愛媛 松山・古町 伊予鉄の軌道線と郊外電車の車両基地がある駅

松山・古町
まつやま・こまち

日本国愛媛県松山市

愛媛 松山・古町 伊予鉄の軌道線と郊外電車の車両基地がある駅

 古町(こまち)駅は、松山(まつやま)市の中心部にある伊予鉄道(伊予鉄)の高浜横河原線と松山市内線(環状線)が乗り入れる駅。

 古町駅の北側には伊予鉄の車両基地が広がり、近郊電車と路面電車の両方の車両を見ることができる。高浜横河原線は、高浜(たかはま)~古町~大手町(おおてまち)~松山市(まつやまし)~横河原(よこがわら)を結ぶ路線で、古町駅から松山の中心市街地にある松山市駅方面へ向かうのにも便利だ。

 松山市内線は松山城の回りを一周する環状線(1系統、2系統)を形成しており、古町駅から木屋町(きやちょう)、鉄砲町(てっぽうちょう)などを経由して大街道、松山市駅前へ向かう城北線の右回り(1系統)と、JR松山駅を経由して大手町、松山市駅前、大街道(おおかいどう)方面へ向かう大手町線の左回り(2系統)が走っている。松山市内線は古町駅の南側で高浜線を斜めに平面交差してJR松山駅方面へ向かう。古町駅からは観光列車の「坊っちゃん列車」も運行されており、古町~JR松山駅~道後温泉を結んでいる。

 古町駅から東に平和通りが伸びていて、平和通りは松山城の北側を東西に結んでいる。古町駅から東に約300m進むと国道196号線との交差点に松山市内線6系統(本町線)の本町四丁目(ほんまち よんちょうめ)電停がある。6系統は、松山城の南側を経由して道後温泉(どうごおんせん)まで結んでいるが、本数が少ないので、古町駅のほうが利用しやすい。

松山・古町エリアの主な駅

古町 / こまち 駅
伊予鉄道 高浜横河原線、大手町線(環状1,2系統)、城北線(環状1,2系統)

本町四丁目 / ほんまちよんちょうめ 電停
伊予鉄道 本町線(6系統)

komachi1.jpg
伊予鉄松山市内線(大手町線、城北線)の古町駅

komachi2.jpg
伊予鉄大浜横河原線の古町駅

komachi3.jpg
郊外電車の線路を斜めに平面交差する松山市内線

komachi4.jpg
大浜横河原線ホームから見た松山市内線ホーム

komachi5.jpg
古町駅の伊予鉄車両基地 

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 愛媛県
ジャンル : 地域情報

福岡・苅田 苅田港と北九州空港、自動車工業と苅田臨空産業団地

苅田
かんだ

日本国福岡県京都郡苅田町

福岡・苅田 苅田港と北九州空港、自動車工業と苅田臨空産業団地

 苅田(かんだ)町は、福岡(ふくおか)県東部の京都(みやこ)郡にある人口約4万人の町。北と西が北九州(きたきゅうしゅう)市の小倉南(こくらみなみ)区、南が行橋(ゆくはし)市と接しており、東は周防灘(すおうなだ)が広がっている。

 苅田は、苅田港の便を生かして臨海部に工場が集まり、工業都市として発展した。さらに北九州新空港の移転開港で空の便も生かした臨空産業団地が建設され、ますます発展を続けている。

 苅田町にはJR九州・日豊本線の苅田(かんだ)駅と小波瀬西工大(おばせ にしこうだい)駅がある。苅田駅からは、石灰石の採石所と苅田港の豊国セメント苅田工場(現・三菱マテリアル九州工場)への専用貨物線があった。

 苅田港は石灰石や筑豊炭田から運ばれた石炭の積み出し港として開発され、苅田港の貨物駅は戦時中の昭和19年(1944年)に開設された。戦後は、石炭の積み出しのほか、石炭を用いる九州電力苅田火力発電所、麻生セメント苅田工場、宇部興産苅田セメント工場、太平洋セメント苅田サービスステーションなどの貨物列車が運行されていたが、平成17年(2005年)より貨物列車の運行が休止されている。

 苅田港周辺には、港の便を生かして、宇部興産、麻生セメント工場、苅田発電所のほか、日産自動車九州工場、日立金属九州工場などの大規模な工場があり、北九州における重要な工業集積地となっている。

 工業都市としての苅田町の発展は、平成18年(2006年)に苅田沖の周防灘の人工島に新・北九州空港が開港したことにより、さらに加速する。北九州空港は北九州市小倉南区の曽根地区にあった旧・北九州空港は滑走路は1500mしかなかったことから、周防灘に関門航路の浚渫による土砂で埋め立てた人工島を造成し、そこに新空港が建設された。

 北九州空港は、人工島のうち、北半分が北九州市、南半分が苅田町に属し、空港ターミナルビルは北九州市側にあるが、滑走路の一部と、新北九州空港連絡道路は苅田町側にある。連絡橋の周辺には苅田臨空産業団地が形成され、トヨタ自動車九州小倉工場が操業しているほか、トヨタ自動車九州苅田工場、トーカロ北九州工場、ジェネック苅田物流センターなどの工場がある。

 このように自動車関連産業やセメント工業、発電所に、港湾と空港など、産業やインフラが充実している苅田町は比較的税収が豊かな自治体であるため、平成の大合併の際にも、他市に編入されることなく、苅田町として独立を維持している。

 苅田町と北九州市の境には東九州自動車道の苅田北九州空港IC(インターチェンジ)があり、福岡市や大分方面への道路交通も便利である。また、北九州空港からJR日豊本線を結ぶバスは、苅田駅ではなく、北九州市側の朽網(くさみ)駅を結んでいる。

苅田エリアの主な駅

苅田 / かんだ 駅
JR九州 日豊本線

fkanda1.jpg
北九州空港と新北九州空港連絡道路

fkanda2.jpg
新北九州空港連絡道路

fkanda3.jpg
さらなる工場の進出が見込まれる苅田町

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 福岡
ジャンル : 地域情報

台湾 宜蘭・蘇澳 蘇澳冷泉と南方澳漁港

蘇澳
ソーオー/So͘-ò (台湾語/ホーロー語)
スウアオ/ㄙㄨ ㄠˋ (台湾華語/北京語)

臺灣宜蘭縣蘇澳鎮
台湾宜蘭県宜蘭鎮

台湾 宜蘭・蘇澳 蘇澳冷泉と南方澳漁港

 蘇澳(台:ソーオー/華:スウアオ)鎮は、台湾北東部の宜蘭(台:ギーラン/華イーラン)県南東部にある人口約4万人の町。日本統治時代は「すおう」と呼ばていれた。北が五結(ゴーケッ)郷、西が冬山(タンソワ)郷、南が南澳(ラムオー/ナンアオ)郷と接していて、東には太平洋が広がっている。

 蘇澳は「冷泉」が湧く町として知られている。この冷泉は、炭酸泉で、水温が約22度。入ると始めは冷たいが、プチプチと炭酸の泡が体を包み、だんだんと温かくなってくる。

 冷泉は飲用も可能で、天然のラムネ(彈珠汽水)が名産となっているほか、羊羹の製造にもこの冷泉の炭酸水が用いられている。蘇澳冷泉の公衆浴場は、蘇澳鎮の中心部、台鉄宜蘭線・蘇澳駅の北にある。

 蘇澳鎮には、台鉄・宜蘭線の新馬(シンマー)、蘇澳新(ソーオーシン/スウアオシン)、蘇澳の各駅と、蘇澳新駅から南に分岐する台鉄・北廻線の永楽(永樂/インロッ/ヨンロー)、東澳(タンオー/トンアオ)、南澳(ラムオー/ナンアオ)の各駅がある。

 宜蘭線は、基隆(ケーラン/チーロン)市の八堵(ペートー/パートゥー)から宜蘭を経由して港町の蘇澳を結ぶ路線として建設され、日本統治時代の1919年(大正8年)に開業した。蘇澳から台湾東部の花蓮港(かれんこう/ホワレンカン)へは海沿いに険しい断崖が続き、鉄道の建設は困難で、日本時代は蘇澳港から船で行く必要があった。中華民国時代に入っても、蘇澳~花蓮の清水断崖は最大の難所で、蘇澳新~花蓮の北廻線は1980年にようやく開通した。北廻線の開業により、台北~八堵~宜蘭~蘇澳新~花蓮~台東が東部幹線のメインルートとなり、蘇澳新~蘇澳は盲腸線化した。蘇澳新駅は蘇澳の市街地中心部から離れているが、乗り換えターミナルとして一部の特急自強号なども停車する。

 台東で南廻線が開通した後、盲腸線となった台東新駅(現・台東駅)~台東駅(旧駅)が廃止されたが、蘇澳新駅~蘇澳駅は、宜蘭線の普通電車がそのまま乗り入れており、路線が存続したため、蘇澳の町中心部への鉄道のアクセスが便利である。

 蘇澳駅から南東に3キロほど行ったところにある南方澳(ラムホンオー/ナンファンアオ)漁港は、台湾の遠洋漁業の基地となっており、魚市場もあり、南方澳の名物といえばマグロだ。南方澳漁港には「南天宮」という媽祖廟があり、地元の人々に篤く信仰されている。南天宮には純金の媽祖像があり、観光客も多く訪れる。

 蘇澳鎮の南は海岸近くまで山が迫り、蘇澳~花蓮を結ぶ台9線道路は蘇花公路と呼ばれ、一山越えると東澳、もう一山越えると南澳の集落がある。台鉄北廻線の南澳駅はタイヤル族が住む南澳郷の玄関口であるが、駅は蘇澳鎮にある。

宜蘭・蘇澳エリアの主な駅

蘇澳 / ソーオー(スウアオ) 駅
台鉄 宜蘭線(蘇澳支線)

蘇澳新 / ソーオーシン(スウアオシン) 駅
台鉄 北廻線(東部幹線)、宜蘭線(東部幹線、蘇澳支線)

南澳 / ラムオー(ナンアオ) 駅
台鉄 北廻線(東部幹線)

soo1.jpg
台鉄・蘇澳新駅

soo2.jpg
台湾語読みの道路標識

soo3.jpg
台鉄北廻線・南澳駅

ドルジバツアー ホームページ
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 台湾旅行
ジャンル : 旅行

東京 東村山・秋津 西武池袋線の秋津駅とJR武蔵野線の新秋津駅をつなぐ商店街

東村山・秋津
ひがしむらやま・あきつ

日本国東京都東村山市

東京 東村山・秋津 西武池袋線の秋津駅とJR武蔵野線の新秋津駅をつなぐ商店街

 秋津(あきつ)は、東京(とうきょう)都の東村山(ひがしむらやま)市北部にある地区で、西武鉄道・池袋線の秋津駅とJR東日本・武蔵野線の新秋津(しんあきつ)駅がある。

 秋津駅と新秋津駅のいずれも東村山市に属するが、周辺は県・市境が入り組んでおり、秋津駅の東側は清瀬(きよせ)市、秋津駅および新秋津駅の北側は埼玉(さいたま)県の所沢(ところざわ)市である。

 西武池袋線は秋津駅は各停、準急、快速が停車するほか、通勤急行、急行、快速急行、特急「ちちぶ」「むさし」などは通過する。池袋まで準急で30分余りと近く、周辺は東京へのベッドタウンとして発展しており、ラッシュ時は東京・池袋方面の通勤客が多い。また、池袋線の練馬(ねりま)駅から東京メトロ有楽町線・副都心線へ直通運転する電車も多く、東京都心への交通が便利である。

 また、西武池袋線で所沢(ところざわ)駅までわずか一駅であり、所沢駅で西武新宿線に乗り換えて東京・新宿(しんじゅく)方面に向かうこともできる。また、所沢は埼玉県の主要都市の一つであり、駅周辺に商業施設が集まっている。西武池袋線は所沢から先、飯能(はんのう)方面に向かう電車が多いほか、休日は西武球場前(せいぶきゅうじょうまえ)駅に直通する電車もあり、埼玉西武ライオンズの野球の試合観戦客の利用も多い。秋津駅は東村山市にありながら、西武池袋線が所沢に伸びているため、東村山駅へはいったん所沢駅まで出て西武新宿線・国分寺線に乗り換える必要がある。

 秋津駅から新秋津駅は約300m離れており、両駅を結ぶ道路はいつも人通りが多く、商店街となっている。新秋津駅は掘割の半地下構造の駅であり、昭和48年(1973年)に開業した。武蔵野線の新秋津駅の南から西武池袋線の所沢寄りに連絡線が設けられていて、西武鉄道の新型電車の搬入や、西武多摩川線電車の検査回送時に用いられている。

東村山・秋津エリアの主な駅

秋津 / あきつ 駅
西武鉄道 池袋線

新秋津 / しんあきつ 駅
JR東日本 武蔵野線

akitsu1.jpg
西武池袋線・秋津駅

akitsu2.jpg
西武池袋線・秋津駅

akitsu3.jpg
西武秋津駅とJR新秋津駅の間の商店街

akitsu4.jpg
新秋津駅付近を走るJR武蔵野線

akitsu5.jpg
JR武蔵野線・新秋津駅

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 東京・多摩地域
ジャンル : 地域情報

神奈川 横浜・南太田 通過待ちする京急電車と常照寺と大岡川

横浜・南太田
よこはま・みなみおおた

日本国神奈川県横浜市南区

神奈川 横浜・南太田 通過待ちする京急電車と常照寺と大岡川

 南太田(みなみおおた)は、横浜(よこはま)市の南(みなみ)区にある地区で、京浜急行電鉄(京急)本線の南太田駅がある。

 南太田駅は、外側にホームがあり、4本の線路が並ぶいわゆる新幹線タイプの駅で、普通電車のみが停車し、エアポート急行、特急、快特などの通過待ちを行う。

 南太田駅の北側にある西中山常照寺の門は、駅南口前にある。南口の門から高架下の参道を歩き、階段を上ると仁王門があり、さらに上ると常照寺の本堂がある。明治元年(1868年)に中山法華経寺の慈教院日修上人により開基。説教所として創建され、明治12年(1880年)に「常照寺」となった。南太田駅の立体構造物とうまく共存しているところが興味深い。

 南太田駅から南に歩いていくと大岡川が流れている。この河川敷は春になると桜並木が満開となり、横浜を代表する桜の名所である。特にここから弘明寺(ぐみょうじ)にかけてが美しい。

 大岡川がS字状に曲がっているところに首都高速神奈川3号狩場線の高架道路が覆いかぶさっており、花之木出入口がある。川の南側は蒔田公園が広がっている。その東には鎌倉街道(県道21号線)と横須賀街道(国道16号線)が交わる交差点があり、その地下に横浜市営地下鉄ブルーラインの吉野町(よしのちょう)駅がある。

横浜・南太田エリアの主な駅

南太田 / みなみおおた 駅
京浜急行電鉄 京急本線

吉野町 / よしのちょう 駅
横浜市営地下鉄 ブルーライン

minamioota1.jpg
通過電車を待つ京急本線・南太田駅

minamioota2.jpg
京急本線・南太田駅

minamioota3.jpg
南太田駅南口にある常照寺の門

minamioota4.jpg
高架下の参道

minamioota5.jpg
常照寺の仁王門

minamioota6.jpg
常照寺

minamioota7.jpg
南太田駅近くを流れる大岡川

minamioota8.jpg
大岡川と首都高速神奈川3号狩場線

minamioota10.jpg
吉野町駅前の交差点

minamioota9.jpg
横浜地下鉄ブルーライン・吉野町駅


ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 横浜!YOKOHAMA!
ジャンル : 地域情報

石川・小松 小松城の城下町、小松空港と機械のコマツ

小松
こまつ

日本国石川県小松市

石川・小松 小松城の城下町、小松空港と機械のコマツ

 小松(こまつ)市は石川(いしかわ)県南西部にある人口約11万人の市。北が能美(のみ)市、東が白山(はくさん)市、西が加賀(かが)市、南が福井県勝山(かつやま)市と接している。北西には日本海が広がっている。

 小松は、平安時代に花山天皇が巡幸したときに、梯川(かけはしがわ)の畔に松を植えたことが地名の由来で、小松城は加賀一向一揆の若林氏によって築かれたとされるが、江戸時代の1615年(元和元年)の一国一城令で一旦廃城になったが、加賀藩第2代藩主だった前田利常(まえだ としつね)の隠居地として1639年(寛永16年)に小松城が再築され、小松城は金沢城の支城となり、小松は小松城の城下町として発展した。

 明治時代になると小松城は廃城となり、城址は石川県立小松高校、小松市役所、芦城(ろじょう)公園などになっている。芦城公園は、小松城三の丸の跡地で、小松城廃城後に明治5年(1872年)に刑務所(徒刑場)となったが、刑務所が金沢に移転後に明治37年(1904年)に公園となった。園内には小松市立博物館、小松市立図書館、小松市公会堂、小松市立本陣記念美術館などの施設がある。

 小松市にはJR西日本・北陸本線が通り、市内に明峰(めいほう)、小松(こまつ)、粟津(あわづ)の各駅がある。小松駅は、特急「サンダーバード」や「しらさぎ」が停車する主要駅で、平成14年(2002年)に高架化され、2面3線の高架駅となった。北陸地方は雪が多いため、福井駅や金沢駅と同様にホーム部分は屋根と壁で覆われている。北陸新幹線の金沢~敦賀(つるが)の延伸時には小松駅にも北陸新幹線の駅が設置される予定である。

 小松の市街地は主に駅の西側に広がり、駅周辺には三日市商店街や中央通り商店街が伸びている。また、城下町の歴史から旧市街地に寺院が多く、小松駅の西側には稱名寺、勝光寺、勧帰寺などがある。

 小松駅の東側は以前、小松製作所の小松工場があったが、平成22年(2010年)に閉鎖して小松市内の粟津工場に機能を移転した。その跡地が、「こまつの杜」として再開発され、小松製作所の建設機械などの展示など体験形の「わくわくコマツ館」が開設された。また、公共施設「サイエンスヒルズこまつ」も建てられ、平成26年(2014年)に「ひととものづくり科学館」がオープンした。

 小松製作所は、大正6年(1917年)に銅山を所有していた竹内鉱業が機械を生産するために小松駅の近くに小松鉄工所を開設し、大正10年(1921年)に小松鉄工所が小松製作所となり、機械メーカーとなり、トラクターやブルドーザーなどの国産化を実現。戦後はパワーショベルやフォークリフトなど、日本の産業に欠かせない機械を製造し、「コマツ(KOMATSU)」ブランドでグローバルに展開する企業に成長した。

 小松の東には銅山があり、小松駅から東へ。明治40年(1907年)に小松~遊泉寺~鉱山口に遊泉寺銅山専用鉄道が開業。銅鉱山の閉山により、大正7年(1918年)に梯川遊泉寺~鉱山口が廃止されたが、小松~梯川遊泉寺は白山電気鉄道、小松電気鉄道を経て昭和20年(1945年)に北陸鉄道小松線となり、昭和61年(1986年)に全線廃止された。

 また、小松駅からは銅山の尾小屋(おごや)鉱山への鉱山鉄道が大正8年(1919年)に開業し、横山工業部鉄道を経て昭和4年(1929年)に尾小屋鉄道となり、昭和52年(1977年)に廃止された。

 小松駅から一つ福井寄りの粟津駅は、小松製作所粟津工場の最寄り駅で、駅西側の粟津公園には旧・尾小屋鉄道の車両が「なかよし鉄道」として動態保存されている。かつては粟津軌道、温泉電軌を前身とする北陸鉄道粟津線が新粟津~粟津温泉の約3.5キロを運行していたが、昭和37年(1962年)に廃止された。

 小松市の日本海側、小松駅から国道360号線を約4キロ西に行ったところに小松空港がある。小松空港は、航空自衛隊小松基地と共用している空港で、金沢県民のみならず福井県からの利用も多い。以前は石川県から東京への交通が不便であったことから小松~東京羽田がドル箱路線であったが、北陸新幹線の開業により、小松~東京羽田の利用者数が減った。一方で、台湾・台北桃園、韓国ソウル仁川、中国・上海浦東などを結ぶ定期路線があり、金沢・富山などを巡る外国人ツアー客が多く利用するようになった。 

小松エリアの主な駅

小松 / こまつ 駅
JR西日本 北陸本線

粟津 / あわづ 駅
JR西日本 北陸本線 

komatsu1.jpg
小松駅に停車する特急「サンダーバード」

komatsu2.jpg
JR北陸本線・小松駅

komatsu3.jpg
JR北陸本線から見た小松の街並み

komatsu4.jpg
JR北陸本線から見た小松の街並み

komatsu5.jpg
小松・三日市商店街

komatsu6.jpg
小松・三日市商店街

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 石川県
ジャンル : 地域情報

京都・竹田 地下鉄と近鉄が合流する竹田駅と竹田の子守唄

京都・竹田
きょうと・たけだ

日本国京都府京都市伏見区

京都・竹田 地下鉄と近鉄が合流する竹田駅と竹田の子守唄

 竹田(たけだ)は、京都(きょうと)市の伏見(ふしみ)区にある地区で、近畿日本鉄道(近鉄)京都線と京都市営地下鉄・烏丸線の竹田駅がある。

 竹田駅は2面4線のホームで、外側2線を近鉄京都線、内側2線を地下鉄烏丸線が使用している。近鉄は準急、急行も停車し、同一ホームで地下鉄烏丸線に乗り換えることができる。地下鉄烏丸線は京都駅まで近鉄京都線とルートが重なり、地下鉄烏丸線は竹田駅を出ると地下に潜り、くいな橋(くいなばし)、十条(じゅうじょう)、九条(くじょう)、京都へと続き、これらの駅は近鉄京都線の上鳥羽口(かみとばぐち)、十条、東寺(とうじ)、京都の各駅と近接しているが、烏丸線は京都駅から京都市中心部まっすぐ北へ、四条(しじょう)、烏丸御池(からすま おいけ)、今出川(いまでがわ)、北大路(きたおおじ)、国際会館(こくさいかいかん)方面へ乗り換えなしで行くことができる。

 地下鉄烏丸線が竹田まで延伸開業したのは昭和63年(1988年)のことで、一部の電車は竹田から近鉄京都線に直通運転している。烏丸線から近鉄奈良(なら)駅まで直通する急行電車もある。竹田駅の北西側には京都地下鉄烏丸線の車両基地がある。

 竹田は駅の真上を東西に名神高速道路が通り、駅の西側約300mのところを南北に阪神高速道路8号京都線が交差し、そのさらに西に名神高速の京都南IC(インターチェンジ)があり、国道1号線と連絡している。竹田駅の東側は住宅街が広がり、東高瀬川が流れている。

 竹田といえば、フォークグループの「赤い鳥」が歌ってヒットした「竹田の子守唄」の舞台として知られている。この歌は、もともと竹田地区の被差別部落に伝わる子守唄が原曲で、同地区の部落解放同盟の合唱団が歌うようになり、それが当時のフォーク歌手らに広まったようで、「赤い鳥」がレコード化し、ミリオンヒットした。ところが、被差別部落の歌が政治的に敏感であるとされ、長らく放送自粛曲にされていた。一方、台湾では日本在住の台湾人歌手ジュディ・オング(翁倩玉)によって「祈禱」(チータオ)というタイトルで中国語カバーされヒットした。自粛されていた日本では1990年代に入り、ようやく解禁され、地上波でも歌を放送するようになり、赤い鳥の元メンバーによる「紙ふうせん」でも歌い継がれ、今ではフォーク時代を代表する名曲として広く認められている。ただ、残念なのは「竹田の子守唄」のできた時代背景のためか、竹田駅周辺に「竹田の子守唄」に関する記念碑はない。歌の場所は実際には竹田駅から離れているとはいえ、被差別部落だったところもすでに再開発も進んだようなので、今の時代ならばもうそろそろ日本の歌謡史を記録する意味で「竹田の子守唄」の物語を伝える記念碑のようなものを建造してもよいのではないかと思う。

京都・竹田エリアの主な駅

竹田 / たけだ 駅
近畿日本鉄道 京都線
京都市営地下鉄 烏丸線 

ktakeda1.jpg
近鉄京都線と京都地下鉄烏丸線の竹田駅

ktakeda2.jpg
竹田駅の北に広がる京都地下鉄の車両基地

ktakeda3.jpg
竹田駅の近くを流れる東高瀬川

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 京都
ジャンル : 旅行

広島・呉 戦艦大和の軍港都市から造船の工業都市へ


くれ

日本国広島県呉市

広島・呉 戦艦大和の軍港都市から造船の工業都市へ

 呉(くれ)市は、広島(ひろしま)県の南部にある人口約23万人の市。北が安芸(あき)郡の坂(さか)町、広島市安芸区、安芸郡熊野(くまの)町、北東が東広島(ひがしひろしま)市、海を挟んで東が豊田(とよた)郡の大崎上島(おおさきかみじま)町、南には瀬戸内海が広がり、西は海を挟んで江田島(えたじま)市と接している。

 呉市は「平成の大合併」の際に、安芸郡の音戸(おんど)町、倉橋(くらはし)町、蒲刈(かまがり)町および豊田郡の安浦(やすうら)町、豊浜(とよはま)町、豊(ゆたか)町を編入合併した。これにより、周辺の離島が呉市に編入され、市域が拡大した。

 呉市は、古くから天然の良港として栄え、古くは瀬戸内海の海賊として活動した「村上水軍」の根拠地でもあった。明治時代以降は、日本海軍の拠点として第二海軍区鎮守府(呉鎮守府)が置かれ、呉海軍工廠では戦艦「大和」(やまと)をはじめとする軍艦が製造された。このため、第二次世界大戦末期にはアメリカ軍による激しい空襲に遭い、戦後は軍需産業の技術を民生産業に転換し、造船業や鉄鋼、金属工業が盛んな工業都市へと生まれ変わった。同時に海軍都市としての伝統は、海上自衛隊呉基地や呉海上保安部に引き継がれている。

 呉市内にはJR西日本・呉線が通り、呉ポートピア(くれポートピア)、天応(てんのう)、かるが浜(かるがはま)、吉浦(よしうら)、川原石(かわらいし)、呉(くれ)、安芸阿賀(あき あが)、新広(しんひろ)、広(ひろ)、仁方(にがた)、安芸川尻(あき かわじり)、安登(あと)、安浦(やすうら)の各駅がある。

 JR呉線は、JR山陽本線の海田市(かいたいち)駅から呉を経由して山陽本線の三原(みはら)駅まで結ぶ路線であるが、山陽本線の海田市から広島駅まで直通している。呉線は広島~呉~広と、広~三原で運転系統が分かれており、広から西の区間で運転本数が多く、快速「安芸路ライナー」も運行されているほか、広~三原はのどかなローカル線となっている。瀬戸内海沿いを走るため車窓風景が美しく、呉線は「瀬戸内さざなみ線」の愛称がつけられている。

 呉市の中心である呉駅は、国鉄の海田市~呉が開業した明治36年(1903年)に開設された。一旦、山陽鉄道に貸渡されたが、明治39年(1906年)に再国有化された。呉線は昭和10年(1935年)に呉~広が延伸開業し、さらに三原から西へ建設された三呉線と広でつながり、海田市~呉~広~三原が国鉄呉線として全通した。呉線は、呉軍港を結ぶ重要な路線であり、山側を走る山陽本線のバイパス路線としても機能し、寝台特急「安芸」なども運行されていた。現在は、呉から広島を結ぶ都市路線として頻繁に電車が運行されており、単線ではあるが快速「安芸路ライナー」の運行により、利便性は高い。一方、広から東の三原方面は、約1時間毎に普通電車が運行されるのどかなローカル線となっている。

 呉駅の駅ビルは「クレスト」と呼ばれる商業施設が入っている。呉市の中心市街地は呉駅の北東側(内陸側)に広がり、約1キロ先に呉市役所がある。かつては呉市内に呉市電が川原石~呉駅~阿賀駅前~広交差点~長浜を結んでいたが、自動車の普及による利用者の減少や昭和42年(1967年)の豪雨被害などにより、昭和42年(1967年)に廃止された。

 呉駅の海側には、かつて海軍用地だったところで、三菱日立パワーシステムズの工場や、海上自衛隊呉基地などが広がるほか、呉港の呉中央桟橋ターミナルがあり、呉駅と呉港の間に「レクレ」や「ゆめタウン呉」などの商業施設、「大和ミュージアム」(呉市海事歴史科学館)や「てつのくじら館」(海上自衛隊呉史料館)などの展示施設がある。

 「レクレ」は、呉駅の操車場跡地を再開発し、平成17年(2005年)にオープンした商業施設で温浴施設の『大和温泉物語』も併設されている。「レクレ」の海側にある「ゆめタウン呉」も平成16年(2004年)に開業した呉市最大規模の商業施設で、呉中央桟橋ターミナルとも歩道橋でつながっている。

 呉中央桟橋からは、江田島の小用(こよう)港を結ぶ高速船が運航されているほか、広島港~呉港~松山港を結ぶ高速船およびフェリーが運航されている。呉から四国愛媛県の松山へダイレクトに結ばれているので便利だ。

 桟橋の西側に隣接する「大和ミュージアム」(呉市海事歴史科学館)は、平成17年(2005年)に開館した呉市の造船業の歴史をテーマにした科学館で、軍港として発展した呉市の歴史と造船技術の進化などを展示している。また、呉海軍工廠では、戦艦「大和」が建造された歴史があることから、戦艦「大和」を10分の1のスケールで忠実に再現した模型が展示されているほか、大東亜戦争で日本軍が作戦に用いた零式艦上戦闘機(ゼロ戦)や「人間魚雷」と呼ばれた「回天」などが実物大で展示されており、あえて当時の軍事兵器をありのままに展示することで、戦争の生々しさが感じられる。 
 
 「大和ミュージアム」の西側に道路を挟んで大きな潜水艦が浮いているのが見えるが「てつのくじら館」(海上自衛隊呉史料館)で、平成19年(2007年)より一般公開されている海上自衛隊の広報施設である。ここに展示されている潜水艦「あきしお」は平成16年(2004年)に除籍となった本物の潜水艦(一部は展示用に加工)で、潜水艦の内部が見学できるほか、併設されている史料館で海上自衛隊の役割を紹介する展示が行われている。

 呉市は海上自衛隊と並んで、海の警察である海上保安庁の拠点でもある。吉浦駅の南約1キロのところにある「海上保安大学校」は海上保安庁の幹部を養成する学校で、平成16年(2004年)に公開された映画『海猿 ウミザル』は、海上保安庁が全面協力し、呉市の海上保安大学校を舞台に、潜水士候補生の厳しい訓練と海保の人命救助活動における潜水士の活躍などが描かれた。

 このほか、呉市東部にあるJR呉線の広駅は、呉駅からトンネルを抜けてその東側に広がる市街地に位置し、広駅から呉駅経由で広島方面に電車が頻繁に運行されていることから、運行系統が分かれる呉線の広島方面と三原方面の乗り換え駅でもある。駅の南側は寿工業広製作所、寿スチール、中国工業呉第二工場などの工場が並んでいる。駅の北側は市街地が広がり、呉自動車学校、呉市総合体育館(オークアリーナ)などがある。

呉エリアの主な駅

/ くれ 駅
JR西日本 呉線(瀬戸内さざなみ線)

/ ひろ 駅
JR西日本 呉線(瀬戸内さざなみ線)

kure1.jpg
JR呉線・呉駅

kure2.jpg
JR呉線・呉駅

kure3.jpg
JR呉線・呉駅

kure4.jpg
呉港

kure5.jpg
大和ミュージアム

kure6.jpg
大和ミュージアム、戦艦「大和」の模型

kure7.jpg
大和ミュージアム、零戦と人間魚雷「回天」

kure8.jpg
てつのくじら館の潜水艦

kure9.jpg
てつのくじら館の潜水艦

kure10.jpg
JR呉線・広駅

kure11.jpg
広駅の南側の寿工業広製作所

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 広島
ジャンル : 地域情報

長崎・浦上 長崎原爆と平和公園と浦上天主堂、みらい長崎ココウォーク

長崎・浦上
ながさき・うらかみ

日本国長崎県長崎市

長崎・浦上 長崎原爆と平和公園と浦上天主堂、みらい長崎ココウォーク

 浦上(うらかみ)は、長崎(ながさき)市にある地区で、JR九州・長崎本線の長崎駅から約1キロ北にあり、JR長崎本線の浦上駅を中心に市街地が広がっている。

 JR長崎本線の東側に長崎電気軌道が並行するように南北に走っており、浦上のあたりには、銭座町(ぜんざまち)、茂里町(もりまち)、浦上駅前(うらかみえきまえ)、大学病院前(だいがくびょういんまえ)、浜口町(はまぐちまち)、松山町(まつやままち)などの電停があり、1号~3号系統の電車が運行されている。

 JR浦上駅は、長崎~佐賀(さが)~博多(はかた)を結ぶ特急「かもめ」や、JR大村線を経由して佐世保(させぼ)を結ぶ快速「シーサイドライナー」も停車し、長崎駅を補完する長崎の主要駅の一つとなっている。

 浦上駅は明治30年(1897年)にJR長崎本線の前身である九州鉄道・長崎線の終着駅である長崎駅として開業した。長崎港湾の埋立工事が完成すると明治38年(1905年)に現在の長崎駅まで延伸され、初代の長崎駅が浦上駅に改称された。日露戦争を経て九州鉄道は明治40年(1907年)に国有化された。長崎電気軌道(長崎電鉄)本線は大正4年(1915年)に病院下(現・大学病院前の付近)~築島が開業し、昭和8年(1933年)までに松山町の北の大橋まで開業した。

 第二次世界大戦末期の昭和20年(1945年)8月9日、アメリカ軍は長崎市(浦上駅北方、松山町付近)にプルトニウム式の原子爆弾を投下し、広島に続く2番目の被爆都市となった。これにより、長崎市の市街地が一瞬にして壊滅し、当時の長崎市の人口約24万人のうち、約7.4万人が死亡し、その後も多くの被爆後遺症による関連死者数は増え続けた。広島は河口近くの平地が広がっていたのに対し、長崎は三方が山に囲まれているため、爆発で壊滅した範囲は広島より狭くなり、旧市街地の南側の一部は破壊を免れた地区もあったが、広島と同様に爆心地周辺の市街地は完全に壊滅し、人道に反する無差別大量殺人であった。

 長崎原爆の爆心地は、長崎電鉄本線の松山町電停の南東側にある原爆公園。ここには、「原爆落下中心碑」があり、浦上天主堂の遺構の一部が移設されてモニュメントとして展示されている。松山町には約300世帯1800人余りが生活していたが、アメリカによる原爆投下により一瞬にして灼熱の地獄となり、ほぼ全員が焼け死んだ。当時の原爆の熱で溶けたガラスや瓦、茶碗などが埋まった当時の地層が、保存されている。

 原爆公園の北側にある平和公園は、小高い丘になっている。ここには、赤レンガ造りの長崎刑務所浦上刑務支所の監獄があったが、長崎原爆の爆心地からわずか100m余りの距離だったため、刑務所内にいた受刑者や被告人、職員らが全員死亡した。この建物の基礎部分が広場に保存されている。長崎原爆投下からすでに70年以上が経過し、この基礎の陰に隠れてハトを狙うネコを見るとほほえましい光景であるが、この建物が原爆でふっ飛ばされた事実はイメージしておきたい。

 その先にある平和祈念像は、長崎県出身の彫刻家・北村西望(きたむら せいぼう)が制作した像で、昭和30年(1955年)に完成し、長崎原爆の鎮魂と平和の願いを込めた象徴となっている。

 平和公園から東へ約500mのところにある浦上天主堂(カトリック浦上教会)は、大正3年(1914年)に竣工した赤レンガの美しい聖堂が長崎原爆で倒壊し、天主堂の中にいた司祭や信徒が全員死亡した。戦後、浦上教会は昭和34年(1959年)に旧天主堂の建物を模して再建された。昭和55年(1980年)の改修工事では、戦前の赤レンガ造りの外観がより再現され、翌昭和56年(1981年)には訪日したバチカンのローマ教皇ヨハネ・パウロ2世が訪れ、ミサを捧げた。

 平和公園の南東の丘の上にある長崎原爆資料館は、前身の長崎国際文化会館原爆資料センターの建物が老朽化し、展示スペースも手狭であったことから、平成8年(1996年)に移設の上、新たに開館したものである。長崎原爆による長崎市の被害の実態や、当時の写真や映像、投下されたプルトニウム型原子爆弾「ファットマン」の実物大模型、鳥居の柱が一本だけ残った山王神社の紹介、崩れた浦上天主堂を再現した展示などがあり、また戦後に米国、ソ連、中国などで行われた核実験に抗議し、核兵器のない世界を目指すメッセージも発信している。長崎原爆資料館に隣接して国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館も隣接しており、原爆犠牲者の追悼の場所となっている。長崎原爆資料館へは長崎電鉄本線の浜口町電停が近い。

 浦上駅は長崎原爆の際に全壊し、駅員も死亡。壊滅的な状況となるが、長崎本線に救援列車が運行され、被爆者の救助を行った。周辺は原爆によるガレキの山だったが、速やかに仮復旧し、長崎の救援と復興に鉄道が最大限活用された。

 現在、浦上駅周辺には、長崎原爆病院、長崎新聞本社、長崎ブリックホールなどの施設があるほか、長崎バス茂里町営業所を再開発した商業施設「みらい長崎ココウォーク」が平成20年(2008年)にオープンした。「みらい長崎ココウォーク」は、1階がバスセンター、2階より上が商業施設や映画館、飲食店街となっており、観覧車もある。浦上地区の新しいシンボルとなっている。5階は「長崎ぶらぶら街道」というコンセプトの下、長崎の象徴的な街並みを再現しており、観光客も楽しめるスポットである。

長崎・浦上エリアの主な駅

浦上 / うらかみ 駅
JR九州 長崎本線(新線、長与支線)
浦上駅前 / うらかみえきまえ 電停
長崎電気軌道 本線(1系統、3系統)

松山町 / まつやままち 電停
長崎電気軌道 本線(1系統、3系統)

浜口町 / はまぐちまち 電停
長崎電気軌道 本線(1系統、3系統)

茂里町 / もりまち 電停
長崎電気軌道 本線(1系統、3系統)

urakami1.jpg
長崎電鉄本線・松山町電停

urakami2.jpg
長崎原爆公園の記念碑

urakami3.jpg
長崎原爆落下中心地

urakami4.jpg
長崎平和公園

urakami5.jpg
長崎平和公園

urakami6.jpg
被爆した長崎刑務所浦上刑務支所の基礎

urakami7.jpg
長崎平和祈念像

urakami8.jpg
長崎原爆資料館

urakami9.jpg
長崎原爆資料館に再現された浦上天主堂

urakami10.jpg
長崎電鉄・浜口町電停

urakami11.jpg
JR浦上駅前

urakami12.jpg
茂里町のみらい長崎ココウォーク

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

時の旅・1981年(昭和56年) 神戸と大阪で新交通システム、京都と福岡で地下鉄開業、レーガン米大統領就任、中国が文化大革命を否定

1981年
昭和56年

時の旅・1981年(昭和56年) 神戸と大阪で新交通システム、京都と福岡で地下鉄開業、レーガン米大統領就任、中国が文化大革命を否定

当時の日本の首相 鈴木善幸(自由民主党)

 1981年(昭和56年)は、鈴木善幸(すずき ぜんこう)内閣総理大臣(首相)の下、どんどん増え続ける国債から財政を立て直すため、「増税なき財政再建」を目指す行政改革に取り組み、第二次臨時行政調査会を発足させた。この中で、国鉄や電電公社、専売公社など官業民営化の方向性が提言された。

 アメリカ合衆国(米国)では、政権交代により1月に共和党のロナルド・レーガン(Ronald Reagan)大統領が就任。減税と市場原理を重視する経済政策(レーガノミクス)を推進した。就任まもない3月に、ワシントンDCで銃撃されたが、運よく一命をとりとめた。

 鈴木首相は5月にレーガン大統領と会談し、その共同声明の中にあった「同盟関係」という文言について、軍事同盟かと野党に批判され、鈴木首相は米国の対ソ連軍事戦略に巻き込まれず、集団的自衛権行使には進まないことなど軍事的意味について否定した。6月の日米安保事務レベル協議で米側から日本のシーレーン防衛能力強化など要求されたが、園田外相が財政状況が厳しいことから困難と要求を拒否し、米国からの信用を落とす形となった。

 社会は神戸の人工島・ポートアイランドで「新しい“海の文化都市”の創造」をテーマとする博覧会「ポートピア'81」が3月~9月に開催された。10月には北海道の北炭夕張新鉱でガス火災事故が発生し、坑内火災が収まらず不明者を残したまま注水を決断し、最終的に93人が死亡する大惨事となった。

 交通については、鉄道は2月に神戸新交通ポートアイランド線の三宮~南公園~中公園が開業。3月に大阪市営地下鉄南港ポートタウン線の住之江公園~中ふ頭が開業し、日本初のゴムタイヤ式の新交通システムが2つ開業し、都市交通の新時代の幕開けとなった。また、3月には、長野電鉄長野線の善光寺下~長野が地下化された。5月は、京都市営地下鉄烏丸線の京都~北大路が開業した。7月に福岡市地下鉄1号線の天神~室見が開業した。10月には国鉄石勝線の千歳空港~追分、新夕張~新得が開業し、新しい札幌~帯広のメインルートとなった。12月には大阪市営地下鉄千日前線の新深江~南巽が延伸開業。能勢電鉄の川西能勢口~川西国鉄前が廃止された。このほか、航空は6月に秋田空港が開港した。10月に宮崎自動車道が全線開通した。

 文化については、音楽は、寺尾聰「ルビーの指環」、竜鉄也「奥飛騨慕情」、近藤真彦「スニーカーぶる~す」、イモ欽トリオ「ハイスクールララバイ」、松山千春「長い夜」、都はるみ「大阪しぐれ」、シャネルズ「街角トワイライト」、五輪真弓「恋人よ」、松田聖子「チェリーブラッサム」、松任谷由美「守ってあげたい」などが大ヒットした。また、チャゲ&飛鳥「万里の河」、西田敏行「もしもピアノが弾けたなら」、石川ひとみ「まちぶせ」などもヒットした。映画は英米合作の「エレファントマン」や「007ユア・アイズ・オンリー」、米国の「スーパーマンII」などがヒット。邦画は「連合艦隊」やアニメの「ドラえもん のび太の宇宙開拓使」などがヒットした。

 スポーツは、野球はセリーグでは読売ジャイアンツが4年ぶり、パリーグでは日本ハムファイターズが19年ぶりに優勝。日本シリーズでは巨人が勝ち、V9以来の日本一となった。阪神の名投手だった江本孟紀が「ベンチがアホやから野球がでけへん」の発言を残して引退した。大相撲は1月場所で千代の富士が初優勝した。横綱の輪島が引退した。

 世界の動きは、中華人民共和国(中国)で1月に中国共産党の最高指導者だった毛沢東(毛泽东/マオ ヅォートン)の妻である江青(チャン チン)に死刑判決(後に減刑)。6月の中共第11期6中全会で「建国以来の党の若干の歴史問題に関する決議」が採択され、毛沢東が進めた「文化大革命」を完全否定した。

 このほか、1月にイランが1979年11月から拘束していた米軍兵士52人を米国新大統領就任に合わせて釈放した。4月に米国のスペースシャトル「コロンビア」が打ち上げ。5月は、フランス大統領選挙でフランソワ・ミッテラン(François Mitterrand)氏が当選した。6月にイスラエルがイラクの原子炉を爆撃した。マレーシアにマハティール・ビン・モハマド(Mahathir bin Mohamad)首相が就任し、日本を見習おうと呼びかける「ルック・イースト政策」を進めた。7月に英国でチャールズ(Charles)皇太子とダイアナ(Diana)妃が結婚した。8月に台湾で遠東航空機が墜落し、日本人作家の向田邦子が犠牲になった。9月に中米の英領ホンジュラスからベリーズが独立した。フランスのパリ~リヨンに高速鉄道TGVが運行開始した。10月にエジプトでアンワル・サダト( أنور السادات )大統領が暗殺され、ホスニー・ムバラク( حسني مبارك )副大統領が大統領を引き継いだ。11月にカリブ海のアンティグア・バーブーダが英国から独立した。

(参考:Wikipediaほか)

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

テーマ : 歴史
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

drughba

Author:drughba
日本国内・世界各国の行って面白かったところ、行ってみたいところ、興味深い都市、交通、地理、文化等。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード