg
オークタウン大和高田

yamatotakada5.jpg
JR高田駅

yamatotakada6.jpg
大和高田・さざんかストリート

yamatotakada7.jpg
大和高田・さざんかホール

yamatotakada8.jpg
近鉄南大阪線・高田市駅

yamatotakada9.jpg
近鉄南大阪線・高田市駅

yamatotakada10.jpg
近鉄高田市駅前の商店街

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

京都・竹田 地下鉄と近鉄が合流する竹田駅と竹田の子守唄

京都・竹田
きょうと・たけだ

日本国京都府京都市伏見区

京都・竹田 地下鉄と近鉄が合流する竹田駅と竹田の子守唄

 竹田(たけだ)は、京都(きょうと)市の伏見(ふしみ)区にある地区で、近畿日本鉄道(近鉄)京都線と京都市営地下鉄・烏丸線の竹田駅がある。

 竹田駅は2面4線のホームで、外側2線を近鉄京都線、内側2線を地下鉄烏丸線が使用している。近鉄は準急、急行も停車し、同一ホームで地下鉄烏丸線に乗り換えることができる。地下鉄烏丸線は京都駅まで近鉄京都線とルートが重なり、地下鉄烏丸線は竹田駅を出ると地下に潜り、くいな橋(くいなばし)、十条(じゅうじょう)、九条(くじょう)、京都へと続き、これらの駅は近鉄京都線の上鳥羽口(かみとばぐち)、十条、東寺(とうじ)、京都の各駅と近接しているが、烏丸線は京都駅から京都市中心部まっすぐ北へ、四条(しじょう)、烏丸御池(からすま おいけ)、今出川(いまでがわ)、北大路(きたおおじ)、国際会館(こくさいかいかん)方面へ乗り換えなしで行くことができる。

 地下鉄烏丸線が竹田まで延伸開業したのは昭和63年(1988年)のことで、一部の電車は竹田から近鉄京都線に直通運転している。烏丸線から近鉄奈良(なら)駅まで直通する急行電車もある。竹田駅の北西側には京都地下鉄烏丸線の車両基地がある。

 竹田は駅の真上を東西に名神高速道路が通り、駅の西側約300mのところを南北に阪神高速道路8号京都線が交差し、そのさらに西に名神高速の京都南IC(インターチェンジ)があり、国道1号線と連絡している。竹田駅の東側は住宅街が広がり、東高瀬川が流れている。

 竹田といえば、フォークグループの「赤い鳥」が歌ってヒットした「竹田の子守唄」の舞台として知られている。この歌は、もともと竹田地区の被差別部落に伝わる子守唄が原曲で、同地区の部落解放同盟の合唱団が歌うようになり、それが当時のフォーク歌手らに広まったようで、「赤い鳥」がレコード化し、ミリオンヒットした。ところが、被差別部落の歌が政治的に敏感であるとされ、長らく放送自粛曲にされていた。一方、台湾では日本在住の台湾人歌手ジュディ・オング(翁倩玉)によって「祈禱」(チータオ)というタイトルで中国語カバーされヒットした。自粛されていた日本では1990年代に入り、ようやく解禁され、地上波でも歌を放送するようになり、赤い鳥の元メンバーによる「紙ふうせん」でも歌い継がれ、今ではフォーク時代を代表する名曲として広く認められている。ただ、残念なのは「竹田の子守唄」のできた時代背景のためか、竹田駅周辺に「竹田の子守唄」に関する記念碑はない。歌の場所は実際には竹田駅から離れているとはいえ、被差別部落だったところもすでに再開発も進んだようなので、今の時代ならばもうそろそろ日本の歌謡史を記録する意味で「竹田の子守唄」の物語を伝える記念碑のようなものを建造してもよいのではないかと思う。

京都・竹田エリアの主な駅

竹田 / たけだ 駅
近畿日本鉄道 京都線
京都市営地下鉄 烏丸線 

ktakeda1.jpg
近鉄京都線と京都地下鉄烏丸線の竹田駅

ktakeda2.jpg
竹田駅の北に広がる京都地下鉄の車両基地

ktakeda3.jpg
竹田駅の近くを流れる東高瀬川

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 京都
ジャンル : 旅行

京都・嵯峨 嵯峨天皇の大覚寺と嵯峨野観光トロッコ列車

京都・嵯峨
きょうと・さが

日本国京都府京都市右京区

京都・嵯峨 嵯峨天皇の大覚寺と嵯峨野観光トロッコ列車

 嵯峨(さが)は、京都(きょうと)市の右京(うきょう)区にある地区で、JR西日本・山陰本線(嵯峨野線)の嵯峨嵐山(さが あらしやま)駅と嵯峨野観光鉄道のトロッコ嵯峨駅、京福電鉄(嵐電)嵐山本線の嵐電嵯峨(らんでん さが)駅がある。

 京都を代表する観光地の一つである嵯峨と嵐山はよく混同されるが、厳密には桂川(かつらがわ)の南の西京区側が嵐山で、北の右京区側が嵯峨であり「嵯峨野」(さがの)とも呼ばれる。ところが実際には、見どころは嵯峨側に集中し、嵐電の嵐山駅や天龍寺(てんりゅうじ)、竹林の道などは嵯峨側にあり、しかも「嵐山」のイメージとして定着していることから、このエリアも含めて「嵐山」と呼ばれることが多い。

 嵯峨野は、平安時代に嵯峨天皇が離宮として嵯峨院を造営し、嵯峨天皇が崩御した後に「大覚寺」(だいがくじ)となった。大覚寺は大沢池が美しく、嵯峨天皇および歴代天皇の直筆の般若心経が収蔵されている。嵯峨の地名は、嵯峨天皇の嵯峨院に由来するもので、大覚寺周辺を嵯峨と呼ばれるようになった。

 JR西日本・山陰本線(嵯峨野線)の嵯峨嵐山駅は、明治30年(1897年)に京都鉄道の嵯峨駅として開業した(明治40年に国有化)。北約1キロに大覚寺があり、最寄り駅であるが、嵐山の象徴である渡月橋の近くに京福電鉄(嵐電)の嵐山駅が開設され、観光面では嵯峨駅は観光地の「嵐山」エリアと少し離れており、利用しにくかった。

 一方、その南を走る嵐電・嵐山本線は、明治43年(1910年)に嵐山電車軌道の嵯峨停車場前駅が開設され、大正14年(1925年)に嵯峨駅前駅となり、国鉄・嵯峨駅との乗り換えの便を図っていた。

 地味だったJR山陰本線・嵯峨駅が生まれ変わるきっかけとなったのが、平成元年(1989年)に嵯峨~保津峡(ほづきょう)~馬堀(うまほり)の保津川沿いを走る単線区間を新線トンネルにより複線化した。これにより、山陰本線の輸送力が増え、スピードアップも果たしたが、一方で景色がよかった保津川沿いの区間が廃止された。この廃線区間を観光に再活用しようと、嵯峨野観光鉄道が設立され、平成3年(1991年)から同区間をトロッコ列車が走るようになった。

 JR嵯峨駅のすぐ隣にトロッコ嵯峨駅が設けられ、嵯峨駅は嵯峨野観光トロッコ列車の乗り換え駅となった。その中で、JR嵯峨駅は平成6年(1994年)に嵯峨嵐山駅に改称され、嵐山観光の玄関駅としての知名度向上を図っている。平成23年(2011年)には、嵯峨野観光鉄道20周年を記念して、トロッコ嵯峨駅に京都をイメージした鉄道模型ジオラマの「ジオラマ・京都・JAPAN」が開設された。

京都・嵯峨エリアの主な駅

嵯峨嵐山 / さがあらしやま 駅
JR西日本 山陰本線(嵯峨野線)
トロッコ嵯峨 / トロッコさが 駅
嵯峨野観光鉄道 嵯峨野観光線

嵐電嵯峨 / らんでんさが 駅
京福電鉄(嵐電) 嵐山本線

sagano1.jpg
JR嵯峨野線・嵯峨嵐山駅

sagano2.jpg
JR嵯峨嵐山駅に隣接する嵯峨野観光鉄道トロッコ嵯峨駅

sagano3.jpg
JR嵯峨嵐山駅

sagano4.jpg
トロッコ嵯峨駅の京都をイメージした鉄道模型ジオラマ

sagano5.jpg
嵐電嵯峨駅
 

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 京都
ジャンル : 旅行

京都・太秦 太秦広隆寺と映画村

京都・太秦
きょうと・うずまさ

日本国京都府京都市右京区

京都・太秦 太秦広隆寺と映画村

 太秦(うずまさ)は、京都(きょうと)市の右京(うきょう)区にある地区。太秦は、秦(中国)から渡来した豪族の秦(はた)氏が機(はた)織りの技術を持ち、絹の布を「うず高く」積み上げたことから、朝廷から「禹豆満佐」(うずまさ)の氏が与えられ、それが後に「太秦」と漢字が当てられ、それが地名となった。

 その秦氏の氏寺であるのが太秦の「広隆寺」(こうりゅうじ)で、平安京(へいあんきょう)の遷都より前の7世紀前半に建立された京都最古の寺と言われている。聖徳太子(しょうとくたいし)を本尊とし、霊宝殿には国宝の木造弥勒菩薩半跏像(みろくぼさつはんかぞう)が収蔵されている。

 広隆寺の楼門前には併用軌道で京福電鉄(嵐電)嵐山本線が走り、太秦広隆寺(うずまさ こうりゅうじ)駅がある。同駅は明治43年(1910年)に太秦駅として開業した駅で(大正3年~昭和19年は太子前駅)、平成19年(2007年)に太秦広隆寺駅に改称され、広隆寺の最寄り駅であることがより明確になった。

 JR西日本・山陰本線(嵯峨野線)の太秦駅は平成元年(1989年)に花園(はなぞの)~嵯峨嵐山(さが あらしやま)間に開設された。嵐電の太秦広隆寺駅からは北西に約600mほど離れている。JR太秦駅の200mほど南に嵐電の帷子ノ辻(かたびらのつじ)駅があり、嵐山(あらしやま)~帷子ノ辻~四条大宮(しじょう おおみや)を結ぶ嵐山本線と、帷子ノ辻~北野白梅町(きたの はくばいちょう)を結ぶ嵐電北野線が発着している。嵐電北野線には平成28年(2016年)に帷子ノ辻駅の北東約200mのところに撮影所前(さつえいしょまえ)駅が開設され、JR太秦駅との乗り換えがより近くなった。

 嵐電・撮影所前駅およびJR太秦駅は、映画スタジオである「東映京都撮影所」の最寄り駅であり、駅の東側に撮影スタジオが広がり、時代劇などのテレビドラマや映画の撮影が行われている。東映京都撮影所は大正14年(1925年)に阪東妻三郎プロダクション太秦撮影所として開設され、新興キネマや大映、東横映画を経て、戦後の昭和26年(1951年)に東映京都撮影所となった。また、そのさらに東側には時代劇の世界を体験できるテーマパーク「東映太秦映画村」が京都らしい観光スポットとなっている。

 嵐電嵐山本線の蚕ノ社(かいこのやしろ)駅の四条大宮寄りの併用軌道に平成20年(2008年)に開設された嵐電天神川(らんでん てんじんがわ)駅は、同年に開業した京都市営地下鉄・東西線の太秦天神川(うずまさ てんじんがわ)駅との乗り換え駅。駅前に右京区役所がある。地下鉄東西線は、二条城(にじょうじょう)や、地下鉄烏丸線との乗り換え駅である烏丸御池(からすま おいけ)駅、京都市役所、京阪電車との乗り換えの三条京阪(さんじょう けいはん)、さらに京阪京津線に直通して大津(おおつ)市の浜大津(はまおおつ)駅まで結んでおり、京都の東西の移動が非常に便利になった。

 地下鉄東西線は今後、洛西ニュータウン方面への延伸構想があるが、膨大な建設費がかかることから計画は中断している。どうせなら、太秦広隆寺のあたりまで連絡線を造って嵐電と直通運転したほうが便利になるのではないか。京阪京津線も併用軌道があるので、嵐電もホーム延長などの改良をすればそのまま乗り入れられそうな感じもする。

京都・太秦エリアの主な駅

太秦広隆寺 / うずまさこうりゅうじ 駅
京福電鉄(嵐電) 嵐山本線

太秦 / うずまさ 駅
JR西日本 山陰本線(嵯峨野線)
撮影所前 / さつえいしょまえ 駅
京福電鉄(嵐電) 北野線
帷子ノ辻 / かたびらのつじ 駅
京福電鉄(嵐電) 嵐山本線、北野線

太秦天神川 / うずまさてんじんがわ 駅
京都市営地下鉄 東西線
嵐電天神川 / らんでんてんじんがわ 駅
京福電鉄(嵐電) 嵐山本線

uzumasa1.jpg
嵐電・太秦広隆寺駅

uzumasa2.jpg
嵐電と太秦広隆寺の楼門

uzumasa3.jpg
嵐電・帷子ノ辻駅

uzumasa4.jpg
嵐電・帷子ノ辻駅

uzumasa5.jpg
嵐電・帷子ノ辻駅

uzumasa6.jpg
嵐電天神川駅

uzumasa7.jpg
京都地下鉄東西線・太秦天神川駅

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 京都旅行
ジャンル : 旅行

京都・東寺 五重塔が美しい真言宗の東寺

京都・東寺
きょうと・とうじ

日本国京都府京都市南区

京都・東寺 五重塔が美しい真言宗の東寺

 東寺(とうじ)は、京都(きょうと)市の南(みなみ)区にある真言宗(しんごんしゅう)の寺院であり、近くに近畿日本鉄道(近鉄)京都線の東寺駅と、京都市営地下鉄烏丸線の九条(くじょう)駅がある。

 東寺は、平安京(へいあんきょう)遷都後まもない796年(延暦15年)、桓武(かんむ)天皇によって建立された。東寺は平安京鎮護のために建立された寺院で、平安京のメインストリートである朱雀大路(すざくおおじ/現在の千本通)が九条通と交わるところにあった羅城門(らじょうもん)の東に東寺、西に西寺(さいじ)が建てられた。西寺は現存せず、跡地は唐橋西寺公園となっている。

 東寺は、823年(弘仁14年)に嵯峨天皇より真言宗の宗祖である空海(弘法大師)に下賜され、真言密教の根本道場となった。薬師如来(やくしにょらい)を本尊とし、金堂や講堂、五重塔、都七福神毘沙門堂などの建物があり、特に東海道新幹線からも見える五重塔は美しく、京都のシンボル的存在である。金堂および講堂の中の仏像も厳かで美しい。東寺は平成6年(1994年)に世界遺産に登録され、外国人観光客も多く訪れる京都観光の定番スポットとなっている。

 東寺の最寄り駅は、東寺から九条通を約300m東に近鉄京都線の東寺駅がある。東寺駅は2面2線の高架駅で、普通のほか準急と急行が停車する。東寺駅から九条通をさらに東へ約500m行ったところある烏丸通との交差点の地下には地下鉄烏丸線・九条駅がある。九条通には東山通(東福寺、京都国立博物館、清水寺、祇園、八坂神社、平安神宮)、丸太町通(京都御苑、丸太町駅)、西大路通(円山駅、西大路御池駅、西院駅、西大路駅)を経て九条通に戻る202番バスが走っており、京都環状線の役割を果たしており、京都観光に利用しやすい。

京都・東寺エリアの主な駅

東寺 / とうじ 駅
近畿日本鉄道 京都線

九条 / くじょう 駅
京都市営地下鉄 烏丸線

touji1.jpg
東寺・五重塔

touji2.jpg
東寺・五重塔

touji3.jpg
東寺の門

touji4.jpg
東寺・金堂

touji5.jpg
都七福神・毘沙門堂

touji6.jpg
近鉄京都線・東寺駅

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 京都旅行
ジャンル : 旅行

京都・桂 嵐山線が分岐する阪急桂駅と桂離宮

京都・桂
きょうと・かつら

日本国京都府京都市西京区

京都・桂 嵐山線が分岐する阪急桂駅と桂離宮

 桂(かつら)は、京都(きょうと)市の西京(にしきょう)区にある地区で阪急電鉄・京都本線と嵐山線の桂駅がある。

 桂駅は3面6線のホームを持つ地平の駅で、2面4線を京都線、1面2線を嵐山線が使用しているほか、西側と北側に車庫が広がっている。かつては特急が通過していたが、現在は特急や快速特急も停車する。また、嵐山線は桂~嵐山(あらしやま)の折り返し運転であるが、春や秋の行楽シーズンには大阪方面から嵐山線直通の臨時特急も運行されている。

 桂駅の周辺は住宅街が広がっている。大きな商業施設はなく、周辺の道路も広くないが、ライバル路線の駅が近くにないため、桂駅の利用者は多い。桂駅の南東側には西本願寺西山別院がある。また、桂駅から東へ約800mほど、桂川(かつらがわ)のそばに宮内庁が管理する「桂離宮」(かつらりきゅう)がある。

 桂駅の南の京都市南区との境に陸上自衛隊桂駐屯地があり、その南側にはかつてキリンビール京都工場があったが、その跡地を「京都桂川つむぎの街」として再開発され、平成26年(2014年)に「イオンモール京都桂川」がオープンした。この西側には阪急京都線の洛西口(らくさいぐち)駅が平成15年(2003年)に開業、続いて平成20年(2008年)にJR西日本・京都線(東海道本線)に桂川駅が開業し、桂地区の新しい商業の拠点となり、桂地区の西にある洛西(らくさい)ニュータウンからのバスのアクセスもよくなり、桂川駅の開業で阪急とJRの集客競争が激しくなってきている。

桂エリアの主な駅

/ かつら 駅
阪急電鉄 京都本線、嵐山線

katsura1.jpg
阪急・桂駅

katsura2.jpg
阪急・桂駅

katsura3.jpg
嵐山線を走る元京都線特急車両

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 京都旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

drughba

Author:drughba
日本国内・世界各国の行って面白かったところ、行ってみたいところ、興味深い都市、交通、地理、文化等。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード