神奈川 横浜・西谷 JR東急直通線がつながる相鉄西谷駅

横浜・西谷
よこはま・にしや

日本国神奈川県横浜市保土ケ谷区

神奈川 横浜・西谷 JR東急直通線がつながる相鉄西谷駅

 西谷(にしや)は、横浜(よこはま)市の保土ケ谷(ほどがや)区にある地区で、相模鉄道・相鉄本線の西谷駅がある。

 西谷駅のホームの真上を東海道新幹線が横切っており、ホームに新幹線の橋脚が立っており、ホーム上から高速で走る新幹線の姿も見える。西谷駅は特急、急行、快速などは通過し、各停のみ停車する駅であるが、もともと2面4線のホームで、各停が通過列車の待避を行っていた。西谷駅からは、横浜市の東西を貫通する相鉄の新線計画があり、その工事にともない、外側の2線が新線工事のために使用を中止しており、本線は内側2線のみの使用となっている。

 相鉄は西谷駅から約3キロ東の羽沢(はざわ)駅へ地下新線を建設し、JR東日本・東海道貨物線とつないで湘南新宿ラインの渋谷(しぶや)、新宿(しんじゅく)方面へ直通する相鉄JR直通線を建設中で、平成31年(2019年)の完成を目指して工事が進められている。さらに、羽沢から約4キロ北東の新横浜(しんよこはま)駅までほぼ東海道新幹線に沿って地下新線を建設し、東急電鉄が目黒線を延長する形で日吉(ひよし)~新横浜に建設する新線とつなげる相鉄東急直通線が平成34年(2022年)に完成する予定である。相鉄東急直通線については、目黒線の目黒(めぐろ)駅のほか、東横線の渋谷や、東京都営地下鉄三田線や東京メトロ南北線への直通運転も行われる予定となっている。

 相鉄JR直通線および相鉄東急直通線が完成すると、相鉄沿線から横浜駅を経由せずに直接東京都心に向かうことが可能となり、横浜駅の混雑緩和のほか、東京方面への通勤の大幅なスピードアップとなる。また、新横浜駅とつながることにより、東海道新幹線の利用が非常に便利となる。これらの路線が開業すれば、相鉄沿線の人口増加も期待され相鉄の輸送量も飛躍的に伸びるだろうから、相鉄の社運を賭けたともいえる横浜市西部のヒトの流れを変えうる一大プロジェクトだ。西谷駅はそのスタート地点であり、この工事風景から未来の想像がいろいろふくらむ。

横浜・西谷エリアの主な駅

西谷 / にしや 駅
相模鉄道 相鉄本線

nishiya1.jpg
西谷駅を通過する相鉄特急

nishiya2.jpg
西谷駅の真上を走る東海道新幹線

nishiya3.jpg
工事が進む相鉄JR東急直通線

nishiya4.jpg
工事が進む相鉄JR東急直通線

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 横浜!YOKOHAMA!
ジャンル : 地域情報

京都・嵯峨 嵯峨天皇の大覚寺と嵯峨野観光トロッコ列車

京都・嵯峨
きょうと・さが

日本国京都府京都市右京区

京都・嵯峨 嵯峨天皇の大覚寺と嵯峨野観光トロッコ列車

 嵯峨(さが)は、京都(きょうと)市の右京(うきょう)区にある地区で、JR西日本・山陰本線(嵯峨野線)の嵯峨嵐山(さが あらしやま)駅と嵯峨野観光鉄道のトロッコ嵯峨駅、京福電鉄(嵐電)嵐山本線の嵐電嵯峨(らんでん さが)駅がある。

 京都を代表する観光地の一つである嵯峨と嵐山はよく混同されるが、厳密には桂川(かつらがわ)の南の西京区側が嵐山で、北の右京区側が嵯峨であり「嵯峨野」(さがの)とも呼ばれる。ところが実際には、見どころは嵯峨側に集中し、嵐電の嵐山駅や天龍寺(てんりゅうじ)、竹林の道などは嵯峨側にあり、しかも「嵐山」のイメージとして定着していることから、このエリアも含めて「嵐山」と呼ばれることが多い。

 嵯峨野は、平安時代に嵯峨天皇が離宮として嵯峨院を造営し、嵯峨天皇が崩御した後に「大覚寺」(だいがくじ)となった。大覚寺は大沢池が美しく、嵯峨天皇および歴代天皇の直筆の般若心経が収蔵されている。嵯峨の地名は、嵯峨天皇の嵯峨院に由来するもので、大覚寺周辺を嵯峨と呼ばれるようになった。

 JR西日本・山陰本線(嵯峨野線)の嵯峨嵐山駅は、明治30年(1897年)に京都鉄道の嵯峨駅として開業した(明治40年に国有化)。北約1キロに大覚寺があり、最寄り駅であるが、嵐山の象徴である渡月橋の近くに京福電鉄(嵐電)の嵐山駅が開設され、観光面では嵯峨駅は観光地の「嵐山」エリアと少し離れており、利用しにくかった。

 一方、その南を走る嵐電・嵐山本線は、明治43年(1910年)に嵐山電車軌道の嵯峨停車場前駅が開設され、大正14年(1925年)に嵯峨駅前駅となり、国鉄・嵯峨駅との乗り換えの便を図っていた。

 地味だったJR山陰本線・嵯峨駅が生まれ変わるきっかけとなったのが、平成元年(1989年)に嵯峨~保津峡(ほづきょう)~馬堀(うまほり)の保津川沿いを走る単線区間を新線トンネルにより複線化した。これにより、山陰本線の輸送力が増え、スピードアップも果たしたが、一方で景色がよかった保津川沿いの区間が廃止された。この廃線区間を観光に再活用しようと、嵯峨野観光鉄道が設立され、平成3年(1991年)から同区間をトロッコ列車が走るようになった。

 JR嵯峨駅のすぐ隣にトロッコ嵯峨駅が設けられ、嵯峨駅は嵯峨野観光トロッコ列車の乗り換え駅となった。その中で、JR嵯峨駅は平成6年(1994年)に嵯峨嵐山駅に改称され、嵐山観光の玄関駅としての知名度向上を図っている。平成23年(2011年)には、嵯峨野観光鉄道20周年を記念して、トロッコ嵯峨駅に京都をイメージした鉄道模型ジオラマの「ジオラマ・京都・JAPAN」が開設された。

京都・嵯峨エリアの主な駅

嵯峨嵐山 / さがあらしやま 駅
JR西日本 山陰本線(嵯峨野線)
トロッコ嵯峨 / トロッコさが 駅
嵯峨野観光鉄道 嵯峨野観光線

嵐電嵯峨 / らんでんさが 駅
京福電鉄(嵐電) 嵐山本線

sagano1.jpg
JR嵯峨野線・嵯峨嵐山駅

sagano2.jpg
JR嵯峨嵐山駅に隣接する嵯峨野観光鉄道トロッコ嵯峨駅

sagano3.jpg
JR嵯峨嵐山駅

sagano4.jpg
トロッコ嵯峨駅の京都をイメージした鉄道模型ジオラマ

sagano5.jpg
嵐電嵯峨駅
 

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 京都
ジャンル : 旅行

愛媛 松山・松山城 江戸時代の大天守が残る伊予松山城

松山・松山城
まつやま・まつやまじょう

日本国愛媛県松山市

愛媛 松山・松山城 江戸時代の大天守が残る伊予松山城

 松山城(まつやまじょう)は、松山市の中心部にあり、松山市の定番観光スポットの一つである。江戸時代は伊予国(いよのくに)の松山藩が置かれ、伊予における政治の中心であった。

 松山城は、加藤嘉明(かとう よしあき)松山藩初代藩主によって1602年(慶長7年)に着工され、四半世紀の歳月をかけて完成した。標高132mの勝山山頂に本丸が築かれ、四国最大の城郭が形成された。加藤氏は完成を見ずに会津(あいづ)藩に転封となり、その後は蒲生(がもう)氏を経て、松平(まつだいら)氏が松山城の城主となった。

 明治維新後、松山城は明治6年(1873年)に廃城となり、本丸は「聚楽園」(しゅうらくえん)という公園となり、二の丸と三の丸が陸軍省の管轄となり、歩兵第22連隊の駐屯地となった。

 松山城は、江戸時代からの貴重な建築物がそのまま多く残っているが、何度も危機があった。昭和8年(1933年)の松山城放火事件では、大天守は被害から免れたものの、小天守や南北隅櫓、多聞櫓などが焼失した。第二次世界大戦における昭和20年(1945年)のアメリカ軍による松山空襲では、天神櫓、馬具櫓、乾門、太鼓門など11棟が焼失したが、幸い大天守は無事だった。また、戦後も昭和24年(1949年)に不審火があり、筒井門などが焼失した。

 松山城は、明治時代の廃城後も関連建物が多く残され、焼失した建物も写真や図面などの記録が残っていたことから、戦後の昭和33年(1958年)より復元工事が行われ、米軍に焼かれた馬具櫓をまず復元し、昭和43年(1968年)に小天守、多門櫓、南北隅櫓などを復元。さらにそれ以降も筒井門、太鼓櫓、天神櫓、乾門などを復元し、本来の松山城の雄姿を取り戻していった。

 松山城へは、東雲神社(しののめじんじゃ)から歩いて登ることもできるが、東雲神社近くにある松山城ロープウェイ・松山城山リフトの東雲口(しののめぐち)駅からロープウェイまたはリフトで山上の長者ヶ平(ちょうじゃがなる)駅まで行くと便利である。ロープウェイとリフトは並行しており、好きなほうを選んで乗ることができる。

 東雲口駅へは、伊予鉄道松山市内線(城南線)の大街道(おおかいどう)駅や城北線の赤十字病院前(せきじゅうじびょういんまえ)駅が近く、特に東雲口と大街道を結ぶ街路沿いにはお土産屋が並び、観光客でいつもにぎわっている。

松山・松山城エリアの主な駅

長者ヶ平 / ちょうじゃがなる 駅
松山城ロープウェイ・松山城山リフト

東雲口 / しののめぐち駅
松山城ロープウェイ・松山城山リフト

大街道 / おおかいどう 電停
伊予鉄道 城南線(環状1,2系統、5系統、6系統)

赤十字病院前 / せきじゅうじびょういんまえ 電停
伊予鉄道 城北線(環状1,2系統)

matsuyamajo1.jpg
江戸時代からの大天守が残る伊予松山城

matsuyamajo2.jpg
松山城

matsuyamajo3.jpg
松山城

matsuyamajo4.jpg
松山城から見た松山市の眺め

matsuyamajo5.jpg
松山城の石垣

matsuyamajo6.jpg
松山城へ上るリフトとロープウェー

matsuyamajo7.jpg
ロープウェイから見た東雲口駅

matsuyamajo8.jpg
大街道から東雲口へ続く商店街

matsuyamajo9.jpg
伊予鉄城南線・大街道電停

matsuyamajo10.jpg
伊予鉄城北線・赤十字病院前電停

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 愛媛県
ジャンル : 地域情報

新潟・村上 三面川の鮭と北限の茶、日本海を走る羽越本線

村上
むらかみ

日本国新潟県村上市

新潟・村上 三面川の鮭と北限の茶、日本海を走る羽越本線

 村上(むらかみ)市は、新潟(にいがた)県の北東部にある人口約6万人の市。南が胎内(たいない)市、と岩船(いわふね)郡の関川(せきかわ)村、東が山形(やまがた)県の西置賜(にしおきたま)郡の小国(おぐに)町、北が山形県鶴岡(つるおか)市と接しており、西は日本海が広がっている。

 村上は、江戸時代に越後国(えちごのくに)の村上藩・村上城の城下町として発展し、現在はJR東日本・羽越本線の村上駅が直流電化と交流電化の切り替え駅として交通の拠点となっているほか、坂町(さかまち)駅から山形県の米沢(よねざわ)を結ぶJR米坂線が分岐し、交通の接点となっている。

 村上市は昭和29年(1954年)に岩船郡の村上町、岩船町、瀬波(せなみ)町、山辺里(さべり)村、上海府(かみかいふ)村が合併して発足した。そして平成の大合併で、岩船郡の荒川(あらかわ)町、山北(さんぽく)町、神林(かみはやし)村、朝日(あさひ)村を編入合併し、現在の市域となった。

 村上市にはJR羽越本線と米坂線が通り、羽越本線の坂町、平林(ひらばやし)、岩船町(いわふねまち)、村上、間島(まじま)、越後早川(えちご はやかわ)、桑川(くわがわ)、今川(いまがわ)、越後寒川(えちご かんがわ)、勝木(がつぎ)、府屋(ふや)の各駅および米坂線の坂町駅がある。

 新潟方面から北上すると村上市に入って最初の駅が坂町駅。ここは旧・荒川町の中心駅で、羽越本線を走る特急「いなほ」の停車駅となっている。また、羽越本線と米坂線が分岐する。米坂線は、豪雪地帯を走るローカル線であるが、新潟と山形を結ぶ使命を担い、新潟~坂町~米沢を結ぶ快速「べにばな」も運行されている。本来、米沢からそのまま奥羽本線に入って山形まで直通したいところだが、奥羽本線は山形新幹線のために標準軌化されたため直通できなくなってしまった。これは山形新幹線の副作用といえる。

 荒川を渡って岩船町駅は旧・神林村にあったが、旧・岩船町の最寄り駅でもあり、駅名は岩船町を名乗り、岩船町が村上市に合併されてもそのまま岩船町駅が維持されている。

 村上駅は、羽越本線が昭和47年(1972年)に電化された際に、村上以南が直流、以北が交流となった。このため、村上駅で普通電車の運行系統が分かれ、鉄道交通の拠点となっていて、特急「いなほ」も停車する。実際には、直流電化区間の運転本数が多く、村上駅からは新潟方面に多く電車が運行されている。一方、村上以北は交直流電車を用いる特急「いなほ」が直通するほかは、普通列車は経費削減のためか気動車が用いられることが多い。

 村上駅前は伝統的な町屋の建物が美しい観光案内所「むらかみ旅なび館」があり、鮭や茶、地酒など村上の特産品を紹介、販売している。村上は村上駅の北を流れる三面川の鮭が有名であるほか、茶も「北限の茶」として知られる。また、村上牛もブランド化している。

 村上の市街地は村上駅の東約1キロのところにあり、村上市役所や武家町、商人町などの城下町の面影が残る街並みの散歩が楽しい。村上城は標高135mの臥牛山(がぎゅうざん)の頂上に築城されていたが、明治維新の戊辰戦争で幕府側と明治政府側で分裂し、最後に幕府派が火を放って退去したため、焼失し、その後、明治政府によって村上城は解体・撤去され、現在は石垣などが残るだけとなっている。また、村上駅の西の日本海側には、瀬波温泉と海水浴場がある。

 羽越本線の村上駅より北は、日本海側を走る絶景区間となっている。断崖絶壁が迫り、荒々しい日本海を感じることができる。「笹川流れ」と呼ばれる景勝スポットは、夕日が特に美しく、羽越本線のハイライトである。桑川駅は国道345号線(坂町鼠ヶ関道)の道の駅「笹川流れ・夕日会館」と併設されている。府屋駅は特急「いなほ」が停車する新潟県最北の駅で、旧・山北町の中心駅である。その先、一山越えて鼠ヶ関(ねずがせき)が新潟県(越後国)と山形県(羽前国)の境となる。鼠ヶ関駅は山形県鶴岡市側にある。

村上エリアの主な駅

村上 / むらかみ 駅
JR東日本 羽越本線

坂町 / さかまち 駅
JR東日本 羽越本線、米坂線

府屋 / ふや 駅
JR東日本 羽越本線

桑川 / くわかわ 駅
JR東日本 羽越本線

murakami1.jpg
JR羽越本線・村上駅

murakami2.jpg
羽越本線を走る気動車

murakami3.jpg
村上駅

murakami4.jpg
村上駅前の汽車の碑

murakami5.jpg
町屋建築が美しい「むらかみ旅なび館」

murakami6.jpg
村上名物の鮭

murakami7.jpg
村上ふれあい市「よれっしゃ こいっちゃ」

murakami8.jpg
JR米坂線が分かれる坂町駅

murakami9.jpg
坂町駅

murakami10.jpg
羽越本線の村上市内の風景

murakami11.jpg
羽越本線からの日本海の眺め

murakami12.jpg
「笹川流れ」の絶景が続く羽越本線

murakami13.jpg
JR羽越本線・府屋駅

murakami14.jpg
旧・山北町の府屋駅

murakami15.jpg
府屋駅近くから見た日本海

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 新潟県
ジャンル : 地域情報

ロシア・モスクワ ウクライナ方面へ向かうキエフスキー駅

Москва・Киевский
モスクヴァー・キーエフスキー (ロシア語)
モスクワ・キエフスキー

Российская Федерация
Центральный федеральный округ
Город федерального значения Москва
ロシア連邦中央連邦管区モスクワ連邦市

ロシア・モスクワ ウクライナ方面へ向かうキエフスキー駅

 ロシア連邦の首都モスクワ(モスクヴァー/Москва)にあるターミナル駅の一つであるキエフスキー(キーエフスキー/Киевский)駅は、旧ソ連のウクライナ共和国の首都キエフ(ロシア語:Киев、ウクライナ語:Київ/キーイウ)方面の列車が発着する長距離列車のターミナル駅であり、キエフ方面を結ぶ「ウクライナ号」、ウクライナ南部のオデッサ(ロ:Одесса、ウ:Одеса/オデーサ)方面を結ぶ「オデッサ号」、旧ソ連のモルドバ共和国の首都キシナウ(ロ:Кишинёв/キシニョフ、モルドバルーマニア語:Chişinău)を結ぶ「モルドバ号」などが運行されている。また、モスクワ郊外のカルーガ(Калуга)や、ロシア西部のウクライナとベラルーシとの国境に近いブリャンスク(Брянск)を結ぶ列車も運行されている。

 ロシアとウクライナは、2014年にクリミア半島およびウクライナ東部にロシアが軍事介入し、クリミア半島がロシアに併合され、ロシア系が多いウクライナ東部のドネツク州とルガンスク州もウクライナから分離してドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国からなるノヴォロシア人民共和国連邦を成立させたが、ウクライナ号はこれらの紛争地域よりだいぶん北を走っているので、紛争が続く中でも国際列車の運行は継続されている。このあたりのさじ加減は、国境を接する距離が長い大陸国家の知恵なのだろうか。

 このほか近郊電車は、アプレレフカ(Апрелевка)やナロ・フォミンスク(Наро-Фоминск)、オブニンスク(Обнинск)などを結んでいる。首都第3空港の役割を果たしているモスクワ西部にあるモスクワ・ヴヌーコヴォ国際空港(Аэропорт Внуково)を35分で結ぶアエロエクスプレス(Аэроэкспресс)も運行されている。

 モスクワ・キエフスキー駅の白く美しい駅舎は、イワン・レルベルグ(Иван Рерберг)とウラジーミル・シューホフ(Владимир Шухов)による設計で、1918年に完成したロシアを代表する名駅舎の一つである。

 キエフスキー駅はモスクワ地下鉄環状線(Кольцевая линия/茶5号線)のキエフスカヤ(Киевская)駅と連絡と乗り換えができる。キエフスカヤ駅は環状線の西部に位置し、キエフスカヤ駅の壁画は、ウクライナとロシアの連帯をイメージしたモザイク画が描かれている。同駅には、地下鉄アルバーツコ・ポクローフスカヤ線(Арбатско-Покровская линия/青3号線)、フィリョーフスカヤ線(Филёвская линия/水色4号線)も乗り入れており、モスクワ市中心部およびモスクワ市西部をそれぞれ結んでいる。

kievskiy1.jpg
ウクライナ・モルドバ方面の列車が発着するモスクワ・キエフスキー駅

ドルジバツアー ホームページ
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

テーマ : ロシア
ジャンル : 海外情報

茨城・常陸太田 久慈川と阿武隈高地、常陸秋そばとけんちんそば

常陸太田
ひたちおおた

日本国茨城県常陸太田市

茨城・常陸太田 久慈川と阿武隈高地、常陸秋そばとけんちんそば

 常陸太田(ひたちおおた)市は、茨城(いばらき)県北部(県北地域)にある人口約6万人の市。東が高萩(たかはぎ)市と日立(ひたち)市、南が那珂(なか)市、西が常陸大宮(ひたちおおみや)市と久慈(くじ)郡の大子(だいご)町、北が福島県東白川(ひがししらかわ)郡の矢祭(やまつり)町、塙(はなわ)町と接している。

 常陸太田市は、平成の大合併で、久慈郡の金砂郷(かなさごう)町、水府(すいふ)村、里美(さとみ)村を編入合併し、現在の市域となった。久慈川の北側に常陸太田の市街地があり、その北の阿武隈高地に旧・水府村、旧・里美村などの地域が広がり、南北に長い。

 常陸太田市には、那珂市の上菅谷(かみすがや)から常陸太田を結ぶJR東日本・水郡線常陸太田支線が通り、市内に河合(かわい)、谷河原(やがわら)、常陸太田の各駅がある。

 常陸太田駅は、もともと明治32年(1899年)に太田鉄道の太田駅として開業し、明治34年(1901年)に水戸鉄道に譲渡され、昭和2年(1927年)に国有化され、駅名も他県の太田駅との混同を避けるために常陸太田駅に改称された。常陸太田支線は、朝夕は水戸方面への直通列車が走っているが、日中は常陸太田~上菅谷の折り返し運転となっている。

 常陸太田駅の駅舎は平成23年(2011年)に改築され、「水戸黄門」こと徳川光圀(とくがわ みつくに)水戸藩第2代藩主の隠居所であった「西山荘」(せいざんそう)をイメージしたデザインとなっている。「西山荘」は常陸太田駅の北西約2キロのところにある。

 太田の市街地は、常陸太田駅の北の小高い丘にあり、商店街がまっすぐ続いている。また、常陸太田駅から道路を挟んで、すぐ近くに平成17年(2005年)まで日立電鉄の常北太田(じょうほく おおた)駅があった。日立電鉄は常北太田駅から日立市の久慈浜(くじはま)、JR常磐線・大甕(おおみか)駅を経由して鮎川(あゆかわ)まで結んでいた。日立市の工業地帯を走り、常陸太田市は日立の工場への通勤も便利であった。廃止後はバスが運行されているが、自家用車で通勤する社員が多いためか、日立市内は通勤時間帯の渋滞が激しい。

 常陸太田市の北西部の赤土町は、「常陸秋そば」(ひたちあきそば)の発祥の地。ここでは昭和53年(1978年)に茨城県農業試験場が赤土町の優れた蕎麦(そば)の種をもとに高品質な蕎麦ブランド「常陸秋そば」を育成し、県北地域の特産品となった。また、けんちん汁にざる蕎麦をつけて食べる「つけけんちん」や「けんちんそば」が常陸太田の郷土名物料理として町おこしに一役買っている。

常陸太田エリアの主な駅

常陸太田 / ひたちおおた 駅
JR東日本 水郡線(常陸太田支線)

hitachioota1.jpg
JR水郡線常陸太田支線・常陸太田駅

hitachioota2.jpg
常陸太田の街並み

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 茨城県
ジャンル : 地域情報

大阪 堺・光明池 光明池と泉北ニュータウンと泉北高速鉄道

堺・光明池
さかい・こうみょういけ

日本国大阪府堺市南区

大阪 堺・光明池 光明池と泉北ニュータウンと泉北高速鉄道

 光明池(こうみょういけ)は、大阪(おおさか)府の堺(さかい)市、南(みなみ)区にある地区で、泉北高速鉄道の光明池(こうみょういけ)駅がある。光明池駅周辺は、昭和40年代より大阪府によって開発が進められた泉北ニュータウンが広がっている。

 泉北高速鉄道線は、大阪府都市開発泉北高速鉄道として、昭和46年(1971年)に南海電鉄・高野線の中百舌鳥(なかもず)から泉ヶ丘(いずみがおか)まで開業。昭和48年(1973年)に泉ヶ丘~栂・美木多(とが・みきた)が延伸、昭和52年(1977年)に光明池まで延伸された。泉北高速線はさらに平成7年(1995年)に光明池~和泉中央(いずみちゅうおう)が延伸開業した。大阪府の第3セクターである大阪府都市開発が泉北高速線を運行し、南海電鉄とは別会社であったが、平成26年(2014年)に南海電鉄が大阪府から株式を取得し、泉北高速鉄道は南海グループとなった。

 泉北高速線からは、主に準急が南海高野線の難波(なんば)駅まで直通運転している。また、通勤時間帯に区間急行も運行されているが、区間急行は中百舌鳥駅を通過する。南海高野線も区間急行、急行、特急などは中百舌鳥駅を通過する。平成27年(2015年)からは南海高野線と泉北高速鉄道を直通する特急「泉北ライナー」が運行されるようになり、泉北ニュータウンの住民のゆとりある着席通勤ができるようになった。

 光明池駅は1面2線のホームがあり、その先の和泉(いずみ)市側に泉北高速鉄道の光明池車庫が広がっている。銀色ステンレスの南海高野線の車両に対し、泉北高速は青色のラインが入っているのが特徴的で、新型車両は白色のボディーに青色と水色のラインが爽やかで美しい。

 駅名の由来である光明池は、駅から約1キロ南にあり、堺市南区と和泉市の境となっている。光明池は昭和11年(1936年)に、灌漑用水のため池として建設され、主に和泉市側に公園が整備されている。和泉市の浄福寺で光明皇后が誕生したという伝説から光明池と命名された。

 光明池周辺はかつては泉北郡美木多(みきた)村で、のどかな農村であったが、昭和31年(1956年)に泉北郡福泉(ふくいずみ)町に編入され、さらに昭和36年(1961年)に堺市に編入された。その後、泉北ニュータウンの開発で、急速に住宅地が造成された。

 光明池駅の北側はスーパー「サンプラザ」光明池店があり、新檜尾台(しんひのおだい)公園が広がる。その北に新檜尾台、赤坂台などの住宅地が広がっている。また、光明池駅の南側は、「光明池サンピア」や「光明池アクト」、「コムボックス光明池」などの商業施設があり、鴨谷公園の南に鴨谷台、城山台などの住宅地が広がっている。光明池運転免許試験場は和泉市側にある。

 光明池駅前のバスターミナルからは泉北ニュータウン内の住宅地を結ぶバスや、鳳(おおとり)、河内長野(かわちながの)、泉大津(いずみおおつ)方面を結ぶバスが運行されている。

堺・光明池エリアの主な駅

光明池 / こうみょういけ 駅
泉北高速鉄道 泉北高速線

koumyouike1.jpg
南海電車が乗り入れる泉北高速鉄道・光明池駅

koumyouike2.jpg
泉北高速鉄道・光明池駅

koumyouike3.jpg
光明池南口、光明池アクト

koumyouike4.jpg
和泉市側にある泉北高速鉄道光明池車庫

koumyouike5.jpg
和泉市側にある泉北高速鉄道光明池車庫

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 大阪
ジャンル : 地域情報

兵庫 川西・平野 能勢電鉄と三ツ矢サイダー発祥の地

川西・平野
かわにし・ひらの

日本国兵庫県川西市

兵庫 川西・平野 能勢電鉄と三ツ矢サイダー発祥の地

 平野(ひらの)は、兵庫(ひょうご)県の川西(かわにし)市にある中部にある地区で、能勢電鉄・妙見線の平野駅がある。

 能勢電鉄は、能勢妙見山(のせ みょうけんざん)への輸送を目的に建設され、大正2年(1913年)に能勢口(現・川西能勢口)~一ノ鳥居(いちのとりい)が開業し、平野駅も開設された。妙見線は大正12年(1923年)に一ノ鳥居~妙見(現・妙見口)まで延伸された。

 平野駅には能勢電鉄の本社が置かれ、車両基地もある。ホームは2面3線で、特急「日生エクスプレス」や日生急行なども停車し、朝は普通電車が特急「日生エクスプレス」との緩急接続を行っている。

 平野駅の西側には緑台や向陽台、水明台などのニュータウンの住宅地が広がっており、能勢電鉄は朝夕に通勤客で混雑する。能勢電鉄は川西能勢口駅で阪急電鉄・宝塚線と接続しており、朝夕は特急「日生エクスプレス」が阪急宝塚線と直通運転し、大阪の梅田(うめだ)駅と直結している。

 平野駅の周辺は、かつては川辺(かわべ)郡の多田(ただ)村であり、昭和29年(1954年)に川西町および東谷(ひがしたに)村と合併して川西市の一部となった。平野駅の南西約300mのところに、「多太神社」(たぶとじんじゃ)がある。この「多太」が「多田」の地名の由来になったようだが、能勢電鉄の多田駅の西約1キロのところには「多田神社」(ただじんじゃ)があり、こちらは清和源氏の霊廟として、源満仲(みなもと の みつなか)をはじめとする多田源氏を祀っている。

 平野~一の鳥居の間に、平野鉱泉という炭酸泉がある。この泉を利用して、明治時代に宮内省が炭酸水の御料工場を建て、後に払い下げられ、明治屋により明治17年(1884年)に「三ツ矢平野水」として販売されるようになった。これがあの「三ツ矢サイダー」のルーツである。明治40年(1907年)に帝国礦泉が設立され、砂糖などを加えたサイダーの味の「三ツ矢シャンペンサイダー」が販売されるようになり、その後、大正11年(1922年)に合併により「日本麦酒鑛泉」(ユニオンビール)の傘下となり、戦後にアサヒビールの傘下となって「三ツ矢サイダー」として日本国民に定着した。

 能勢電鉄は、この平野の三ツ矢平野水、三ツ矢サイダーの貨物輸送が行われていたが、平野でのサイダーは昭和29年(1954年)に終了した。工場の跡地はアサヒビール系列の「サンシャイン平野」というホームセンターとなり、「三ツ矢記念館」が三ツ矢サイダーの歴史を伝えていたが、平成17年(2005年)に「サンシャイン平野」が閉店した際に三ツ矢記念館も閉鎖され、三ツ矢サイダーの歴史を伝える遺構は残っているものの、記念館が閉館したのは残念である。「サンシャイン平野」の跡地は「コーナン」川西平野店となっている。

 この先、トンネルを抜けたところにある、一の鳥居(いちのとりい)駅は、かつて妙見山の参道の入口として最初の鳥居があった。この鳥居は、平成7年(1995年)の阪神淡路大震災で倒壊してしまったが、北東にある能勢カントリー倶楽部に一の鳥居が再建された。

 一の鳥居駅前には大阪青山大学・大阪青山短期大学の北摂キャンパスがあり、併設されている大阪青山歴史文学博物館は、天守閣の建物が美しいが、ここは本来のお城ではなく、平成11年(1999年)に“築城”された博物館である。現代建築の“城”ではあるが、能勢電鉄の車窓の見どころの一つとなっている。

川西・平野エリアの主な駅

平野 / ひらの 駅
能勢電鉄 妙見線

多田 / ただ 駅
能勢電鉄 妙見線

一の鳥居 / いちのとりい 駅
能勢電鉄 妙見線

kawanishihirano1.jpg
能勢電鉄妙見線・平野駅

kawanishihirano2.jpg
能勢電鉄の車両基地が併設されている平野駅

kawanishihirano3.jpg
一の鳥居駅前に建つ大阪青山歴史文学博物館の“天守閣”

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 兵庫県
ジャンル : 地域情報

北海道・夕張 夕張炭鉱と夕張メロン

夕張
ゆうばり (日本語)
ユー パロ (アイヌ語)

日本国北海道空知地方夕張市

北海道・夕張 夕張炭鉱と夕張メロン

 夕張(ゆうばり)市は、北海道(ほっかいどう)中部の空知(そらち)地方にある人口約0.9万人の市。西が夕張郡の栗山(くりやま)町、北が岩見沢(いわみざわ)市、三笠(みかさ)市、芦別(あしべつ)市、東が空知郡の南富良野(みなみふらの)町、勇払(ゆうふつ)郡の占冠(しむかっぷ)村、南が勇払郡むかわ町、夕張郡由仁(ゆに)町と接している。

 夕張の地名の由来はアイヌ語の「ユー パロ」(鉱泉の湧き出る所)であり、石狩炭田で栄えた都市であったが、炭鉱の閉山の流れの中で衰退し、昭和35年(1960年)に人口11.7万人だったのが、平成25年(2013年)には人口が1万人を割ってピーク時の10分の1以下となり、形式的には「市」であるが、実質的には「村」に近い状態となっている。この人口減少により夕張市の財政は極度に悪化しており、市政の財政再建が模索されている。

 夕張は、北から赤平(あかびら)市、芦別市、歌志内(うたしない)市、上砂川(かみすながわ)町、奈井江(ないえ)町、美唄(びばい)市、三笠市、岩見沢市、栗沢町、夕張市へと連なる「石狩炭田」の南端に位置する夕張炭鉱の開発が進められた鉱山の町として発展した。

 夕張に石炭の鉱脈が発見されたのは明治7年(1874年)のことで、北海道開拓使に雇われて来日していたアメリカ人の地質学者であるベンジャミン・スミス・ライマン(Benjamin Smith Lyman)が調査で鉱脈の存在を推定した。その後、シホロカベツ川上流で石炭の大露頭が発見され、北海道炭礦鉄道会社(北炭)が夕張採炭所を開設し、1890年代に炭鉱開発が進められ、その石炭の輸送のために、室蘭本線の追分(おいわけ)駅から夕張駅まで北海道炭礦鉄道の路線が建設され、明治25年(1892年)に開業した。

 北海道炭礦鉄道は、明治39年(1906年)に国有化され、追分~紅葉山(現・新夕張)~夕張は国鉄夕張線となった。国鉄夕張線は、紅葉山(もみじやま)から根室本線の新得(しんとく)と、追分から千歳線の千歳空港(現・南千歳)までの路線を建設することで、札幌(さっぽろ)~帯広(おびひろ)、釧路(くしろ)方面への最短ルートを建設し、千歳空港~追分~紅葉山~新得の石勝線が昭和56年(1981年)に開業した。同時に紅葉山駅が新夕張駅に改称され、夕張線の新夕張~夕張は石勝線夕張支線となった。

 夕張市内には、平成29年(2017年)の時点で、JR北海道・石勝線(本線)の滝ノ上(たきのうえ)駅と新夕張駅、石勝線夕張支線の新夕張、沼ノ沢(ぬまのさわ)、南清水沢(みなみしみずさわ)、清水沢(しみずさわ)、鹿ノ谷(しかのたに)、夕張の各駅がある。しかしながら、夕張支線については、利用者の減少により、平成31年(2019年)に廃止が予定されている。

 夕張は北海道炭礦鉄道の開業以来、石炭の町として活況を呈し、北炭にる夕張炭鉱のほか、真谷地炭鉱(沼ノ沢駅の東約4キロ)、夕張新炭鉱(南清水沢の東約1キロ)、平和炭鉱(清水沢~鹿ノ谷の間)、三菱鉱業による大夕張炭鉱(清水沢の北東約10~15キロ)、南大夕張炭鉱(清水沢の東約10キロ、シューパロダム付近)などが開発された。

 夕張には、石炭輸送のため、大正15年(1926年)に新夕張(後の夕張本町)から国鉄室蘭本線の栗山駅まで夕張鉄道線も敷かれ、さらに昭和6年(1931年)に栗山~野幌が延伸され、国鉄函館本線ともつながった。夕張鉄道は主に新夕張炭鉱や平和炭鉱の石炭を輸送したが、昭和47年(1972年)に新夕張炭鉱が閉山、昭和50年(1975年)に平和炭鉱も閉山となり、夕張鉄道は廃止された。

 石勝線の新夕張駅は、かつては紅葉山(もみじやま)駅と呼ばれ、ここから東に楓(かえで)を経由して三井登川炭鉱があった登川(のぼりかわ)駅までの貨物線が伸びていた。三井登川炭鉱は大正8年(1919年)に北炭が買収し、操業が行われていたが昭和28年(1953年)に北炭登川炭鉱が廃止された。それからも登川支線は残されていたが、昭和56年(1981年)に石勝線の紅葉山~新得が開業した際に廃止された。紅葉山駅は石勝線全通時に新夕張駅に改称され、現在は石勝線夕張支線の連絡駅として特急「スーパーとかち」や一部の「スーパーおおぞら」が停車する。夕張支線が廃止後は、夕張市の玄関駅となり、ここからバスで夕張市の中心部に向かうことになる。

 新夕張駅から夕張支線を北上していくとまず沼ノ沢駅に着く。沼ノ沢駅はかつて、北炭真谷地炭鉱専用鉄道が分岐しており、北炭の選炭施設もあった。昭和62年(1987年)に真谷地炭鉱の専用線が廃止され、その後は1面1線のローカル駅となった。駅周辺は現在、石炭に代わる夕張の産業として高品質のメロン栽培が盛んになり、「夕張メロン」の栽培が行われている。

 その北の清水沢駅は、三菱石炭鉱業大夕張鉄道線が分岐していて、大夕張炭鉱、南大夕張炭鉱への専用線が伸びていた。三菱大夕張鉄道線は昭和62年(1987年)に廃止された。その後は、沼ノ沢駅と同様に1面1線のローカル駅化された。

 鹿ノ谷駅は、かつて夕張鉄道線との接続駅で、構内は非常に広かった。平和炭鉱や熊野沢選炭場への専用線があったが、平和炭鉱の閉山により夕張鉄道も廃止され、鹿ノ谷駅はローカル駅となった。駅の南西には、「夕張鹿鳴館」があり、石炭全盛期には接待の施設として用いられた。閉山後は歴史的建築物として保存されてきたが、夕張市の財政悪化による紆余曲折を経て、平成23年(2011年)より「オーベルジュタ山荘」として再出発した。

 終点の夕張駅は、平成2年(1990年)に短縮されてこの場所に移転開設された。駅前にはホテル「マウントレースイ」があり、その東側に「マウントレースイ」スキー場がある。

 また、以前の昭和60年(1985年)~平成2年(1990年)の夕張駅は約1キロ北の夕張市の中心部に近い夕張本町にあった。ここは夕張鉄道の夕張本町駅の跡地を利用したもので、周辺には夕張市役所がある。市街地に近かったが、夕張市自体の人口が激減する中、リゾート施設「マウントレースイ」との便を図るために現在地に再移転したのだった。

 初代の昭和60年(1985年)以前の夕張駅は、より炭鉱に近い、さらに北東約1キロのところにあり、北炭夕張炭鉱の選炭場や積み込み施設も併設されていた。この周辺は現在、夕張炭鉱の歴史を伝える「石炭の博物館」となっている。

 石勝線夕張支線の廃止が迫る中、これら炭鉱の町も過去のものになりつつある。人口が10分の1以下に減少して、鉄道路線の維持が困難であることは理解できるが、廃止され、炭鉱の近代化の記憶が薄れていくのは残念だ。石炭輸送を支えた夕張支線や炭鉱専用鉄道の遺構をできるだけ保存して、次の世代に先人の苦労が伝わるまちづくりを期待したい。

夕張エリアの主な駅

新夕張 / しんゆうばり 駅
JR北海道 石勝線、石勝線夕張支線

夕張 / ゆうばり 駅
JR北海道 石勝線夕張支線

鹿ノ谷 / しかのたに 駅
JR北海道 石勝線夕張支線

清水沢 / しみずさわ 駅
JR北海道 石勝線夕張支線

沼ノ沢 / ぬまのさわ 駅
JR北海道 石勝線夕張支線

yuubari1.jpg
廃止が決まったJR石勝線夕張支線・夕張駅

yuubari2.jpg
夕張駅の駅舎

yuubari3.jpg
石勝線の本線と夕張支線が分かれる新夕張駅

yuubari4.jpg
千歳-夕張を結ぶディーゼルカー

(写真提供:紙覆面わか)

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 北海道旅行
ジャンル : 旅行

台湾 桃園・龍潭 龍潭大池と石門ダムと小人国

桃園・龍潭
トーイェン・リュンタム/Tho-yen Liung-tham (台湾客家語)
トーフン・リョンタム/Thô-hn̂g Liông-thâm (台湾語/ホーロー語)
タオユエン・ロンタン/ㄊㄠˊ ㄩㄢˊ ㄌㄨㄥˊ ㄊㄢˊ (台湾華語/北京語)

台湾桃園市龍潭区
臺灣桃園市龍潭區

台湾 桃園・龍潭 龍潭大池と石門ダムと小人国

 龍潭(客:リュンタム/台:リョンタム/華:ロンタン)区は、台湾北西部の桃園(客:トーイェン/台:トーフン/華:タオユエン)市にある人口約12万人の区。

 北が楊梅(客:ヨンモイ/華:ヤンメイ)区、平鎮(客:ピンツン/華:ピンツェン)区、東が大渓(大溪/台:タイケー/客:タイハイ/華:ターシー)区、南が新竹(客:シンツゥッ/台:シンティッ/華:シンツウ)県の関西(關西/客:クワンシー/華:クワンシー)鎮、西が新竹県新埔(客:シンプウ/華:シンプウ)鎮と接している。

 龍潭は、桃園丘陵の南側にあり、町の中心部近くに龍潭大池(リュンタムタイツー)があり、町のシンボルとなっている。龍潭大池はかつては古くは菱が採れたことから「菱潭埤」(台:リンタムピー)と呼ばれ、それが後に廟が建てられたことから「靈潭埤」(台:リンタムピー)と表記されるようになり、さらに後に「龍潭」(台:リンタム/客:リョンタム)という漢字表記となった。

 龍潭大池は、桃園丘陵の灌漑用水として使われているほか、池には吊り橋が架けられ、南天宮(ナムティエンキュン)とともに観光スポットとなっている。「雨夜花」(ウーヤーホエ)や「望春風」(バンツンホン)などの台湾を代表する名曲を生み出した音楽家・鄧雨賢(客:テン イーヒエン)の記念館「雨賢館」が池の北西にある。

 龍潭区にはフォルモサ(福爾摩沙)高速道路(3号線)が通り、龍潭IC(インターチェンジ)があるほか、台3線道路が大渓や関西を結んでいる。また、中豊路が平鎮および中壢(客:ツゥンラッ/華:ツォンリー)の市街地を結んでいる。

 龍潭区には鉄道が通っていないが、桃園客運や新竹客運の龍潭バスターミナルがあり、桃園客運が中壢、大渓、桃園、石門ダム方面を、新竹客運が中壢、楊梅、小人国、六福村、関西、竹東、新竹方面を結んでいる。

 龍潭区の最南端、大渓区、復興区、新竹県関西鎮との境にある石門ダム(石門水庫/客:サッムン スイクウ/台:チオムン ツイコー/華:スーメン スエイクウ)は、1964年に完成した標高252m、ダムの高さ133m、幅360mの巨大なダムで、水道、灌漑用水の確保と治水の目的のほかに、水力発電も行われている。龍潭の中心部から石門ダムに向かう途中の三坑子(サムハンエ)は、伝統的な客家建築の古い町並みが残り、客家の「三山國王」(サムサンクェッヴォン)を祀る永福宮(ユンフゥッキュン)がある。

 龍潭区の西側にある小人国(小人國/シャオレンクオ)と呼ばれる「台灣小人國主題樂園」は、世界の名建築物を屋外にミニチュアで再現したテーマパークで、台湾の総統府、中正紀念堂、国父紀念館、中国の紫禁城、日本の姫路城、インドのタージマハール、ロシアの聖ワシリー大聖堂など緻密に再現されたミニチュアが楽しめる。園内を走るミニ列車も人気がある。また、動物園やプール、遊園地などがあるテーマパーク「六福村」が新竹県関西鎮側に隣接している。

liungtham1.jpg
小人国を走るミニ列車

liungtham6.jpg
小人国を走るミニ列車

liungtham2.jpg
小人国の台湾総統府

liungtham3.jpg
小人国の台湾建築コーナー
(中正紀念堂、国父紀念館など)

liungtham4.jpg
小人国の世界建築コーナー
(ロシア聖ワシリー大聖堂)

ドルジバツアー ホームページ
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 台湾旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

drughba

Author:drughba
日本国内・世界各国の行って面白かったところ、行ってみたいところ、興味深い都市、交通、地理、文化等。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード