東京・荻窪 闇市から発展した荻窪ラーメンとクラシックのまち

東京・荻窪
とうきょう・おぎくぼ

日本国東京都杉並区

東京・荻窪 闇市から発展した荻窪ラーメンとクラシックのまち

 荻窪(おぎくぼ)は、東京(とうきょう)都の杉並(すぎなみ)区にある地区で、JR東日本・中央本線(快速線・緩行線)と東京メトロ丸ノ内線の荻窪駅がある。

 荻窪駅は、明治24年(1891年)に甲武鉄道の駅として開業した。甲武鉄道は明治39年(1906年)に国有化され、国鉄中央本線の一部となった。昭和41年(1966年)に荻窪~中野(なかの)の複々線化工事が完成し、東京メトロ東西線の電車が中野から荻窪方面に乗り入れてくるようになった。昭和44年(1969年)には荻窪~三鷹が複々線化が完成し、東西線および中央緩行線の運行が三鷹まで延長された。

 荻窪駅の東側では、青梅街道が北西から南東へと斜めに交差しており、青梅街道は荻窪から新宿(しんじゅく)駅方面につながっている。この青梅街道に大正10年(1921年)、西武軌道の荻窪~淀橋(新宿)の路面電車が開業した。同線は、川越方面へとつながる構想もあったが、併用軌道の路面電車であるため、高速運転で不向きであることから、この構想は西武鉄道・新宿線へと引き継がれることになった。西武軌道は戦時中の昭和17年(1942年)に東京市電気局に移管され、戦後は都電杉並線として東京都電の一路線となった。

 一方、都電杉並線に並行するように、青梅街道の地下に営団地下鉄・荻窪線(現・東京メトロ丸ノ内線)が建設され、昭和37年(1962年)に営団荻窪線の荻窪駅が開業した。荻窪駅は国鉄荻窪駅の南側の地下に設けられた。営団荻窪線の荻窪~新宿が全通し、営団丸ノ内線との一体運行により、荻窪から霞が関(かすみがせき)、銀座(ぎんざ)などへ非常に便利になり、中央線の混雑緩和にも寄与している。また、地下鉄と重複する都電杉並線は地下鉄開業一年後の昭和38年(1963年)に廃止された。営団荻窪線は昭和47年(1972年)に路線名が「丸ノ内線」に統合された。

 歴史ある荻窪駅の駅周辺は、南口の「仲通り商店街」や北口の「荻窪駅前北口商店街」、「ハクサンタウンズ(白山通り商店会)」など、商店街が充実している。荻窪駅の北口は、戦後に闇市ができ、そこでラーメン店ができ、それが後に青梅街道沿いに広がった。魚介系醤油スープのラーメンは後に「荻窪ラーメン」として知られるようになり、また、つけ麺の元祖ともいわれる「丸長」も荻窪で創業した。

 荻窪駅北口にある「荻窪タウンセブン」は、戦後の闇市から発展した荻窪新興商店街が前身であり、木造家屋が多く火災が頻発し、老朽化も進んでいたことから昭和56年(1981年)に「荻窪セブンタウン」ビルが完成し、新興商店街の店舗と「西友」荻窪店が入った。

 荻窪駅の北西にある「杉並公会堂」は、昭和32年(1957年)に開館し、当時は東京・日比谷の「日比谷公会堂」と並ぶ1000席を上回るホールがあり、コンサートやテレビ収録などにも使用された。リニューアルのため旧館が平成15年(2003年)に取り壊され、平成18年(2006年)に現在の新館が完成した。日本フィルハーモニー交響楽団のフランチャイズホールとなっており、杉並区は荻窪をクラシックのまちとして街づくりを進めており、荻窪周辺の各スポットでクラシック演奏を楽しむ「荻窪音楽祭」が毎年秋に開催されている。

荻窪エリアの主な駅

荻窪 / おぎくぼ 駅
JR東日本 中央本線(快速線・緩行線)
東京メトロ 丸ノ内線

ogikubo1.jpg
JR中央線・荻窪駅

ogikubo2.jpg
荻窪駅北口のハクサンタウンズ

ogikubo3.jpg
荻窪北口駅前商店街

ogikubo4.jpg
荻窪駅北口

ogikubo5.jpg
荻窪駅南口の仲通り商店街

ogikubo6.jpg
東京メトロ丸ノ内線・荻窪駅

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 東京23区
ジャンル : 地域情報

千葉・鎌ケ谷 鎌ケ谷大仏と初富開墾地、北総と成田へのアクセスルート

鎌ケ谷
かまがや

日本国千葉県鎌ケ谷市

千葉・鎌ケ谷 鎌ケ谷大仏と初富開墾地、北総と成田へのアクセスルート

 鎌ケ谷(かまがや)市は、千葉(ちば)県北西部の東葛(とうかつ)地方にある人口約11万人の市。

 北が柏(かしわ)市、西が松戸(まつど)市と市川(いちかわ)市、南が船橋(ふなばし)市、東が白井(しろい)市と接している。

 鎌ケ谷は、木下街道の鎌ケ谷宿の宿場町として町が形成され、江戸時代の1776年(安永5年)に、福田文右エ門によって鎌ケ谷大仏が建立された。この大仏は高さ1.8m、台座を入れても2.3mであり、奈良や鎌倉の大仏と比べると小さいが、鎌ケ谷のシンボルとなっている。

 明治時代になると、下総国(しもうさのくに)の徳川幕府放牧地だった小金牧(こがねまき)および佐倉牧(さくらまき)の開墾が進められ、その第一弾として明治2年(1869年)に「初富」(はつとみ)と命名された小金牧の開墾村に入植がはじまった。小金牧の開墾村は、二和(ふたわ)、三咲(みさき)、豊四季(とよしき)、五香(ごこう)、六実(むつみ)と続いた。このうち、二和と三咲は現在の船橋市、豊四季は柏市、五香と六実は松戸市にあり、新京成線や東武野田線の駅名をたどって探すこともできる。

 この開墾事業は江戸(東京)の貧民対策の一環として明治新政府が実施した政策であったが、結局その後、東京に戻る者が多く、開墾はあまりうまく定着しなかったようだ。明治22年(1889年)に鎌ケ谷村、初富村など6村が合併し、新しい鎌ケ谷村が発足した。鎌ケ谷村には、貨物の輸送のため、市川の中山(なかやま)まで、木下街道沿いに東葛人車鉄道が敷かれたが、大正6年(1917年)に廃止された。

 鎌ケ谷の人口増加のきっかけとなったのは、大正12年(1923年)に北総鉄道船橋線(現・東武鉄道野田線)が開業し、鎌ケ谷駅が開設された。これにより、船橋や柏方面が鉄道で結ばれた。このほか、小金牧の台地の分水嶺に沿って昭和初期に陸軍鉄道連隊演習線が津田沼(つだぬま)~松戸に建設されたが、戦後にこの路線が京成電鉄に払い下げられ、新京成電鉄・新京成線として旅客化され、津田沼方面から徐々に伸ばされ、昭和24年(1949年)に鎌ケ谷大仏(かまがやだいぶつ)駅まで開業。同年に鎌ケ谷大仏~鎌ケ谷初富(現・初富)が延伸された。そして、昭和30年(1955年)に初富~松戸が延伸されて全通した。この両路線の開業により、沿線開発が進み、鎌ケ谷の人口は急速に増加し、昭和33年(1958年)に鎌ケ谷町に、昭和46年(1971年)に鎌ケ谷市となった。

 鎌ケ谷市には、東武鉄道・野田線(東武アーバンパークライン)の鎌ケ谷駅と新鎌ケ谷(しんかまがや)駅、新京成電鉄・新京成線の鎌ケ谷大仏、初富、新鎌ケ谷、北初富(きたはつとみ)、くぬぎ山(くぬぎやま)の各駅、北総鉄道北総線・京成電鉄成田スカイアクセスの新鎌ケ谷駅があり、新鎌ケ谷駅で各路線との乗り換えができる。

 東武野田線と新京成線は、もともと市内に連絡する駅がなく、東武・鎌ケ谷駅と新京成・初富駅の間が徒歩約10分を要していた。千葉ニュータウン開発のため建設された北総鉄道が昭和54年(1979年)に北初富~小室(こむろ)が開業した際、北総鉄道は暫定的に北初富駅から新京成線の松戸駅まで乗り入れ、そこから国鉄常磐線に乗り換えることによって東京都心へのアクセスとしていた。北総鉄道は平成3年(1991年)に新鎌ケ谷(新京成との接続点)~京成高砂(けいせい たかさご)が開業し、京成高砂から京成押上線、東京都営地下鉄・浅草線方面に直通運転を開始し、平成4年(1992年)に新京成・松戸駅方面への直通運転を取りやめた。これに合わせて北総線と新京成線の乗り換え駅として開設されたのが新鎌ケ谷駅であった。

 東武野田線は、新鎌ケ谷駅のすぐそばを南北に通っていたが、駅が設置されていなかった。そこで駅設置を求める住民の声が高まり、平成11年(1999年)に新鎌ケ谷駅が開設され、乗り換えの利便性が大幅に向上した。

 さらに平成22年(2010年)に北総線は、京成成田空港線(成田スカイアクセス)の一部に組み込まれ、新鎌ケ谷駅は東京都心から成田スカイアクセス経由で成田空港を結ぶ「アクセス特急」の停車駅となった。北総線の新鎌ケ谷駅のホームは2面4線の高架駅で、北総線普通電車とアクセス特急の緩急接続が行われ、都心にも、千葉ニュータウンにも、成田空港にも非常に便利な立地として注目されるようになった。また、隣接して新京成線の高架化工事も進められており、平成31年(2019年)に完成予定である。新京成線は、津田沼から京成千葉線に直通運転しており、千葉市の千葉中央(ちばちゅうおう)まで乗り換えなしで行くことができる。

 新鎌ケ谷駅周辺には、鎌ケ谷市役所や、イオン鎌ケ谷ショッピングセンター、アクロスモール新鎌ケ谷などの大型商業施設も充実しており、発展を続けている。

 新京成線くぬぎ山駅の北側には松戸市の五香六実にまたがって陸上自衛隊松戸駐屯地があり、新京成線の前身が陸軍鉄道連隊演習線であった歴史を感じさせる。

鎌ケ谷エリアの主な駅

新鎌ヶ谷 / しんかまがや 駅
北総鉄道 北総線(成田スカイアクセス)
京成電鉄 成田空港線(成田スカイアクセス)
新京成電鉄 新京成線
東武鉄道 野田線(アーバンパークライン)

鎌ヶ谷 / かまがや 駅
東武鉄道 野田線(アーバンパークライン)

初富 / はつとみ 駅
新京成電鉄 新京成線

kamagaya1.jpg
北総線成田スカイアクセス・新鎌ケ谷駅

kamagaya2.jpg
北総線成田スカイアクセス・新鎌ケ谷駅

kamagaya3.jpg
北総線・新鎌ケ谷駅に停車する京成アクセス特急

kamagaya4.jpg
新京成線・新鎌ケ谷駅

kamagaya5.jpg
東武野田線・新鎌ケ谷駅

kamagaya6.jpg
新鎌ケ谷駅前のアクロスモール新鎌ケ谷

kamagaya7.jpg
イオン新鎌ケ谷

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 千葉県
ジャンル : 地域情報

愛知・日進 地下鉄鶴舞線日進工場と「レトロでんしゃ館」

日進
にっしん

日本国愛知県日進市

愛知・日進 地下鉄鶴舞線日進工場と「レトロでんしゃ館」

 日進(にっしん)市は、愛知(あいち)県の中部にある人口約9万人の市。西が名古屋(なごや)市の天白(てんぱく)区と名東(めいとう)区、北が長久手(ながくて)市、東が豊田(とよた)市と みよし市、南が愛知(あいち)郡の東郷(とうごう)町と接している。

 市内を東から西へ天白川が流れており、西の名古屋天白区のほうへと流れていく。また、みよし市および豊田市との境が小高い山になっており、ここが尾張(おわり)と三河(みかわ)の境になっている。

 日進は、日露戦争が行われていた明治39年(1906年)に、愛知郡の香久山(かぐやま)村、白山(はくさん)村、岩崎(いわさき)村が合併し、日進村が発足した。この「日進」の地名は、もともとの地名とは関係がなく、日露戦争で活躍した軍艦「日進」から名づけられた。日進村は昭和33年(1958年)に日進町となり、その後、昭和53年(1978年)の名古屋市営地下鉄鶴舞線と昭和54年(1979年)の名古屋鉄道(名鉄)豊田線の開業で人口が急増し、平成6年(1994年)に日進市となった。

 日進市には名古屋地下鉄鶴舞線の赤池(あかいけ)駅と、名鉄豊田線の赤池、日進、米野木(こめのき)の各駅がある。赤池駅は、地下鉄鶴舞線と名鉄豊田線の共同駅で、2面3線の地下ホームがある。鶴舞線の電車は一部が赤池駅で折り返すほか、多くが名鉄豊田線の新豊田(しんとよた)駅まで相互直通運転している。

 赤池駅の東側には名古屋市営地下鉄の日進工場が広がっている。ここでは名古屋地下鉄の鶴舞線の車両基地があるほか、鶴舞線と桜通線の車両の検査などを行っている。ここに併設されている「レトロでんしゃ館」は、入口に地下鉄のトンネルを掘る「シールドマシーン」のモニュメントが展示されているほか、内部には懐かしの名古屋市電の車両や、地下鉄東山線で走っていた黄色い電車が保存されている。

 名鉄豊田線の日進駅は、日進市南部にあり、南に隣接する東郷町からも利用しやすい。近年はマンション開発が進み、利用客が増えている。ただし、赤池駅を境に地下鉄と名鉄が分かれており、名古屋市内への通勤は赤池駅からのほうが便利であり、周辺の地区では赤池駅を結ぶバスが運行されており、赤池駅のほうが利用客が多い。

 日進市には東名高速道路が通り、日進JCT(ジャンクション)があり、名古屋瀬戸道路が分岐しているが、市内にIC(インターチェンジ)がない。近接する名古屋市名東区の名古屋ICまたは、みよし市の東名三好ICが利用しやすい。

日進エリアの主な駅

赤池 / あかいけ 駅
名古屋市営地下鉄 鶴舞線
名古屋鉄道 豊田線

nisshin1.jpg
名古屋地下鉄鶴舞線・赤池駅

nisshin2.jpg
鶴舞線に乗り入れる名鉄電車

nisshin3.jpg
赤池駅

nisshin4.jpg
レトロでんしゃ館にあるシールドマシーンのモニュメント

nisshin5.jpg
懐かしの名古屋市電

nisshin6.jpg
名古屋市電の内部

nisshin7.jpg
懐かしの名古屋市電路線図

nisshin8.jpg
懐かしの名古屋地下鉄東山線旧型車両

nisshin9.jpg
東山線旧型車両の内部

nisshin10.jpg
名古屋地下鉄日進工場

nisshin11.jpg
名古屋地下鉄日進工場

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 名古屋・愛知
ジャンル : 地域情報

香川・まんのう 満濃池とため池の町

まんのう
まんのう

日本国香川県仲多度郡まんのう町

香川・まんのう 満濃池とため池の町

 まんのう町は、香川(かがわ)県南部の仲多度(なかたど)郡にある人口約2万人の町。東が高松(たかまつ)市の旧・塩江(しおのえ)町、綾歌(あやうた)郡の綾川(あやがわ)町、北が丸亀(まるがめ)市、善通寺(ぜんつうじ)市、西が仲多度郡琴平(ことひら)町、三豊(みとよ)市、南が徳島県の三好(みよし)市、三好郡東みよし(ひがしみよし)町、美馬(みま)市とそれぞれ接している。

 まんのう町は、平成18年(2006年)に仲多度郡の満濃(まんのう)町、仲南(ちゅうなん)町、琴南(ことなみ)町が合併して、新たに「まんのう町」として発足した。旧・満濃町と区別するために平仮名で「まんのう」となった。香川県では「さぬき市」や「東かがわ市」など、合併を機に地名を平仮名化した自治体が多い。

 まんのう町のシンボルである満濃池(まんのういけ)は、はるか8世紀に讃岐国(さぬきのくに)の国守によって建造された人工のため池であり、その後、空海(くうかい)によって改修され、江戸時代も改修が行われ、決壊による洪水と闘いながらも、灌漑用水として利用され続け、香川の大地を潤してきた。明治時代に堤防をかさ上げし、貯水量も増え、今のような雄大な湖となった。まんのう町には満濃池のほかにも、ため池がたくさんあり、丘陵地の農地を潤している。

 まんのう町には、高松琴平電鉄(琴電)琴平線の羽間(はざま)駅と、JR四国・土讃線の塩入(しおいり)駅、黒川(くろかわ)駅がある。このうち、旧・満濃町にあるのは琴電の羽間駅で、土讃線の塩入と黒川の両駅は旧・仲南町にある。いずれの駅も、まんのう町の中心部とは離れており、隣の琴平町からのほうが、まんのう町の中心市街地に近く、最寄り駅は琴電琴平線の榎井(えのい)駅である。満濃池へは土讃線の塩入駅が近く、満濃池周辺には満濃池森林公園、こんぴらレイクサイドゴルフ倶楽部、神野寺、神野神社などがある。

まんのうエリアの主な駅

塩入 / しおいり 駅
JR四国 土讃線

羽間 / はざま 駅
高松琴平電鉄 琴平線

mannou1.jpg
まんのう町を走るJR土讃線からの眺め

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 香川
ジャンル : 地域情報

長崎 外国文化を日本に伝えた三方を山に囲まれた港湾都市

長崎
ながさき

日本国長崎県長崎市

長崎 外国文化を日本に伝えた三方を山に囲まれた港湾都市

 長崎(ながさき)市は、九州西部の長崎県の県庁所在地で、人口約43万人の都市。東が諫早(いさはや)市、北が西彼杵(にしそのぎ)郡の長与(ながよ)町と時津(とぎつ)町、北西が西海(さいかい)市と接しており、南は天草灘(あまくさなだ)、西は角力灘(すもうなだ)の海が広がっている。

 平成の大合併では、平成17年(2005年)に西彼杵郡の三和(さんわ)町、野母崎(のもざき)町、外海(そとめ)町、香焼(こうやぎ)町、伊王島(いおうじま)町、高島(たかしま)町を編入、平成18年(2006年)に西彼杵郡琴海(きんかい)町を編入し、現在の市域となった。世界遺産に登録された「軍艦島」(ぐんかんじま)の通称で知られる端島(はしま)は旧・高島町にあった。

 九州西部にある長崎は、肥前国(ひぜんのくに)に位置するが、肥前の国府は佐賀(さが)であり、長崎はもともと肥前の西端の港町に過ぎなかった。16世紀の日本では、ヨーロッパから主にポルトガル人らがキリスト教の宣教師としてやってきて、布教活動を行っていた。しかし、その布教活動においては、住民との摩擦もあり、平戸(ひらど)では、ポルトガル人の殺害事件などが起こり、ポルトガル・イエズス会は新しい港を探していた。そこに自分の統治下の領土である横瀬浦(現・西海市)を提供したのが大名の大村純忠(おおむら すみただ)であり、1563年(永禄6年)には洗礼を受けて日本初のキリシタン大名となった。大村純忠は、領内の住民のキリスト教への改宗を奨励し、実際に改宗した住民も多かったが、寺社や先祖の墓など日本伝統宗教文化を破壊する暴挙に出たことから当然ながら反発も起こった。そして横瀬浦は焼き討ちに遭ったが、1570年(元亀元年)に大村純忠は長崎を開港し、ポルトガル・イエズス会の拠点となった。ここから貿易港としての長崎の歴史が始まってゆく。

 九州が豊臣秀吉(とよとみ ひでよし)によって平定されると、豊臣秀吉は1587年(天正15年)にキリシタン禁止令を出し、バテレン(神父)追放令により南蛮貿易を独占しようとした。豊臣秀吉は、1597年(慶長2年)に「日本二十六聖人の処刑」を行うなど、キリスト教を弾圧した。

 江戸時代に入ると、長崎は徳川幕府の直轄領となるが、引き続きキリスト教は弾圧され、1612年(慶長17年)に改めて禁教令が出され、布教を禁止し、宣教師らを国外追放している。そのうえで、江戸幕府は長崎に清国およびオランダとの貿易港の役割を持たせようとし、1635年(寛永12年)に出島(でじま)が完成し、日本がいわゆる「鎖国」する一方で、長崎は出島を玄関口として、政府公認の貿易港とし、長崎は最新の海外文化が伝わる先進都市となった。さらに1823年(文政6年)には神聖ローマ帝国ドイツよりシーボルト(ジーボルト/Siebold)が来日して出島に滞在し、長崎郊外に鳴滝塾(なるたきじゅく)を開設し、西洋医学や自然科学を日本人に伝えた。

 1854年(安政元年)には長崎港が開港され、長崎はますます国際港の開かれた都市となる。ポルトガルから伝わったとされるお菓子「カステラ」や、中国福建料理がベースとなっている「ちゃんぽん」など、長崎独自に発展を遂げた名物グルメが形成された。また、1865年(元治2年)にはフランス人の礼拝堂として建てられた大浦天主堂が完成すると、江戸幕府の禁教政策のため隠れて信仰を続けていた日本人(隠れキリシタン)が大浦天主堂を訪ね、神父に信徒であることを告白する人々が現れた。ところが、江戸幕府は引き続き日本人キリスト教徒を暴力的に弾圧し、これが欧米から非難され、明治時代になって明治6年(1873年)にキリシタン禁制が廃止され、259年ぶりにようやくキリスト教信仰の自由が認められるようになった。

 明治時代の廃藩置県では、旧・肥前国は長崎県と佐賀県に分割され、長崎は長崎県の県庁所在地となり、明治22年(1889年)に長崎市が発足した。その後、長崎は三方を山に囲まれた良好な港町として商業のほか、造船業や炭鉱業、製鋼業、兵器工場などの工業が大いに発展した。山に囲まれているため、市街地は山の斜面に広がり、坂にへばりつくように市街地が拡大していった。

 第二次世界大戦末期の昭和20年(1945年)8月9日、アメリカ軍は長崎市(浦上駅北方、松山町付近)にプルトニウム式の原子爆弾を投下し、広島に続く2番目の被爆都市となった。これにより、長崎市の市街地が一瞬にして壊滅し、当時の長崎市の人口約24万人のうち、約7.4万人が死亡し、その後も多くの被爆後遺症による関連死者数は増え続けた。広島は河口近くの平地が広がっていたのに対し、長崎は三方が山に囲まれているため、爆発で壊滅した範囲は広島より狭くなり、旧市街地の南側の一部は破壊を免れた地区もあったが、広島と同様に爆心地周辺の市街地は完全に壊滅し、人道に反する無差別大量殺人であった。

 戦後は、広島とともに核兵器に反対する平和運動の象徴的都市として、復興が進められた。三菱重工業長崎造船所や三菱電機などの三菱グループの工場が戦後復興を牽引した。また、豊かな海洋資源による水産業、長崎の歴史を訪ねる観光も盛んであり、長崎は再び魅力ある都市へと復興を遂げた。美空ひばり「長崎の蝶々さん」、内山田洋とクール・ファイブ「長崎は今日も雨だった」など長崎を舞台にした歌謡曲も大ヒットした。

 港町である長崎は、海の交通が発達しており、長崎港からは、五島(ごとう)市の福江(ふくえ)港、新上五島(しんかみごとう)町の奈良尾(ならお)港、国際航路の中国・上海(シャンハイ/サァヘー)方面への航路がある。また、長崎空港は、長崎県大村市にあり、東京羽田、大阪伊丹、大阪関西、神戸、那覇のほか県内の離島である五島福江(ごとう ふくえ)、対馬(つしま)、壱岐(いき)などへの路線が発着している。

 長崎市の鉄道交通は、JR九州・長崎本線が長崎から佐賀県の鳥栖(とす)を結び、鳥栖からJR鹿児島本線に乗り入れて福岡市の博多(はかた)駅へとつながっている。また、長崎市内には長崎電気軌道の路面電車が走り、市内の各地域を結んでいる。

 JR長崎本線は、長崎市内に長崎、浦上(うらかみ)、現川(うつつがわ)、肥前古賀(ひぜん こが)の各駅と、浦上駅から分岐する旧線(長与経由)の西浦上(にしうらかみ)駅がある。

 長崎本線は、明治30年(1897年)に九州鉄道・佐賀線として長崎(現・浦上)~長与が開業し、翌明治31年(1898年)に長崎~長与~諫早~大村~早岐~肥前山口~佐賀~鳥栖のルートが全通した。このルートは長崎本線、大村線、佐世保線を大回りするものであった。明治38年(1905年)に現在の長崎駅まで延伸され、旧・長崎駅が浦上駅に改称された。明治40年(1907年)に九州鉄道が国有化され、国鉄長崎本線となり、昭和9年(1934年)に諫早~肥前山口の国鉄有明線が全通すると、有明線が長崎本線となり、遠回り区間だった諫早~早岐が大村線、早岐~肥前山口が佐世保線に分離された。さらに昭和47年(1972年)に長崎本線スピードアップのための浦上~喜々津(諫早市)の新線が開業した。

 長崎駅は、長崎市の玄関駅となっており、行き止まりの頭端式ホームで、門司港駅のように港町らしい終着駅の雰囲気がある。かつては東京行きの寝台特急「さくら」「みずほ」、新大阪・京都行きの寝台特急「あかつき」などの長距離列車が運行されていたが、平成6年(1994年)に「みずほ」が廃止。平成17年(2005年)に「さくら」が廃止され、平成20年(2008年)に「あかつき」が廃止されると、長崎駅に乗り入れるブルートレイン寝台列車が全廃となった。現在は特急「かもめ」が長崎~博多を結び、快速「シーサイドライナー」が大村線経由で佐世保(させぼ)を結んでいる。特急「かもめ」は浦上駅にも停車する。

 長崎駅周辺では、高架化工事が進められており、九州新幹線西九州ルート(以下、長崎新幹線)の建設および在来線ホームの高架化工事が始まっている。長崎新幹線は、長崎~博多の時間短縮にはメリットがあるが、通過する佐賀県は博多と近いので時短のメリットが少なく、また特急「みどり」が走る長崎県北部の佐世保がルートから外れると不便になるなどの理由で、建設計画が決まらない状態が続いていた。

 長崎新幹線は、佐賀県のJR佐世保線の武雄温泉(たけおおんせん)駅から大村を経由して長崎に至る短絡ルートを「スーパー特急方式」(新幹線の規格を在来線のレール幅で運転)で建設することを平成4年(1992年)に地元案として合意ができていたが、財源などの理由で着工が伸びていた。そして、平成16年(2004年)に標準軌(新幹線)と狭軌(在来線)を直通できるフリーゲージトレインの導入を視野に入れながら、武雄温泉~諫早のスーパー特急方式の着工を決定した。ところが、平成23年(2011年)にフリーゲージトレインの実用化を視野に入れたためか、武雄温泉~諫早~長崎を標準軌のフル新幹線規格で建設する方針に変更。平成24年(2012年)に武雄温泉~長崎がフル規格で着工した。

 フリーゲージトレインのメリットは、長崎県側の長崎~武雄温泉の新幹線を完成させるだけで、武雄温泉~新鳥栖は在来線を走行し、新鳥栖~博多は九州新幹線の線路を走行できることと、さらに佐世保方面も特急列車の維持が可能であることだった。しかし、デメリットは、在来線区間は130キロしか出せないことと、フリーゲージトレインの車両コストが非常に高いことだった。

 その後、フリーゲージトレインは新幹線のような高速に耐えうる技術が成熟しておらず、開通時期までに実用化が間に合わないことが明らかになった。しかも耐久試験で摩耗が発覚し、実用化に疑問符がついた。さらに致命的なのは、九州新幹線(鹿児島ルート)は、全線フル規格による建設で、新大阪~博多~鹿児島中央の山陽新幹線との一体運用が可能となり、関西方面からの需要喚起による乗客増を実現したが、山陽新幹線を運行するJR西日本は、フリーゲージトレインの山陽新幹線乗り入れに難色を示しており、大阪乗り入れが実現できなければ多額の投資をして長崎まで新幹線を建設する意味がなくなってしまいかねない。日本政府は平成34年(2022年)に武雄温泉~長崎が開業した際には、博多~武雄温泉を在来線、武雄温泉~長崎を新幹線とし、武雄温泉駅でフリーゲージトレイン実用化までの当面は、同一ホーム乗り換えを行う方針を示したが、少しばかりのスピードアップで乗り換えの手間が増えたら、今より不便になりかねない。

 このようなウダウダな状況に、多額の建設費がかかるフル新幹線規格を拒んできた佐賀県も、フリーゲージトレインがダメならフル新幹線も仕方なく視野に入れざるを得なくなったようだ。乗り換えを強いられる中途半端な新幹線より、大阪まで直通できるフル新幹線のほうが新規需要を開拓できるぶん佐賀県とってもましだからだ。

 フリーゲージトレインを断念した場合、長崎新幹線は①全線フル新幹線化(武雄温泉~新鳥栖にもフル新幹線規格新線を建設、一番お金はかかるが時短効果が最大で山陽新幹線に直通運転が可能となる、但し佐世保方面が乗り換え必要)、②スーパー特急化(長崎~武雄温泉を狭軌で建設し、同区間の最高速度は160~200キロとなるが、現行在来線との直通が可能で乗り換え不要、時短効果は最小だが建設費最小)、③ミニ新幹線化(武雄温泉~新鳥栖を標準軌に改軌する、フリーゲージトレインと同じ時短効果、山陽新幹線とも直通できる可能性あり、3線軌にすれば現行在来線とも共存可能、ただし佐世保方面や有明方面の特急運行をどうするか)、④武雄温泉乗り換えの恒久化(武雄温泉~新鳥栖のフル規格化の可能性を残したまま当面維持、最も不便だが佐世保方面は現状維持)といった4つの選択肢が考えられるが、どれも難しい選択だ。長崎新幹線の未来予想図が見えないまま、長崎~武雄温泉の長崎新幹線は平成34年(2022年)の開通を目指してフライングで建設が進んでいる。

 長崎駅の駅ビルはJR九州の商業施設「アミュプラザ長崎」があり、駅前には長崎電気軌道(長崎電鉄)の長崎駅前(ながさきえきまえ)電停および市内バスのりばや道路を挟んで長崎県営バスターミナルがある。長崎駅前は、長崎駅の高架化および長崎新幹線の開業後は、大きくリニューアルされる予定である。

 長崎電鉄は、赤迫(あかさこ)~浦上駅前~長崎駅前~大波止(おおはと)~築町(つきまち)~思案橋(しあんばし)~正覚寺下(しょうかくじした)の1系統や赤迫~浦上駅前~長崎駅前~桜町(さくらまち)~公会堂前(こうかいどうまえ)~蛍茶屋(ほたるぢゃや)の3系統が長崎駅前電停に乗り入れている。長崎観光は長崎駅から長崎電鉄の路面電車を乗りこなせば大変便利だ。車社会の普及で岐阜などのように路面電車が廃止された都市もある中で、長崎の路面電車は高頻度運転しているにもかかわらずいつも混雑しており、市民の足として定着している。

長崎エリアの主な駅

長崎 / ながさき 駅
JR九州 長崎本線
長崎駅前 / ながさきえきまえ 電停
長崎電気軌道 本線(1系統、3系統)

nagasaki1.jpg
JR長崎本線・長崎駅

nagasaki2.jpg
建設が進む長崎駅高架化と長崎新幹線

nagasaki3.jpg
JR長崎駅

nagasaki4.jpg
新幹線の早期建設を求めるPR広告

nagasaki5.jpg
長崎電鉄・長崎駅前電停

nagasaki6.jpg
長崎駅前を走る長崎電鉄

nagasaki7.jpg
長崎電鉄・長崎駅前電停

nagasaki8.jpg
夜の長崎電鉄・長崎駅前電停

nagasaki9.jpg
稲佐山から見た長崎

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 九州旅行
ジャンル : 旅行

台湾 高雄・草衙 タロコパークと臨港線廃線跡の自転車道

高雄・草衙
コーヒョン・ツァウゲー/Ko-hiông Chháu-gê (台湾語/ホーロー語)
カオション・ツァオヤー/ㄍㄠ ㄒㄩㄥˊ ㄘㄠˇ ㄧㄚˊ (台湾華語/北京語)

臺灣高雄市前鎮區
台湾高雄市前鎮区

台湾 高雄・草衙 タロコパークと臨港線廃線跡の自転車道

 草衙(台:ツァウゲー/華:ツァオヤー)は、高雄(台:コーヒョン/華:カオション)市の前鎮(台:ツェンティン/華:チエンツェン)区にある地区で、高雄捷運(地下鉄)レッドライン(紅線)の草衙駅がある。

 草衙駅は、中山四路と中安路の交差点の地下にあり、2008年のレッドライン開業時に開設された。高雄国際空港の滑走路の端の西側にあり、近くに中山高速道路の終点の高雄端ICがあるほか、低空を飛行機が通るため、開発があまり進んでいなかったが、2016年にショッピングモールとミニ鈴鹿サーキットを併設した「大魯閣草衙道」(タロコ・パーク)がオープンし、草衙駅の利用者が急増した。

 「大魯閣草衙道」は、日本の鈴鹿サーキットが提携して、鈴鹿サーキットのレーシングコースを10分の1のスケールで再現したカートレース場があり、本格的なカートの運転が体験できる。ショッピングモールも充実し、駅前という立地のよさからも多くの人でにぎわっている。

 「大魯閣草衙道」の北側には、高雄メトロの車両基地があり、運行を担う高雄捷運の本社もここに置かれている。その北は、旧・高雄県だった高雄市鳳山(ホンソワ)区の五甲(ゴーカ/ウーチア)地区だ。

 中山四路と平行する翠亨南路の間には、かつて台湾鉄道(臺鐵/台鉄)の貨物線である高雄臨港線の線路があって、小港(ショーカン)区の中鋼公司駅まで伸びていたが、2011年に廃止され、その廃線跡にサイクリングロードが整備されたが、線路も一部がまだ残っており、貨物線が走っていた歴史を感じることができる。

 草衙駅から南西に行くと前鎮漁港があり、旗津(台:キーティン/華:チーチン)半島へつながるトンネルもある。

高雄・草衙エリアの主な駅

草衙 / ツァウゲー(ツァオヤー) 駅
高雄捷運 紅線

chhauge1.jpg
高雄メトロ紅線・草衙駅

chhauge2.jpg
台鉄臨港線跡地のサイクリングロード

chhauge3.jpg
台鉄臨港線跡地のサイクリングロード

chhauge4.jpg
大魯閣草衙道(タロコ・パーク)

chhauge5.jpg
大魯閣草衙道(タロコ・パーク)

chhauge6.jpg
高雄捷運本社ビル

ドルジバツアー ホームページ
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 台湾旅行
ジャンル : 旅行

埼玉・越生 越生梅林と花とハイキングの町

越生
おごせ

日本国埼玉県入間郡越生町

埼玉・越生 越生梅林と花とハイキングの町

 越生(おごせ)町は、埼玉(さいたま)県の入間(いるま)郡にある人口約1万人の町。北が比企(ひき)郡ときがわ町、東が比企郡鳩山(はとやま)町、南が入間郡の毛呂山(もろやま)町、西が飯能(はんのう)市と接している。

 難読地名である「越生」(おごせ)の由来は、「尾根越し」(おねごし)が、「尾越し」(おごし)になって、それがさらに「おごせ」になったと言われている。その名の通り、越生は山に囲まれ、東は秩父山地の尾根が連なる。

 越生町にはJR東日本・八高線の越生駅があり、小川町(おがわまち)、寄居(よりい)、高崎(たかさき)方面と、高麗川(こまがわ)、八王子(はちおうじ)方面を結んでいる。八高線は、高麗川以南が電化され、八王子~高麗川と川越線の高麗川~川越が一体運行されており、非電化の高麗川~越生~高崎はディーゼルカーがのんびり走るローカル線となっている。沿線住民は多くないが、自然豊かな沿線にはハイキングスポットが多く、行楽客も多い。

 また、越生駅からは東武鉄道・越生線が東武東上線の坂戸(さかど)まで結んでいて、越生町内には越生駅と武州唐沢(ぶしゅう からさわ)駅がある。東武越生線は昭和9年(1934年)に越生鉄道として越生まで開業し、戦時中の昭和18年(1943年)に東武鉄道に合併された。東武越生線は坂戸で東上線に乗り換えれば東京・池袋へ行けるので、通勤・通学客の利用が多い。

 越生駅から西に駅前の通りを歩いて行くと法恩寺がある。そこからさらに西へ歩いて行くと、越生神社や、越生大黒天「正法寺」があり、越生町役場の裏には「さくらの山公園」があり、春には桜の花見客でにぎわう。越生町役場の北約500mの五大尊(ごだいそん)の小高い山には「五大尊つつじ公園」が広がり、5月~6月には一面にツツジが咲く。このあたりは駅から歩いて散策するのにちょうどよい。

 越生は、九州の大宰府天満宮より分祀した天満宮に梅を植えたことから広がった関東三大梅林の「越生梅林」があり、梅の栽培も盛んで2~3月の梅の花の季節には多くの観梅客が訪れる。越生梅林は越生駅から約3キロ北西の小杉地区にある。越辺川(おっぺがわ)を上っていった黒山(くろやま)地区には男滝(おだき)、女滝(めだき)、天狗滝(てんぐたき)からなる「黒山三滝」がある。

越生エリアの主な駅

越生 / おごせ 駅
JR東日本 八高線
東武鉄道 越生線

ogose1.jpg
JR八高線と東武越生線が連絡する越生駅

ogose2.jpg
越生駅で出発を待つ東武電車

ogose3.jpg
越生駅の駅舎

ogose4.jpg
越生駅前通り

ogose5.jpg
越生・法恩寺

ogose6.jpg
越生大黒天「正法寺」

ogose7.jpg
越生大黒天「正法寺」

ogose8.jpg
越生・さくらの山公園

ogose9.jpg
越生・さくらの山公園

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 埼玉県
ジャンル : 地域情報

兵庫・三木 存続危機の神鉄粟生線沿線に広がるニュータウン

三木
みき

日本国兵庫県三木市

兵庫・三木 存続危機の神鉄粟生線沿線に広がるニュータウン

 三木(みき)市は兵庫(ひょうご)県南部の播磨(はりま)地方にある人口約8万人の市。東が神戸(こうべ)市北区、南が神戸市西区と加古(かこ)郡の稲美(いなみ)町、西が加古川(かこがわ)市、小野(おの)市、北が加東(かとう)市、三田(さんだ)市とそれぞれ接している。

 三木市は、美嚢(みのう)郡の三木(みき)町、別所(べっしょ)村、細川(ほそかわ)村、口吉川(くちよかわ)村が昭和29年(1954年)に合併して発足。同年に、美嚢郡志染(しじみ)村も合併した。平成の大合併では、平成17年(2005年)に北東の美嚢郡吉川(よかわ)町を編入合併した。

 三木は、戦国時代に播磨国の別所氏によって築城された三木城の城下町として発展した。三木は姫路~有馬~京都を結ぶ街道にあり、交通の要衝であった。そのため、戦国時代には三木城をめぐって激しい合戦があり、特に織田(おだ)氏の羽柴秀吉(はしば ひでよし)と別所氏の別所長治(べっしょ ながはる)が争った三木合戦では、織田氏が勝利し、織田信長(おだ のぶなが)が播磨国を勢力下に置くことになった。

 三木城は江戸時代の初期の1615年(元和元年)に廃城になっている。江戸時代は金物産業の町として発展し、戦後は1970年代以降にニュータウン開発が進み、神戸のベッドタウンとしても発展している。

 旧・吉川町は、中国自動車道が通り、吉川IC(インターチェンジ)があるほか、吉川JCT(ジャンクション)で若狭舞鶴自動車道が分岐している。また、三木市を東西に山陽自動車道が通り、三木JCT、三木東IC、三木SA、三木小野ICがある。三木JCTからは、神戸淡路鳴門自動車道が分岐しており、明石海峡大橋方面へ伸びている。

 鉄道は、神戸電鉄(神鉄)粟生線が通り、三木市内に緑が丘(みどりがおか)、広野ゴルフ場前(ひろのゴルフじょうまえ)、志染(しじみ)、恵比須(えびす)、三木上の丸(みき うえのまる)、三木(みき)、大村(おおむら)の各駅がある。

 神鉄粟生線は、昭和11年(1936年)に三木電気鉄道として鈴蘭台(すずらんだい)~広野ゴルフ場前が開業し、翌年に三木東口(現・三木上の丸)まで延伸。翌昭和13年(1938年)に三木福有橋(現・三木)まで延伸した。三木電気鉄道は戦後、昭和22年(1947年)に神戸有馬電気鉄道に合併され、神有三木電気鉄道となった。そして昭和24年(1949年)に神戸電気鉄道となった。神鉄粟生線は昭和27年(1952年)に国鉄加古川線の粟生(あお)まで延伸されて全線開業となった。

 神鉄粟生線沿線は、緑が丘駅の北に広がる「緑が丘」や、志染駅の北東に広がる「自由が丘」などのニュータウンが開発され、住宅地が広がっている。緑が丘駅は、1面1線の小さな駅であるが、三木市の緑が丘のほか、神戸市西区の北山台や富士見が丘からも近く、利用者が多い。関西国際大学三木キャンパスの最寄り駅でもある。

 広野ゴルフ場前駅は、その名の通り、駅前に広野ゴルフ倶楽部のゴルフ場が広がっている。同ゴルフ場が昭和7年(1932年)にチャールズ・ヒュー・アリソン(Charles Hugh Alison)がコース設計を手がけた名コースであるが、神戸電鉄でゴルフプレーに出かける人は極めて少なく、駅の利用者の多くは緑が丘や自由が丘の住民である。

 志染駅は、2面3線のホームを持つ三木市の主要駅であり、粟生線の約半数の電車が同駅で折り返す。同駅は駅北東の自由が丘や駅西のさつき台のニュータウンの中心駅であり、利用者も多いが、近年は隣の恵比須駅を起点に自由が丘や緑が丘の住宅地を巡りながら、そのまま神戸市の三宮(さんのみや)まで直行する神姫バス恵比寿快速線が神鉄粟生線との激しい乗客争奪戦を繰り広げており、住宅地の近くを通り、しかも着席通勤できる神姫バスに客が流れている。

 路線バスとの競争で劣勢に立たされた神鉄粟生線は、ピーク時よりも年々利用客数が減少し、赤字路線になってしまった。粟生線は経費削減のため、志染~粟生の運転本数を日中1時間に1本まで減らした。志染から神戸寄りは15分間隔が維持されていたが、これも平成29年(2017年)春より日中30分に1本へと削減され、この利便性低下がさらなる客離れを招かないだろうか。沿線住民は少なくないので、鉄道を維持するためには、魅力ある駅前再開発が必要なのだろう。

 三木上の丸駅は、旧・三木城があったところで、三木市役所の最寄り駅である。三木上の丸駅から美嚢川の鉄橋を渡ると、旧市街地の中心部に三木駅がある。

 美嚢川の南側には、かつて三木鉄道三木線(三木~厄神/やくじん)の三木駅があった。三木線は、大正5年(1916年)に播州鉄道によって建設され、大正12年(1923年)に播但鉄道となり、さらに戦時中の昭和18年(1943年)に国有化され、国鉄三木線となった。三木線はもともと、美嚢川の舟運の代替のために建設され、厄神から加古川線に乗り入れて、山陽本線の加古川駅まで結んでいたが、通勤需要がある神戸方面とは逆方向であったため、利用客は少なかった。そのため、神鉄粟生線が開業するとさらに乗客が減り、赤字ローカル路線となり、昭和60年(1985年)に国鉄三木線は第3セクターの三木鉄道に移管された。

 しかしながら、三木鉄道として分離すると、国鉄加古川線と運転系統が分離され、加古川への直通列車がなくなったため、さらに利用者が減ってしまった。結局、平成18年(2006年)に財政削減のため三木鉄道の廃止を掲げる候補者が三木市長に当選し、平成20年(2008年)に三木鉄道が廃止された。三木鉄道は三木市内に三木、高木(たかぎ)、別所(べっしょ)、西這田(にしほうだ)、石野(いしの)、下石野(しもいしの)の各駅があった。

 三木鉄道の廃止後、旧・三木駅は三木鉄道記念公園となり、旧・三木駅駅舎が「三木鉄道ふれあい館」となり、車庫跡地は「MIKI夢ステーション」として農産物販売所となり、旧ホーム跡は旧線路を利用したサイクルトロッコが運転できるよう整備された。三木鉄道廃止後の代替バスは厄神駅から旧・三木鉄道三木駅を経由して神鉄粟生線・恵比須駅まで運行しており、かつて駅が離れていた時代より便利になっている。一方で、鉄道のあった時代の記憶をこのような施設として残し、地域活性化に活用しており、ただ単に廃止されただけではなく、その面影を訪ねる旅ができるのは三木市観光の魅力の一つでもある。

三木エリアの主な駅

志染 / しじみ 駅
神戸電鉄 粟生線

緑が丘 / みどりがおか 駅
神戸電鉄 粟生線

三木 / みき 駅
神戸電鉄 粟生線

恵比須 / えびす 駅
神戸電鉄 粟生線

miki1.jpg
神鉄粟生線・緑が丘駅

miki2.jpg
神鉄粟生線・志染駅

miki3.jpg
神鉄粟生線・志染駅

miki4.jpg
神鉄粟生線・志染駅

miki5.jpg
神鉄粟生線・志染駅

miki6.jpg
神鉄粟生線・志染駅

miki7.jpg
神鉄粟生線・志染駅

miki8.jpg
志染駅の時刻表(2016年)

miki9.jpg
志染駅南の街並み

miki10.jpg
志染・自由が丘の街並み

miki11.jpg
美嚢川の鉄橋を渡る神鉄粟生線

miki12.jpg
三木市中心部を走る神鉄粟生線

miki13.jpg
神鉄粟生線・三木駅

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 兵庫県
ジャンル : 地域情報

山形・鶴岡 庄内藩の城下町、庄内米とだだちゃ豆

鶴岡
つるおか

日本国山形県鶴岡市

山形・鶴岡 庄内藩の城下町、庄内米とだだちゃ豆

 鶴岡(つるおか)市は、山形(やまがた)県西部の庄内(しょうない)地方にある人口約13万人の市。北が酒田(さかた)市と東田川(ひがしたがわ)郡の三川(みかわ)町、東が東田川郡庄内(しょうない)町、西村山(にしむらやま)郡の西川(にしかわ)町、南が新潟(にいがた)県の村上(むらかみ)市と接しており、西には日本海が広がっている。

 鶴岡市は平成の大合併では、藤島(ふじしま)町、温海(あつみ)町、羽黒(はぐろ)町、櫛引(くしびき)町、朝日(あさひ)村と合併し、現在の市域となり、山形県第2の都市に拡大した。

 鶴岡は江戸時代、出羽国(でわのくに)の庄内藩が置かれ、鶴ヶ岡(つるがおか)城の城下町として発展した。鶴ヶ岡城は鶴岡駅の南西約1.5キロのところにあり、明治維新で鶴ヶ岡城は廃城となって建築物が解体撤去された。城址は鶴岡公園となり、東北地方有数の桜の名所となっている。

 鶴岡公園には、鶴岡護国神社、御城稲荷神社があるほか、鶴岡市出身の作家・藤沢周平の文学作品を紹介する「鶴岡市立藤沢周平記念館」、鶴岡アートフォーラム、慶應義塾大学先端生命科学研究所、鶴岡市役所、庄内藩の藩校であった「致道館」(ちどうかん)、庄内地方の歴史を伝える「致道博物館」などの施設がある。

 鶴岡市には、JR東日本・羽越本線が通り、鼠ヶ関(ねずがせき)、小岩川(こいわがわ)、あつみ温泉(あつみおんせん)、五十川(いらがわ)、小波渡(こばと)、三瀬(さんぜ)、羽前水沢(うぜん みずさわ)、羽前大山(うぜん おおやま)、鶴岡、藤島(ふじしま)の各駅がある。

 旧・温海町の鼠ヶ関は、出羽国と越後国の境目に位置し、東北地方の三関(白河関、勿来関、鼠ヶ関)の一つであった。現在は、山形県と新潟県の県境となっている。鼠ヶ関港は、古くより北前船の寄港地であった。鼠ヶ関は、かつては「念珠関」(ねずがせき)とも表記され、温海町発足以前は、鼠ヶ関周辺は念珠関村であった。鼠ヶ関駅の西の海岸には「マリンパークねずがせき」や「鼠ヶ関マリーナ」があり、マリンスポーツの拠点となっている。

 あつみ温泉駅は、旧・温海町の中心駅で、特急「いなほ」が停車する。あつみ温泉の最寄り駅であり、温海川沿いに温泉街が広がる。旧・温海町役場は、鶴岡市役所温海庁舎となった。駅の西側は日本海が広がり、温海海水浴場がある。あつみ温泉駅の北隣の五十川駅からは、かつて田川炭鉱があり、昭和35年(1960年)に閉山した。

 旧・温海町の日本海沿いは、風が強く、積雪は比較的少ないが、庄内平野が広がる鶴岡駅周辺は積雪が日本海沿岸と比べて多くなる。藤島駅は旧・藤島町の中心駅であり、西に広がる三川町からも利用しやすい。周辺は庄内平野の水田が広がる。

 鶴岡市は庄内平野の豊かな水田によって作られた「庄内米」の産地であるとともに、枝豆の一種である「だだちゃ豆」が特産品となっている。「だだちゃ」とは庄内地方の方言で「おやじ」「お父さん」を意味し、江戸時代から庄内藩のお殿様に献上されていた枝豆が「だだちゃ豆」と呼ばれるようになり、鶴岡の高級枝豆としてブランド化された。

 鶴岡市から山形市へは、山形自動車道が鶴岡JCT(ジャンクション)~湯殿山(ゆどのさん)IC(インターチェンジ)が開通しており、その先の峠は国道112号線の月山花笠道路が西川町の月山ICまでつながっていて、月山ICから山形自動車道が山形市までっつながっている。また、日本海沿岸部の町を結ぶ日本海東北自動車道が建設されており、鶴岡市内には鶴岡JCT、鶴岡西IC、三瀬IC、いらがわIC、あつみ温泉ICがある。あつみ温泉ICより南は未開通である。

 鶴岡市と酒田市にまたがって庄内空港(おいしい庄内空港)があり、東京羽田空港を結ぶ定期路線が運航されている。

鶴岡エリアの主な駅

鶴岡 / つるおか 駅
JR東日本 羽越本線

あつみ温泉 / あつみおんせん 駅
JR東日本 羽越本線

鼠ヶ関 / ねずがせき 駅
JR東日本 羽越本線

tsuruoka1.jpg
JR羽越本線・鶴岡駅

tsuruoka2.jpg
雪深い冬の鶴岡

tsuruoka6.jpg
雪の庄内平野を走る冬の羽越本線

tsuruoka3.jpg
JR羽越本線・あつみ温泉駅

tsuruoka4.jpg
羽越本線から見た日本海

tsuruoka5.jpg
鼠ヶ関の町並み

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : *山形県*
ジャンル : 地域情報

鳥取・米子 山陰雲伯地方の交通の要衝、鳥取県西部の商業都市

米子
よなご

日本国鳥取県米子市

鳥取・米子 山陰雲伯地方の交通の要衝、鳥取県西部の商業都市

 米子(よなご)市は、鳥取(とっとり)県西部にある人口約15万人の市。北が境港(さかいみなと)市、東が西伯(さいはく)郡の大山(だいせん)町、南が西伯郡の伯耆(ほうき)町と南部(なんぶ)町、西が島根(しまね)県の安来(やすぎ)市と接しており、北西には日本海の美保湾が広がる。また、米子市の西部に、米子市に3方囲まれて日本海に面する西伯郡日吉津(ひえづ)村がある。

 米子市は古事記(こじき)の国生みの中で淡嶋(あわしま)が出てくるが、これが米子市にある粟嶋(あわしま)神社にあたると伝えられる非常に歴史のある地域である。

 江戸時代には、伯耆国(ほうきのくに)の米子藩の城下町として発展し、米子城から西へ約1キロの久米町にあった。米子城からは東に市街地が、西には中海(なかうみ)が、北には日本海が見渡せた。米子城は明治維新の廃藩置県で廃城となり、城址は、天守は解体され、石垣などが残るのみであり、三の丸の敷地は鳥取大学医学部付属病院や米子市営湊山球場に利用されている。

 米子市は平成の大合併では、平成17年(2005年)に旧・米子市と西伯郡の淀江(よどえ)町が合併して新しい米子市が発足し、現在の市域となった。当初は、日吉津村や境港市も含めた合併が検討されていたが、両自治体では反対が多く、米子市には加わらなかった。

 伯耆(ほうき)と因幡(いなば)は、明治時代に同じ鳥取県に統合されたが、鳥取市を中心とする因幡地方と、米子市を中心とする伯耆地方は文化が異なり、方言もかなり違いがある。鳥取弁は山陰東部の但馬弁や丹後弁と近いが、米子弁は“西のズーズー弁”とも言われる島根県の出雲弁と近い雲伯方言に分類されるなど、近接する島根県出雲(いずも)地方との共通点も多い。

 米子市には、JR西日本の山陰本線と伯備線、境線が通り、山陰本線は米子、東山公園(ひがしやまこうえん)、伯耆大山(ほうきだいせん)、淀江(よどえ)の各駅、境線は米子、博労町(ばくろうまち)、富士見町(ふじみちょう)、後藤(ごとう)、三本松口(さんぼんまつぐち)、河崎口(かわさきぐち)、弓ヶ浜(ゆみがはま)、和田浜(わだはま)、大篠津町(おおしのづちょう)の各駅がある。また、伯備線は伯耆大山駅から南へ分岐している。

 また、道路交通は、山陰地方を東西に走る道路は国道9号と山陰道があり、平成29年(2017年)の時点で、山陰道のうち安来道路は有料道路、米子道路は無料通行となっている。米子ICからは南へ米子自動車道が通り、岡山県の中国自動車道・落合JCTを結んでいる。

 JR山陰本線は、京都(きょうと)から日本海側を通って山口県の下関(しものせき)まで結ぶ路線であるが、速達性では山陽本線にかなわないことから、当初から多くの区間が単線非電化で建設された。全線通しで運行されたケースは極めて少なく、かつては昭和36年(1961年)より京都・大阪~下関・博多を特急「まつかぜ」が福知山線経由で山陰本線の主要区間を走破していたが昭和61年(1986年)に廃止された。京都~米子は特急「あさしお」が平成8年(1996年)まで運行されていた。また、寝台特急「出雲」が平成18年(2006年)まで運行されていた。

 関西地方から山陰本線沿線への大幅なスピードアップが図られたのは、昭和47年(1972年)に山陽新幹線の新大阪~岡山が開業したことによる。従来、大阪から福知山線経由で山陰本線の米子・松江方面を結んでいた特急「やくも」が、岡山発で倉敷から伯備線を経由して米子を結び、米子から山陰本線に入るルートに変更された。さらなるスピードアップのため、特急「やくも」が走る伯備線(倉敷~伯耆大山)および山陰本線の伯耆大山~出雲市の改良が行われ、昭和57年(1982年)に伯備線および山陰本線の伯耆大山~知井宮(現・西出雲)の電化が完成し、「やくも」に振り子式の特急電車が導入され、伯備線が東京や関西から山陰の伯耆(鳥取県西部)と出雲(島根県東部)を結ぶ主要ルートになった。寝台特急「出雲」は新型寝台電車を導入したのをきっかけに平成18年(2006年)より伯備線経由の寝台特急「サンライズ出雲」に生まれ変わった。

 一方、山陰本線の京都~米子に関しては、京都~城崎が電化され、京都発の特急「きのさき」や新大阪発の特急「こうのとり」が運行されているが、城崎~伯耆大山が非電化のまま残されている。関西と鳥取は、大阪・姫路から播但線を経由して山陰本線を走る特急「はまかぜ」が運行されているが、さらなるスピードアップを図るため、平成6年(1994年)に山陽本線の上郡(かみごおり)から因美線の智頭(ちず)までをショートカットする智頭急行が開業し、智頭急行経由で京都・大阪・姫路~鳥取・倉吉を結ぶ特急「スーパーはくと」が運行を開始し、関西~鳥取のメインルートは智頭急行となった。これにより、京都~米子を結んでいた特急「あさしお」は役割を終えて廃止された。

 現在、山陰本線は鳥取県と島根県の東西を結ぶ特急として、特急「スーパーまつかぜ」と「スーパーおき」を運行しており、「スーパーおき」は山口線に乗り入れて山口県の新山口(しんやまぐち)まで結んでいる。また、地域輸送としては普通列車のほか、鳥取~米子~出雲市を結ぶ快速「とっとりライナー」や米子~出雲市~浜田~益田を結ぶ快速「アクアライナー」が運行されている。このように、米子駅は山陰地方の交通の要衝として重要であるとともに、島根県とまたがる米子~松江~出雲市は、雲伯地方として交流が多く、列車の運行本数も多い。

 米子駅から北に伸びるJR境線は、港町で日本海側有数の漁業・貿易の基地である境港(さかいみなと)を結ぶ路線で、山陰本線資材を輸送する目的で境港~米子が山陰本線の米子~御来屋(みくりや)と同時に建設され、明治35年(1902年)に開業した歴史ある路線である。現在は、ローカル線化しており、境港市が水木しげる氏の故郷であり、その代表作「ゲゲゲの鬼太郎」で町おこしをしていることから、沿線各駅に「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する妖怪の名が副駅名に付けられ、同作のアニメキャラクターでペイントした列車が運行されており、子どもだけでなく鬼太郎世代の大人たちにも好評である。境線の富士見町~後藤にはJR西日本の後藤総合車両所後藤工場があるため、米子~後藤は電化されている。富士見町駅(副駅名:ざしきわらし)は国道9号線と交差する米子市の中心市街地にあり、近くに米子高島屋、やよいデパート、米子しんまち天満屋などの商業施設がある。

 境線・大篠津町駅の先には、米子空港(米子鬼太郎空港)がある。米子空港は航空自衛隊美保基地との共用空港であり、平成21年(2009年)に滑走路を2500mに延長し、旅客線を強化し、スカイマークエアラインズの神戸、成田、新千歳、那覇などの路線もあったが、平成27年(2015年)までに撤退した。平成29年(2017年)の時点では全日空の東京羽田が主力路線であるほか、国際線は韓国ソウルと香港に運航されている。米子空港のターミナルビルは境港市側にあり、滑走路延長工事の際に境線のルートが迂回する形に変更され、平成20年(2008年)境港市側に境線の米子空港駅が開設された。

 日野川の東側にある伯耆大山駅は、山陰本線と伯備線の分岐する駅で、特急「やくも」「スーパーまつかぜ」の一部が停車する。伯耆大山駅は米子市内にあるが、北側は日吉津村であり、日吉津村の最寄り駅でもある。日吉津村は、面積は小さいが王子製紙米子工場があり、財政的に余裕があることから米子市との合併には反対が多く、日吉津村としての独立を維持している。日本海側には日吉津温泉がある。また、日野川の西の日本海側には皆生(かいけ)温泉があり、日本海の眺めが美しく、夏は海水浴もできることから、米子市を代表する観光地の一つとなっている。 

米子エリアの主な駅

米子 / よなご 駅
JR西日本 山陰本線、境線、(伯備線)

伯耆大山 / ほうきだいせん 駅
JR西日本 山陰本線、伯備線

富士見町 / ふじみちょう 駅
JR西日本 境線

後藤 / ごとう 駅
JR西日本 境線 

yonago1.jpg
米子駅に停車する特急「やくも」

yonago2.jpg
米子駅に停車する特急「やくも」

yonago3.jpg
米子駅に停車する特急「スーパーまつかぜ」

yonago4.jpg
米子駅、山陰本線の米子~西出雲を走る電車

yonago5.jpg
米子駅、山陰本線普通ディーゼルカー

yonago6.jpg
広い車庫がある米子駅

yonago7.jpg
ゲゲゲの鬼太郎がペインティングされた境線ディーゼルカー

yonago8.jpg
ゲゲゲの鬼太郎とコラボする米子駅JR境線ホーム

yonago9.jpg
米子弁で話す鬼太郎

yonago10.jpg
米子駅の駅舎

yonago11.jpg
米子市街地の街並み

yonago12.jpg
米子市街地の街並み

yonago13.jpg
伯備線が分岐するJR伯耆大山駅

yonago14.jpg
ざしきわらしとコラボするJR境線・富士見町駅

yonago15.jpg
JR境線・後藤駅

yonago16.jpg
JR境線・後藤駅

yonago17.jpg
JR境線の車窓風景

yonago18.jpg
JR境線から見た米子鬼太郎空港

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

プロフィール

drughba

Author:drughba
日本国内・世界各国の行って面白かったところ、行ってみたいところ、興味深い都市、交通、地理、文化等。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード