FC2ブログ

福岡 北九州・黒崎 八幡西区の中心駅、福北ゆたか線と筑豊電鉄

北九州・黒崎
きたきゅうしゅう・くろさき

日本国福岡県北九州市八幡西区

福岡 北九州・黒崎 八幡西区の中心駅、福北ゆたか線と筑豊電鉄

 黒崎(くろさき)は、福岡(ふくおか)県北東部の北九州(きたきゅうしゅう)市、八幡西(やはたにし)区にある地区で、JR九州の鹿児島本線と福北ゆたか線(筑豊本線)の黒崎駅と、筑豊電気鉄道(筑豊電鉄)の黒崎駅前(くろさきえきまえ)駅がある。

 黒崎駅は、鹿児島本線の前身である九州鉄道の駅として明治24年(1891年)に開設され、明治40年(1907年)に国有化され、国鉄鹿児島本線の駅となった。現在は普通と快速のほか、特急「きらめき」「ソニック」「にちりんシーガイア」なども停車する主要駅である。

 また、黒崎駅から筑豊本線の直方(のおがた)、篠栗線を経由して博多(はかた)を結ぶ路線が「福北ゆたか線」の愛称で運行されており、直方方面から折尾(おりお)で折り返す電車もあるが、一部が黒崎駅まで乗り入れている。

 筑豊電鉄線は、黒崎駅前~筑豊直方(ちくほう のおがた)を結ぶ路線で、遠賀川(おんががわ)の東岸の沿線を結んでいる。筑豊電鉄はもともと西日本鉄道(西鉄)北九州本線の貞元駅(現・熊西)駅から筑豊中間駅まで昭和31年(1956年)に開業し、昭和34年(1959年)に筑豊直方まで延伸した路線で、平成4年(1992年)に西鉄北九州本線の黒崎駅前より東の区間が廃止され、さらに平成12年(2000年)に西鉄北九州本線の熊西(くまにし)~折尾(おりお)も廃止され、熊西~黒崎駅前が筑豊電鉄の運行に変わった。

 黒崎駅前には南口の西側に八幡西区役所とホテル「西鉄イン黒崎」があり、東側には昭和54年(1979年)に「黒崎そごう」百貨店としてオープンし、平成13年(2001年)から「井筒屋」黒崎店となっている商業施設がある。駅から「ふれあい通り」が南に伸び、放射状の街路が形成されている。

 黒崎駅の北側は、北九州工業地帯の重要な工業地区となっていて、産業用ロボットの「安川電機」本社、「三菱化学」黒崎事業所、大日本印刷(DNP)ファインオプトロニクスなどの工場の敷地が広がっている。また、黒崎~八幡の間には、ファインセラミックスの「黒崎播磨」本社八幡工場がある。

北九州・黒崎エリアの主な駅

黒崎 / くろさき 駅
JR九州 鹿児島本線、福北ゆたか線(筑豊本線)
黒崎駅前 / くろさきえきまえ 駅
筑豊電鉄 筑豊電鉄線

kurosaki1.jpg
JR黒崎駅

kurosaki2.jpg
黒崎駅の北に広がる工業地帯

kurosaki3.jpg
黒崎駅の北に広がる工業地帯

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内
ジャンル : 地域情報

台湾 新北・蘆洲 李氏古宅と湧蓮寺と蘆洲廟口夜市

新北・蘆洲
シンパッ・ローチウ/Sin-pak Lô͘-chiu (台湾語/ホーロー語)
シンペイ・ルウツォウ/ㄒ一ㄣ ㄅㄟˇ ㄌㄨˊ ㄓㄡ (台湾華語/北京語)

臺灣新北市蘆洲區
台湾新北市蘆洲区

台湾 新北・蘆洲 李氏古宅と湧蓮寺と蘆洲廟口夜市

 蘆洲(台:ローチウ/華:ルウツォウ)区は、台湾北部の新北(シンパッ/シンペイ)市の中部にある人口約20万人の区。蘆洲区は、西が新北市の五股(ゴーコー/ウークウ)区、南が三重(サァティンポー/サンツォン)区、東と北が台北(臺北/タイパッ/タイペイ)市の士林(スウリム/スーリン)区と接している。首都・台北のベッドタウンとして発展し、人口密度が非常に高い。

 蘆洲は、淡水河(タムツイホー)の西に平地が広がり、アシ(蘆葦)が群生していたことから台湾語(ホーロー語)で「蘆洲」(ローチウ)と呼ばれるようになった。また、川沿いの砂洲は水害によく遭ったことから「河上洲」(ホーションチウ)とも呼ばれ、対岸の関渡(關渡/カンタウ)の僧侶(和尚)が蘆洲の土地を管理していたことから、「河上」と同音の「和尚洲」(ホーションチウ)とも呼ばれた。また、淡水河にはサギ(鷺)が生息していることから「鷺洲」(ローチウ)とも呼ばれた。

 日本統治時代は台北州新荘郡鷺洲庄で、戦後は鷺洲から三重が分割された1947年に「蘆洲」に漢字表記が改められ、台北県蘆洲郷となった。人口の増加により、1998年に台北県蘆洲市となり、2010年末の地方自治体再編で台北県が直轄市の新北市になったことから、新北市蘆洲区となった。

 蘆洲は、新北市中心部(板橋)および台北市中心部から少し離れており、バスは中心部まで時間がかかり交通がやや不便であったが、2010年に台北メトロ(臺北捷運)蘆洲線(中和新蘆線)が開業し、台北市中心部まで便利になった。蘆洲区内には、蘆洲(ローチウ/ルウツォウ)、三民高中(サムビンコーテョン/サンミンカオツォン)、徐匯中学(徐匯中學/チーホエテョンハッ/シューホエイツォンシュエ)の各駅がある。

 蘆洲支線は蘆洲駅から三重区の三重国小(三重國小/サムテョンコクショー/サンツォンクオシャオ)駅を経由して台北市の大橋頭(トアキオタウ/ターチャオトウ)駅で中和新蘆線の本線と合流し、台北市中心部へ向かい、民権西路(民權西路/ビンコワンセーロー/ミンチュエンシールウ)駅で淡水信義線、松江南京(ションカンラムキヤ/ソンチャンナンチン)駅で松山新店線、忠孝新生(テョンハウシンシン/ツァンシャオシンセン)駅で板南線と乗り換えができる。

 蘆洲駅は中和新蘆線蘆洲支線の終着駅で、蘆洲駅の先に台北メトロの蘆洲車両基地がある。蘆洲駅から新北市北部の八里(パッリー/パーリー)方面や、台北市士林区の淡水信義線・剣潭(劍潭/キャムタム/チエンタン)駅方面へのバスがある。アジアの歌姫として死後も台湾でさまざまな人に歌い継がれているテレサ・テン(鄧麗君/テン リーチュン)は、蘆洲で育ち、幼少時代を蘆洲小学校(蘆洲國小)で学んだことから、蘆洲駅前にテレサ・テンの銅像が立っている。

 「蘆洲李宅」は、日本統治時代初期の1906年(明治39年)に建てられた福建南部式の伝統建築で、「三合院」(サムハプイィ)などの伝統建築や庭園があり、「李友邦将軍記念館」としても公開されている。李友邦(リー ユウパン)は、本名を李肇基(リー テャウキー)といい、1906年にこの「蘆洲李宅」で生まれ、1921年(大正10年)に「台湾文化協会」に参加し、その後、1924年(大正13年)に中華民国広東省に逃れ、中国国民党の黄埔軍校に入り、後に「台湾独立革命党」を結成し、中国共産党とも往来があったことから、1932年に左派を警戒する中国国民党に逮捕され、1937年の第二次国共合作でようやく釈放された。日中戦争の際には、台湾独立革命党を復活させて、1939年には浙江省で「台湾義勇隊」を発足させた。終戦後、李友邦は台湾に戻ったが、中国国民党政府により台湾義勇隊は解散させられた。1947年の二二八事件で逮捕されたが、夫人の厳秀峰(嚴秀峰)の働きかけで後に一旦は釈放された。しかし、1952年により中国国民党政府により中共のスパイ容疑で死刑に処された。政治犯として長年収容されていた厳秀峰夫人は、1965年に出獄し、1980年代に当時の蒋経国(蔣經國/チャン チンクオ)総統に陳情し、蘆洲李宅を国に寄付して建物を古蹟として保存するとともに李友邦の名誉回復を求めた。これにより、都市開発の波の中でも蘆洲李宅は残り、2006年より「蘆洲李宅古蹟─李友邦將軍紀念館」として一般公開され、蘆洲を代表する観光スポットの一つとなっている。

 三民高中駅は、蘆洲小学校(蘆洲國小)や空中大学(社会人向け放送大学)、湧蓮寺、蘆洲廟口夜市などの最寄り駅である。

 「湧蓮寺」(インレンシー/ヨンリエンスー)は、観世音菩薩を本尊とする寺廟で、清国時代の1862年に創建された。この廟の周りには屋台が並び、「蘆洲廟口夜市」(ローチウ ビョーカウ ヤチアー)を形成している。グルメやショッピング、にぎやかで散策が楽しい。

 徐匯中学駅は、三重区との境にあり、周辺は住宅街が広がっている。将来的には、台北メトロ環状線の延長区間が桃園メトロ空港線と連絡する新北産業園区(新北產業園區/シンパクサンギャプフンクウ/シンペイツァンイエユエンチュィー)駅から徐匯中学駅を経由して台北メトロ淡水信義線の士林駅、台北メトロ文湖線の剣南路(劍南路)駅方面へ伸びる計画がある。

新北・蘆洲エリアの主な駅

蘆洲 / ローチウ(ルウツォウ) 駅
台北捷運 中和新蘆線(蘆洲支線)

三民高中 / サムビンコーテョン(サンミンカオツォン) 駅
台北捷運 中和新蘆線(蘆洲支線)

loochiu1.jpg
台北メトロ中和新蘆線(蘆洲支線)・蘆洲駅

loochiu2.jpg
台北メトロ中和新蘆線・蘆洲駅

loochiu3.jpg
蘆洲駅前の風景

loochiu10.jpg
台北メトロ中和新蘆線(蘆洲支線)・三民高中駅

loochiu11.jpg
蘆洲湧蓮寺

loochiu12.jpg
蘆洲廟口夜市

loochiu7.jpg
蘆洲廟口夜市

loochiu8.jpg
蘆洲廟口夜市

loochiu9.jpg
蘆洲廟口夜市

ドルジバツアー ホームページ
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 台湾旅行
ジャンル : 旅行

東京・梅島 東武スカイツリーラインが走る足立区役所の最寄り駅

東京・梅島
とうきょう・うめじま

日本国東京都足立区

東京・梅島 東武スカイツリーラインが走る足立区役所の最寄り駅

 梅島(うめじま)は、東京(とうきょう)都の足立(あだち)区にある地区で、東武鉄道・伊勢崎線(東武スカイツリーライン)の梅島駅がある。

 梅島は、明治22年(1889年)に梅田村と島根村などが合併した際に梅田の「梅」と島根の「島」をとって「梅島」(うめじま)村となった。昭和3年(1928年)に南足立(みなみあだち)郡の梅島町となり、昭和7年(1932年)に東京市に編入されて足立区の一部になった。

 東武スカイツリーラインの梅島駅は、大正13年(1924年)に開設された歴史ある駅で、昭和43年(1968年)に高架化された。複々線区間にあり、中間の2線が各駅停車で、島式ホームが細いため、南東寄りが上りの北千住(きたせんじゅ)方面、北西寄りが下りの竹ノ塚(たけのづか)方面となっている。外側2線は急行線のためホームはない。

 梅島駅は、普通電車しか停車しないが、北千住、浅草(あさくさ)方面のほか、北千住から東京メトロ日比谷線の直通電車が多数運行されており、上野(うえの)、秋葉原(あきはばら)、銀座(ぎんざ)、霞ケ関(かすみがせき)、六本木(ろっぽんぎ)方面に乗り換えなしで行けることから、東京都心への通勤が非常に便利である。

 梅島駅は足立区役所の最寄り駅であり、駅周辺は住宅街が広がる。旧日光街道が駅の下を通り、梅島駅前商店街が伸びていて、近くには足立区とオーストラリア・ベルモント市との姉妹都市を記念したベルモント公園がある。

東京・梅島エリアの主な駅

梅島 / うめじま 駅
東武鉄道 伊勢崎線(スカイツリーライン)

umejima1.jpg
東武スカイツリーライン・梅島駅(下りホーム)

umejima2.jpg
東武スカイツリーライン・梅島駅(上りホーム)

umejima3.jpg
梅島駅前商店街

umejima4.jpg
梅島駅前商店街

umejima5.jpg
ベルモント公園

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 東京23区
ジャンル : 地域情報

埼玉・春日部 日光街道粕壁宿と藤の牛島と地下放水路

春日部
かすかべ

日本国埼玉県春日部市

埼玉・春日部 日光街道粕壁宿と藤の牛島と地下放水路

 春日部(かすかべ)市は、埼玉(さいたま)県東部にある人口約23万人の市。南が北葛飾(きたかつしか)郡の松伏(まつぶし)町、越谷(こしがや)市、西がさいたま市岩槻(いわつき)区、白岡(しらおか)市、北が南埼玉(みなみさいたま)郡の宮代(みやしろ)町、北葛飾郡杉戸(すぎと)町、東が千葉(ちば)県の野田(のだ)市と接している。

 春日部は、古くは下総国(しもうさのくに)の葛飾(かつしか)郡に属したが、近世以降に武蔵国(むさしこく)の埼玉(さいたま)郡に属するようになった。14世紀の南北朝時代に新田義貞(にった よしただ)の家臣の春日部(かすかべ)氏の領地となったことが「春日部」(かすかべ)という地名の由来であるが、江戸時代には糟壁、糟ヶ辺、粕壁などの漢字表記が使われ、春日部市の前身である南埼玉郡の粕壁(かすかべ)町は、日光街道の粕壁宿で栄え、市街地が形成された。

 昭和19年(1944年)に南埼玉郡の粕壁町と内牧(うちまき)村が合併して春日部(かすかべ)町となった。そして、昭和29年(1954年)に南埼玉郡の春日部町、豊春(とよはる)村、武里(たけさと)村、北葛飾(きたかつしか)郡の幸松(さちまつ)村、豊野(とよの)村と合併し、春日部(かすかべ)市が発足した。

 春日部市には、東武鉄道の伊勢崎線(スカイツリーライン)と野田線(アーバンパークライン)が通り、スカイツリーラインの武里(たけさと)、一ノ割(いちのわり)、春日部(かすかべ)、北春日部(きたかすかべ)、アーバンパークラインの豊春(とよはる)、八木崎(やぎさき)、春日部、藤の牛島(ふじのうしじま)、南桜井(みなみさくらい)の各駅がある。

 東武鉄道の春日部駅は、東武スカイツリーライン(伊勢崎線)とアーバンパークライン(野田線)が連絡する春日部市の中心駅である。春日部駅の歴史は古く、明治32年(1899年)に東武鉄道(現・東武スカイツリーライン)の粕壁駅として開設され、昭和4年(1929年)に北総鉄道(同年に総武鉄道と改称)の粕壁~大宮(おおみや)が開業。翌年、粕壁~清水公園が開業して野田(のだ)、柏(かしわ)方面とつながり、昭和19年(1944年)に総武鉄道が東武鉄道と合併し、東武野田線(現・東武アーバンパークライン)となった。

 春日部駅は3面5線の地平駅で、1面2線のアーバンパークラインのホームと、2面3線のスカイツリーラインのホームがある。スカイツリーラインは、普通、準急、急行が停車するほか、特急「けごん」「きぬ」「リバティ会津」などの日光線方面の特急列車も停車するが、伊勢崎線の特急「りょうもう」は東武動物公園駅に停車するため春日部駅は通過する。また、アーバンパークラインにも平成28年(2016年)より特急「アーバンパークライナー」が浅草(あさくさ)~春日部~大宮(おおみや)、浅草~春日部~野田市(のだし)、大宮~春日部~野田市~運河(うんが)走るようになり、夜間のゆったり着席サービスのニーズを充実させ、沿線価値を高めている。

 春日部駅は、アーバンパークラインで埼玉県さいたま市の大宮駅へ、スカイツリーラインの東京メトロ半蔵門線直通の急行で東京都心の大手町(おおてまち)へと乗り換えなしで行けるため、非常に交通の便がよい。

 春日部の旧市街地は、春日部駅の東側に広がり、粕壁の宿場町の名残りが感じられる商店街がある。大落古利根川(おおおとし ふるとねがわ)の橋は、夜にライトアップされる。西口側は新市街地にあたり、イトーヨーカドーやララガーデン春日部などの商業施設や、春日部市役所がある。春日部駅は地平のため、西口と東口で町が分断され、交通の行き来が不便であったが、これを解消するため、今後高架化工事が進められる。新しい高架駅は、野田線側にも緩急接続ができるよう4面8線の高架駅に生まれ変わる計画である。

 大落古利根川の東側、東武野田線(アーバンパークライン)の藤の牛島駅の北側には「牛島のフジ」と呼ばれる日本最大のフジの巨木があり、4月下旬から5月上旬にかけて紫色の美しいフジの花が咲く。
 
 春日部市には、表には見えない地下に「首都圏外郭放水路」という巨大な水路がある。春日部市周辺を流れる中川、大落古利根川、綾瀬川などは、平地を緩やかに流れるため、大雨の際にたびたび氾濫を起こしていた。この被害解消のために国道16号線(春日部野田バイパス)の地下約50mに約6.3キロの地下放水路を建設し、大雨の際に地下に水を貯め込んで、江戸川(えどがわ)に放水している。この地下水路は、世界最大級の地下河川と言われ、世界各国から見学客が訪れる。

 このほか、春日部市は、漫画「クレヨンしんちゃん」の作者である臼井儀人(うすい よしと)が育った町としても知られ、春日部が同漫画の舞台として登場することから、「野原しんのすけ」が同市のイメージキャラクターとなっている。

春日部エリアの主な駅

春日部 / かすかべ 駅
東武鉄道 伊勢崎線(スカイツリーライン)、野田線(アーバンパークライン)

藤の牛島 / ふじのうしじま 駅
東武鉄道 野田線(アーバンパークライン)
 
kasukabe1.jpg
東武伊勢崎線(スカイツリーライン)春日部駅に停車するスペーシア特急

kasukabe2.jpg
スカイツリーラインから東京メトロ半蔵門線に直通する急行電車

kasukabe3.jpg
東武野田線(アーバンパークライン)春日部駅ホーム

kasukabe4.jpg
東武・春日部駅東口

kasukabe5.jpg
日光街道粕壁宿の面影が残る街並み

kasukabe6.jpg
日光街道粕壁宿の面影が残る街並み

kasukabe7.jpg
ライトアップされた大落古利根川に架かる橋


ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 埼玉県
ジャンル : 地域情報

中国 広東・東莞 香港と台湾企業進出盛んな珠江デルタの工業都市

东莞
トンクン/Dūng gún (広東語/粤語)
トンクワン/Dōngguǎn (中国語/北京語)

中华人民共和国广东省东莞市
中華人民共和国広東省東莞市

中国 広東・東莞 香港と台湾企業進出盛んな珠江デルタの工業都市

 東莞(东莞/粤:トンクン/華:トンクワン)は、中華人民共和国広東省にある都市で、都市中心部の人口は約170万人。郊外も含めた東莞市全体では約820万人で、広東省の珠江デルタにある主要都市の一つである。

 東莞市は、広東省の省都である広州(广州/クォンツァウ/クァンツォウ)と、深圳(サムツァン/センツェン)・香港(ホンコン)の中間にあり、1980年代の改革開放政策により、香港企業が多く進出するようになり、さらに1990年代からは台湾企業も増え、広東省を代表する工業都市として急速に発展した。

 東莞市は、南が深圳市の竜江(龙岗/ロンコン/ロンカン)区、宝安(ポウオン/パオアン)区、西が広州市の南沙(ナームサー/ナンサー)区、番禺(プンユィー/パンユィー)区、黄埔(ウォンポウ/ホアンプウ)区、北が広州市の増城(ツァンセン/ツェンツェン)区、恵州(惠州/客:フィーツウ/粤:ワイツァウ/華:ホエイツォウ)市の博羅(博罗/ポクロー/ポールオ)県、東が恵州市の恵城(惠城/フィーサン/ホエイツェン)区、恵陽(惠阳/フィーヨン/ホエイヤン)区と接している。

 東莞市は、莞城(クンセン/クァンツェン)、東城(东城/トンセン/トンツェン)、南城(ナームセン/ナンツェン)、万江(マーンコン/ワンチャン)の各街道が中心部にあたり、長安(长安/ツェォンオン/ツァンアン)、虎門(虎门/フゥームン/フウメン)、沙田(サーティン/サーティエン)、厚街(ハウカーイ/ホウチエ)、石竜(セクロン/スーロン)、常平(ソョンペン/ツァンピン)、塘厦(トンハー/タンシア)、樟木頭(樟木头/客:ツォンムクテウ/ツァンムウトウ)などの鎮(町)がある。

 東莞市には、広深鉄道が通り、石竜鎮に東莞駅(新駅)や常平鎮の常平駅(旧・東莞駅)、樟木頭鎮に樟木頭駅などがあり、広州~深圳を結ぶ特急列車「和偕号」なども停車する。また、長安、虎門、沙田、厚街など東莞市西部に京港澳高速道路(京港澳高速公路)の一区間でもある広深高速道路(广深高速公路)が通り、さらに東側に珠三角環線高速道路(珠三角环线高速公路)も通り、広州~東莞~深圳を結ぶ高速バスも頻繁に運行されている。これらの東莞郊外の町は交通の利便性を生かして工業都市が形成されている。東莞市の大部分は、香港や広州と同じく広東語圏であるが、樟木頭は恵州市など広東省東部に多い客家(ハッカ)語が話される客家の町である。

 虎門は、珠江(チュィーコン/ツウチャン)に架かる虎門大橋が広州市の南沙、番禺方面とつながっており、珠江デルタの交通の要衝となっている。深圳宝安国際空港(深圳宝安国际机场)とも近いほか、虎門港からは香港国際空港への高速船も運航されており、香港経由で東莞にビジネスで行く場合にも便利である。また、広州南(広州市)~福田(深圳市)~西九龍(香港)を結ぶ広深港高速鉄道(广深港高速铁路/廣深港高速鐵路)が建設され、2005年に広州南(クォンツァウナーム/クァンツォウナン)~深圳北(サムツァンパク/センツェンナン)が先行開業、2015年に深圳北~福田(フォクティン/フゥーティエン)、2018年9月に福田~西九龍(サイカウロン)が開業し、九広鉄道(広深鉄道)の在来線から高速鉄道(新幹線)へと人の流れが大きく変わった。虎門には、その広深港高速鉄道の虎門駅が開設され、東莞市の新しい玄関駅となっている。

 東莞市では、郊外の鉄道駅と中心市街地を結ぶ都市鉄道の整備が進められ、2016年に東莞駅~東城~虎門駅を結ぶ東莞地下鉄2号線が開業し、その他の路線も建設が進められている。

 2000年代後半まで、台湾と中国(大陸)を結ぶ直行便がなかったことから、多くの台湾人は香港やマカオ(澳門/オウムン)経由で中国に入っていた。そのため、香港やマカオに近い広東省に台湾企業が多く進出し、特に東莞市は台湾企業が多く、電子、機械、プラスチック、製靴、家具などさまざまな産業が進出しており、東莞には約10万人の台湾人が生活している。

 東莞の中心部には「文化広場」(文化广场)前の「迎恩門」(インヤンムン/インエンメン)や、「可園」(ホウユン/コーユエン)など歴史建築や庭園、東莞人民公園(东莞人民公园)、旗峰公園(旗峰公园)などの観光スポットがあるほか、地下鉄2号線の東城(东城/トンセン/トンツェン)駅周辺には「世博広場(世博广场)」や「盈鋒広場(盈锋广场)」、「万達広場(万达广场)」などのショッピングモールが集まり、東莞の商業の中心地となっている。鴻福路(ホンフォクロウ/ホンフゥールウ)駅の西側には東莞国際コンベンションセンター(东莞国际会展中心)や東莞国際大酒店(东莞国际大酒店/エキシビジョン・インターナショナル・ホテル)、中心広場には東莞市政府(市役所)、東莞玉蘭大劇院(东莞玉兰大剧院)、東莞市科学技術博物館(东莞市科学技术博物馆)などがあり、現代的で人工的な空間が広がり、現代中国の経済発展を感じることができる。

tongkun1.jpg
高速バスと市内バスが接続する東莞バスターミナル

tongkun2.jpg
東莞の市内バス

tongkun3.jpg
東莞・迎恩門

tongkun4.jpg
東莞・迎恩門

tongkun5.jpg
東莞の街並み

tongkun6.jpg
東莞文化広場

tongkun7.jpg
東莞文化広場

tongkun8.jpg
東莞人民公園

tongkun9.jpg
東莞人民公園

ドルジバツアー ホームページ
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 中国旅行
ジャンル : 旅行

愛知・碧南 みりんと三州瓦と衣浦臨海工業地域

碧南
へきなん

日本国愛知県碧南市

愛知・碧南 みりんと三州瓦と衣浦臨海工業地域

 碧南(へきなん)市は、愛知(あいち)県中南部の西三河(にしみかわ)地区にある人口約7万人の市。北が高浜(たかはま)市と安城(あんじょう)市、東が西尾(にしお)市、西が衣浦港を挟んで半田(はんだ)市と接しており、南には三河湾が広がっている。

 かつての碧海(へきかい)郡の南にあったことから、「碧南」(へきなん)と呼ばれるようになった。矢作川(やはぎがわ)の河口の港町として古くから栄え、昭和23年(1948年)に碧海郡の大浜(おおはま)町、新川(しんかわ)町、棚尾(たなお)町、旭(あさひ)村が合併して碧南市が発足した。

 碧南は、ニンジンやタマネギ、イチジク、サツマイモなどの農業が盛んで、みりん醸造や三州瓦(さんしゅうがわら)が伝統産業である。江戸時代から続く九重味淋などみりんメーカーの老舗がある。

 また、衣浦港の地の利を生かして衣浦臨海工業地域の開発が進み、工業が発達した。衣浦港には、豊田自動織機碧南工場、日新製鋼衣浦製造所、日本コーンスターチ衣浦事業所、トヨタ自動車衣浦工場、アイシン辰栄本社港南工場、昭和シェル石油碧南LPG基地、中部電力碧南火力発電所などの工場が集まっている。

 中部電力碧南火力発電所は平成元年(1991年)に稼働を始めた比較的新しい発電所で、日本初の超々臨界圧のボイラーと蒸気タービンを採用した石炭火力発電所である。碧南市は、この火力発電所を誘致したことにより、市の財政が極めて安定している。

 碧南市には、名古屋鉄道(名鉄)三河線が通り、市内に碧南(へきなん)、碧南中央(へきなんちゅうおう)、新川町(しんかわまち)、北新川(きたしんかわ)の各駅がある。名鉄三河線は、もともと三河鉄道として建設され、昭和16年(1941年)に名古屋鉄道に合併され、名鉄三河線となった。名鉄三河線は現在運転系統が海線(碧南~知立)と山線(知立~豊田市~猿投)に分かれており、海線は碧南から高浜(たかはま)、刈谷(かりや)、知立(ちりゅう)方面を結んでいる。刈谷駅でJR東海・東海道本線、知立駅で名鉄名古屋本線と連絡している。現在は三河線(海線)で急行運転はしておらず、全列車が各駅停車である。

 名鉄三河線の碧南駅は、三河鉄道の大浜港駅として大正3年(1914年)に開業し、碧南市発足後の昭和29年(1954年)に碧南駅に改名された。碧南駅の西側には碧南市臨海公園や碧南海浜水族館があり、そのさらに西は日新製鋼の工場の敷地が広がっている。かつては、碧南駅からさらに南東へ、名鉄蒲郡線の吉良吉田(きらよしだ)駅まで路線が伸びていて、蒲郡(がまごおり)まで直通可能であったが、名古屋から吉良吉田方面へは、新安城から名鉄西尾線経由のほうが速いため、碧南~吉良吉田は乗客が少なく、平成2年(1990年)に電化設備を廃止して、レールバス気動車が運行されていた。そして平成16年(2004年)に三河線の碧南~吉良吉田が廃止された。碧南市内には、玉津浦(たまつうら)、棚尾(たなお)、三河旭(みかわ あさひ)の各駅があった。現在廃線跡は「碧南レールパーク」として遊歩道と広場が整備され、三河線の歴史を伝えている。

 碧南中央駅は碧南市役所の最寄り駅で、碧南市の中心部に近い。かつて広がっていた碧南の海辺は、神戸の須磨(すま)海水浴場に似ていると言われたことから、同駅は新須磨(しんすま)駅として大正4年(1915年)の駅開設当初は臨時駅として開設された。大正15年(1926年)に常設化された。高度経済成長にともなう工業化で、かつての砂浜は埋め立てられて工場となり、「須磨」をイメージさせる風景も消えたことから、昭和56年(1981年)に新須磨駅は碧南中央駅に改称され、碧南市の中心市街地の駅であることが強調されるようになった。

 このほか、臨海部を走る衣浦臨海鉄道は、昭和50年(1975年)に国鉄武豊線の東浦(ひがしうら)駅から高浜市、碧南市の工業区を結ぶ貨物線として開業した。沿線の工場の原材料や製品を輸送しているほか、碧南火力発電所の排煙の脱硫のために必要な「炭酸カルシウム」と火力発電で出た「石炭灰(フライアッシュ)」を運んでいる。

碧南エリアの主な駅

碧南 / へきなん 駅
名古屋鉄道 三河線(海線)

碧南中央 / へきなんちゅうおう 駅
名古屋鉄道 三河線(海線)

hekinan1.jpg
名鉄三河線・碧南駅

hekinan2.jpg
かつて碧南駅から吉良吉田方面に伸びていた名鉄三河線

hekinan3.jpg
名鉄三河線・碧南駅の駅舎

hekinan4.jpg
碧南駅前の街並み

hekinan5.jpg
碧南市を流れる新川

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 名古屋・愛知
ジャンル : 地域情報

神奈川 横浜・本牧 三渓園と接収米軍住宅返還で再開発されたマイカル

横浜・本牧
よこはま・ほんもく

日本国神奈川県横浜市中区

神奈川 横浜・本牧 三渓園と接収米軍住宅返還で再開発されたマイカル

 本牧(ほんもく)は、横浜(よこはま)市の中(なか)区にある地区で、横浜市を代表する観光地の一つである「三渓園」(さんけいえん)がある。

 横浜市の中では珍しく鉄道空白地帯で、JR東日本・根岸線の山手(やまて)駅の約1.5キロ東、根岸駅から約2キロ東、横浜高速鉄道みなとみらい線の元町・中華街(もとまち・ちゅうかがい)駅から南南東に約2キロの位置にあり、これらの駅を結ぶバスが頻繁に走っている。

 本牧は、台地にあり、かつては東京湾に崖が突き出していて、本牧岬と呼ばれ、古くから景勝地として知られ、漁港もあった。本牧の根岸湾はペリーが来日した蒸気船ミシシッピ(Mississippi)にちなみ、外国人の間ではミシシッピ湾などと呼ばれた。今は海岸部は埋め立てられ、本牧埠頭のコンテナターミナルなどがある。首都高速湾岸線は本牧JCT(ジャンクション)で石川町(いしかわちょう)方面と大黒ふ頭(だいこくふとう)方面に分かれ、横浜ベイブリッジを渡ると大黒ふ頭があり、首都高速湾岸線は羽田空港(はねだくうこう)方面を結んでいる。

 明治時代に生糸貿易で財を成した実業家、原富太郎(はら とみたろう)は、茶人でもあったことから、本牧に明治39年(1906年)に自身の号「三渓」(さんけい)から名付けた庭園「三渓園」(さんけいえん)を造園した。当時から外苑部を無料開放し、紀州徳川家の藩別邸だった「臨春閣」、安土桃山時代の茶室「春草廬」、江戸時代に二条城に建造され、江戸屋敷に移築され、その後に三渓園に移築された茶室「聴秋閣」、岐阜県白川郷の合掌造の民家など、日本の古建築を三渓園に移築しているところがこの庭園の特色であり、春はツツジ、秋は紅葉が美しく、日本伝統文化が感じられる日本庭園として外国人観光客にも人気のスポットである。

 本牧は鉄道が通っていないため、電車でのアクセスが不便であるが、横浜高速鉄道みなとみらい線の元町・中華街駅やJR根岸線・根岸駅から本牧・三渓園方面に頻繁に横浜市バスが運行されている。

 本牧の市街地は、もともと港町として栄えていた。石川町(いしかわちょう)から横浜市電本牧線が伸びており、根岸方面まで伸びていた。しかし、昭和20年(1945年)の横浜大空襲で、本牧地区は焼け野原となり、日本敗戦後に多くの土地が米軍に接収された。もともとの住民は強制退去させられ、本牧の大通りの両側にフェンスで囲まれた在日米軍占領敷地に米国海軍住宅「ベイサイド・コート」が建てられた。本牧は、米国文化の影響を受け、ジャズなどアメリカ音楽文化の発信地となった。

 横浜市電本牧線は米軍住宅に挟まれた大通りを走っていたが、昭和45年(1970年)に廃止された。その後、昭和52年(1977年)に米国が米軍本牧住宅地区の返還に合意し、昭和57年(1982年)に返還された。本牧地区が返還後、住宅と商業施設の再開発が行われ、平成元年(1989年)に「マイカル本牧」がオープンし、新しい時代の本牧のランドマークとなった。スペイン風の外観で、マイカル本牧前の通りは「イスパニア通り」と命名された。開業時は順調であったが、みなとみらい地区の開発が進むにつれて、本牧地区のショッピング客は減少傾向となった。平成23年(2011年)にマイカルはイオンに吸収され、「イオン本牧」となった。また、海岸部の埋め立て地には三菱重工業横浜本牧工場や、新日本石油精製根岸製油所などが広がっている。

 本牧に鉄道延伸させる計画はあったが、みなとみらい線は採算性の観点から本牧までの延伸は見送られ、元町・中華街駅までとなっている。また、横浜市営地下鉄グリーンラインが中山(なかやま)から二俣川(ふたまたがわ)、東戸塚(ひがしとつか)、上大岡(かみおおおか)、根岸(ねぎし)、本牧を経由して元町・中華街まで延伸する横浜環状線構想があり、いずれにせよ本牧に駅ができれば三渓園へのアクセスも非常に便利になりそうだが、本牧地区自体が静かな住宅地を望んでいることもあって、鉄道駅実現は当分先の話になりそうである。  
 
honmoku1.jpg
本牧の街並み

honmoku2.jpg
本牧の街並み

honmoku3.jpg
三渓園

honmoku4.jpg
三渓園

honmoku5.jpg
紅葉が美しい三渓園

honmoku6.jpg
三渓園

honmoku7.jpg
三渓園・臨春閣

honmoku8.jpg
三渓園・聴秋閣

honmoku9.jpg
三渓園

honmoku10.jpg
三渓園から見た新日本石油精製根岸製油所

honmoku11.jpg
三渓園から見た三菱重工横浜本牧工場

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 横浜!YOKOHAMA!
ジャンル : 地域情報

時の旅・1971年(昭和46年) 札幌に初の地下鉄開業、成田空港土地収用めぐり衝突、中華人民共和国が国連加盟、第三次印パ戦争でバングラデシュが独立

1971年
昭和46年

時の旅・1971年(昭和46年) 札幌に初の地下鉄開業、成田空港土地収用めぐり衝突、中華人民共和国が国連加盟、第三次印パ戦争でバングラデシュが独立

当時の日本の首相 佐藤栄作(自由民主党)

 1972年(昭和47年)は、佐藤栄作(さとう えいさく)内閣総理大臣(首相)をトップとする自由民主党(自民党)政権は、政権基盤が安定し、佐藤内閣は長期政権となった。その間にアメリカ合衆国(米国)との懸案であった沖縄(米領琉球)の返還交渉が進み、6月に佐藤首相と米国のリチャード・ニクソン(Richard Nixon)大統領との間で沖縄返還協定が調印され、沖縄が日本に返還されることで日米が合意した。

 高度経済成長の波に乗る佐藤内閣は、好調な経済に支えられて安定長期政権となり、7月に内閣を改造し、第3次佐藤内閣が発足し、福田赳夫・外務大臣、田中角栄・通商産業大臣、竹下登・内閣官房長官など、後に首相となる人材が主要大臣に起用された。

 高度成長が続く日本では、首都・東京に人口流入が続き、住宅問題を解消するために東京都西部の多摩丘陵に多摩ニュータウンが開発され、3月に多摩ニュータウンの入居が始まった。また、東京の新宿駅西口側の淀橋浄水場跡地の再開発が進められ、新宿副都心の高層ビル群が計画され、その第一弾として6月に京王プラザホテルがオープンした。

 交通については、鉄道は、3月に営団地下鉄千代田線の大手町~霞ケ関が延伸開業した。4月には営団千代田線の北千住~綾瀬も開業し、国鉄常磐線との相互直通運転を開始した。7月に北陸鉄道動橋線の新動橋~宇和野が廃止された。8月に国鉄只見線の只見~大白川が延伸し、全通した。12月に北海道初の地下鉄である札幌市営地下鉄南北線の北24条~真駒内が開業した。初のゴムタイヤ式の地下鉄となった。

 航空は、千葉県成田市で建設予定の成田空港(新東京国際空港)の未買収地の強制代執行が行われた。成田空港の建設に反対する住民および反対住民を支援する中核派などの左翼団体が土地収用に激しく抵抗し、代執行では反対派はバリケードを築き、投石や火炎瓶などで応戦し、機動隊と激しく衝突し、多数の逮捕者が出た。代執行は2月と6月の2回実行され、反対派の拠点である団結小屋が撤去された。

 文化については、音楽は、小柳ルミ子「わたしの城下町」、加藤登紀子「知床旅情」、尾崎紀世彦「また逢う日まで」、鶴田浩二「傷だらけの人生」、五木ひろし「よこはま・たそがれ」、はしだのりひことクライマックス「花嫁:、森進一「望郷」「おふくろさん」、堺正章「さらば恋人」、南沙織「17才」、 欧陽菲菲「雨の御堂筋」、ソルティー・シュガー「走れコウタロー」、にしきのあきら「空に太陽がある限り」、加藤和彦と北山修「あの素晴らしい愛をもう一度」などがヒットした。ザ・タイガースが解散した。また洋楽はエルヴィス・プレスリー(Elvis Presley)、サイモン&ガーファンクル(Simon & Garfunkel)、ザ・ベンチャーズ(The Ventures)などが大ヒットした。

 映画は、邦画は「男はつらいよ」シリーズ、「怪獣大戦争 クングギドラ対ゴジラ」、「戦争と人間 第二部 愛と悲しみの山河」などがヒット。また、日活ロマンポルノ第1作「団地妻 昼下がりの情事」が公開された。洋画は「ある愛の詩」、「エルビス・オン・ステージ」、「栄光のル・マン」などがヒットした。また、テレビ放送は10月にNHK総合テレビが全放送カラー化された。

 スポーツは、大相撲は玉の海と北の富士が大活躍した。横綱・大鵬は初場所が現役最後の優勝となった。プロ野球はセリーグが読売ジャイアンツ(巨人)、パリーグは阪急ブレーブスが優勝し、日本シリーズでは巨人が勝利し、7年連続日本一となった。巨人の長嶋茂雄が通算3500塁打を達成し、最優秀選手に選ばれた。

 世界の動きは、中国の国共内戦に敗れて1949年に台湾に逃れた中国国民党の蒋介石(蔣中正/チャン ツォンツェン)総統の「中華民国」と、中国共産党により1949年に毛沢東(毛泽东/マオ ヅォートン)シナ大陸に建国された「中華人民共和国」のパワーバランスが、10月の国連総会でついに逆転した。

 この年の国連総会では、国連における「中華人民共和国」の合法的権利の回復のために、アルバニア人民共和国の提案によるいわゆる「アルバニア決議案」が提起された。中華民国は国連創設国の一つであったが、その後の中国内戦により、国土のほとんどを失い、1949年に台湾に亡命政権を築き、「中華民国」の看板を掲げたまま、「大陸反攻」をスローガンに「中国」の正統政府を自称していた。国連においては、中華民国は「中国」の代表として国連安保理常任理事国のポストを維持していた。これには反共の米国の支持があった。しかし、実際には中国を統治していない台湾の自称「中華民国」の蒋介石政権が「中国」の代表であり続けることは無理があると多くの国が考えるようになっていた。そこで、「中華人民共和国」と台湾の「中華民国」が国連で共存できるよう模索する動きがあり、米国も泥沼化するベトナム戦争で中華人民共和国の協力を得たかった。中華人民共和国は中華民国の国連追放を主張していたが、米国は国連安保理常任理事国のポストを中華民国から中華人民共和国に引き渡して、中華民国は台湾の代表として国連に残ることを望んでいた。日本も中華人民共和国の国連加盟には賛成だが、中華民国の国連追放には反対という立場を明確にしていた。

 「アルバニア決議案」は中華人民共和国の代表権回復と蒋介石(中華民国)の代表追放であったが、米国側は中華民国の安保理常任理事国辞退と、中華人民共和国および中華民国が国連で共存する「二重代表制決議案」を提出した。しかし、先にアルバニア決議案(国連2758号決議)が賛成多数で通過したため、蒋介石代表の国連追放が決定し、中華民国は国連脱退を宣言した。そして、中華人民共和国は「中国」の代表として国連で認められ、国連に加盟した。

 1949年以降、シナ大陸に「中華人民共和国」、台湾に「中華民国」が併存する状態であったが、共存できなかったのは、双方とも「1つの中国」を主張し、中国の正統政府であることを強調していたからである。本来なら、当時の国際環境の下なら台湾の蒋介石政権は「台湾」の代表として国連に残れたはずであったが、蒋介石はあくまでも「中国」の代表であることにこだわり、「台湾」の代表であることを拒否し続けたていた。そもそも「中華民国」を自称する蒋介石政権は「台湾独立」派を弾圧し、中国人が政府幹部の多くを占める中国国民党独裁政権であった。蒋介石にとり、「台湾」を代表する政府となることは、中国各地から選出された議員による国会や政府機関の正統性が維持できなくなると考えていた。

 そのためらいの結果、「中国」も「台湾」も代表していない蒋介石政権は国連を追放され、蒋介石独裁の自称「中華民国」は国際的な孤立を深めることになった。蒋介石総統としては、国連を脱退しても日本や米国との国交があることが正統性を主張する根拠となり得たが、日本や米国も国際情勢の変化を受けて、中華人民共和国との国交正常化を模索するようになった。米国はヘンリー・キッシンジャー(Henry Kissinger)大統領補佐官が極秘に訪中して周恩来(ツォウ エンライ)と会い、日本の佐藤首相も中華人民共和国との国交を検討するようになった。一方、台湾の独立建国を主張する海外亡命台湾人らは、中華民国の国連追放を台湾独立のチャンスととらえ、「台湾」を代表する政府の樹立を訴えた。

 国連2758号決議は台湾も中国も代表していない「蒋介石の代表」の追放が決められたのであり、台湾の帰属について決議されたものではない。法的には「台湾」代表権には触れられておらず、「台湾」の国連加盟の余地は残されていると解釈できる。実際には「中華人民共和国」が台湾を自国の一部と主張し、台湾の国連加盟に強く反対しているため、台湾が民主化を果たした後も台湾の国連加盟は実現していないが、台湾の国際的孤立を招いたのは中国正統政権にこだわる蒋介石政権の失策であったことがわかる。

 台湾の中華民国は、中華人民共和国とのパワーバランスの変化を受けて、ベルギー、オーストリア、アイスランド、トルコ、イラン、クウェート、レバノン、ペルーなどと断交が続き、まさに断交ドミノといえる状況に突入した。しかし、蒋介石政権は相変わらず台湾独立の主張を弾圧し、「一つの中国」にこだわる中国国民党独裁体制を変革しようとしなかった。また、沖縄の日本返還への動きが盛り上がる中、尖閣諸島(台湾名:釣魚台)を中華民国領だと主張する「保釣運動」が起こった。

 中華人民共和国は、1月に人工衛星「実践」1号を打ち上げるなど、軍事科学技術の向上が見られた。国家主席のポストの存廃をめぐり中国共産党の毛沢東(毛泽东/マオ ヅォートン)主席から野心を疑われ、決裂した林彪(リン ピャオ)は3月に毛沢東暗殺を計画する「571工程」を秘密裡に作成したとされる。9月に毛沢東が林彪らを極右と批判したのをきっかけに、毛沢東の暗殺を企てたが失敗。航空機で国外逃亡を試みたが、モンゴルに墜落し、死亡した。

 韓国(大韓民国)では、4月に大統領選挙が実施された。3選禁止の規定を撤廃しり憲法改正を1969年に強引に行い、3選に挑む民主共和党の朴正煕(박정희/パク チョンヒ)大統領と、野党・新民党の金大中(김대중/キム デジュン)氏が争い、金大中は全羅道を中心とする西南部やソウル市でリードし、善戦したものの、朴53%、金45%で朴正熙が再選された。続いて、5月に実施された韓国国会議員選挙では、与党の民主共和党が過半数を確保したものの、3分の2には届かず、特に都市部で野党の新民党が躍進した。もし民主主義国家であれば妥当な議席配分であるように見えるが、朴大統領は自身の権力基盤を固めるため、北朝鮮の脅威を理由に12月に国家非常事態宣言を発動し、再び独裁色を強めた。

 インドでは、1月にパキスタンとの領土争いがあるカシミール地方および中華人民共和国チベット自治区と接するヒマーチャル・プラデーシュ州が正式に発足した。パキスタンでは、イスラム圏であることは共通するもののインドを挟んでウルドゥー語圏の西パキスタン(現パキスタン)とベンガル語圏の東パキスタンに国土が分かれていたが、西パキスタン偏重に東パキスタンの不満が高まり、1970年に東パキスタンのアワミ連盟が選挙で勝利後、西パキスタンが議会開催を先延ばしした。東パキスタンではパキスタン政府への非協力が宣言された。71年3月に東パキスタンに軍事介入して東パキスタン首脳を拘束したことから、東パキスタンの独立機運が高まり、独立戦争が勃発した。東パキスタンのベンガル人難民がインドに押し寄せると、12月にインドが東パキスタンの独立を支持して軍事介入し、第三次印パ戦争が勃発した。軍事力で優勢なインドが勝利し、東パキスタンは「バングラデシュ」として独立を果たした。

 インドシナ半島では南北ベトナムの戦争が続き、南北ベトナムは北緯17度線で分かれていたが、北ベトナムからラオス、カンボジアを経由して南ベトナムへとつながるホーチミン・ルートと呼ばれる補給路があった。2月に南ベトナム軍はホーチミン・ルートの遮断を目的に「ラムソン719作戦」を決行し、ラオスを攻撃した。11月にはカンボジア(クメール共和国)でクメール・ルージュ(カンボジア共産党)がプノンペンの市街地と空港を攻撃した。

 そのほか、世界の動きは、3月にシリアで70年のクーデターで権力を掌握したハーフィズ・アル=アサド( حافظ الاسد )が国民投票を経て大統領に就任した。4月にソビエト連邦(ソ連)が世界初の宇宙ステーション・サリュート(Салют)1号を打ち上げた。8月にバーレーンがイギリスから独立宣言した。イギリスが撤退した中東で、12月にアブダビやドバイなどの首長国が集合してアラブ首長国連邦が建国された。

(参考:Wikipedia)

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

テーマ : 歴史
ジャンル : 政治・経済

神奈川 横浜・国道 京浜国道と交わるJR鶴見線の昭和レトロ国道駅

横浜・国道
よこはま・こくどう

日本国神奈川県横浜市鶴見区

神奈川 横浜・国道 京浜国道と交わるJR鶴見線の昭和レトロ国道駅

 国道(こくどう)は、横浜(よこはま)市の鶴見(つるみ)区にあるJR東日本・鶴見線の駅。駅名の通り、京浜国道とも呼ばれる国道15号線(第一京浜)が通り、JR鶴見線が高架で国道を越えたところに国道駅がある。

 国道駅は、昭和5年(1930年)に鶴見臨港鉄道が弁天橋(べんてんばし)~鶴見を延伸開業した際に開設された。戦時中の昭和18年(1943年)に国有化され、国鉄鶴見線となった。国道と交差するため、開業当初から高架駅で、国道の南側が駅の入口となっている。高架下はアーチ状の柱が美しく、薄暗くカーブしているのでトンネルのようだ。駅の雰囲気も昭和初期の面影が残り、昭和レトロが感じられる。

 ホームはカーブしており、北側は京浜国道、南側は鶴見川を越える。国道駅から鶴見駅へは、京急本線とJR東海道線・京浜東北線・横須賀線の線路を跨いで、鶴見駅に向かう。

横浜・国道エリアの主な駅

国道 / こくどう 駅
JR東日本 鶴見線

kokudou1.jpg
JR鶴見線・国道駅

kokudou2.jpg
JR鶴見線・国道駅

kokudou3.jpg
京浜国道と国道駅

kokudou4.jpg
鶴見線国道駅の入口

kokudou5.jpg
昭和レトロな国道駅

kokudou6.jpg
昭和レトロな国道駅

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 横浜!YOKOHAMA!
ジャンル : 地域情報

神奈川 横浜・金沢八景 総合車両製作所と京急とシーサイドライン

横浜・金沢八景
よこはま・かなざわはっけい

日本国神奈川県横浜市金沢区

神奈川 横浜・金沢八景 総合車両製作所と京急とシーサイドライン

 金沢八景(かなざわ はっけい)は、横浜(よこはま)市の金沢(かなざわ)区にある地区で、京浜急行電鉄(京急)本線・逗子線と金沢シーサイドラインの金沢八景駅がある。

 金沢八景は、江戸時代に海岸に美しい風景が広がる武蔵国(むさしのくに)の金沢村の風光明媚な「八景」を選んだことから「金沢八景」と呼ばれるようになった。浮世絵の名所絵(風景画)の名所として知られるようになった。

 その具体的な「八景」とは、「小泉夜雨」(こずみのやう/小泉弁財天)、「称名晩鐘」(しょうみょうのばんしょう/称名寺)、「乙艫帰帆」(おっとものきはん/寺前地区の海岸線)、「洲崎晴嵐」(すざきのせいらん/洲崎神社)、「瀬戸秋月」(せとのしゅうげつ/瀬戸神社)、「平潟落雁」(ひらがたのらくがん/平潟湾)、「野島夕照」(のじまのせきしょう/野島夕照橋)、「内川暮雪」(うちかわのぼせつ/内川入江)の8つの風景とされている。この「金沢八景」は江戸時代の浮世絵師・歌川広重(うたがわ ひろしげ)によって描かれ、有名になった。

 京急の金沢八景駅は、昭和5年(1930年)に湘南電気鉄道の駅として開業し、昭和16年(1941年)に横浜以北の京浜電気鉄道と合併し、戦時中の東京急行電鉄(大東急)を経て昭和23年(1948年)に京浜急行電鉄(京急)となった。

 京急の金沢八景駅は、2面4線のホームで、横須賀中央(よこすかちゅうおう)や三崎口(みさきぐち)方面へ向かう京急本線と新逗子(しんずし)方面へと向かう京急逗子線が分岐している。普通、エアポート急行、快特、ウイング号などすべての列車が停車する。このうち、昼間のダイヤは、京急本線の快特は本線の三崎口方面へ、普通電車は本線経由で浦賀(うらが)方面へ、羽田空港からのエアポート急行は新逗子方面へ向かう。

 金沢八景駅から北隣の金沢文庫(かなざわぶんこ)駅の間は複々線区間となっている。その両側には京急の車両基地が広がり、朝夕は増結や解結、出入庫などで忙しい。その西側にはJR東日本の総合車両製作所の鉄道車両工場がある。ここはもともと昭和23年(1948年)に東急車輛製造として開設され、東急電鉄の主力車両であるステンレス車を多く製造したほか、南海電鉄や京急の主力車両や、国鉄の通勤型電車、JR東日本の秋田新幹線や長野新幹線も製造していた。平成24年(2012年)にJR東日本の子会社である総合車両製作所となり、京急をはじめ東急やJR東日本の新型通勤電車や北陸新幹線E7系などの新幹線車両も製造している。

 総合車両製作所で製造された電車のうち、JR東日本の通勤電車などは京急の標準軌(1435mm)ではなく狭軌(1067mm)を走る仕様であるため、総合車両製作所から京急逗子線の新逗子駅の手前まで、京急の標準軌と狭軌の車両が両方走行できる3線軌条となっている。金沢八景駅の一番西側の線路は3線軌条となっており、ここをJR横須賀線方面へ回送される新型車両が通ることがある。

 金沢シーサイドラインは、金沢八景駅から金沢区の海側の埋立地の開発地区を通ってJR根岸線・新杉田(しんすぎた)駅を結ぶ新交通システムで、平成元年(1989年)7月に開業した。金沢シーサイドラインの金沢八景駅は開業以来の仮駅で、将来的には金沢八景駅前の再開発に合わせて京急金沢八景駅まで乗り入れる計画となっている。シーサイドラインは、金沢八景駅から平潟湾を渡って野島公園(のじまこうえん)、八景島(はっけいじま)方面へ向かう。このあたりは金沢八景の「瀬戸秋月」「平潟落雁」「野島夕照」などの風景が広がる。

横浜・金沢八景エリアの主な駅

金沢八景 / かなざわはっけい 駅
京浜急行電鉄 京急本線、逗子線
横浜シーサイドライン 金沢シーサイドライン

野島公園 / のじまこうえん 駅
横浜シーサイドライン 金沢シーサイドライン

kanazawahakkei1.jpg
京急・金沢八景駅

kanazawahakkei2.jpg
京急・金沢八景駅の3線軌条

kanazawahakkei3.jpg
京急・金沢八景駅の3線軌条

kanazawahakkei4.jpg
建設進む金沢シーサイドラインの金沢八景駅(本駅)

kanazawahakkei5.jpg
金沢シーサイドラインの金沢八景駅(仮駅)

kanazawahakkei8.jpg
金沢八景駅から見た琵琶島

kanazawahakkei7.jpg
金沢シーサイドラインと平潟湾

kanazawahakkei9.jpg
金沢シーサイドライン・金沢八景駅

kanazawahakkei10.jpg
シーサイドラインのイメージキャラクター「柴口このみ」

kanazawahakkei11.jpg
野島公園駅付近のシーサイドラインの車窓

kanazawahakkei12.jpg
平潟湾を渡るシーサイドライン

ドルジバツアー ホームページ(バックナンバー)
http://drughbatour.web.fc2.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 横浜!YOKOHAMA!
ジャンル : 地域情報

プロフィール

drughba

Author:drughba
日本国内・世界各国の行って面白かったところ、行ってみたいところ、興味深い都市、交通、地理、文化等。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード